世界経済激変。とるべき基本戦略は「ランダムウォーク戦略」。



 昨夜、ニューヨークダウ株価が2万ドルを突破、トランプ大統領も「Great! Dow 20k」とツイート。新政権幹部にはゴールドマン・サックス関係者が多く参画し、米国経済にとって良いことをするのだろうとみんな安堵しているようです。恐ろしく楽観的なマーケットです。

 僕はこの状況信用しておらずいつ落ちて来るかな、と思って見ていますが、売りにガンガン張ったりはしません。今の基本戦略はズバリ「ランダム・ウォーク」です。

 ファンダメンタルやチャートを見て「方向性」を把握するのは重要だと思います。そのチャートを見る方向性ではドル円や日経平均株価は落ちる一歩手前に見えます。同期して、今回のトランプ・ラリーの主役である米国債利回りも下落方向を見せています。ドルが下がれば上がるゴールド価格は暴騰一歩手前の様な状況です。ファンダメンタルを見ても、米国がドル高を歓迎するわけもなく、上がり続けるドルインデックスがこれ以上ぐんぐん伸びていくことは考えづらい。

 ファンダメンタル、テクニカルチャートともに下落方向を見せる中でのニューヨークダウ2万ドル突破です。ここは一発、売りにいくべきか?・・・しかし今の相場はそれでは稼げないかなと思っています。マーケットで売ったり買ったりする相手が誰なのか?ということを考えた時に、今や既にマーケットは機械、人工知能のシステムトレードがかなりのシェアを占めており、人口知能を相手に個人投資家が短期トレードで勝てるわけがない。テクニカル分析で短期で売ったり買ったりするのは今のマーケットでは既に愚かなことだと思います。将棋でも人工知能が竜王に勝ってしまう状況の中、段も所持していない素人将棋プレーヤーが人工知能将棋ソフトを相手にテクニカル分析で勝てるというのでしょうか??

 機械は誰よりも早くテクニカルチャートの穴を埋めてきます。その分析のスピードもすごいものでしょう。そのアービトラージの助けをしているのは誰かといえば、機械相手に自分はテクニカル分析やファンダメンタル分析で勝てるぜ!と息巻くトレーダーたちが機械を相手にカモられていくのでしょう。

 機械が占めるマーケットはよりテクニカル重視であり、時には人が考えられないほどテクニカルをぶっ壊して動きます。要は「ランダムウォーク」に近づくわけですね。ランダムウォークを相手に稼ぐのは、要はランダムにいけばいいのです。僕の豪ドル25銭刻みで買いと売りのトラップを仕掛けるイフダントレード、ドル円の両建て適当売り買いはランダムウォークに近いように仕掛けてます。要は値動きさえあればどっちに動いても利益が上がるようにしておくわけですね。長期の方向性だけは気を付けつつ、短期は完全にランダムウォークで、現在トランプさんが世の中を引っ掻き回して高めてくれているボラティリティ、値動きの大きさを利用して利益に変える。太陽光エネルギーを使って発電する太陽光発電の様に、相場を動かす上がったり下がったりのボラティリティ、変動エネルギーを利益に変えていくわけです。

 上がろうが下がろうが利益確定の報が届くのでランダムウォーク戦略は心理的にとても良いです。スワップポイントが得られる資源国通貨外貨積立ても、価格が上がる時は買う量少なく、価格が下がったらより安く多く買える、という仕組みなのでこれもまた上がろうが下がろうがどっちでも心理的に心地よいです。

 ウォーレン・バフェットの言う「資産を築くルールその1は決して損をしないこと。ルールその2はルールその1を決して忘れないこと」。と言います。決して損をしてはいけません。そして人が投資する際に心理的に乗り越えないといけない行動心理学プロスペクト理論。人は損失回避行動を取る、という理論ですがこれもまた立ち位置によります。損をするかもしれない行動をとると、人はプロスペクト理論の心理の縛りに負けて損失回避の行動に流れてしまいます。損失というのはそもそも自分の立ち位置によって変化するのですから、とにかく損しない行動をとっていくことで、このプロスペクト理論からも解放されて合理的な行動がとれるわけです。この心理的効果、バカになりません。ランダムウォーク戦略で今の激変をやり過ごしながら、世界経済のしくみ、枠組みが変わろうとしている今の日々の世界経済をしっかり注意して見ていきたいと思います。

少額豪ドルイフダントレードの本当の威力を実感したイギリスEU離脱国民投票。FXは資金管理が全てです。

スキャン_20150616 (4)

 僕の外貨積立てだけだと退屈すぎるので、副業として、僕は「豪ドル少額イフダントレード」と呼んでいる取引をしています。豪ドルを25銭刻みで下にイフダンで買い→売りを25銭刻みでずっと下まで仕掛けをし、相場が上下動するとコツコツ利益が積み上がっていく、という仕組みです。仕掛けがヒットしたらまた新たに仕掛けを発注して何度も何度も利益を積み上げていきます。

 この25銭刻みの仕掛けですが、1つの仕掛けの通貨ロットサイズが少額であることがポイントで、確定利益で証拠金が積み上がるたびにロットサイズを大きくしてきました。開始した2014年末は1仕掛け10豪ドル、その後20豪ドル、50豪ドルと取引サイズを増やしてきました。現在の50豪ドルでは1仕掛け3,500円程度。証拠金は20分の1でいいのでこの単位ならいくら仕掛けても現在の保有証拠金額ならロスカットなんてものとは無縁です。

 それに加え、昨日6月24日のような大きな暴落を伴う日は大きく下がったところで成行で100通貨ぐらい買って、少し上に指値利益確定支持を出してほったらかしたりもします。昨日も、ドル円が99円まで下がり、豪ドル72円を記録した際には200通貨買って、利益確定を93円、94円、95円、96円に50通貨ずつ出してほったらかしたりして大きく利益を伸ばしました。少額だからこそ、大きく相場が変動した際にも何も恐れることなく冷静にトレードできるのです。この少額の精神的優位性は本当にすごい。

 リスクが少なければもちろん利益も少ないです。この少額イフダントレード、1つの仕掛けがヒットしても50通貨×25銭=12.5円しか出ません。わずか12円を稼いでも何か意味があるのか?と思いますが、あるんです。ここまでの利益金額を見てみて下さい。

2014年11月   33円
2014年12月  650円
2015年01月 2,323円
2015年02月 1,290円
2015年03月 1,415円
2015年04月 3,409円
2015年05月 1,656円
2015年06月 1,224円
2015年07月 1,932円
2015年08月 1,639円
2015年09月 1,379円
2015年10月 1,664円
2015年11月 1,021円
2015年12月 1,650円
2016年01月 5,587円
2016年02月 2,836円
2016年03月 4,740円
2016年04月 4,390円
2016年05月 1,545円
2016年06月 6,944円 ←24日1日で3,071円!

合計利益:47,327円
+豪ドルの未確定スワップ金利8,785円
合計利益:56,112円

現在の証拠金額467,827円

 現在の証拠金額の1割程度がこのイフダントレードで稼いだものです。利益額としては悪くないでしょう。FXといえば、FXをやって資金が倍になった!10倍になった!というサクセスストーリーが取り上げられますが、ずーっと長く資産構築していく為には期待していいリターンはこんなものだと思います。10倍になったものは10分の1になる可能性も持っているわけですから、どこかで破綻します。とってもいいリスク量しかリターンは期待してはいけない。

 そして証拠金額がさらに増えていけば、1つの仕掛けの金額を今の50通貨単位からさらに100、200、と増やしていけば利益金額は雪だるま式に増えていきます。これを始めて1年半でここまで利益額が膨らんできたので、これをあと5年、10年と続けて行く中ではどんどん利益上昇額が増えていきます。この「時間」が資産構築の最大のキモです。短期間でパーッと儲けようと思ったら資産構築は必ず失敗するのです。

 ただ、この豪ドルイフダントレードにも穴があります。このイフダントレードを始めた時期のすぐ後、2015年初は米ドルが1ドル120円の時代。豪ドルも100円を突破していた時です。そこからこの手法に取り組んでいるわけですから、当然含み損を抱えています。その含み損の金額が▲68,682円。「なーんだ、確定利益より含み損の方が多いじゃん、結局マイナスかよ」と思うでしょう。しかし含み損は確定させるまで含み損であって確定損失ではありません。為替は未来永劫ずっと同じ方向に進むことは無いので、むしろ、この含み損は将来の確定利益の源泉。ここからまた豪ドル100円まで戻した場合、この含み損を生んでいるポジションが利益に変わります。含み損となっている間もただ寝ているわけではなく、ずっと毎日毎日スワップ金利も貯まっていきます。

 この手法においての破綻リスク、損失が確定するパターンはたった1つ。ずーっと円高方向に進み、証拠金が尽きてロスカットになる、この1点となります。なので、資金管理がすべて、なのです。いつ世界金融危機が起きても耐えられるように証拠金を確保しておかなければなりません。僕のポジションは豪ドルが1日で20円とか下落してもロスカットにはなりません。継続的に下げ続ける場合は時間をかけて下がり続けますから証拠金を積み増していけばいい。

 そして実際に今回、6月24日イギリスEU離脱国民投票の大暴落において、豪ドルが朝の81円から72円まで9円も半日で下落する中でもまったく不安が生まれないという効果を発揮しました。ロスカットのリスクが無いので何の不安もなく、仕掛けがヒットするたびにまた新しい仕掛けを手動で設定する忙しさに追われましたが、もし疲れたら1回新規仕掛けをやめればいいだけです。儲けのチャンスを逃すだけであってそれで損失が出るわけではないですから。この手法の威力を本当に感じた、そんな大暴落の1日でした。

 この豪ドル少額イフダントレード。この戦略は、僕がFXをデイトレードでバリバリやってた2008年、リーマンショック前後ではできませんでした。昔からこの手法ができればあんなに大損失を出さなくて済んだかもしれませんが・・・。当時をなつかしく思ってしまいますね。この豪ドル少額イフダントレード戦略が実行できるのは、この3年ぐらいの間にSBI FXトレードさんが1通貨単位FXという個人投資家思いの制度を導入してくれたからできるわけですから、SBI FXトレードさんにはいつも感謝しています。こんな小さなサイズをちょこちょこ取引されたらFX業者としてはシステム負荷も圧迫するし利益額も小さいし、そんなに良いことは無いはずです。しかし、ロットサイズが大きいとレバレッジをかけざるをえなくなってしまう、資金量の少ない個人投資家に門戸を開いてくれているのがこの1通貨単位FXだと思います。SBI FXトレードさん、いつもありがとうございます。
 

PR


利益と資金量が貯まってきたので、少額豪ドルイフダントレードのロットサイズを増やしました。複利で増やすコツコツ資産形成。

スキャン_20150616 (4)

 僕のFXのメイン取引は毎日積立てているニュージーランドドル、中国人民元、南アフリカランド、この3通貨を毎日各500円分積み立ててスワップ金利と将来の円安方向の値上がりで資産形成していく方法。そのメインストリームの副業として、僕は「豪ドル少額イフダントレード」と呼んでいる取引をしています。

 豪ドルを25銭刻みで下にイフダンで買い→売りを25銭刻みでずっと下まで仕掛けをし、相場が上下動するとコツコツ利益が積み上がっていく、という仕組みです。仕掛けがヒットしたらまた新たに仕掛けを発注して何度も何度も利益を積み上げていきます。

 僕はFXで何倍ものレバレッジは使いませんが、メインストリームの積立ての資金量と同額を限度にサブユニットとしてこのイフダントレードを組み込んでいます。積立てが進むほど、そしてこの少額イフダントレードで利益が積み上がるほど、取引許容量が増えていきます。

 資金量が貯まってきたので、ここでロットサイズを増やそうと思います。これまでは1つの仕掛けについて豪ドル20通貨(約1,600円)としていました。これで1つの仕掛けでの利益が1回5円です。そして今回、1つのロットを50通貨(約4,000円)に増やします。これで1つの仕掛けの利益が12.5円になり、利益の積み上がり方が加速します。25銭刻みで仕掛けていくので、豪ドルが1円下落し続けると200通貨(16,000円)ぶんの仕掛けが発動します。10円下がったら160,000円分の仕掛けが発動。メインの積立てでの証拠金残高が38万円あるので、豪ドル20円程度の下落までは想定しての取引ということになるでしょうか。それ以上に下落したとしても、レバレッジが25倍までかかるのでロスカットにはなりません。もし万が一リーマンショック級の下落が来て1週間で10円ぐらい下落することがあっても大丈夫。ほとんどの期間においては一方向に進まずに上下に変動しながら動いていくので合間合間でどんどん利益が積み上がり、耐えられる体力は強くなっていきます。購入量が多くなれば、スワップ金利も増えますからじっくり時間をかけて取り組んでいくことでリスクを極限まで減らすことが出来ます。

 この豪ドル少額イフダントレードでのここまでの利益をまとめてみました。

2014年の確定利益
14年11月:+33円
14年12月:+650円

2015年の確定利益
15年01月:+2,323円
15年02月:+1,290円
15年03月:+1,415円
15年04月:+3,409円
15年05月:+1,656円
15年06月:+1,224円
15年07月:+1,932円
15年08月:+1,639円
15年09月:+1,379円
15年10月:+1,664円
15年11月:+1,021円
15年12月:+1,650円
合計: +20,602円

2016年の確定利益
16年01月:+5,587円
16年02月:+2,836円
16年03月:+4,740円
16年04月:+317円(~4/11まで)
合計: +13,480円

2014年11月からの累計利益:34,765円

 1つの仕掛けはわずか20豪ドル(1,800円)、1つの仕掛けの利益はわずか5円、という中でコツコツ積み上げていくことで1年半でなんと3万円も稼いでました!!素晴らしい。この取引手法をやってきたことで、「FXは資金管理がすべて」、というのが本当によくわかりました。

 ベースが20通貨という少額なので、今年の1月のように大きく相場が下落した時はどかっと200通貨成行買いして25銭上に決済仕掛けをするなどたまに多めに購入したりもしています。

 そしてこれからは1トラップ50通貨へ増額。こうやって資金量がある程度増え、リスク許容量が増えるにつれて仕掛けのロットサイズを少しずつ増やしていくことで、投資で一番最大の武器になる「複利」効果が効いてくるわけです。あくまで急いではダメですよ。あくまでいつリーマンショック級の下落がきてもいい状態でなければいけません。その水準までしかリスクはとってはいけない。3倍や4倍もレバレッジをかけたら、あっという間に資金を失ってしまいます。少しずつ、少しずつ、為替相場の変動エネルギーを分けてもらって現金化していくのです。これを10年も続ければ、けっこうな額を1年で稼げるようになるんじゃないでしょうか。楽しみです。

 この豪ドル少額イフダントレード。この戦略は、僕がFXをデイトレードでバリバリやってた2008年、リーマンショック前後ではできませんでした。昔からこの手法ができればあんなに大損失を出さなくて済んだかもしれませんが・・・。当時をなつかしく思ってしまいますね。この豪ドル少額イフダントレード戦略が実行できるのは、この3年ぐらいの間にSBI FXトレードさんが1通貨単位FXという個人投資家思いを導入してくれたからできるわけですから、SBI FXトレードさんにはいつも感謝しています。こんな小さなサイズをちょこちょこ取引されたらFX業者としてはシステム負荷も圧迫するし利益額も小さいし、そんなに良いことは無いはずです。しかし、ロットサイズが大きいとレバレッジをかけざるをえなくなってしまう、資金量の少ない個人投資家に門戸を開いてくれているのがこの1通貨単位FXだと思います。SBI FXトレードさん、いつもありがとうございます。
 

PR


副業豪ドル少額イフダントレードは利益拡大中の1月。今後新運用ルール設定することにしました。

スキャン_20150616 (4)

 僕のFXのメイン取引は毎日積立てているニュージーランドドル、中国人民元、南アフリカランド、この3通貨を毎日各500円分積み立ててスワップ金利と将来の円安方向の値上がりで資産形成していく方法。そのメインストリームの副業として、僕は「豪ドル少額イフダントレード」と呼んでいる取引をしています。

 豪ドル少額イフダントレードは、豪ドルを20通貨(1,600円程度)をひとつの仕掛けとして、25銭刻みでイフダンの買いを下にずらっと設定。イフダンの決済は上に25銭売りを設定。値動きがあればそのイフダンが発動して細かく利益が積み上がっていくというものです。たとえば今の豪ドルレート83円の時、下記の様な仕掛けを下に入れていきます。

82.75買い→83.00売り
82.50買い→82.75売り
82.25買い→82.50売り
82.00買い→82.25売り
・・・というような感じで下にずっとイフダンを発注しておきます。 また、少額なので相場が大きく急落した時には成行買いしてすぐ25銭上に決済発注したり、というようなことをしています。ひとつの仕掛けの利益はわずか5円ですが、毎日何回も仕掛けがヒットするのでなかなかまとまった利益になっています。下がり続ける局面ではポジションが残っていきますが、そのポジションは保有している間ずっとスワップ金利を稼ぎ続けます。僕がこのトレードの通貨として豪ドルを選択している大きな理由がこのスワップ金利。

 確定申告もあるので2015年度の確定損益額をまとめてみました。

2015年の確定利益
15年01月:+2,323円
15年02月:+1,290円
15年03月:+1,415円
15年04月:+3,409円
15年05月:+1,656円
15年06月:+1,224円
15年07月:+1,932円
15年08月:+1,639円
15年09月:+1,379円
15年10月:+1,664円
15年11月:+1,021円
15年12月:+1,650円

合計: +20,602円

 1つの仕掛けはわずか20豪ドル(1,800円)、1つの仕掛けの利益はわずか5円、という中でコツコツ積み上げていくことでなんと1年で2万円も稼いでました!!素晴らしい。

 そしてさらに。この1月はマーケットは荒れ荒れなわけですがその流れで豪ドルも大きく上下に動いています。あくまで少額なので急落時にはどんどん成行買いも入れて、少額の利益を積み上げた結果、1月はどれぐらい利益が確定しているかというと・・・

1月の利益まとめ
1/04:+ 73.03円 ←豪ドルレンジ87~85円
1/05:+ 98.76円 ←豪ドルレンジ85~86円
1/06:+ 34.76円 ←豪ドルレンジ86~83円
1/07:+128.62円 ←豪ドルレンジ84~82円
1/08:+262.28円 ←豪ドルレンジ83~81円
1/11:+299.32円 ←豪ドルレンジ81~83円
1/12:+ 45.35円 ←豪ドルレンジ81~82円
1/13:+ 45.23円 ←豪ドルレンジ82~83円
1/14:+311.14円 ←豪ドルレンジ81~82円
1/15:+ 90.60円 ←豪ドルレンジ82~79円
1/18:+141.26円 ←豪ドルレンジ79~81円
1/19:+466.97円 ←豪ドルレンジ80~82円
1/20:+174.67円 ←豪ドルレンジ79~81円
1/21:+609.52円 ←豪ドルレンジ80~82円
1/22:+290.40円 ←豪ドルレンジ82~83円

1月ここまでの利益:+3,071円

 なんとどの日をとっても豪ドルが2~3円のレンジ動いています。これは為替取引の世界ではかなりのボラティリティ。1つの仕掛けの確定利益は5円でも、3円落ちて戻れば60円の利益になる。その中でも上下に小刻みに動きながら上昇するわけですから100~200円の利益は上がるわけです。まして成行買いも入れてるから300~400円の利益になる日もある、と。しばらく放置されたポジションはスワップ金利ぶんも合わせて確定利益となりますから、上昇していく中ではどんどん確定利益膨らんでいきます。

 一方、このトレードはもちろんリスクもあります。下がり続けた場合は含み損が膨らみます。このイフダントレードは1年前、豪ドルが102円だった頃からやってるわけですから、含み損を見てみるとけっこう大きくなってます。

現在の含み損:▲46,610円
スワップポイント:+4,899円

 ここまでの確定利益に対し含み損も加えて見るとまだマイナスな状態です。よって、この豪ドル少額イフダントレードの一番のポイントは「少額」であること。この手法をもしレバレッジをかけて行っていると下落局面でロスカットになってしまう時も出るでしょう。しかし少額取引で、レバレッジをかけない状態を保ってさえいればロスカットになる状況は考えづらいわけで、含み損は決済さえしなければ損失ではありません。むしろ持っている間、ずっとスワップ金利がつくわけですからいずれ上昇して決済される時まで放っておけばいいのです。

 そしてこの豪ドルイフダントレード。新たな運用ルールを定めることとします。最大ポジション量の取り決めです。僕は本流ではニュージーランドドル、中国人民元、南アフリカランドの毎日コツコツ積立てをレバレッジをかけないことをルールとして行っています。そこで、その本流とこれまでの豪ドル少額イフダントレードで稼いだ確定利益を原資とした証拠金金額を、この豪ドルイフダントレードの保有外貨量の上限とするルールでやっていきます。

 現在の預託証拠金額は37万円。まず本流の毎日積立てはこの資金でレバレッジをかけずに積立てていくことが前提ですが、この裏でこの37万円を上限として豪ドル少額イフダントレードのポジションをセットしていきます。マックスの37万円分=4,500豪ドルを保有すると、本流の積立てと合わせてレバレッジは2倍、となります。これを限度とします。レバレッジが2倍、ということは通貨がある日いきなりマイナス50%になるというようなことが無い限りロスカットにはならないわけですから、リーマンショック以上の金融危機が来てもじゅうぶんコントロールできるリスクでしょう。

 本流の積立てに向けて証拠金をコツコツ追加入金して積み立てていくたびに、また豪ドル少額イフダントレードで稼いで資金が増えるたびに、豪ドル少額イフダントレードで保有できるポジション量が増えていく。これで雪だるま式に資産を増やしていく「複利効果」を生むことができます。今年2016年ははずっとボラティリティーの高い状況が続きそうですから、2015年を大きく超える確定利益を生むことができるでしょう。これもコツコツ続けて行きます。この豪ドル少額イフダントレード戦略が実行できるのは、SBI FXトレードさんが1通貨単位FXを導入してくれたからできるわけですから、SBI FXトレードさんにはいつも感謝しています。
 

PR


値動き大きく利益が伸びる相場ながら、手動の豪ドルイフダントレードは忙しく疲れる・・・。

スキャン_20150616 (4)

 ブラックマンデーと呼ばれる月曜日がやってきました。今週マーケットは乱高下。豪ドルは90円を割った後はフリーフォールであっという間に82円の安値まで下落し、そこからまたあっという間に反発し現在85円。相場の変動エネルギーを利益に変える豪ドルイフダントレードは大きく利益が伸びました。しかし25銭刻みのこの仕掛け、25銭ぐらいあっという間に動いてしまう相場の為、仕掛けが利益確定したあとまたその仕掛けをセットするのに大忙し。SBI FXトレードさん、自動売買始めてくれないですかねー。1通貨単位取引でやってたらモトとれないか・・・。自動でイフダンを何度もセットしてくれるFX会社は取引単位が1万通貨か1000通貨なので、取引単位が大きすぎて使えないんですよね。まだしばらく大きな値動きが続きそうなので、この相場エネルギーからしっかり利益を獲得してきます。

 豪ドル少額イフダントレードの成績まとめです。

 SBI FXトレードの1通貨単位取引を利用して、1回20通貨ずつ、少額で豪ドルをガンガントレードする少額トレード。25銭刻みで買い、25銭上に利益確定発注を出すイフダン注文のトラップを仕掛ける。仕掛けと合わせ、下がったら成行買いして25銭上に利益確定をセットして放っておく。

 豪ドルが一方的に円高方向に下落していくとどんどん利益が膨らむリスクがある為、あくまで1回の取引は少額で。1回20豪ドル=1,800円程度。それなら豪ドルが1晩で10円ぐらい円高になったって含み損はたかが知れているので
また上がってくるのを何年でも待っていればいい。その間、着々とスワップポイントが貯まる。


7~8月の利益をまとめます。

7/01:+ 81.09円 ←ニュージーランド フォンテラ乳製品入札 価格下落
7/02:+ 10.23円 ←米国雇用統計
7/03:+ 16.15円
7/06:+190.31円 ←ギリシャ国民投票 緊縮反対派が圧勝
7/07:+152.11円
7/08:+ 80.31円 ←中国連日の株価対策
7/09:+304.85円 ←中国株価対策、大株主の株売りを6ケ月禁止するとんでもない処置
7/10:+271.71円
7/13:+148.37円 ←ギリシャ債務 合意
7/14:+ 32.64円
7/15:+ 65.19円 ←中国GDP予想以上の7%、カナダ中銀利下げ
7/16:+132.95円 ←ニュージーランド消費者物価指数予想を下回る
7/17:+ 0.00円
7/20:+ 0.00円 ←ニュージーランド首相「ニュージーランドドルの下落スピードが予想より早かった」
7/21:+ 53.21円
7/22:+ 47.94円
7/23:+ 18.28円 ←ニュージーランド利下げ
7/24:+ 22.76円 ←中国PMI予想下回る、オーストラリア格下げ懸念
7/27:+ 10.13円
7/28:+ 174.14円
7/29:+ 23.17円
7/30:+ 19.58円
7/31:+ 77.34円


8/03:+ 5.01円
8/04:+261.59円
8/05:+ 5.09円
8/06:+ 68.37円 ←オーストラリア雇用統計
8/07:+ 63.26円
8/10:+ 75.08円
8/11:+ 71.42円 ←中国人民元2%の切り下げ
8/12:+ 84.61円
8/13:+ 84.90円
8/14:+ 36.67円
8/17:+ 5.06円
8/18:+ 0.00円
8/19:+ 10.04円
8/20:+ 17.16円
8/21:+ 5.00円
8/24:+153.98円 ←ブラックマンデー
8/25:+267.59円
8/26:+104.63円


ここまでの利益
14年12月:+ 682.58円
15年01月:+2,322.56円
15年02月:+1,289.57円
15年03月:+1,415.06円
15年04月:+3,408.65円
15年05月:+1,656.22円
15年06月:+1,223.94円
15年07月:+1,932.45円
15年07月:+1,319.46円(~8/26まで)
合計: +15,250.50円

現在の含み損:▲35,616円
スワップポイント:1,987円

差し引き利益:▲18,379円

 豪ドル102円から現在の85円まで▲17円も下がる中ずっと買い下がり、上下動から利益を得て、この程度の含み損ですんでいる。これはとにかくレバレッジをかけずに、少額投資、少額投資、できたからこそ生き残れています。1000通貨や10,000通貨の取引をしていたら、資金が足りずにレバレッジをかけざるをえず、ロスカットになってしまったでしょう。この円高局面で安く買付を続け、いずれ大きな利益になる、含み損はまさに利益の源泉なのです。

 中国人民元切り下げをきっかけとして突如スタートしたこの乱高下相場。豪ドルの上下動も激しく、イフダンのセットに忙しい。けっこう疲れてしまって、もういいよー、となってしまいそうです。SBI FXトレードさん、ぜひ、イフダンのリピート発注機能をぜひつけてください!切に願います・・・。1通貨単位取引ができて、リピート機能があれば低リスクでそこそこの利益を出す個人投資家がたくさん生まれそうです。1通貨単位の自動発注なんてシステム負荷の無駄遣い、なかなかやってはくれないと思いますが・・・。
 

PR


豪ドル踏んだり蹴ったりの今日一日。豪ドルの値動きで利益を稼ぐ、豪ドル少額トレードの最近の成果。

スキャン_20150616 (4)

 7月に入ってギリシャ、中国バブル崩壊と、相場の乱高下が続いて前半は豪ドルイフダントレードで大きく利益が伸びた。後半は少し落ち着いたけれども、今日一日は豪ドルにとって踏んだり蹴ったりの1日となり、豪ドルは大きく下落。仕掛けもたくさんヒットして、大きく下がったところでは積極的に成行買いも入れました。次、また豪ドルが上昇して利益が確定されるのが楽しみです。相場の乱高下があればあるほど利益がコツコツ積み上がるのが豪ドル少額イフダントレード。値動きのエネルギーをありがたく頂戴します。

 豪ドル少額イフダントレードの成績まとめです。

 SBI FXトレードの1通貨単位取引を利用して、1回20通貨ずつ、少額で豪ドルをガンガントレードする少額トレード。25銭刻みでトラップを仕掛けるのと合わせ、下がったら成行買いして上に利益確定をセットして放っておく。

 豪ドルが一方的に円高方向に下落していくとどんどん利益が膨らむリスクがある為、あくまで1回の取引は少額で。1回20豪ドル=1,800円程度。それなら豪ドルが1晩で10円ぐらい円高になったって含み損はたかが知れているので
また上がってくるのを何年でも待っていればいい。その間、着々とスワップポイントが貯まる。


7月の利益をまとめます。


7/01:+ 81.09円 ←ニュージーランド フォンテラ乳製品入札 価格下落
7/02:+ 10.23円 ←米国雇用統計
7/03:+ 16.15円
7/06:+190.31円 ←ギリシャ国民投票 緊縮反対派が圧勝
7/07:+152.11円
7/08:+ 80.31円 ←中国連日の株価対策
7/09:+304.85円 ←中国株価対策、大株主の株売りを6ケ月禁止するとんでもない処置
7/10:+271.71円
7/13:+148.37円 ←ギリシャ債務 合意
7/14:+ 32.64円
7/15:+ 65.19円 ←中国GDP予想以上の7%、カナダ中銀利下げ
7/16:+132.95円 ←ニュージーランド消費者物価指数予想を下回る
7/17:+ 0.00円
7/20:+ 0.00円 ←ニュージーランド首相「ニュージーランドドルの下落スピードが予想より早かった」
7/21:+ 53.21円
7/22:+ 47.94円
7/23:+ 18.28円 ←ニュージーランド利下げ
7/24:+ 22.76円 ←中国PMI予想下回る、オーストラリア格下げ懸念

ここまでの利益
14年12月:+ 682.58円
15年01月:+2,322.56円
15年02月:+1,289.57円
15年03月:+1,415.06円
15年04月:+3,408.65円
15年05月:+1,656.22円
15年06月:+1,223.94円
15年07月:+1,628.10円(~7/24まで)
合計: +13,626.68円

現在の含み損:▲16,266円
スワップポイント:1,529円

差し引き利益:▲1,111円

 豪ドル102円から現在の90円まで買い下がり、上下動から利益を得て、ほぼトントンの状態。損益がトントンなら、この8ケ月間は無駄な時間だったのか?いや、そうではないです。通貨がいつまでも下落し続けることはありません。必ずどこかで反転します。反転していった時、どんどん利益が膨らむことになります。毎日コツコツやらなくても、今の90円まで下がってきたところでまとめて買った方が良かったじゃないか、という人もいるかもしれませんが、それができれば苦労はありません。今の90円よりさらに下がるかもしれない、すぐに反転するかもしれない、為替の動きは予想できません。なので、いつ反転に転じても利益が伸びるよう、コツコツ値動きから利益を積み上げているのです。そしてトレードは少額に限定して、大きく下落した時のリスクを減らす。とにかくレバレッジをかけず、少額でトレードする。これがポイントです。

 今日の豪ドルは踏んだり蹴ったりでした。まず中国PMIが予想を下回り下落、次にスタンダード・プアーズがオーストラリアの格下げの可能性に言及しさらに下落。丸一日で約2円も下がった。

豪ドル、6年ぶり安値-格下げの可能性と中国指標響く(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NRZDSP6JIJUY01.html

 格下げされるほど、オーストラリアは危機に瀕しているようです。金や鉄鉱石など資源価格下落がオーストラリア貿易を圧迫。資源がたくさんある資源大国なだけに、今まで資源貿易に依存しすぎていたツケを払わされています。まだまだ豪ドルの変動要因はたくさん出てくるでしょうから、この値動きを利用してコツコツ、利益を蓄積していこうと思います。
 

PR


7月初の乱高下。相場の変動エネルギーをコツコツ利益に変える少額豪ドルトレード。

スキャン_20150616 (4)

 7月に入り、ギリシャ、中国バブル崩壊と、相場の乱高下が続いている。相場の乱高下があればあるほど利益がコツコツ積み上がるのが豪ドル少額イフダントレード。値動きのエネルギーをありがたく頂戴します。

 豪ドル少額イフダントレードの成績まとめです。

 SBI FXトレードの1通貨単位取引を利用して、1回20通貨ずつ、少額で豪ドルをガンガントレードする少額トレード。25銭刻みでトラップを仕掛けるのと合わせ、下がったら成行買いして上に利益確定をセットして放っておく。

 豪ドルが一方的に円高方向に下落していくとどんどん利益が膨らむリスクがある為、あくまで1回の取引は少額で。1回20豪ドル=1,800円程度。それなら豪ドルが1晩で10円ぐらい円高になったって含み損はたかが知れているので
また上がってくるのを何年でも待っていればいい。その間、着々とスワップポイントが貯まる。

 5~6月はなんとも静かな相場でぜんぜん利益が伸びなかったが、中国動向に敏感な豪ドルはこの中国バブル崩壊でよく動いた。日経平均株価SQ最終売買も終え、相場もすっかり疲れたようで今は一休み。

6月~7月前半の利益をまとめます。


6/01:+ 31.11円 
6/02:+188.66円 →オーストラリア準備銀行 利下げせず
6/03:+ 32.51円
6/04:+ 21.71円
6/05:+ 58.29円 →米国雇用統計
6/08:+ 5.15円 →日本GDP
6/09:+ 42.22円
6/10:+ 75.40円 →日銀総裁「これ以上の円安にはなりづらい」
6/11:+ 58.00円 →ニュージーランド サプライズ利下げ
6/12:+ 5.02円
6/15:+ 61.76円
6/16:+ 10.77円
6/17:+ 0.00円
6/18:+ 132.41円 ←FOMC
6/19:+ 0.00円
6/22:+ 28.33円
6/23:+ 18.86円
6/24:+ 39.77円
6/25:+ 17.66円
6/26:+ 0.00円
6/29:+328.28円 ←ギリシャ7月国民投票が議会承認。債務懸念一気に高まる。
6/30:+ 68.05円 ←中国株価崩壊本格化

6月の利益:1,223.94円

7/01:+ 81.09円 ←ニュージーランド フォンテラ乳製品入札 価格下落
7/02:+ 10.23円 ←米国雇用統計
7/03:+ 16.15円
7/06:+190.31円 ←ギリシャ国民投票 緊縮反対派が圧勝
7/07:+152.11円
7/08:+ 80.31円 ←中国連日の株価対策
7/09:+291.10円 ←中国株価対策、大株主の株売りを6ケ月禁止するとんでもない処置


ここまでの利益
14年12月:+ 682.58円
15年01月:+2,322.56円
15年02月:+1,289.57円
15年03月:+1,415.06円
15年04月:+3,408.65円
15年05月:+1,656.22円
15年06月:+1,223.94円
15年07月:+ 821.31円(~7/09まで)
合計: +12,819.89円

現在の含み損:▲15,698円
スワップポイント:1,298円

差し引き利益:▲1,581円

 豪ドル102円から現在の90円まで買い下がってきているけれども上下動から利益を得て、ほぼトントンの状態。1割も下げてきてトントンになるほど利益が出ているので良い状態でしょう。いつまでも下げ続けることは無いので、上昇に転じた時に一気に利益が伸びてくることになります。楽しみ。

 プロの機関投資家に無く、個人投資家にある、個人投資家ならではの武器。それはやっぱり「時間」だ。期間を長くとって、小さく小さくエントリーすることでリスクを下げてそれなりの利益を上げることができる。こうやって含み損に転じる時もたまにはあるが、いずれ円安に動いていくのだし、この期間もスワップ金利がしっかり貯まっていく。乱高下すら楽しむことができる。少額取引の精神的強さを実感しています。

 

PR


豪ドルイフダントレードは着実に利益が積み上がっている。時間をかけたじっくりコツコツ投資が結局は利益が積み上がる近道。

スキャン_20150616 (4)

 豪ドル少額イフダントレードの成績まとめです。

 SBI FXトレードの1通貨単位取引を利用して、1回20通貨ずつ、少額で豪ドルをガンガントレードする少額トレード。25銭刻みでトラップを仕掛けるのと合わせ、下がったら成行買いして上に利益確定をセットして放っておく。

 豪ドルが一方的に円高方向に下落していくとどんどん利益が膨らむリスクがある為、あくまで1回の取引は少額で。1回20豪ドル=1,800円程度。それなら豪ドルが1晩で10円ぐらい円高になったって含み損はたかが知れているので
また上がってくるのを何年でも待っていればいい。その間、着々とスワップポイントが貯まる。

 4月は豪ドルがよく動き利益が伸びたものの、5月後半からは静かなもの。ドル円は元気に動いているが、豪ドルは対ドルでの下落と対円での上昇に挟まれて95円台でのとても静かな動きです。動き出したら大きい動きになりそうなので、今後に期待。しかしそろそろ夏の閑散期に入るので、あまり大きな動きは期待できないか。


5月と6月の利益をまとめます。

5月の利益です。

5/01:+ 41.74円 
5/04:+ 15.03円 ←中国PMI 悪い
5/05:+ 110.02円
5/06:+ 74.91円 ←ニュージーランド雇用統計 賃金悪い
5/07:+ 58.45円 ←豪雇用統計 悪い結果
5/08:+ 106.25円 ←米雇用統計
5/11:+ 21.72円
5/12:+ 216.38円
5/13:+ 487.57円 ←ニュージーランド・オークランド不動産規制発表
5/14:+ 310.67円 ←ニュージーランド経済指標良好
5/15:+ 0.00円
5/18:+ 10.03円
5/19:+ 15.07円
5/20:+ 17.85円
5/21:+ 5.50円
5/22:+ 0.00円 ←日銀金融政策決定会合、イエレンFRB議長講演「年内金利上げ」
5/25:+ 5.01円
5/26:+ 62.99円
5/27:+ 56.16円
5/28:+ 40.88円
5/29:+ 0.00円

5月の利益:+1,656.22円

6/01:+ 31.11円 
6/02:+188.66円 →オーストラリア準備銀行 利下げせず
6/03:+ 32.51円
6/04:+ 21.71円
6/05:+ 58.29円 →米国雇用統計
6/08:+ 5.15円 →日本GDP
6/09:+ 42.22円
6/10:+ 75.40円 →日銀総裁「これ以上の円安にはなりづらい」
6/11:+ 58.00円 →ニュージーランド サプライズ利下げ
6/12:+ 5.02円
6/13:+ 23.73円

ここまでの利益
12月:+ 682.58円
01月:+2,322.56円
02月:+1,289.57円
03月:+1,415.06円
04月:+3,408.65円
05月:+1,656.22円
06月:+ 518.06円(~6/15まで)
合計: +11,292.70円

現在の含み損:▲2,557円
スワップポイント:1,030円

差し引き利益:+9,765円

 原資15万円を元手に1万円以上の確定利益。じゅうぶんな利益率。レバレッジさえかけずに身の丈サイズの少額トレードをしている限り、いくら円高に振れても怖くないし、ストレスフリーで資金が増えていく。まだもう少し含み損があるがこれもいずれ円安トレンドの中で消えていくし、含み損ポジションたちもこの期間にスワップ金利をどんどん蓄積している。豪ドル102円から買い下がっていて今95円。7円も下がっているがこれだけ利益が出ているという、素晴らしい利益だ。

 プロの機関投資家に無く、個人投資家にある、個人投資家ならではの武器。それはやっぱり「時間」だ。期間を長くとって、小さく小さくエントリーすることでリスクを下げてそれなりの利益を上げることができる。

 これだけリスク少なく安定的に利益が上げられるならもう少し大きくポジションをとってみたくなるが、それをやってしまうと失敗のもと。あくまで身の丈で。僕が取引できるのはやはり1回20豪ドル程度が限度だ。しかし僕のような取引原資が少ない人でもレバレッジをかけずに取引できる1通貨単位でのFX取引を可能にし、我々取引原資の少ないサラリーマン副業個人投資家のコツコツ利益積み上げ投資を可能にしてくれている、SBI FXトレードさんには本当に感謝。ありがとうございます。


PR


月初の激動から月後半は静かな落ち着き。豪ドル少額イフダントレードでコツコツ利益を積み上げる。

スキャン_20150616 (4)

 豪ドル少額イフダントレードの成績まとめです。

 SBI FXトレードの1通貨単位取引を利用して、1回20通貨ずつ、少額で豪ドルをガンガントレードする少額トレード。25銭刻みでトラップを仕掛けるのと合わせ、下がったら成行買いして上に利益確定をセットして放っておく。

 豪ドルが一方的に円高方向に下落していくとどんどん利益が膨らむリスクがある為、あくまで1回の取引は少額で。1回20豪ドル=1,800円程度。それなら豪ドルが1晩で10円ぐらい円高になったって含み損はたかが知れているので
また上がってくるのを何年でも待っていればいい。その間、着々とスワップポイントが貯まる。

 4月に入って豪ドルが1日で平気で1円も2円も乱高下する日々が始まり5月前半ぐらいまでその乱高下が続きました。現在5月後半は一転してほぼ動きが無くなり、落ち着いた動きになっています。

4月と5月の利益をまとめます。

4月の利益です。

4/01:+ 47.94円
4/02:+ 53.89円
4/03:+ 204.40円 ←米雇用統計。ドル安、豪ドル高。
4/06:+ 25.26円
4/07:+ 361.07円 ←豪政策金利サプライズ据え置き。豪ドル急騰。
4/08:+ 109.88円
4/09:+ 114.09円
4/10:+ 114.20円
4/13:+ 16.04円
4/14:+ 52.47円 ←浜田内閣参与の「ドル円120円はかなり円安、105円が妥当」発言
4/15:+ 150.47円 ←欧州ECB理事会
4/16:+ 381.42円 ←豪州雇用統計
4/17:+ 27.84円
4/20:+ 0.00円
4/21:+ 95.18円
4/22:+ 126.75円 ←豪州CPI予想以上
4/23:+ 0.00円
4/24:+ 0.00円
4/27:+ 45.95円
4/28:+ 227.92円 ←豪中銀利下げせず
4/29:+ 792.14円 ←鉄鉱石価格下落
4/30:+ 461.75円 ←日銀追加緩和なし

4月の利益:+3,408.65円

 4月のハイライトは月末。豪州準備銀行が利下げをほのめかしていた中、サプライズ利下げ見送り、にて豪ドルが上昇。鉄鉱石の下落や日銀追加緩和が無かったことで乱高下し、その上下動のエネルギーで利益がぐんぐん伸びた。1日あたりの確定利益が伸びているのは、蓄積したポジションが放置されている期間に貯まったスワップ金利と一緒に利益確定されるので確定利益額が大きくなった。


5/01:+ 41.74円 
5/04:+ 15.03円 ←中国PMI 悪い
5/05:+ 110.02円
5/06:+ 74.91円 ←ニュージーランド雇用統計 賃金悪い
5/07:+ 58.45円 ←豪雇用統計 悪い結果
5/08:+ 106.25円 ←米雇用統計
5/11:+ 21.72円
5/12:+ 216.38円
5/13:+ 487.57円 ←ニュージーランド・オークランド不動産規制発表
5/14:+ 310.67円 ←ニュージーランド経済指標良好
5/15:+ 0.00円
5/18:+ 10.03円
5/19:+ 15.07円
5/20:+ 17.85円
5/21:+ 5.50円
5/22:+ 0.00円 ←日銀金融政策決定会合、イエレンFRB議長講演「年内金利上げ」
5/25:+ 5.01円
5/26:+ 62.99円
5/27:+ 36.96円

5月のここまでの利益:+1,596.13円


ここまでの利益
12月:+ 682.58円
01月:+2,322.56円
02月:+1,289.57円
03月:+1,415.06円
04月:+3,408.65円
05月:+1,596.13円(~5/27まで)
合計: +10,714.56円

 原資15万円を元手に1万円以上の確定利益。じゅうぶんな利益率。レバレッジさえかけずに身の丈サイズの少額トレードをしている限り、いくら円高に振れても怖くないし、ストレスフリーで資金が増えていく。まだもう少し含み損があるがこれもいずれ円安トレンドの中で消えていくし、含み損ポジションたちもこの期間にスワップ金利をどんどん蓄積している。

現在の含み損:▲3,151円
蓄積スワップポイント:+923円

 豪ドル102円から買い下がっていて今95円。7円も下がっているがこれだけ利益が出ているという、素晴らしい利益だ。


 ドル円が円安に動いて123円を突破しているが、豪ドルは対ドルで下がっていることもあり、豪ドル円はあまり動かない。しかしずっと止まっている相場は無いので、いずれ動き出す。それまで放っておけば良いことだ。


 今回も紹介、たまにチェックしているヤフーファイナンス、「ファイナンススタジアム」のランキング。ドル円で25銭刻みで仕掛けを入れて取引している、利益トップのユーザーの動きに注目している。
http://info.finance.yahoo.co.jp/stadium/personal/?guid=PXCJDAPS3CSHNNIMWJDIVJV3BE

 この1位のUSER331143さん。総資産は6億円前後、25銭刻みでドル円を1発100万通貨取引する手法。100万通貨=1億円を1発で仕掛けるトレードで金額はでかいが、そもそも資産が6億円あるのでレバレッジがかかってない。レバレッジさえかけなければこの手法は強いだろう、と思う。この人は、今年に入ってからのドル円がレンジ相場であることを見事に見やぶり、25銭刻みの機械的な売り買いに専念しているのだろう。レンジ相場を見通しているあたり、本当にすごい人だ。

 6億の資産はうらやましいが、僕が取引できるのはやはり1回20豪ドル程度が限度だ。しかし僕のような取引原資が少ない人でもレバレッジをかけずに取引できる1通貨単位でのFX取引を可能にし、我々取引原資の少ないサラリーマン副業個人投資家のコツコツ利益積み上げ投資を可能にしてくれている、SBI FXトレードさんには本当に感謝。ありがとうございます。


PR


豪ドル乱高下で稼ぐ、豪ドル少額イフダントレードの成果まとめ。4月の豪ドル乱高下で利益が着々と積み上がる。

スキャン_20150616 (4)

 豪ドル少額イフダントレードの成績まとめです。

 SBI FXトレードの1通貨単位取引を利用して、1回20通貨ずつ、少額で豪ドルをガンガントレードする少額トレード。25銭刻みでトラップを仕掛けるのと合わせ、下がったら成行買いして上に利益確定をセットして放っておく。

 豪ドルが一方的に円高方向に下落していくとどんどん利益が膨らむリスクがある為、あくまで1回の取引は少額で。1回20豪ドル=1,800円程度。それなら豪ドルが1晩で10円ぐらい円高になったって含み損はたかが知れているので
また上がってくるのを何年でも待っていればいい。その間、着々とスワップポイントが貯まる。

 4月に入って、豪ドルが1日で平気で1円も2円も乱高下してます。この相場の変動エネルギーを着々と利益に変える、エコな稼ぎです。

4月の利益です。

4/01:+ 47.94円
4/02:+ 53.89円
4/03:+ 204.40円 ←米雇用統計。ドル安、豪ドル高。
4/06:+ 25.26円
4/07:+ 361.07円 ←豪政策金利サプライズ据え置き。豪ドル急騰。
4/08:+ 109.88円
4/09:+ 114.09円
4/10:+ 114.20円
4/13:+ 16.04円
4/14:+ 52.47円 ←浜田内閣参与の「ドル円120円はかなり円安、105円が妥当」発言
4/15:+ 150.47円 ←欧州ECB理事会
4/16:+ 381.42円 ←豪州雇用統計
4/17:+ 27.84円

4/01~17の成績:+1,658.96円

ここまでの利益
12月:+ 682.58円
01月:+2,322.56円
02月:+1,289.57円
03月:+1,415.06円
04月:+1,658.96円(~4/17まで)
合計: +7,368.73円

 原資15万円を元手に7,368円の確定利益。じゅうぶんな利益率。レバレッジさえかけずに身の丈サイズの少額トレードをしている限り、いくら円高に振れても怖くないし、ストレスフリーで資金が増えていく。しかしこの7,368円の確定利益にも、ウラがある。現時点、豪ドルを102円から買い下がっているので、含み損がある。

現在の含み損:▲8,658円
蓄積スワップポイント:+1,377円

 スワップポイントまで含めるとやっとなんとか利益が出ている程度。なんせ豪ドル102円から買い下がっているので、今92円、10円ぶんぐらい含み損が蓄積しているのだから、含み損が膨らんで当たり前なのだが、それだけ下がっても続けていることで黒字転換したことはすごいと思う。10円円高に振れて相当損しているはずなのに黒字。そして黒字転換したのだから、これから円安方向に振れれば振れるほどどんどん利益が伸びていく。これから先、楽しみだ。


 今週は月初の米雇用統計、そして今週の豪州雇用統計での乱高下がすごい。両国の差がなんとも浮き彫りになり、興味深い月だった。米国は金利を上げる、上げるといいながら発表される経済指標は悪くとても金利を上げられる状況になく、豪州は金利を下げる、下げるといいながら発表される経済指標は良くとても金利を下げられる状況にない。まったく真逆の状況で、それを表現するかのように、これまでのドル高は反転しドルが下落し始め、豪ドルが上がり始めた。

 さて、いよいよG20が開幕。今回は米ドル高が議論される観測が濃厚。移動平均が下落トレンド転換した米ドルの下げがどこまで加速するか、が注目。逆にオセアニア通貨は上昇トレンドへ転換したのでどこまで上げるか。


 たまに、チェックしているヤフーファイナンス、「ファイナンススタジアム」のランキング。ドル円で25銭刻みで仕掛けを入れて取引している、先月利益トップのユーザーの動きに注目している。
http://info.finance.yahoo.co.jp/stadium/personal/?guid=PXCJDAPS3CSHNNIMWJDIVJV3BE

 この1位のUSER331143さん。総資産は6億円前後、25銭刻みでドル円を1発100万通貨取引する手法。100万通貨=1億円を1発で仕掛けるトレードで金額はでかいが、そもそも資産が6億円あるのでレバレッジがかかってない。レバレッジさえかけなければこの手法は強いだろう、と思う。現時点、ドル円が120円→119円→118円と下がっているので、25銭刻みでどんどん買っている。ドル円はしばらく円高にいくだろうが、この人はあまりレバレッジもかかってないし、反発で着々と利益を出していくだろう。この資産規模があるからこそできるスケールのでかいトレードだが、25銭刻みで仕掛ける手法としては同じようなことをしているので、この人がどんどん利益を積み上げていくと僕の手法も自信が出てくる。この人にはこのまま勝ち続けてほしい。


 6億の資産はうらやましいが、僕が取引できるのはやはり1回20豪ドル程度が限度だ。しかし僕のような取引原資が少ない人でもレバレッジをかけずに取引できる1通貨単位でのFX取引を可能にし、我々取引原資の少ないサラリーマン副業個人投資家のコツコツ利益積み上げ投資を可能にしてくれている、SBI FXトレードさんには本当に感謝。ありがとうございます。


PR


ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク