FC2ブログ

超強気で終わった先週の相場。打てる矢をぜんぶ打ってしまった今、3月どう乗りきる!?


先週は僕の心配はまったく杞憂だったようで、超強気でマーケットは終わりました。ダウ、ドイツもすべて強気で上げまくり。

それもそのはず、考えられる限りの好材料がぜんぶ出てしまった状態だから。米中交渉期限は60日延長、米国政府機関閉鎖は解除、米国と欧州はテーパリングの停止観測。すべてが良い方向に向かいました。2月末の米朝会談では朝鮮戦争が終結されることすらもう既に織り込まれてるでしょう。

ただ、そうなると、ですよ。これ以降何か悪材料が出たときに食い止める術がありません。すべての矢を放ってしまったので。何より、テーパリング縮小報道は早すぎたのでは?これから起こるであろうドイツ銀行まわりの欧州金融危機に対しどう抵抗するのか。今週も続く米中貿易交渉で悪材料が出たら?中国危機が本性を現したら??

テーパリング縮小はとっておくべき最後の矢だったはずで、それを放っても先週末の上昇程度で終わってしまっていることは少し不安です。特に日本。米国のテーパリングが完全に巻き戻されていくのですから、ドル円はどんどん落ちるはずです。かなり内需にシフトしてきたとはいえ、ドル円が落ちるのは日本株価にとっては少しイメージ悪いです。

さてさて、今週は先週から続く強気相場がまだ継続となって上がるでしょうが、3月はどう乗りきるのか?マーケットでは米中交渉期限の60日延期により日本の5月超連休がそのターゲットとして連休危機がまことしやかにささかれていますが、そこまでもたないのではないかと思います。

去年からマーケットはイベント潰しが大好き??


去年からマーケットはイベントでの大暴落が好きなようです。クリスマスイブの大暴落はブラッククリスマスと呼ばれ、年明けもまた暴落しました。そしてまた次は来週バレンタインデーまでも闇に染めようとしているようです。

トレンドラインが強かったので今年週初まではまだ反発続くかなと思っており保有株維持でいましたが、今週から完全に相場の流れは変わりました。最後トドメを刺したのはソフトバンクグループ。日経平均の値がさ株、ソフトバンクがストップ高した日に200円安というとんでもないことをやらかしたことで見切りをつけました。反発天井圏での売却とはなりませんでしたが、昨年クリスマス暴落の大バーゲンセールで買い漁った株たちを今日すべて売り切りました。日本株、米国株、中国株もすべて。1株残らず。クリスマスからの1ヶ月間でけっこう上がって儲かったので、また今年暴落で下げに下げきったところで買えばいいと思います。安く買って上がるのをのんびり待って高くなったら売る。株はそんなのんびりした感じがいいですね。しばらくノーポジションライフを楽しむこととします。

さあ、世界のドル箱、日本の連休が来ます。全力で逃げるべし。


今週の値動きはなかなかにやばめ。世界の株価はこれほど強い反発トレンドを示していたのに、ドル円はまた110円をつけたのに、さらに今日値がさ株の代表ソフトバンクグループのストップ高まであったのに、日経平均は下落してきました。

これはなかなかに大変なことが起きてるなあと思います。そして今週末は日本の連休。昨年末から日本の連休は狙われています。クリスマスのクラッシュに、今年年明け年始のドル円フラッシュクラッシュ。もちろん、あれでもう終わりなはずもなく、またまた日本の連休を狙ってくるでしょう。さらに今週の日本株のだらだら緩慢な動きに投資家は愛想をつかし、もはや出来高も少ない。ただでさえ出来高スカスカになっているところにまた連休の薄いアジア時間が来るのです。

週末の前にすべての持ち株を売り切ります。本当は1月末で売り切ることを宣言していましたが、思いの外反発トレンドが明らかに強くなったので遅らせていました。しかし今日の日本株の動きでついに決心がつきました。日本株、米国株、中国株、週末まで保有株すべてを売り切って利益確定して、僕の個人投資家暮らしもしばらくお休み、おしまいにすることになるでしょう。



ニューヨークダウはトリプルトップをつけにいくまで上げる展開か。


気づけば昨年のクリスマス暴落なんて忘れてしまうぐらい、ニューヨークダウは1月の1ヶ月で3000ドルも上げた。半値戻しもとっくに超えてきてるので、下げてくるにはまた新たなタイミング、きっかけがなくてはならない。

わかりやすいところといえば、やはりトリプルトップをつけにいく、という展開だろう。2018年2月と10月に2回26,000ドルを超え、いずれもそこから急落している。同じだけ期間を伸ばすと次の26,000ドル超えは6月となり、今年もセル・イン・メイということになる。

今月1度、昨年末の下落から3,000ドル反発の半値、1,500ドルくらいの下落は見せてくるだろう。そこからしつこくじりじり上がり5月にピークを打つ、と。

今年の5月、6月といえば日本も大きなイベント。5月で平成が終わる。その平成の終わりぐらい株価は確かに高くてもいいじゃないか、とは思う。そして昨年から日本の連休は狙われ続けてきたが、今年は世界で日本だけが超大型連休。ここは狙われるでしょう。連休開けて5月相場スタートはドル円も日経平均も異次元に下落したところから、ということもあるかもしれない。

目先の相場はどうだろう。気になるのは日経平均とニューヨークダウの開き。俗に言うND倍率だが、日経平均20,700円、ニューヨークダウ25,000ドルと、4,300ポイントも開いており、これは異常事態であってずっと続くものじゃない。どちらかが寄せていかないといけないわけだけども、さて、どちらか?日経平均が突然1,500円上がるかもしれないし、ダウが1,500ドルいきなり下げるかも。どっちがあってもいいが、上げていくニューヨークダウを横に見ながら日経平均は1月の間、1ヶ月間もヨコヨコの動きを続けた。大きく動くマグマを蓄えているのは日経平均の方かもしれない、とは思う。



恐ろしいチャート完成免れまた株上昇が始まった模様。


1月末のチャートの形は怖かった。リーマンショック以来の完全暴落の形が出来上がる寸前までいった。しかし、その僕の心配、危ない予想は大ハズレし、危機は免れたようです。最悪の形を回避したことで逆にチャートは強い形に。危機が回避されて良かった反面、予想がハズレたので残念やらなんやら。特に売りで儲けようという気はないのでまあ危機回避は良いことだと考えようかな。

今年、中国株は暴騰前夜のようなチャートの形をしており、日米株価危機と裏腹に中国株が強いことには賭けていました。中国株はばんばん買ってます。日米チャート悪化、中国チャート強い、で、どんな姿になるのかと思いきや、中国が相場を引っ張ってまた株反発局面に入る、ということのようです。

需給的にも米国決算が終わってきてるのでまた米国株の旺盛な自社株買いがスタートします。パウエルFRB議長も先日まではトランプさんに抵抗してましたがついに折れたようで、金利を上げる可能性はさっぱりなくなりまた金融緩和、QE4を発動する可能性さえ示唆する発言でした。反応してゴールド価格が暴騰を開始しました。ドル安になるでしょう。

昨夜はなかなか見慣れない相場の動きが出ていました。ドル円が円高ドル安に動いて株価が上がるという、不思議な感じです。しかしドル安で株価を上げるところですから、見慣れていかないとダメですね。ドル円の円高と株高が共存するのが次のアメリカの株価対策になります。

中国も、元高と株高が共存することになります。かつての日本のバブルのように。


ただ、また始まる株価上昇が今年ずっともつことはありえません。備えは必要です。株が上げていくので買いたくなるんですが、おっかなびっくりになりますね。本格的に買い出すのは暴落のあとでも構わないですから。



重要な変化発生!暴落準備整う。上がるのはあと1日か、2日か。


本日重要変化。先物手口を見ると重要監視対象クレディスイスが売り手に回り、暴落準備は万端。もう、いつ来てもおかしくありません。

本日はマザーズ指数の大暴落がありました。サンバイオ1銘柄が下がっただけじゃないか、と侮るなかれ。マザーズ指数は下げ止まっても明後日には今日の下落ぶんの追証売りが出ます。個人の資金量程度じゃ大したことないというところですが、それに乗っかって膨らましてくる売りがデカイのです。金曜夜は雇用統計もありますね。

日経平均チャートを見てると、もう1日上がってから落ちるとものすごく美しい大暴落チャート。日足、週足、月足、ずべてのチャートで上ヒゲが出れば売りサイン完成、残念ながら18,000円まで突き進むチャート完成します。最後の1日のもうひと伸びが何百円も跳ねてもいいようなチャートをしてるので短期目線では売りづらいところですがその上ヒゲ暴騰が高ければ高いほど次の谷は深し。

いつ来てもおかしくない。シートベルトしめよ。

1回上に振ってから奈落へズドーンか。


日経平均とダウのチャート、面白いです。日足は強気、週足は天井示唆、月足はなんら迷いのいらない下落トレンド真っ最中です。

今日はまだ水曜日。明日木曜日が月末。これを組み合わせると、今日と明日に爆上げして明日終値までに下落して週足と月足で上ヒゲ、来週以降暴落、という流れが一番チャート的には「ツジツマがあう」、という状態です。

マザーズ指数がサンバイオ1銘柄のせいで先物ストップ安という見たこともない動きを見せて暴落感出てますが意外なことにサンバイオだけに支配されながらマザーズ指数週足は暴落メドは秩序のある水準で下げ止まってて奈落感は無い。チャートは偉大。

中国株も今週弱く見えてますがチャートは暴騰前夜のような姿です。


アメリカ株は今週か来週、1発怖いのが来るか。


上昇も下降も勢いを失ってしまっただらだら相場だが、今週か来週、ニューヨークダウには1発怖い下落が来そうだと、週足のチャートが言っている。何がきっかけになるか。そういえば火曜日にアップルの決算発表がありますね。

同時に、日経平均にも。今年の日本株の下値メドは月足を見ると3つのパターン。18,000円で下値打って上げられるパターン、16,000円も14,000円のパターンもありうると月足チャートは言ってます。普通に考えると16,000円はないだろーと思うんですが、アベノミクス以来、初めてぶつかる月足の雲です。何が起こるかはわかりません。

けっこう怖いことがそろそろ始まりそうですね。

みんなが危機の記憶を忘れてきた時。次の危機がやってくる。


今年は年始は反発してそのあと暴落すると昨年末から予想してきました。昨年10月、12月と発生してきた危機はまったくもって終わったわけではありません。だんだん昨年末の危機も人の記憶から薄れてきましたので、また目が覚めるような暴落が近づいてきています。

下げても下げても反発し一見強いマーケット。来週で米国株主要企業決算も一段落しますので決算期間中で止まっていた自社株買いも復活し、ひょっとしたらもう1段上げがあるかもしれません。でも上げても知れてるでしょう。どんなに上げても日経平均レベルでもう1,000円、22,000円が限度でしょう。

昨年から月足レベルのトレンド転換が起きています。日足レベルの日々の動きはもはやノイズで無視していい。月足レベルの動きだとすれば来週下げて上ヒゲのロウソクが立つとしたらどうでしょう。恐ろしいことです。

近いことは間違いない。いつ来るかはわかりませんがいつ来てもおかしくない。来週からバレンタインデーまででしょう。それまでに日本の3連休もありますね。目先はまだ上げる可能性ありますが上げれば上げるほど次の谷は深し。

来週~3月までの間に、トレンドとしてあるだろうなというレベルは日経平均では18,000円。今年は大発会から暴落し、カブドットコム証券の社長が「もう二万円は無い」と予想し今のところ二万円を下回ったのは大発会1日だけで、証券会社の社長が1日で予想をはずしたと失笑を買いましたが、笑ってる場合ではない。たまたまはずみで二万円を越えただけです。

昨年末クリスマスのバーゲンセールで米国株もしこたま買いましたが、アメリカ株は1月末までをメドに売り切ろうと思います。トランプ弾劾の可能性はまじで無視できないと思いますよ。


ただ、中国株は強気です。昨年までにじゅうぶん下げきっていて下値余地は限られる。もし下がることがあれば中国株はさらに買い増していきたいと思います。


株式マーケットから「人間」が消える日。個人投資家はどうすべきか。


タイトルにあげた日。もはや現実になろうとしている。


アベノミクス以降昨年までは、ツイッターなどSNSでも本物の投資家たちが活動して発言していた。しかし昨年後半辺りから、明らかにマーケットから「人間」の気配が消えた。

昨年末に書籍を出版した伝説の個人投資家CISさんなども良い例。彼のような、本当に稼ぐのが目的の本物の投資家はなにもしない方が良いときには本当に株は何も触らず、ゲームに興じられるのだろう。じゃあSNSに残っている投資家たちは何者か?ひとつはnoteやアフィリで稼ぐ、投資家からの集金をビジネスにし始めた人たち。あとはYoutuberへ転身した。彼らを批判するつもりはなく、彼らは本当にお金を稼ぐことに関してプロなんだろう。今儲かるのは投資自体じゃなく、稼げない個人投資家たちの教祖となることがカネになるとわかっている、プロの実業家たちだ。ちなみに僕もこのブログでの広告収入もあるので多少そういうモチベーションはあるが、月に500円くらいGoogle先生から入る広告収入のみなので、実業家としては僕は落第生。

他、SNSに残っている投資家たちは何者か?僕をはじめ、ただマーケットが好きでトレードしてツイッターに発言する人。これは要はお金を稼ぐのが第一じゃなくてマーケットに関わっていたい、激しい相場の時のアドレナリンの快楽が忘れられなかったりする、ギャンブル依存症1歩手前みたいなものなので、基本は僕も含めて稼げている人はいないだろう。僕が利益出てるのもたまたま。本当はもっと退屈な、トレードするのは多くても月に1、2回くらいの長期投資家にならないと個人は稼げない。今年は僕もここへの転身を目標にしているけれどもなかなか抜け出せていないのが現状。でも少しずつトレード回数も、マーケットを見る頻度も減ってきたので、良い傾向。

昨年ヘッジファンドから巨額の資金が抜けて、ファンドマネージャーもだいぶ減っただろう。インデックスファンドですら人が抜けたんだから、もはや機関投資家は機械まかせでしょう。マーケットから人がいなくなった理由はここにあります。

まとめると、
・機関投資家が人から機械に変わった
・優秀な個人投資家はYoutuberやnote発行者に転身し投資家から投資助言業へとシフト
・稼げない個人投資家だけがマーケットにいるが基本勝てないのでだんだん消えていく


機械がトレードするマーケットはしょせん短期なので、上がってもいずれ下がるし、下がってもいずれ上がる。日本株式市場も昨年外人投資家はいなくなり、日銀と年金が主な所有者となり、日本企業が税金のようなものとして配当を日銀と年金に納めるだけのマーケットになるんでしょう。今の企業の配当って、法人税と一緒だと思いませんか。

ただ、だからといってこの状態が所得再分配の観点からはそれほど悪いことだとは思わない。企業が稼いで僕らの年金原資になるのだから。それと同じように、配当のある株を買って、収入の一部として配当をもらい続ける、そんなのがこれからの個人投資家の生活でしょう。もはや株式市場からは値上がり益というものは見込めないものとなったのかもしれません。じゃあ未来のAmazonやGoogleをIPO株から探すのは?これはもはや難しいでしょう。少なくともITではAmazon、Googleがぜんぶ持っていってしまうのですから、未来の大きな企業がIPO株から生まれるわけがありません。まして、ユニコーンたちには上場前から、今や腐るほどいるベンチャーキャピタルが群がっており、IPOは彼らの最後のイグジットでしかなく、IPO株を買うのはベンチャーキャピタルを養うだけの行為です。「ユニコーン企業」って言葉、以前よりニュースを騒がせてると思いませんか。ベンチャーキャピタルたちがロビー費用を投資してイグジット価格を吊り上げてるだけですよ。そのプロ中のプロがやはり昨年末のソフトバンク上場でした。ただあまりに露骨すぎて構造が多くの人にばれてしまった。孫さんは金の卵を生むガチョウを殺してしまったのです。

僕がまだ個人投資家が生きていけそうだと思っている市場があります。ズバリ中国株。ITは既にBATたちが抑えてますから、中国株のバイオベンチャーとか、次の分野ではまだ未来の巨人に投資できる機会もあるでしょうし、何よりアメリカの嫌がらせのせいで不当に安い企業が多い。中国の人口は2029年にピークを打つと言われていますが、「都市人口」はまだまだ増え続ける。彼らはこれから投資を始める未来の富裕層です。彼らと一緒に資産を築いていくというチャンスがまだ個人投資家には残されていると思います。



ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク