押し目待ちも時間切れかな。日経先物も購入。


これから新たなトレンドになる、今までの常識とは違う、円高・株高。つまり昔日本にやってきたバブルの状態ですが、まさか、と思いながら各々のトレンドはその方向を指し示しています。ドル円は円高トレンド、日経平均は上昇トレンド。


各々のポジションを構築しようと、ドル円は先々週に113円でショート構築済み。ずっと押し目を待ってた日経平均は、押し目待ちに押し目無しの格言通りに見事に下げてきません。もう1回くらい25日線触りそうだなと思いつつ25日線もどんどん水準上がってきてもう22200円ぐらい。とすると現行水準から下がってもたかが知れてるレベルなので、この水準で日経平均先物買いました。22400円です。来週前半ぐらいまではまだ下げるかもしれませんが、ブラックフライデー明け素直に上がってしまいそうな可能性の方がありそうですし、来週前半下がって悔しい思いをするリスクもとりつつ、この水準で買いました。

さて、どうなりますやら。

日本株の調整は継続の模様。ドル円下落を享受しながら日本株の押し目待ち。


25日線を割ったドル円の下落はこんなところじゃ止まりません。まだまだいきます。ドル円ショートは保有しているのでしっかり保有してドル円下落を享受。考えてみればドル円は下落は円高。日本人としては日々の給料の価値が世界的に上がる現象なのだから円高ドル安は喜べばよい。


去年までは明確にドル円と日経平均はリンクしててドル円の円高傾向は手放しで喜べなかったけれども、やっとそのリンクがはずれ、円高ドル安にいっても日本株は上がるようになった。じゃあ、ドルを売って円を買い、日経平均株価を買えばいいじゃないかと。そういうこと。


ドル円ショートは持っているものの、まだ日経平均が買えてない。22,000円は1回割ってくるのではと見ています。その押し目をがっつり買います。押し目はいつ来るでしょうか。ブラックフライデー明けまで、持ち越しかな???

日経平均買いはもーーーすこしガマン!明日か明後日、下がったところ買います。


狙い続けているポジション構築、ドル円売りと日経平均買い。

既に持っているドル円は順調に下げています。113.20円付近にあった25日線割れのインパクトはやはりデカイです。下げはこんなものでは済まないはずで、とうぶんショート保有し続ける予定です。


もう一方の日経平均買い。これがなかなか買いポイントまで下げてこない。もう買ってしまいところだけれども、まだもーーーすこしガマンです。先々週にあれだけハデな下げをぶちかましてくれたので、その調整のクライマックスはもう少しハデさがいる。22,000円はいったん割ってくると思うのです。でもそんなに先ではなく、明日か明後日には下げてくるかな?どうでしょう。買えないかもしれませんが、今買うと下がりそうなのでまだ買いません。


年末ラリーは、感謝祭明けからスタートでもいいかな、とは思うのです。

日経平均株価押し目待ち。来週下げてきたところでバシッと買います!


ドル円ショートと、日経平均株価買い、というポジションを作りたいと狙ってます。今までの常識では考えられない、どル円下落と日経平均株価高。今までの常識から頭をシフトしないときけない。どちらも大きな動きになりそうです。


ドル円ショートは既に保有しています。あとは日経平均株価を仕入れたくて押し目待ち。今日日経平均猛反発して22,700円とかまで上げてましたが、なにせ先週木曜日から1週間も経たず4営業日で23,400円から21,800円まで1,600円もの先物大暴落を見せたあとですから、その21,800円から22,700円まで900円跳ねたって、ちょうど半値戻しであって驚くところでもない。いや、それを2日でやったのは驚きましたけどね。でも振り返れば4日下げて2日で半値戻し。極めて妥当です。


日経平均株価はもう底入れして、ここからまた23,000円へ・・・という見方もありますが、僕はまだだと思います。大暴落からの日柄が無さすぎる。まだ本格反発までには時間がかかります。来週、下げてきたところを買う。


来週しっかり買って、あとは待つ。12月SQ価格がいくらになるか、楽しみなところです。



ドル円ショート、日本株買い戦略で。日本株は踏み上げ相場急騰だが買うにはまだ早すぎる。


ドル円はショート。日本株は買い。これが今後の基本線になると思うけれどもドル円はショート持ったものの日本株にどこで買いで入るか。


昨日空売り比率43%という状態だった日本株は案の定本日は空売りの損切りで踏み上げ急騰。しかし先週木曜の暴落、大変動があってからわずか1週間。まだ買いで入るには早すぎる。日経平均先物が昨夜21810円まで下げましたが、日経平均現物も1回は22000円割れは見に行くと思います。来週現物が22,000円割ったところで買いかな。


ドル円は長らく続いた水準、25日線をきっちり割ってきたので下落はこんなもんじゃ済まないと思います。

ドル建て日経平均株価を意識したポジションをとっていきます。


今年のポイントはドル建て日経平均株価が180ドルの壁を突破して200ドルをつけたこと。ドル円が113円で固定される中で日経平均株価は4000円も上げて23400円まで上げた。

今日日経平均は下げて22200円まで下げてますがドル円はまだ113円でドル建てでは大して下がってなくて196ドル程度をうろうろ。次はおそらく日経平均株価がさほど下がらない中でのドル円の急激な円高ドル安が起きると思います。この、実質的な米ドルレート切り下げこそアメリカの本命の狙いでしょう。日本のGPIFや日銀の損益分岐を割らないよう、円建て日経平均株価は上げるけれどもドル円は下げる。


次のポイントは、日経平均株価21700円。この時ドル円が108円まで円高になるならドル建ては200ドルです。ドル建てはダメージを受けてないのです。

これを意識したポジションとして、ドル円ショートと、日本株買いで、ドル建て日経平均株価上げのポジションを構築していきます。ドル円ショートは既に保有しているので、次は日経平均株価が22000円割れたところで買っていきます。下落の目安は25日線よ21700円あたりでしょうか。



米ドル切り下げの恐怖!米ドルは手放すべし!


このブログはただの個人の日記です。妄想の発言なので、これを参考にはしないで下さい。


トランプ大統領が「米国の貿易赤字は急速に減る必要がある」と発言したとのこと。


アメリカには伝家の宝刀、通貨切り下げという、基軸通貨を持つ国だけの特権があることを忘れてはいけません。トランプはいつ第二のニクソンショックを繰り出すのでしょうか。


9月からの日本株の上昇。ドル円の円安は伴わず、ドル建て日経平均株価が上がりました。180ドルの壁を突破し、200ドルを回復するまでに上昇しました。ドル建て日経平均株価が200ドルあれば、ドル円100円まで通貨を切り下げても日経平均2万円。GPIFの株買いの損益分岐点を割ることはない。アメリカが通貨切り下げをやるにあたり、ドル建て日経平均株価の上昇を支援したのでは、と勘ぐってしまいます。


これから起こること、ドル円下落と日本株上昇の共存という、昭和バブルの再来。僕のポジションは日本株買い、ドル円ショートです。いま、マーケットではドル買いと日本株空売りが多いようです。これらの損切り踏み上げで、動くときは一気に来ると思います。注意。

ドル円と日経平均株価の不思議な関係。完全に変わった連動の仕方に注目。


2012年アベノミクスが始まった後、日経平均株価は8,000円から16,000円へ1年で駆け上がる中、ドル円は80円から120円へ円安が進みました。その後も、日経平均株価は完全にドル円と連動しながら上昇を続けていきました。


今回、第4次安倍政権が始まり2012年アベノミクスを思わせるような上昇を見ました。19,000円から23,000円まで、わずか2ヶ月で4,000円も上昇し、派手に弾けて上昇が止まりました。しかしこの時奇妙な動きを見せたのはドル円。113円~114円台でまったく動かなかった。確実に日経平均株価とドル円の関係がここ数年のアベノミクス相場とは一線を画しています。


完全に相関が崩れたのか?いや、崩れていない時がありました。ドル円が円高ドル安に触れる時、つまりドル円が下落するときだけはしっかり日経平均は下落しており、日経平均が上がる時にはドル円は動かなかったのです。結果、ドル円基調と日経平均上昇基調が同居するという、ここ数年では珍しい現象が起きました。同じことは過去あったのか?ありましたね。俗にいう、日本バブルの頃です。ドル円が360円から90円まで円高ドル安に猛烈に進んでいく中で、日経平均株価は強烈に上がり続けたのです。


アメリカにとって、いつでもドル安というのは武器。ドル建ての借金が減るので、ドル安さえあればアメリカはいくらでも予算を組めます。基本は通貨安を必要とする国だと思います。もしかしたら、過去の日本バブルと同じことを引き起こそうとしているのかもしれません。


今回の日米蜜月を機に始まったこの動き。日経平均株価はここから崩壊するとは思えません。22,000円割れくらいで調整が止まればむしろ健全です。2013年5月23日にも先日の111月9日とまったく同じ日経平均株価の猛烈な乱高下を打って天井をつける動きがありました。その時は2012年11月にスタートしたアベノミクス相場が6ヶ月上げ続けて5月に天井、そこから4ヶ月かけて下落しまた上げました。今回は2ヶ月で天井つけているので調整も短そうです。11月いっぱいくらいで十分終えそう。その調整期間の間はドル円も連れ安するでしょう。ドル円110円くらいあってもいい。


ドル建て日経平均株価180ドルが長い間天井でした。しかし今回の20,000円超えてからの噴き上げによりドル建て日経平均株価は200ドルを超えました。水準がひとつ飛び抜けたのです。ドル建て価格が200ドルあれば、ドル円が110円でも22,000円。ドル円100円までいっても20,000円です。


今回2ヶ月日経平均株価上昇に踏み上げられ続けて退場目前までいきながら命拾いしましたが、当面、日経平均株価には逆らってはいけません。僕もこのドル建て日経平均株価の構造に気づかず、ドル円が円安にいかず円高トレンドを示しているのだから日経平均株価は上がるはずがない、と相関関係にタカをくくっていたのです。


しかし今回このドル建て日経平均株価の構造に気づくことができた今、ここからやるべきことは、ドル円売り、日本株買いです。株価の空売りはもう絶対やるまいと今回の相場から学んだので、誓って空売りはやりません。




日経平均に疲れたので、安定している為替でいきます。FXでドル円ショート。


もうこの2ヶ月、日経平均の爆上げに売りで挑んだので踏み上げられ続け、あわや退場かというところで最後11月SQで暴落してプットオプションが大きく利益を出して二ヶ月ぶんの損を取り返しました。2ヶ月バタバタして結果トントン。何もしなくても一緒だったという、残念な2ヶ月でした。


この恐ろしい値動き。もう2度と日経平均先物オプションは触るまいと心に誓い、値動きの少ない為替で。FXなら損失出してもたかが知れてます。


ドル円、ショートで入ります。

日経平均プット。この二ヶ月踏み上げられ続け損し続けたぶん、今日1日ですべて取り返せました!


9月から北朝鮮に踊らされ。日経平均プットオプションに手を出し、この2ヶ月間損して損して損し続けました。
これで個人投資家人生は終わりか・・・と退場ムードでした。

そして今日。

朝から日経平均は狂ったように上がり続け、23,300円まで上昇。これでもう最後だと、11月限23,000円のプットオプションを購入。オプション価格は下がりに下がり、もうこれ以上下がらないところまで来ていたので引けまでに決済しようとしていました。購入後、日経平均はさらに23,400円まで上昇して前場終了。ああ、もうダメだ・・・と諦めかけていました。

頭にはアベノミクスの最初、2012年5月23日の大暴落のイメージはありました。あのときも上げに上げたところから午後1時半から大暴落してアベノミクス初動の上げを終えたのです。前場の動きを見てて、また、アレこねーのかなーと眺めていました。

今日もまた1時半からでした。

日経平均は下がり始めたら23,300円台からあっという間に22,600円まで落ちます。ここで決済。1日で日経平均900円値幅をとり、プットオプションは購入価格の30倍になりました。この2ヶ月負け続けた損をほぼすべて取り返しました。2ヶ月で結局トントンだ、ってことなんですけどね。

心に誓って、もう二度とショートなんてやりません。世界平和を祈り続けて暮らします。



ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク