今朝の積立日記(積立23日目) 相場停滞。

今朝の積立て日記です。
うーん、相場が止まってしまいましたね。
上にも下にもいまひとつ動きません。
積立ての含み益損益率も下がってきました。まだぎりぎり3.0%は利益出てますが。
ユーロの反発、金の反発、など、下げ続けたものも反発の兆し。
ニューヨークダウもわずかにマイナス、と上げ続けたものも反落の兆し。
流れの変化に自信出てくれば一気に調整するがみんなまだ様子見といったところか。
売り方もおっかなびっくりの売りしか出てこないかな。

動かない相場の中の頼りは、
積立投資のスワップ金利。累計22円まできました。
一昨日から開始した超低リスクシステムトレード。レンジ相場で威力を発揮します。
このシステムトレードのおかげで預入証拠金が新規積立て入金する必要なく増えていきます。

相場の調整は近そうなので、せっせと積立てと、超低リスクシステムトレードに励みます。

↓過去記事
低リスクシステムトレードに挑戦します!
http://fxtsumitate.com/blog-entry-82.html



積立期間:2014/10/27~2014/11/26 (積立23日目)
累計積立金額:21,598円 外貨評価額:22,238円 損益+640円 損益率+3.0%
累計スワップポイント:22.83円 預託証拠金額:100,503円 

NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:92.17円  数量:5NZD(=約461円)
平均積立単価:89.54円  累計積立数量:115NZD(=約10,297円)
累計スワップポイント:15.31円
評価損益:+302.29円 (損益率+2.9%)

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.21円  数量:26CNH(=約499円)
平均積立単価:18.65円  累計積立数量:606CNH(=約11,301円)
累計スワップポイント:7.52円
評価損益:+337.34円 (損益率+3.0%)

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html

デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html

もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


広告

SBI FXトレード





10通貨単位オーストラリアドルシステムトレードなかなか良い滑り出し。

昨日から、1取引10通貨単位の低リスクシステムトレードを
オーストラリアドル、AUD/JPYで実践を開始した。

低リスクシステムトレードに挑戦します!
http://fxtsumitate.com/blog-entry-82.html

実質今日が最初の実験日になるけども、
なかなか滑りだし好調。適度にトラップ引っ掛かってくれてます。
今日は豪ドルの急落がありました。
きっかけは豪州中銀の豪ドル安を望む発言。

豪ドルが一段と下落すれば経済成長を支援=中銀副総裁
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0J90UM20141125

それで豪ドルがぐぐっと下がり、下に仕掛けていたトラップが次々と発動。
あとは利益確定を待つのみ。
今日のシステムトレード検証結果です。

豪ドル(AUD/JPY)
1取引10通貨(約1,000円)
買い102.00円 ポジション持越し中
買い101.75円 ポジション持越し中
買い101.50円 ポジション持越し中
買い101.25円 ポジション持越し中
買い101.00円 ポジション持越し中
買い100.75円→★101.00円で決済。
買い100.75円 ポジション持越し中

現在値100.74円
ポジションは6ロット×10通貨=60通貨。
けっこう最初のポジションは126pipsもマイナスだし、けっこう含み損になってるのか?と思いますが、
そこはなんせ低リスクの10通貨。
現在、含み損はたったの「マイナス37円」です!!!!

そして、途中100.75円買い→101.00円のトラップが1つ決済されているので、
今日のここまでの確定損益は2.5円出ました!!!!

2.5円なんて稼いでどーすんだー、と思うなかれ。
今の銀行預金を考えてみて下さい。銀行預金の金利は年利0.02%。
銀行預金金利の0.02%で、2.5円を稼ごうと思うと、12500円を1年間預けてやっと得られるんです。
銀行預金しかやってない人が1年かけて稼ぐ金利分を1日で、
超低リスクシステムトレードでロスカットの可能性ほぼゼロの投資で稼いだ。
これって、けっこうすごくないですか???
(あまり同意を得られないですよね・・・汗)
でも、これをできるようにしてくれたSBI FXトレードにはほんと感謝すべきです。

もっとリスクとればいいじゃん、と思うかもしれませんが最初の記事で書いた通り、
豪ドルが1豪ドル50円まで、今からマイナス50円ぐらい落ちるリスクを考慮すると、
取れる最大リスクで、ここまでしかとれません。
これを世の中の人は1取引1000通貨や10000通貨でやるんですから、
僕からすればほんとにみんな勇気あるなと思います。
過去、リーマンショック、ユーロショック、スイス為替介入、ギリシャショックと
いろんななんとかショックを経験してきた経験者として、
相場にずっと張り付けないサラリーマンがお気楽システムトレードするなら、
このリスク管理は譲れないところです。
大きく利益をとれるのは、相場に張り付いて神経をすり減らしながらやるからこそ得られる。
それをやらずに精神的に楽な機械的トレードをやるのだから、
そりゃあ利益は少なくガマンしなさい、っちゅー話です。

ほんとに、失うときはある時突然に、1撃ですべて奪われますから。
とにかくレバレッジをかけさえしなければ、ロスカットになることは無い。
ロスカットにさえならなければ、長く持ってればスワップ金利もあるし稼げる。それがFX。

低リスクで、お気楽でいきましょう。
今日の数円、1ケ月の数千円、1年の数万円を手にしていきます。


広告

SBI FXトレード



やっと円安一辺倒の調整に入ったか!?

先週末から、少しずつ日本円の売り一辺倒に調整の兆しが見える。
それもそのはず、先週からどでかい材料が出まくっている。

・麻生財務省の円安牽制発言
・欧州ECBの量的緩和示唆
・中国利下げ
・今週スイス金準備国民投票への急な憶測発生
・原油下げ止まり

などなど、先週末ドル円の119円乗せ失敗後、次々と為替に影響を与えるでっかいニュースが相次いでいる。
欧州ユーロ、中国人民元が通貨安競争の本格参入に乗り出してくると、いくら日本の円安国策とはいえ、国策対国策の激突。
日本円安は長期では勝算ありにしろ、さすがに調整ムードに染まる。


ずっと円安一辺倒に来て、外貨積立て増やす機会がなかなか無かったが、ここで調整が入ればチャンスになるかもしれない。
下がってくるのをじっくり待つ。



広告


今朝の積立日記(積立22日目) 円安の勢いは停滞。

今朝の積立て日記です。
円安の勢いは止まってしまいました。
すごい勢いで円安方向に進んできたのでこれ以上は円を売りづらいし、
かといって円売りで挑んだら日本政府・日銀に逆らうポジションを持つことになり恐怖。
欧州ECBの量的緩和示唆、中国利下げを受けて、通貨安競争が激化しているので
円安一辺倒では攻めづらくなったか。

積立状況は約1000円積立を1ケ月続けて積立原資が2万円を突破。
最近円安の勢いが停滞しているので積立原資に対する利益率としては低下していますが
それでも利益率3%確保しています。毎月3%増えてくれるなら最高の投資ですが、
ドル円だと毎月3円円安にいかないとそうはならないので、残念ながらそれは無理でしょう。
積立投資としては、年利で2%ぐらい確保できればいいのですが。


積立期間:2014/10/27~2014/11/25 (積立22日目)
累計積立金額:20,638円 外貨評価額:21,371円 損益+733円 損益率+3.6%
累計スワップポイント:20.06円 入金証拠金額:100,500円 

NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:92.97円  数量:5NZD(=約465円)
平均積立単価:89.42円  累計積立数量:110NZD(=約9,836円)
累計スワップポイント:13.35円
評価損益:+390.74円 (損益率+4.0%)

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.21円  数量:26CNH(=約500円)
平均積立単価:18.63円  累計積立数量:580CNH(=約10,802円)
累計スワップポイント:6.71円
評価損益:+342.15円 (損益率+3.2%)

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html

デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html

もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


広告

SBI FXトレード

低リスクシステムトレードに挑戦します!

積立投資だけだとちょっと退屈なので・・・
1つ、新たな試みを始めてみます!

最近、為替の値動きの大きさを利用して、システムトレードが流行ってます。
マネースクウェアジャパンのトラリピや、
アイネット証券のループ・イフダンが有名ですが、
これをとにかく低リスクでやろうと思います。

ループ・イフダンは、相場の値動きを利用して、
たとえば1円刻みとすると、
118.00円で指値買いを入れて、119.00円で自動決済を仕掛ける。
119.00円で利益確定されると、また118.00円で指値の買いを発注・・・と、
何度も同じレンジを発注し、そのレンジの間で動いていれば何度も利益が積み上がるというものです。
これが今年、ものすごい利益をたたき出しているのだとか。
ところがこのシステムトレード。けっこうリスクが大きいことがあまり知られていない。
マネースクウェアジャパンやアイネット証券の最低取引単位は1000通貨単位。
ドル円で50銭刻みの買いを仕掛けたとすると、
もしドル円が20円円安に進んでしまうと1000通貨×40Lot=40000通貨、
日本円にして400万円ぐらいのポジションを抱えてしまうことになり、
それが全部含み損の状態ですから、何十万ものマイナスになってしまいます。
それに耐えられるだけの資金力が無いとロスカットを食らってしまい、
リーマンショックのような大暴落1撃で退場となる恐ろしさを持っています。
試しに試算してみたところ、119.50円から50円刻みで下にドル円を1000通貨単位買い下がったところ、
1ドルが90円になったらマイナス88万円になりました。恐ろしや・・・。
これだけのリスクを抱えて、1ロットの利益500円では、割りに合いません。
1ドル30円も動かないと思うでしょうか?
いや、このわずか2年で動きましたよね。80円から119円まで40円も。それが為替相場です。
とにかく資金量に見合う、低い金額でやらないとシステムトレードはすぐ破綻します。

でもこの相場の動きが少しでも利益になればいいなあと思うので、
なんとか低リスクでシステムトレードを組みたい。

というわけで、思いつきました。
SBI FXトレードを活用した、「手動ループ・イフダン」!!
今日から試しに低リスク手動システムトレードに挑んでみます。

SBI FXトレードは、1通貨単位から取引が可能。
これを利用して、下記の様なシステムトレードを組んでみます。

・トレード対象はオーストラリアドル/円。AUD/JPY。
 (スワップポイントも欲しいという欲張り!)
・取引1トラップは10通貨と設定。(約1000円)
・25銭刻みに、イフダンで買いのトラップを仕掛ける。
・たとえば、102.00円で買い→102.25円で決済のポジションを発注。
・それを25銭刻みに下にずっと発注していく。
・仕掛けが発動して、決済されたらまた新規イフダン発注。(ここが手動!)

最後の手動のループ発注を自動でやってくれるのが
マネースクウェアジャパンやアイネット証券の良いところなのですが、
やっぱり1000通貨単位じゃリスクが高い。
ここはリスクを抑える為に10通貨で、手動でやります!!

10000通貨なら、オーストラリアドル円が1円動いたら1万儲かります。
なので、10通貨の場合、1円動いても10円しか儲かりません!(どどーーーん!!)
25銭刻みの1トラップ成立につき、2.5円しか儲かりません!(どどどーーん!!)
しかし、1AUD50円まで一気に50円ぶんも円高になる異常事態になっても
抱えるポジションは210ポジションで16万円相当、マイナスは5万4千円で済みます。
これぐらいであれば、マイナスはいくらでもマネージ可能です。
ちなみにリーマンショック後の最安値が2008年10月の55.05円。
ここまでは想定必要ということで50円までの下落を想定してリスク算出。
狭いスプレッドと、低い通貨単位から発注可能なSBI FXトレードならではの技でしょう。
これ、昔じゃできなかったんですよねえ・・・。
数年前までは1000通貨単位が最低だったので、数十万のリスクを抱えないとできなかったんです。
本当に良い時代になりました。この低リスクFXを実現可能な環境を作ってくださった、
SBI FXトレードさんには大感謝です。

でも、そんな小さな利益でどうするのって?
いいんです。毎日2トラップ目標、1日5円でも口座残高が増えれば嬉しいじゃないですか。
1年続ければ、5円×365日=1,825円。
続けている外貨積立ての約2日分が稼げるんです。
いいじゃないですか。ねえ。(あまり同意得られないか・・・)

さて、今日から手動システムトレードスタート!!
こちらも、たまに成績報告します!!


広告

SBI FXトレード




コツコツ積立て投資の良いところ。

コツコツ積立て投資をやってみて実感する、良いところ。

コツコツ毎日積立投資というのは、朝にSBI FXトレードを開いて外貨を積み立てる。
そしてその取引結果を日記に書く。
・・・以上。

これで、その日やることが終わってしまう。
もちろん、日記はやる必要ないので、普通は朝積立て作業するだけで終わってしまう。

デイトレードをやっている時は、それはもう毎日大変だった。
毎朝レートを確認し、テクニカル分析。
移動平均線、一目均衡表を5分足、30分足、1時間足で確認し、
長期でも日足、週足を確認して短期・長期の動きを予想。
そしてその日の戦略を決める。
そしてトレードタイミングを決めるためにこまめにレートをチェックし、
ここぞというタイミングでエントリーし、利益が出たら利益確定。
予想と逆にいったらナンピンして利益がでるまでひたすらガマン。
このガマンがその日中続くこともあれば、次の日まで続くこともある。
とても精神的に厳しい毎日だった。

しかし今はとても楽。投資対象の狙いさえ決めれば、相場が上がろうが下がろうがどっちもでもOK。
相場が上がれば含み益で気分が良いし、
相場が下がれば下がったレートで多く積み立て買い増せるので嬉しい。
暴落ですら、大きく下がったレートでとても多く積立て買い増せるので嬉しい。
相場がまったく動かなくてもスワップポイントたまるし。
相場がどう転ぼうとも毎日気分がいい。これは本当に実感する。
そして長期展望では日本円安の方向性はほぼ間違いないだろうと思っているので、
短期の相場動向は本当に関係ない。
あのツライ、デイトレードの日々はなんだったんだろうと思う。

精神的な苦労があるとすれば、コツコツしか買ってないので、
相場が大きく動きそうな予感を察知したら大きく買いたくなる衝動。
大きく儲けられる可能性が目の前にあるのにそれをスルーしてコツコツしか買わない、
大きく含み益が出ているのに利益確定しない、というソワソワ感だろうか。

実際は、毎日自分の手で少額ながら買っているので相場に参加していない感はかなり薄まるし、
含み益が出ているときは利益確定してしまってまったく問題はない。
このソワソワ感とさえ同居できれば、まったく精神的な苦労はない。

朝積み立てたらそれ以降は何もやることがないので、
僕はサラリーマンのため本業に専念しつつ、
本業も終わったらあとは他のFXブロガーさんのブログを回って
ブログ読んでコメントして交流したり、といった日々を楽しんでいる。

デイトレードを引退し、コツコツ積立て投資に切り替えて本当に良かったと思う。



広告




SBI FXトレード

今朝の積立日記(積立21日目) 円安は少し調整気味。

今朝の積立て日記です。
世界株高を演じた先週末。でも円安は少し調整気味です。
欧州ECBは量的緩和を示唆、中国人民元も利下げ、と、
通貨安競争に名乗りを出る国が多く、日本独歩安に待ったをかけている状態。
円だけが売られる状況ではなくなったのが調整の要因となり、
日本は材料出尽くし状態なのでしばらくは調整・停滞気味な状態になるでしょうか。


積立期間:2014/10/27~2014/11/24 (積立21日目)
累計積立金額:19,674円 外貨評価額:20,404円 損益+730円 損益率+3.7%
累計スワップポイント:20.06円 入金証拠金額:100,500円 

NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:92.90円  数量:5NZD(=約465円)
平均積立単価:89.25円  累計積立数量:105NZD(=約9,371円)
累計スワップポイント:13.35円
評価損益:+383.57円 (損益率+4.1%)

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.22円  数量:26CNH(=約500円)
平均積立単価:18.60円  累計積立数量:554CNH(=約10,302円)
累計スワップポイント:6.71円
評価損益:+346.64円 (損益率+3.4%)

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html

デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html

もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


広告

SBI FXトレード

もちろん積立投資にもある損失リスク。

 積立て投資はサラリーマン向きの低リスク投資であると思う。時間を味方につけることで、リスクを分散し、低減する。
でももちろん、FXでの積立て投資にもリスクはあります。リスクを知り、そのリスクをコントロールするのが投資で成功するために必要だと思います。

 FX積立投資のリスクを語る前に、まずFXそのもののリスクについて考えないといけません。

 FXは外貨預金よりも圧倒的に手数料が安い。それだけなら、外貨預金に比べて利益が出る可能性は高いと思われる。
ではなぜ、FXは怖い、リスクが高い、損する人が多いと言われるのか?

 それは、「レバレッジ」の存在。

 FXは、自分が実際に保有している預入証拠金に対し、何倍もの金額の外貨投資ができてしまう。このレバレッジが、損失を生む。実際には外貨には株式投資の様に、ゼロになるリスクは無い。株は、その会社が倒産して価値ゼロになるリスクがあるが、ドル円が1ドル0円になることは無い。なので、1万ドル投資して、通常なら1万ドル以上の損失を抱える可能性は無い。しかしレバレッジをかけてしまうと話は変わってくる。100万円の原資で10倍の1000万円分投資すると、
1000万円が10%下落したら原資100万円はゼロになる。この損失が、FXが怖い、と言われる理由。高い利益を狙うが為に、レバレッジをかけてしまう。このリスクコントロールは実は簡単な話。レバレッジをかけなければいい。これだけだ。

 為替は、数年レベルで長期投資していれば上下動があるので得するときもあれば損するときもある。その損したときにレバレッジがかかっていると大きな損失になって強制的にロスカットされてしまう。短期のレバレッジ投資は、こうやって負けていく。行動心理学に、「プロスペクト理論」と言われる理論がある。

これは人間は、
・目の前に利益があると利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、
・損失を目の前にすると損失そのものを回避しようとする傾向がある

ということを示していて、利益は確実に欲しいので少ない利益で利益確定をしてしまい、損失が出ている時は小さい損失でも損失確定したくないのでずるずる持ち越し、自分の手で損失確定できずついに強制的にロスカットされるまで保有する。というよく見られる投資行動につながっていく。この行動心理学に勝てない限り、短期レバレッジ投資は勝てない。しかし多くの人がやはり行動心理学には勝てない為、短期レバレッジ投資で多くのFX個人投資家が損を出していく。このプロスペクト理論に勝てるのが、長期積立投資だ。やってみればわかる。

 積立投資のリスクは、投資対象が下がり続けたら、ずっと損失が拡大していく点。1ドル100円から積立投資を始めて、ずっと1ドル110円、120円、と円安に進んでいくならずっと含み益が出ている状態になるが、もし逆に行った場合。1ドル90円、80円と円高になっていってしまってもずっと買い増し続けるので、損失の金額が大きくなっていくのが積立て投資。これを解決するのは時間。まとめて買って塩漬けになってしまうと、もう2度と戻らないリスクが高くなってしまうが、
相場が下がり続けてもずっと積立て買いを続けていれば、平均購入価格は下がっていき、いつか安い時期に買った分が利益になり始める。

 積立投資の場合は、むしろ1回対象資産が暴落しないと利益が増えないので、投資対象資産に暴落が来て欲しいと思うようになるのが積立投資。暴落を喜べるなんて、すごい投資手法だと思う。損失が出ている間、資金が寝てしまうリスクはある、その間もずっと積立続けられるならリスクはコントロール可、と言えるでしょう。損失が出ていたら何年も積立続けるどっしりとした長期投資マインドを持って、レバレッジをかけずに、少しずつ積立投資をしていれば、相場が下がり続けるリスクを小さくコントロールできるのです。

 為替は変動が大きいので、FXで長期積立投資をするには、1万通貨・1000通貨単位といったロットでは投資金額がちょっと大きくなりすぎるかなと思います。1通貨単位で数百円レベルから積立てができる、SBI FXトレードのようなFX会社を使って、少額ずつ長期視点で積立投資を続けていくことが必要です。


PR



積立開始から20稼働日。約1ケ月の外貨積立投資の実績。

積立開始から20稼働日、コツコツ積み立てること約1ケ月。
この期間の外貨積立投資の成果です。

20141121積立

まさに右肩上がり。
まったくたまたまですが、開始した時期が日銀追加緩和の週。
最初の4日間ほぼ動いていないのに、4日目に日銀が追加緩和バズーカ打ったもんでそこから右肩上がり。
為替の世界は上がったり下がったりなので、このまま右肩上がりが続くとは思わないけども、
含み益抱えながら積立日記をつけることができたのはありがたいことだ。

あと、わかりづらいだろうけども、下のグレーの折れ線グラフが累計スワップポイント。
日銀が低金利政策の為、じわじわとニュージーランドドル、中国人民元との金利差が広がり、
増え幅があがってきている。一番右の21日にくいっと折れ線グラフが上がっています。
累計スワップ金利も20円を超えてきています。
日本の銀行預金に預けてたらこの高金利はあり得ないですね。
直近ではこの金曜日に中国が金利引き下げを行ったので中国人民元のスワップ金利は減りそうだけども、
別になくなるわけじゃない。
実質、米ドルとほぼ固定にコントロールされている為にドル円とほぼ同じ為替差益を得つつ、
高金利国なのでスワップ金利も得られるという中国人民元の強さはまだまだ続く。
数年経った後にロシアルーブルのように中国人民元も変動相場へ移行するようなことでもあれば
一気にCNH/JPYレートは跳ね上がります。それも将来の楽しみ。

長期で考える積立投資なので、さすがに1度調整して含み益になる期間も出てくるかもしれないが、
長期での日本円安は可能性高そう。
政府と連携した投資が得意なGS、ガバメント・サックスことゴールドマンサックスも円安に強気予想出しました。

ゴールドマンがドル/円見通し引き上げ、2015年末に130円と予想
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0J51WU20141121?rpc=188

2015年に130円、2016年に135円、2017年に140円予想です。
ユードルは2017年にパリティ(等価。つまり1.00ドル)まで下落を予想。
もちろんゴールドマンも予想はずすこと多いけども、大局を握る金融機関のお墨付きの円安。
円安になると国民生活は苦しくなるので、外貨投資なり、純金積立なり、生活防衛の投資はやっておくべき。
日本円で銀行に預金しているだけなら、国際的には日々どんどん価値が下がっていく、という認識は必要。


広告

SBI FXトレード

ドル円、一時調整するも流れは変わらず。

今朝の日本市場では麻生財務大臣の、円安のスピード速すぎる発言で一時急落、108円から一気に117円前半まで調整。
でもそのあとはあっという間に戻し中。
日本の国策は円安政策。でもちょっとポーズ的に1回ドル円の調整入れとこうか、という感じだろうか。
政策に投機が乗っかろうとするとこういう流れにやられる。
衆院解散が発表され、いよいよ材料も出尽くした。
これから12月中旬の投開票まで何も波乱なくいけるのだろうか。
もし間に株価暴落でも来ようものなら、自民党は選挙厳しくなる。なんとしても投開票日までは株価維持しようとするだろう。
でも、隣国のアメリカはいよいよ高値バブルの空気も漂うし、つられて日本株も危うさをはらんでる状態ではある。
投開票までにひと波乱ありそうだ。


広告



ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク