外貨積立日記(積立706営業日目) オプション投資大失敗したので、やっぱり基本はコツコツと。外貨積立ての含み損益は拡大。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。
20170714積立


 今月は日経平均先物オプション投資で大失敗しました。値動きが上下どちらかに大きく動きそうだと見て日経平均オプションコールとプットの両建て戦略をとりましたが、まさかのまったくレンジから動かず。ここ数か月は有効な戦略でしたが今月は大損失です。もう長いことレンジにおさまっているので今日の7月SQを抜けたら動き出しそうなのでまた少しコールオプションを買いなおしましたが、やはり僕はアクティブなポジションより長期の積立てが軸足だと思いなおしました。


 外貨積立ては円安傾向が続き含み損益が増え続けています。スワップポイントだけでも累計4万円を超え、含み損益もプラス。アメリカは利上げに動き、ユーロもテーパリングに言及、今週カナダも利上げしましたし、世界的に利上げの動き。そんな中で日本だけまったくもって動かず国債指値オペで10年国債の金利を0.1%以下におさえこんでいるので他世界各国との金利差はどんどん拡大していく。外貨投資には良い時代です。高金利通貨であるニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラたちは非常に好調にスワップ金利を稼いでくれています。


 カナダが7年ぶりの利上げに動いたことが大きかった。オーストラリアドルやニュージーランドドルも利上げに動くんじゃないかという思惑が働いているようで対ドルでも対円でも価値を上げています。高金利通貨は長いこと値動きが少なかったですがしばらくは良い投資になりそうです。
 

 ただ、この状況、過去にも経験があります。2007年リーマンショックの年です。今年しつこいぐらい何度も書いていますが今年2017年のマーケットの値動きは2007年当時の値動きに本当にそっくりです。その年の1~2年前はFX投資家にとって非常に良い環境となり稼いでいたところ今年はFX投資家が苦戦せいているところも当時と同じ。大幅下落の前、夏にはいったん株や資源価格の高騰が起きます。今年はビットコインをはじめとした仮想通貨の暴騰が見られ仮想通貨マーケットは暴落して既に終わりました。これは2007年当時の原油と同じ。今、下落したところでビットコインを買おうという人は、2007年当時でいえば原油が120ドルを超えたあと100ドルを割ったところで割安だと買おうという投資家の傾向なので気を付けて下さい。今日現在でも原油価格は46ドルです。


 ちょっと怖いなと思い始めたのはいよいよ小麦をはじめとした食糧品コモディティの価格が上がってきたこと。生活必需品はバブルが顕在化しやすいです。バブルというのは誰も買えないほど価値が上がり続けること。不動産もそう。住宅は住むものなのに、実際に住む人がローンを組んでも買えなくなると当然それ以上価値は上がらなくなる。不動産は既にその規模を超えていますが、食糧品などの生活必需品はより顕著にバブルが判定されやすい。生活必需品なので顕著に消費者に打撃を加え、「この価格だと買えない、高すぎる」という判断が働きやすく、天井高値をつけやすいのです。今年の夏も食糧品価格が上がりこのままじゃやばいよ、投機マネー腹立つ!という論調が増えてくるでしょう。それこそ2007年とまったくそっくりです。小麦価格の上昇は、ビットコインみたいな価格が上がっても誰も困らないものの価格高騰とは次元が違うのです。


 まだ当面は株も、為替も、上がるでしょう。しかし金利が跳ねると、いよいよです。2007年リーマンショックの数か月前にも世界的な金利の高騰が見られました。金利が上がると資金繰りの懸念が起き、それまで借金に頼ったレバレッジ経済で伸ばしていた世界のGDPが止まります。金利が上がるとそれ以上借り入れをせず返済に動くからです。そうするとレバレッジの縮小、マネーの規模の縮小が起きます。まさにテーパリング。ヨーロッパが名実ともに利上げ、テーパリングに動き始めた時が本格的な危機の始まりでしょう。8月中旬のジャクソンホールを予想しています。2007年リーマンショックから10年。2017年もやはり危機は9月な
のかもしれません。


 僕はサラリーマンなので会社で確定拠出年金を導入していますが、これまで投資配分を株式100%にしていたのを先月定期預金にスイッチングしました。新規に買い付ける分も定期預金にしています。今は現金を積み上げるべき時です。現金を確保しておき、ショックで大きく値下がりした時、また株に順次スイッチングして戻していきます。じゅうぶんに値下がりするまで放っておけばよいのです。


 危機が来るとやはり円高になります。その時は外貨積立てはコツコツ買い続けることで平均買付価格が下がり、また将来に大きく資産を拡大する原資を増やすチャンスとなります。暴落がないと長期コツコツ積立てはなかなか効果を発揮しません。下がった時に買ったもの将来大きく利益を伸ばすのです。この外貨積立てもしかり、純金積立てもしかり。利上げの後に危機がやってくるときには金利はまた下がりますのでゴールド・シルバー・プラチナは輝きを取り戻してきます。



【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/7/14 (積立706営業日目)
累計積立金額:1,245,283円
外貨評価金額:1,267,662円
損益:+22,379円(損益率+1.8%)
累計スワップポイント:43,017円
預託証拠金額:730,061円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額イフダントレード、ドル円ランダムウォークトレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:82.93円
平均積立単価:80.44円
累計積立数量:4,175NZD
評価損益:+10,372円 (損益率+3.1%)
累計スワップポイント:10,046円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.72円
平均積立単価:17.47円
累計積立数量:19,733CNH
評価損益:▲14,806円 (損益率▲4.3%)
累計スワップポイント:7,048円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.51円
平均積立単価:7.96円
累計積立数量:40,319ZAR
評価損益:+22,349円 (損益率+7.0%)
累計スワップポイント:22,910円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:117.14円
平均積立単価:113.29円
累計積立数量:667CHF
評価損益:+2,572円 (損益率+3.4%)
累計スワップポイント:▲157円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:9.98円
平均積立単価:9.83円
累計積立数量:8,644KRW
評価損益:+1,292円 (損益率+1.5%)
累計スワップポイント:+321円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.76円
平均積立単価:31.36円
累計積立数量:2,646TRY
評価損益:+1,081円 (損益率+1.3%)
累計スワップポイント:+2,849円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立693営業日目) 含み益は大きくプラスへ。しかしこの形はやっぱり秋には危ないかな。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。
20170627積立


 中国人民元を除くすべての積立て通貨が含み損益プラスです!ニュージーランドドルはなかなかプラスになってくれなかったのですが(なにせ92円から買い下がっているわけですから・・・)やっとプラスになりました。南アフリカランド、トルコリラという高金利通貨は大きくプラスな上にスワップ金利もたくさん貯まっています。時間さえかければ買い続ければいつかはプラスになる、という証明ですね。

 中国人民元だけマイナスですが、人民元はどこかで盛り返してくると思います。2010年から人民元はドル基軸通貨体制に反発してSDRを基軸通貨にすることを提案したり、人民元をSDR採用通貨に育てたり、AIIBなどを通じて人民元建て取引を世界で増やしたり、巨額の金地金を買い集め続けたり、人民元の国際化、通貨の信頼性を持たせることに努めています。いずれ実質ドルペッグを離れて独自の通貨高を見せるようになるでしょう。

 サラリーマンにとって最強の資産運用方法は「積立て」であると、やはり思いますね。値動きの激しい仮想通貨でさえ、僕は積立てで攻略できましたから。下がるところを時間分散で2年コツコツ買い続けて今年大きく上げたところで全部利益確定できました。外貨についても、いずれは日本円の価値が強烈に毀損してスタグフレーションに襲われる事態があれば資産保全に大きく役立ってくれるでしょう。

 しかしこのグラフの形・・・。とうぜんこのまま含み損が膨らんでいく形ではないですね。秋には失速しそうです。


 昨夜はドル円がずっと抵抗になっていた111.70円を上抜けてきました。現在111.8円。ついに一目均衡表の雲の上限を抜けてきましたのでこのまま上げていく形です。今週は強そうですね。来週、週足で雲のネジレが下にあるので来週大きく崩れる可能性もありますね。ドル円は上にいくか下にいくか、今は全然わからないのでランダムウォークトレードに徹しています。上がったら売り、下がったら買い、ポジション持ったら50銭先に利益確定のオーダーを出す両建て戦略。1発100通貨の少額をバンバン出しています。ドル円のレンジは100~120円と考えていますのでこのレンジの間を動くぶんには上がろうが下がろうが値動きさえあればコツコツ利益が積み上がっていきます。


 日経平均株価も今週は強そうです。今日は6月の権利付き最終売買日ですが昨夜ドル円が節目を突破しているのでかなり上げてくるかもしれません。どちらに動くかわかりませんが、しばらく動きが止まってそうなので動き始めたら動きは大きくなりそうです。なので、僕のポジションは日経平均オプションの両建て。20,250円コールと、20,000円プットを両建てで持っています。どちらかに大きく動けば相殺してプラスの利益になってきます。方向がわからない時に持つ、値動き自体で投機するポジションです。どっちに動くかはチャートには特に形跡が無いのでよくわかりません。


 今日の日本株市場は権利付き最終売買日で強そう。7月2日には都議選がありますから日本政府としても株高が欲しいでしょうし、今週は上げてくるかもしれませんね。ただもし大きく上げたら逃げ足は速そう。そして今日の深夜にはイエレン議長講演というイベントがあるのでドル円も動きがあるはず。僕の現在のアクティブポジションは上下どっちでもいいのでとにかく値動きが出て欲しいところです。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/6/27 (積立693営業日目)
累計積立金額:1,207,271円
外貨評価金額:1,222,064円
損益:+14,793円(損益率+1.2%)
累計スワップポイント:40,645円
預託証拠金額:630,147円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額イフダントレード、ドル円ランダムウォークトレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:81.55円
平均積立単価:80.41円
累計積立数量:4,097NZD
評価損益:+4,670円 (損益率+1.4%)
累計スワップポイント:9,678円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.32円
平均積立単価:17.48円
累計積立数量:19,353CNH
評価損益:▲22,407円 (損益率▲6.6%)
累計スワップポイント:6,863円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.69円
平均積立単価:7.95円
累計積立数量:39,566ZAR
評価損益:+29,564円 (損益率+9.4%)
累計スワップポイント:21,601円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:115.12円
平均積立単価:112.93円
累計積立数量:615CHF
評価損益:+1,345円 (損益率+1.9%)
累計スワップポイント:▲139円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:9.88円
平均積立単価:9.82円
累計積立数量:7,990KRW
評価損益:+480円 (損益率+0.6%)
累計スワップポイント:+271円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.99円
平均積立単価:31.33円
累計積立数量:2,449TRY
評価損益:+1,620円 (損益率+2.1%)
累計スワップポイント:+2,371円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立684営業日目) 相変わらず含み損益トントンの、スワップ金利分がプラス。資源国通貨はやはり注目。今日のFOMCがドル円上昇要因か。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。
20170614積立

 含み損益はトントン。スワップポイントは積立て金額が伸びるにつれてどんどん増えていくので含み益はスワップポイントが稼ぎます。そのスワップポイントは資源国通貨が稼ぐ。ニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラ。世界的に量的緩和で物価上昇の中、やはり資源国通貨は強いと思います。

 期待は南アフリカランド。スワップポイントだけでなく含み益でも全体を引っ張る主力通貨になっているわけですが、貴金属価格の上昇の恩恵を受けています。南アフリカは現在高騰が続くパラジウムの主要な産出国でもあり、南アフリカで産出量の40%を占めると言われます。貴金属はプラチナとパラジウム、どちらが伸びるのかという議論もありますが南アフリカはプラチナでも産出量の75%を占めると言われておりどちらかが上がっていくとしても南アフリカは有力。自動車でも燃料電池でも、プラチナなりパラジウムなりは活躍の場があるので今後も南アフリカは有力だと考えます。


 全体の含み損益にマイナス寄与しているのが中国人民元。円高ドル安の影響を受けて、ドルよりさらに安い人民元はずっと下がり続けています。しかしいつかこれも反転すると思っています。人民元はどこかのタイミングで事実上のドルペッグを捨てるはずです。中国が買い続けて蓄積し続けている外貨準備としてのゴールド。中国はドル基軸通貨体制を批判しておりIMFのSDRを提唱、SDR採用通貨にも入っています。人民元の国際化は中国の悲願であり、このままの価値で終わるはずもありません。中国はどこかで見直される日が来るでしょう。


 さて、今夜の日本時間深夜3時はFOMC、その後 3時30分からイエレン議長の会見です。利上げは既に織り込まれているのでFRBも安心して金利を上げられる状況なので利上げは確実。利上げだけであれば織り込みの反落ということでドル安の可能性があります。一方、マーケットが注目しているのはバランスシートの縮小時期がいつになるのか、そのヒントが出てくるかどうかです。もう7月からバランスシート縮小を始めるべきという要人もいるようです。このバランスシートの縮小がややこしい。米国債は売られることになるので金利は急騰する可能性があります。そうなるとドルは強烈に上がることになる。もし万が一7月とは言わなくても早期にバランスシート縮小が打ち出されたらドル円では数円もドル高円安に進む可能性があります。そうなると金融引き締めでまず新興国株が売られ、それが波及して主要国株が売られることになります。米国株も売られるでしょう。その時独特な動きをする可能性があるのが日本株ですね。ドル高円安が来ると日本株だけが上がってしまいます。世界の債権国である日本は今現在も金融引き締めで伸びているわけではないので影響は極めて軽微、他国ほど不良債券も増えず銀行への影響も少なそうです。そして円安は日本株を円建てでの利益を伸ばすので通貨安で日本株は伸びる、ということになります。通貨安で株価が上がるのは世界で日本とスイスくらいのものですが、これは日本が世界一の債権国であること、そして内需が縮小しており日本企業がほとんど海外で稼いでいることから来ます。日本株はこの月曜火曜に健全に調整してきているのでFOMC後は日本株高、円安ドル高が予想されるのです。

 ファンダメンタルでもこう言えますし、チャートを見ても米国債利回りは上に行きたがっている形を示しており、やはりFOMCでは米国債利回りが上がる要因が出てくるんじゃないか、何が出てこようが利回りは上がるんじゃないか、ドル円は円安ドル高へ行くのではないかと思われるのです。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/6/14 (積立684営業日目)
累計積立金額:1,181,203円
外貨評価金額:1,179,661円
損益:▲1,542円(損益率▲0.1%)
累計スワップポイント:39,342円
預託証拠金額:589,056円(自己資金450,000円)
 ※豪ドル少額イフダントレード、ドル円ランダムウォークトレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:79.48円
平均積立単価:80.40円
累計積立数量:4,043NZD
評価損益:▲3,746円 (損益率▲1.2%)
累計スワップポイント:9,450円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.23円
平均積立単価:17.50円
累計積立数量:19,083CNH
評価損益:▲24,254円 (損益率▲7.3%)
累計スワップポイント:6,763円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.62円
平均積立単価:7.94円
累計積立数量:39,048ZAR
評価損益:+26,869円 (損益率+8.7%)
累計スワップポイント:20,937円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:113.63円
平均積立単価:112.85円
累計積立数量:579CHF
評価損益:+453円 (損益率+0.7%)
累計スワップポイント:▲122円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:9.78円
平均積立単価:9.83円
累計積立数量:7,535KRW
評価損益:▲359円 (損益率▲0.5%)
累計スワップポイント:+241円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.29円
平均積立単価:31.31円
累計積立数量:2,314TRY
評価損益:▲34円 (損益率▲0.0%)
累計スワップポイント:+2,073円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立678営業日目) 資源国通貨の強さで損益はプラス。昨年・一昨年に続きこれから試練の夏。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。
20170606積立

 含み損益はプラス圏。スワップポイントもどんどん大きくなり現在1日110円ぐらいまで育ってきており盤石になりつつあります。含み損益プラスの稼ぎ頭はなんといっても南アフリカランド。含み損益で3万円近く稼ぎ、スワップポイントも累計で2万円になってきています。これから世界的に人口減の中、2050年には人口が増えているのは世界中でアフリカのみという予測もあるぐらい、これからアフリカは伸びる。その将来性が出ているのか、南アフリカランドはとても堅調です。

 損益グラフを見ると昨年・一昨年も6~9月の間が円高傾向があり含み損益が大きくマイナスになっています。そして10月からぐんと円安方向に戻るという傾向が続いています。今年もその時期になってきました。この損益グラフを見ると相場の格言「セル・イン・メイ」、5月に売って休みをとって、10月にまた戻って来なさい、という格言はまさに当たっているなと思います。今年もその6月がやってきました。今年はどんな傾向になるでしょうか。基本はやはり歴史は繰り返すことになると思います。

 現在、株高と低金利の併存が続いています。これはどういう状況なのでしょう。債券も買って、株も買っている。つまりはマネーが有り余っている状況で買えるものはすべて買う、という状況。欧米日の長きに渡る量的緩和によるカネ余りの状況を示している。債券を買うマネーにもレバレッジがかかっているでしょう。よって、落ちる時にはすべてが売られてレバレッジが縮小し、マネー総量がしぼむことになると思います。問題はその時期がいつなのか。欧米日当局ももちろん認識しているはずで、あの手この手で延命措置を図っています。最後には、米国がさらなる量的緩和に踏み込む可能性すらあると思っています。そうなればもう1~2年は延ばすことができますが、どうなるでしょうね。

 ところでやはり気になるのは僕の肌感覚。2008年リーマンショックは僕も個人投資家生活で最大の損失を出したので記憶の中に当時の感覚は叩き込まれています。現状はその時の感覚に本当にそっくりです。僕は今年ドル円のランダムウォークトレードで上げでも下げでもコツコツ日々少額の利益を出し続けていますが、ドル円がこれだけのボラティリティを持っているというのはやはり変なのです。上げにも下げにもレバレッジ投機マネーが暴れまくっている状態です。仕掛けて逃げる、が続くからレバレッジが大きくなる。

 そして危機の前には必ず何かの資産がバブル化します。2008年当時は原油でした。当時も原油価格が1バレル120ドルという強烈なところまで上げました。今年はその役割を担っているのはおそらく仮想通貨マーケットです。これがもっと大きく膨らんでどこかで炸裂することになるでしょう。ただやはり一番早く頭打つサインはいつも不動産価格です。不動産価格が下げに転じるのにはもう少し時間がかかりそうですが、1年もかからないでしょう。今年の夏から秋にかけて、やはり大きな調整がやってきそうだと思うのです。2008年当時も初夏は株高でした。記録も更新していました。もう危機は来ない、まだまだマーケットは上がる、という楽観の中でリーマンショックは一気に襲ってきたのです。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/6/6 (積立678営業日目)
累計積立金額:1,163,817円
外貨評価金額:1,164,493円
損益:+667円(損益率+0.1%)
累計スワップポイント:38,234円
預託証拠金額:421,284円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額イフダントレード、ドル円ランダムウォークトレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:78.84円
平均積立単価:80.41円
累計積立数量:4,007NZD
評価損益:▲6,299円 (損益率▲2.0%)
累計スワップポイント:9,323円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.30円
平均積立単価:17.51円
累計積立数量:18,903CNH
評価損益:▲22,816円 (損益率▲6.9%)
累計スワップポイント:6,663円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.67円
平均積立単価:7.93円
累計積立数量:38,700ZAR
評価損益:+28,723円 (損益率+9.4%)
累計スワップポイント:20,237円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:114.48円
平均積立単価:112.81円
累計積立数量:555CHF
評価損益:+924円 (損益率+1.5%)
累計スワップポイント:▲110円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:9.90円
平均積立単価:9.83円
累計積立数量:7,231KRW
評価損益:+516円 (損益率+0.7%)
累計スワップポイント:+223円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.36円
平均積立単価:31.32円
累計積立数量:2,220TRY
評価損益:+103円 (損益率+0.1%)
累計スワップポイント:+1,898円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立659営業日目) EU分裂阻止観測によるユーロの猛烈な買戻し。始まった資金循環地殻変動の行き着く先は。金融危機前の兆候は続々と出現。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。
20170510積立

 証拠金資金を仮想通貨投資に動かしてるので「レバレッジをかけない」ルールは今守れてませんね・・・。仮想通貨高騰に浮かれず、そろそろいったん軸足をしっかりして積立て投資の証拠金確保など足元を固めていかないとな、と思います。

 ニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラなど高金利通貨が損益を牽引しています。スワップポイントも1日100円レベルに近づいてきているのも嬉しいところです。韓国大統領選を越えて、韓国ウォンも堅調。ユーロの上昇に伴ってスイスフランも強い。中国人民元は相変わらず弱くて足を引っ張り続けています・・・。


 為替はドル円だけ見てるとマーケット全体像が見えなくなりますが、いろんな通貨を見ていると資金循環が見えてきます。通貨のパワーでいうと現在は ユーロ > 米ドル > 日本円。 現在は日本円が最弱の動きを見せています。これもまた日本円が弱いというよりも世界中からユーロ買いが進んでいると見える。転機はやはり今回のフランス大統領選挙。フランスがEU離脱にNOという答えを選挙で出した。そうすると続く6月でのイギリス解散総選挙でもここでメイ陣営が敗れる可能性がある。そうするとイギリスEU離脱すら巻き戻しの流れが出てくる可能性すらある。フランス選挙でフランが復活しユーロいよいよ解体する、という観測すらあり売られまくっていたユーロへの資金の巻き戻し、資金の大移動が起きています。

 ヨーロッパ人は金投資が大好きで、通貨不安などあると金庫が猛烈に売れ、純金が買われます。その金・プラチナなど貴金属価格も現在急落しています。これは金売り・ユーロ買いが出てきていると見ていいのではないでしょうか。金価格はヨーロッパの動向と相関がとても強いのです。ただ金価格が下がっても中国・ロシアがどんどん買いますから、もう金価格がどんどん下がっていくとうことにはなりません。

 今、日経平均株価がまた2万円か、世界に出遅れている、なんて言われています。とんでもありません。ドル建て日経平均株価は米国株と完全に連動して動いていて既に最高値圏です。ユーロ買い・円安が進んだので円建て日経平均株価が上がったに過ぎません。世界の基軸通貨であるドル建てで見れば日本株の価値は全然増えていない。日本円現金資産の価値がどんどん下がっている、ということでもあります。

 今の株価の上昇を見ていると、結局、主要国通貨の貨幣価値がどんどん落ちていっていて相対的に株価が高く見えているだけなんじゃないか、と思ってしまいます。なので株価は今は強いし、しばらく強く推移するんじゃないかと思われます。

 しかし、これから数か月という先を見ると、夏から秋にはリーマンショックを超える金融危機、というのは本当にあり得ると思います。ヨーロッパ選挙イベントの本丸、秋のドイツ選挙あたり、どうなるか。気を引き締めないと。

 金融危機の兆候が続々と出てきているのです。僕は2008年リーマンショックの年、当時レバレッジ規制のかかってなかったFXで、レバレッジ100倍もかけてFXに取り組み、リーマンショックの年に上に下に振られて損失を重ね、2008年10月のリーマンショックでとどめを刺されて半年程度マーケットから退場させられた苦い記憶があります。

 その2008年当時のマーケットの空気に、今年2017年は本当にそっくりなのです。9年前とまったくもって似たような現象がどんどん出てきていてぞわぞわします。何がそっくりなのか、箇条書きにしてもいくらでも出てきます。本当にそっくりなのです。
・週明け窓を開けて始まる週またぎの振れ幅の大きさ
・ドル円は一本調子で下落を続けず、途中猛反発も入って安心感をもたらす
・ボラティリティが大きいのにVIX指数の異様な低下
・長い低金利からの金利の急騰(リーマンショックの3ケ月程度前にも金利急騰しました)
・資源価格の下落。実態経済の弱さを示します。現在、銅や原油が下落しています。
・政権交代観測。実態経済の弱さを示します。日本もリーマンショックの後、民主党政権が来ましたね。
・デフォルトの連鎖が徐々に。各国不動産ローンのデフォルト、プエルトリコのデフォルト。中国。顕在化してきています。
・不動産価格上昇の打ち止め傾向。
・世界株価の高値更新


 あー、こわ。今、仮想通貨マーケットがなぜこんなに上昇しているのか。量的緩和がもう終わることが出来ないことを見越して主要国通貨から暗号通貨にシフトしている動きさえあるのではないかと思えます。VIX指数が10を割る異常な下落が出ているのであとはもうVIXは急騰するしかなく、アメリカ株の急落はあと数か月先、と近づいていると思います。その急落を見据えて、これからまだどんどん上げて、一気にドカンと落ちてくる。下げを予想していても、目先の上げでショートは焼き払われて勝者のいない本当の大暴落が来る可能性があります。アメリカ株が崩れてくれば、アメリカは再度量的緩和を再開し、ドル安・円高が進みます。ドル円は100円割れもあるかも。なので僕のドル円ランダムウォークトレード戦略は、ドル円レンジを100~120円としてその間で上に下にどちらに動いても利益が出るようにポジション設計を続けています。

 ここからの上昇相場からの急変、急落時期は夏から秋、やはり10月頃が目安になります。ドイツ選挙。米国債務上限。今のイタリア、フランスの流れから、ドイツでもメルケルさんが勝つだろうと見られています。さて。本当にそうでしょうか。転換が顕在化するにはまだ時間がかかりそうですが、このまま秋まで上昇しそのままドイツ選挙も無難に終わるとは思えません。僕はVIX先物指数の買いをスタートしました。VIX指数は循環するので、10割れのVIX指数は買い、です。ほぼ使うあてがないNISA口座を使う時がやっと来ました。

 まだ金融地殻変動までには時間は数か月あると思うので、足元を固めてポジション、ポートフォリオの見直しを進めていきたいと思います。基軸は資源国通貨、純金積立て。あと仮想通貨。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/5/10 (積立659営業日目)
累計積立金額:1,109,081円
外貨評価金額:1,101,367円
損益:▲7,714円(損益率▲0.7%)
累計スワップポイント:34,929円
預託証拠金額:297,588円(自己資金100,000円)
 ※豪ドル少額イフダントレード、ドル円ランダムウォークトレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:78.60円
平均積立単価:80.48円
累計積立数量:3,893NZD
評価損益:▲7,308円 (損益率▲2.3%)
累計スワップポイント:8,878円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.50円
平均積立単価:17.55円
累計積立数量:18,337CNH
評価損益:▲19,291円 (損益率▲6.0%)
累計スワップポイント:6,041円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.37円
平均積立単価:7.91円
累計積立数量:37,600ZAR
評価損益:+17,341円 (損益率+5.8%)
累計スワップポイント:18,560円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:113.15円
平均積立単価:112.61円
累計積立数量:479CHF
評価損益:+263円 (損益率+0.5%)
累計スワップポイント:▲80円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:10.02円
平均積立単価:9.80円
累計積立数量:6,287KRW
評価損益:+1,400円 (損益率+2.3%)
累計スワップポイント:+169円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.48円
平均積立単価:31.30円
累計積立数量:1,931TRY
評価損益:+350円 (損益率+0.6%)
累計スワップポイント:+1,361円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立648営業日目) 久々の外貨積立て日記更新。意外なことに南アフリカランドが稼ぎ頭。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20170425積立

 ここ1ケ月ぐらい、外貨積立ての実績更新をサボッていました。もちろん外貨積立ては毎日毎日毎日コツコツコツコツコツコツ続けています。最近マーケットの乱高下に面白さを感じランダムウォークトレードといいながらドル円でけっこうアクティブにトレードしてしまっていたので、ここら辺でいったん、自分の投資スタンスを振り返る必要があるなと思いました。サラリーマンがマーケットに勝てる唯一の方法、それが時間分散での長期積立て。これです。やっぱり基本はこれです。アクティブなトレードで勝っているからと調子に乗らず、自分の投資スタンスにしっかり戻ります。

 さて、その外貨積立て状況ですが、含み損益はマイナスですがスワップポイントと合わせるとこのドル円の円高ドル安相場でもトータルでプラス1万ぐらい。時間をかけていれば悪い相場でもやはりプラスで推移できますね。含み損益でプラスになっているのは積立て6通貨の中でなんと南アフリカランドのみ!意外と南アフリカランドは去年から好調に推移しているんですよね。トルコリラも今はマイナスですがこの週明けの上昇幅で突出していたのはトルコリラでした。急上昇中です。

 長い目で見た場合、資源国通貨はプラスで見ています。量的緩和をしている日本円、米ドル、ユーロはいずれも長期下落していくと見ていて、将来ドル円ではたいして円安にいかなくても、対資源国通貨で見ると大きく円安が進んでいくと考えています。

 目安は昨夜のドル円の頭打ちはとても悪いイメージですね。結局月曜日早朝、日本為替市場がオープンする前のオセアニアマーケットで110.60円をつけてそこが天井。以降は110.40円を超えることもなく、じりじり下げて現在109.70円。週明けに開けた窓をまもなく閉めてしまいそうなところで、フランス選挙でのプラスマインド転換を帳消ししてしまいそうな動きです。今日の地政学リスクをやりすごしてから買いたいところなのでしょう。あと、29日に米国債務上限を迎えますが、その動向も注視。いまだにトランプ政権からは何も出てきていません。本当に債務上限を引き上げられるのでしょうか。債務上限をクリアできないとアメリカは政府機関のシャットダウン、ということになります。このテロの世の中で政府機関のシャットダウン。考えるだけで恐ろしいですね。この材料がマーケットに不安を投げかけているわけですが、トレンド上ではもう1回底値を確認しにいったあと、再度反発する動きに見えます。イベントはテクニカルチャートを補強するものなので、どこで上昇を掴むか、とタイミングをみんな計っているいる、そんな状況ですね。



【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/4/25 (積立648営業日目)
累計積立金額:1,083,465円
外貨評価金額:1,057,608円
損益:▲25,857円(損益率▲2.4%)
累計スワップポイント:33,512円
預託証拠金額:380,214円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額イフダントレード、ドル円ランダムウォークトレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:77.03円
平均積立単価:80.52円
累計積立数量:3,839NZD
評価損益:▲13,431円 (損益率▲4.3%)
累計スワップポイント:8,641円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.96円
平均積立単価:17.57円
累計積立数量:18,072CNH
評価損益:▲29,020円 (損益率▲9.1%)
累計スワップポイント:5,885円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.44円
平均積立単価:7.91円
累計積立数量:37,074ZAR
評価損益:+19,616円 (損益率+6.7%)
累計スワップポイント:17,789円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:110.26円
平均積立単価:112.59円
累計積立数量:443CHF
評価損益:▲1,032円 (損益率▲2.1%)
累計スワップポイント:▲66円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:9.70円
平均積立単価:9.79円
累計積立数量:5,839KRW
評価損益:▲539円 (損益率▲0.9%)
累計スワップポイント:+142円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:30.75円
平均積立単価:31.29円
累計積立数量:1,796TRY
評価損益:▲980円 (損益率▲1.7%)
累計スワップポイント:+1,121円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立624営業日目) テクニカル的にもファンダメンタル的にも裏付けられた下落。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20170322積立

 外貨積立ての含み損益はプラスマイナスゼロ近辺のスレスレ状態。米選挙トランプ勝利後順調に回復してきていましたがいよいよここにきて頭打ち。主にドル円での円高ドル安に巻き込まれて資源国通貨も頭打っています。ポートフォリオとして中国人民元の下げが大きいので、これがドル円に引っ張られています。人民元はまだまだ実質ドルペッグに近い状況なので人民元がいつドルと決別するのか?が焦点です。長期的には人民元は米ドルと乖離していくと踏んでいます。

 その人民元の下落に対しては南アフリカランドがカバー。ドル円下落の影響は全然受けず、ランドは強い。今後世界経済でアフリカは世界最後のフロンティアと言われており今後も成長が見込まれます。新興国通貨が下げても、アフリカは新興国成長筆頭として強くなっていくと思っています。

 意外と検討しているのが韓国ウォン。10円付近をキープしています。トルコリラもなかなか。ニュージーランドもドル円下落ほどにはやられていないのでまたインフレ(スタグフレーション)の流れに乗って巻き返してきてくれるでしょう。ニュージーランドは世界中から移住が続く世界の憧れの国。将来性には強気です。


 ドル円がふたたび111円台に突っ込んできており下落トレンドがきついです。3月15日FOMCでの米国利上げをきっかけとしてドル売りが続いています。米国債利回りが急低下しています。まだまだこのドル売りの流れは続きそうです。トランプ政権は官僚の人員配置が未だにぜんぜん決まっておらず中身はスカスカ。厳しい。

 そしてドル円のトレンドはこれまた厳しいものです。

20170322ドル円
ドル円日足チャート(SBI証券提供)

 ドル円の日足チャートですが完全に一目均衡表の雲の下。雲の上限115円あたりは分厚い抵抗となり上にキャップがかかってしまっています。そして厳しいのは遅行スパンが完全にローソク足を下抜けたこと。明確な下落トレンド入りです。下段はMACDですがもちろんゴールデンクロス。もう1回113円ぐらいまで跳ねてもう1度シグナルと接触があれば決定的な暴落サインです。

 ボリンジャーバンドもボラティリティ限界のマイナス2シグマに達しており、過去2回攻めて割れていない111.60円がキープされているのでここいらで反発するはず、という見方もできなくはないですが、なにせここまでボラティリティが小さかったのでボリンジャーバンド自体が狭すぎる。しばらく止まっていたものが動き始めるとその値動きは大きくなるものです。

 ドル円オプションのプレミアムがここしばらく歴史的低水準、VI(ボラティリティインデックス)指数も最低水準でした。マーケットはあまりに楽観に浸りすぎてると思います。オプション価格の低下は、みんなが楽観視して保険、ヘッジをかけていない状態なので、この中で大きく下落してくれば慌ててヘッジをかける必要があり、プットのオプション買いによって、下落が下落を呼びます。増して今はAI、人工知能によるプラグラム売買が全盛となりつつある中、機械が一斉に合理的行動をとったらどうなるか。合理的な行動の束が、非合理な値動きを起こすのではないでしょうか。我々人間はもちろん、そんなミスプライスにこそ利益の源泉を見つけることが出来ます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/3/22 (積立624営業日目)
累計積立金額:1,014,317円
外貨評価金額:1,015,425円
損益:+1,109円(損益率+0.1%)
累計スワップポイント:30,434円
預託証拠金額:313,056円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:78.66円
平均積立単価:80.65円
累計積立数量:3,694NZD
評価損益:▲7,351円 (損益率▲2.5%)
累計スワップポイント:8,138円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.27円
平均積立単価:17.63円
累計積立数量:17,335CNH
評価損益:▲23,664円 (損益率▲7.7%)
累計スワップポイント:5,595円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.82円
平均積立単価:7.89円
累計積立数量:35,641ZAR
評価損益:+33,271円 (損益率+11.8%)
累計スワップポイント:15,981円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:112.42円
平均積立単価:113.23円
累計積立数量:346CHF
評価損益:▲281円 (損益率▲0.7%)
累計スワップポイント:▲37円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:9.97円
平均積立単価:9.80円
累計積立数量:4,622KRW
評価損益:+791円 (損益率+1.7%)
累計スワップポイント:+88円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:30.79円
平均積立単価:31.60円
累計積立数量:1,410TRY
評価損益:▲1,152円 (損益率▲2.6%)
累計スワップポイント:+669円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立618営業日目) トランプ後好調だった含み益にも陰りが。米国株にはいよいよヒンデンブルクオーメン点灯。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20170314積立

 んー。昨年11月のトランプ米選挙勝利後の円安の流れに乗ってこの半年近く含み益状態が続いていました。いよいよその好調状態も頭打ち状態がはっきり見えており、そろそろ失速しそうです。しかし積立て買付においては下落相場はむしろ安く外貨が買えるので嬉しい現象です。含み損は将来の利益の源泉。短期で円高で含み損状態になり、その時に安値でたくさん仕込んで、長期でどーんと円安になるのが良いのです。10年レベルの長期では対資源国通貨に対しては円安、しかも相当なレベルでの円安を想定しています。

 通貨オプションの価格が記録的な安値だそうです。あまりに変動がなくなりすぎて、誰も今後の大きな変動を予測しておらず、保険代の意味あいを持つオプションを購入しない。恐怖指数と言われる米国S&Pのボラティリティを指数化したVI指数も安値にへばりついています。楽観相場になっています。

 そんな中、月曜日の米国株マーケットで「ヒンデンブルグオーメン」が点灯したと話題になっています。不吉な暴落のサイン。このサインが出ると先40日ぐらいの期間で7割の確率で5%下落、2割の確率でパニック的な売りがある、と言われるものです。7割の確率で5%程度の下落なのでここ数年はこのサインは何回か出ていますがほぼあまり意識されることもなく、たいして何も起きずに時間は流れていきました。しかしやはりヒンデンブルクオーメンはやっぱりヒンデンブルグオーメン。警戒感は高まるわけです。

 原油価格が暴落を続けているのが気になります。まして明日は3月15日。米国FOMCの利上げ、米国債務上限、オランダ選挙などあまりに多数のビッグイベントが重なっている日です。北朝鮮も地政学リスクを演出していますし、日本は森友学園問題で政治不安です。ここでリスク回避に走らないというのは・・・あまりに楽観的過ぎるのではないでしょうか。

 一方で、まだ米国株は個人が空売りに傾いており下落予想ということでまだ上がるのでは、という観測もあります。米国株が上がれば、ドル建て日経平均株価も強気となり、ドル円が動かなければ日経平均株価は上昇するということになりますが、まあ厳しいでしょう。ドル円だけ円高に動いて日経平均株価は下がらないという可能性もありますが・・・やはり下げるでしょうね。

 やはり円高方向がありそうなのでこれから資源国通貨積立ては含み損状態に転落しそうですが、その円高相場で安く買いつつ、ドル円とオーストラリアドルのランダムウォークトレードでコツコツ売り買いで利益を積み上げて資産構築していきたいと思います。積み立てている外貨も資源国通貨なのでスワップ金利も大きくなってきました。複利でどんどん増えていくので将来楽しみに構えておきます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/3/14 (積立618営業日目)
累計積立金額:996,934円
外貨評価金額:1,006,243円
損益:+9,309円(損益率+0.9%)
累計スワップポイント:29,732円
預託証拠金額:302,038円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:79.54円
平均積立単価:80.67円
累計積立数量:3,658NZD
評価損益:▲4,126円 (損益率▲1.4%)
累計スワップポイント:8,019円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.66円
平均積立単価:17.64円
累計積立数量:17,159CNH
評価損益:▲16,811円 (損益率▲5.6%)
累計スワップポイント:5,527円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.75円
平均積立単価:7.88円
累計積立数量:35,304ZAR
評価損益:+30,729円 (損益率+11.0%)
累計スワップポイント:15,560円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:114.01円
平均積立単価:113.24円
累計積立数量:322CHF
評価損益:+249円 (損益率+0.7%)
累計スワップポイント:▲31円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:10.02円
平均積立単価:9.78円
累計積立数量:4,326KRW
評価損益:+1,033円 (損益率+2.4%)
累計スワップポイント:+77円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:30.69円
平均積立単価:31.65円
累計積立数量:1,314TRY
評価損益:▲1,261円 (損益率▲3.0%)
累計スワップポイント:+580円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立610営業日目) トランプ後はずっと含み損益改善。どこかで崩れてしま野か?

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20170302積立

 外貨積立ての損益だけを見ていると、トランプ大統領の昨年11月選挙戦勝利が転換点となりその後右肩上がり。少しトーンダウンしていたところ、昨日のトランプ米大統領の初議会演説でまた伸びました。外貨積立て損益ではトランプさんはとてもポジティブな存在であるようです。何も意志を入れない投資が成績良いのですから、”毎日積立て”の威力を感じます。

 この裏ではトランプ政権への危機感は解きません。昨日のトランプさん初議会演説で大きくぶち上げたコメントたちはいずれもいよいよ具体的な実行予算が次のポイントで、閣僚が全然決まっていない中でどうやって予算編成するのか?2017年いっぱいとかかかるんじゃないか?という分析が続々と出てきておりマーケットは冷静に見ています。

 ニューヨークダウだけもともと空売りが膨らんでいたところにパニック的な損切りの買い戻しが入りバカみたいに上げましたが、ドル円なんかはいたって冷静に50日移動平均線で上値をしっかり止められました。

 これから積立て投資にとっては含み損が膨らむ円高の時期がやってきそうですが、毎日同額をコツコツ買い付ける外貨積立てにおいてはいったん外貨が安くなると同じ金額でたくさん外貨が買え、含み損が将来の利益の源泉となります。そろそろ1回円高で含み損が膨らむ状況になればまたたくさん外貨が買えます。マーケットが上がっても下がっても嬉しい、そんな精神的なストレスフリーが積立ての威力ですね。

 僕のような庶民が毎日コツコツ買えるようになったのはFXで1通貨単位取引ができるようになったから。それまでは1万通貨、少なくても1000通貨単位からでないとFXは取引できませんでした。1通貨単位FXが生まれたのはここ3~4年の間でやっとおきてくれたFX業界の革新です。SBI FXトレードさん、ありがとうございます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/3/2 (積立610営業日目)
累計積立金額:973,674円
外貨評価金額:987,341円
損益:+13,668円(損益率+1.4%)
累計スワップポイント:28,941円
預託証拠金額:299,466円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:81.30円
平均積立単価:80.68円
累計積立数量:3,610NZD
評価損益:+2,239円 (損益率+0.8%)
累計スワップポイント:7,887円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.57円
平均積立単価:17.66円
累計積立数量:16,922CNH
評価損益:▲18,369円 (損益率▲6.1%)
累計スワップポイント:5,441円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.74円
平均積立単価:7.87円
累計積立数量:34,848ZAR
評価損益:+30,238円 (損益率+11.0%)
累計スワップポイント:15,094円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:112.77円
平均積立単価:113.25円
累計積立数量:290CHF
評価損益:▲139円 (損益率▲0.4%)
累計スワップポイント:▲24円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:10.00円
平均積立単価:9.76円
累計積立数量:3,927KRW
評価損益:+910円 (損益率+2.4%)
累計スワップポイント:+65円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.16円
平均積立単価:31.75円
累計積立数量:1,186TRY
評価損益:▲710円 (損益率▲1.9%)
累計スワップポイント:+478円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

外貨積立日記(積立600営業日目) 資源国通貨の上昇!迫るスタグフレーションの波

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20170216積立

 コツコツ積立てを続けている資源国通貨たちがどんどん伸びて含み損益が伸びてきました。去年の6月にはマイナス8万円という含み損だったが今やプラス2万円超。スワップポイントも2万7千円。なかなかに絶好調です。今年に入ってからドル円は伸び悩んでいますが、資源国通貨は絶好調。

 特に強いのはやはり南アフリカランド。買い付けてきた金額に対して含み益ながらプラス12%。そして意外に活躍しているのが韓国ウォン。1ウォン10円を超えてきました。

 ここ2年ぐらい、原油も急落し資源価格が弱かった間はなかなか含み損が厳しかったですが、やはり資源価格全般伸びてきました。米国FRBが利上げを始めたからといって、まだ量的緩和で放出した資金はマーケットに出っぱなし、日欧はまだ量的緩和を続けています。世界はマネー増刷で溢れているのですから、資源価格の価値が相対的に上がっていくのは自然。その資源を持っている資源国の通貨は堅調、というわけです。

 これからもまだまだ資源価格は上がっていくでしょう。そして世界的に物価も上がっていくでしょう。”通貨”の価値が減価していくのです。量的緩和をしている国である日本で生きる身としては、資源の裏付けを持つ国の通貨。資源国通貨に保険をかけておくのは有効だなと、積立て外貨投資を続けてきて、その威力を感じます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/2/17 (積立600営業日目)
累計積立金額:944,615円
外貨評価金額:968,446円
損益:+23,831円(損益率+2.5%)
累計スワップポイント:27,875円
預託証拠金額:318,674円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:82.43円
平均積立単価:80.67円
累計積立数量:3,550NZD
評価損益:+6,237円 (損益率+2.2%)
累計スワップポイント:7,694円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.69円
平均積立単価:17.68円
累計積立数量:16,625CNH
評価損益:▲16,361円 (損益率▲5.6%)
累計スワップポイント:5,300円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.85円
平均積立単価:7.86円
累計積立数量:34,279ZAR
評価損益:+33,875円 (損益率+12.6%)
累計スワップポイント:14,489円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:113.57円
平均積立単価:113.39円
累計積立数量:250CHF
評価損益:+45円 (損益率+0.2%)
累計スワップポイント:▲16円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:10.08円
平均積立単価:9.74円
累計積立数量:3,430KRW
評価損益:+1,158円 (損益率+3.5%)
累計スワップポイント:+50円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.20円
平均積立単価:31.83円
累計積立数量:1,030TRY
評価損益:▲651円 (損益率▲2.0%)
累計スワップポイント:+358円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
スポンサードリンク