今朝の積立日記(積立82営業日目) 今日は注目、ギリシャと株価。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。


現在の積立状況、週別トレンドです。
20150218積立


日本では賑わっているのが日経平均株価。
何が賑わっているかというと今週はついに18,000円を終値で超え、
第一次安倍内閣の高値、2007年7月9日の18,261円に迫っている。

これはなんとも象徴的なところで、日本政府としても意識せざるをえない株価だろう。
夜間の日経平均先物は既に18,300円を超え、明日にその高値を突破する勢いに満ちている。

しかしこういう景気の良い時には天邪鬼に構えてしまう、流れに乗れない投資家のまなぶ。(笑)
こうなってくると苦しい材料にばかり目がいく。
まず明日日経平均株価は間違いなくマドを開けてのスタートとなるが、このマドが上昇の3つ目。
いわゆる酒田五法の「三空踏み上げ」を形成する。
「三空には売り向かえ」との格言があるように、テクニカル重視派は売りたくなるところ。

そしてドル建ての日経平均。
円建て日経平均がぐんぐん高値を更新しているが、ドル建ては全然景色が違う。
なんと2012年からまったくもってレンジの動きしかしておらず、全然上昇相場ではない。
おおむね145ドル~155ドルの間でいったりきたり。
要は日経平均株価は円安要因でのみ上がってきた、ということになる。

そのドル建て日経平均が153ドルまで来ており、またレンジの上限に差し掛かってきた。
ドル建てでの上昇限界に来ているので、円建て日経平均がこれ以上上昇するには円安の助けが必要になる。

しかし昨日日銀黒田総裁の歯切れも悪かったし、政府もどうやら4月の統一地方選を見てこれ以上円安で国民の生活を苦しくするのも危ないか、という気持ちも出てきていそうで派手には動けない。

統一地方選に向けて株価は下げられないので下げたら必死で買うが、上に伸ばすのに円安は使えない、と、
どうも動けない状況のようだ。
そういう中では、日経平均も押し戻されてくるだろうし、ドル円もこれ以上進まない。
今年の後半にはまた一気に上げてくるだろうが、しばらく停滞ムードは続く。

さらに、昨夜のFOMCでは米国の早期利上げに対し懸念が出て、米国債利回り急低下。
ドル円が売られている。
円安ドル高がなければ株は上がらない。株が上がらなければ円が買われる。
ここにきて株には逆風が吹き荒れる。

そんな中、ふと思えば今日は19日。ギリシャが債務延長申請をする、と観測されている日。
そして明日がギリシャ債務協議の期限だ。
ウクライナ情勢も残念なことにおさまる気配も見せないし、株価は頭打ちになりそうだ。
まだまだ相場が動かない退屈な日々が続きそうだ。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/02/19 (積立82営業日目)
累計積立金額:78,258円
外貨評価金額:77,851円
損益:▲407円(損益率▲0.5%)
累計スワップポイント:384円
預託証拠金額:154,400円(自己資金150,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:89.71円  数量:5NZD(=約449円)
平均積立単価:90.44円  累計積立数量:415NZD(=約37,532円)
外貨資産価値:37,230円  評価損益:▲302円 (損益率▲0.8%)
累計スワップポイント:213円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.93円  数量:26CNH(=約492円)
平均積立単価:18.98円  累計積立数量:2,146CNH(=約40,726円)
外貨資産価値:40,622円  評価損益:▲104円 (損益率▲0.3%)
累計スワップポイント:171円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR

SBI FXトレード


ビットコインも継続積立て中。まだあまり価格に動きは見られず。

FXのかたわら、ビットコインの積立ても継続しています。

こんばんは。まなぶです。

ビットコインの積立を1月から続けています。

↓過去記事

これから注目のビットコイン。ビットコイン積立てを始めて1週間経過。今後のビットコインの将来性を考える。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-223.html

積立期間:2015/1/30~2/18
平均積立単価:1BTC=28,491円
保有コイン:0.13BTC(積立金額3,775円、保有BTC価値:3,782円)
日本円残高:6,135円 口座価値:9,917円 入金原資:10,000円
損益:▲83円(損益率▲0.8%)

半月ぐらい続けていますが、ビットコイン価格は27,000円~30,000円の範囲内でうろうろ。
ビットコインは基本米ドル建てなので、ドル円が118~119円であまり動いていないことと連動しているのかもしれませんね。
あとは通貨というよりどちらかというとモノとしての存在のビットコインは純金(ゴールド)の動きとも近いだろうか。
そういえばこの期間、金も今年初から1,200ドル台でうろうろしている。
その動きと連動しているのだろうか。
ビットコインはどういう流れで価値を見出されるかはまだよくわからない。
なんとなく思っているのは、世界的な量的緩和によって主要国通貨価値の希薄化、低金利化によって
金やビットコインなどの数に限りのあるモノ、金利のつかないモノが価値を上げていくだろうと思っている。

あと、ビットコインの積立にはbitFlyerを使っているけれども、
時間帯によってけっこうスプレッドに差が出てくる。
買値と売値の差が、時間によって800円~1,200円ぐらい差があるのだ。
やはりドル建てのせいか、比較的夜間、欧米が昼の時間の方がスプレッドが狭い気がする。
ビットコインは365日取引可能、土日、祝日も取引できるが休日は比較的スプレッドが広い。
なので、積立てとしては平日のみにしている。
まだまだFXと比べると比較にならないぐらい手数料にあたるスプレッドが高くつくのでなかなか投資対象にはなってこないが、あくまで少額、毎日0.01BTCの積立てでしばらく様子を見ていきたい。

ビットコインのこれからとしては、1回バブルになった後、
中国でビットコインの使用が認められず、マウントゴックス破綻の件もあったのでバブルは崩壊。
しかし日米でビットコインの流通に市場を見出そうとしている勢力もいるし、また価格は上がっていきそうだと睨んでいる。


PR
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今朝の積立日記(積立81営業日目) ユーロ反発!これまでの流れの逆回転が始まりそう。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。


現在の積立状況、週別トレンドです。
20150218積立

円安反発により含み益はほぼ解消。これまで積み上がったスワップ金利でほぼ埋まる範囲内。
為替の動きは中心はユーロのようです。2014年1年間ずっと下がり続けたユーロの反発が象徴的。
欧州が量的緩和を実施し、ついにユーロ売りの材料出尽くしなのかもしれません。
少し不思議な現象は、ユーロの反発と、米国債利回り反発の共存。
米国債利回りが多少上がっても、ドイツ国債利回りとの差が開きすぎていてドル買い要因にはならないのでしょうか。
もともと上げすぎていたドル、下げすぎていたユーロ、下げすぎていた米国債。
いろいろ行き過ぎたものが逆回転を始めているのかもしれませんね。

逆回転といえば、豪ドル。
豪ドル円でいえば昨年11月頃の102円から89円まで、3ケ月で10円も落ちていた豪ドル円ですが、
最近週足のチャートで下げ止まり反発傾向を見せていたのに従い、これも反転を始めた模様。
AUD/USDでも、AUD/NZDでも反発。
豪中銀にとっては通貨高を抑えたいので頭が痛いでしょうが、経済好調・高金利の国の通貨はどうしても買われてしまいます。
僕の豪ドルイフダントレードも久々に昨日はぐぐっと利益が積み上がりました。

ギリシャ関連のポジティブサプライズ報道でユーロが反発、相場の空気は改善。
今週の残された材料としては今日の日銀黒田総裁会見。
最近の乱高下する日本国債関連についての考え方は聞きたいところ。
そして20日に期限を迎えるギリシャ債務交渉が、昨夜のポジティブな流れ通り延期されるのか。
ポジティブサプライズがあると、次に警戒されるのはネガティブサプライズという、マーケットの皮肉なところ。

クロス円の左右要素としては、日経平均株価の動向。
先物で18,000円を上回っている日経平均はどこまで伸びるのか。高値更新できるのか。
ひとつ思うに、今年4月に統一地方選が予定されている中、日本政府としてはなんとしても3月期末の主要企業決算を円安、株高で乗り切りたい。
その意思が、最近のチャートが下げを示しても無視して跳ね上がる、なんとも人為的なものを感じる日経平均株価の動向に表れている気がする。
問題は18,000円を超えてきているところを誰がさらに買うのか、という問題があり、なかなか上りはしないだろうけど、下げもしない。
日経平均株価、それにつられるドル円はそんな平坦な動きを続けている。
しばらくまだ、スワップポイントと、豪ドルイフダントレードでの上下のわずかな利益を得るのみの毎日が続きそうだ。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/02/18 (積立81営業日目)
累計積立金額:77,317円
外貨評価金額:76,858円
損益:▲460円(損益率▲0.6%)
累計スワップポイント:381円
預託証拠金額:154,395円(自己資金150,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:89.32円  数量:5NZD(=約447円)
平均積立単価:90.45円  累計積立数量:410NZD(=約37,084円)
外貨資産価値:36,623円  評価損益:▲461円 (損益率▲1.2%)
累計スワップポイント:210円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.98円  数量:26CNH(=約493円)
平均積立単価:18.98円  累計積立数量:2,120CNH(=約40,234円)
外貨資産価値:40,234円  評価損益:+1円 (損益率+0.0%)
累計スワップポイント:171円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR

SBI FXトレード


続報:スカイマーク株を買いました。→その後どうなった??

破綻が決まってから買ったスカイマーク株、どうなったか?

こんばんは。まなぶです。

先日、スカイマークが民事再生法申請後3日ストップ安したあとにスカイマーク株を興味本位から買いました。

↓過去記事
スカイマーク株を買いました。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-211.html

過去、スカイマークは有望だとスカイマーク株を積極的に買って稼がせてもらったこともあり、
この株にはなかなか愛着があります。
そういうこともあって、上場廃止前にどんな動きをするのかと観察料として買った株ですが、
やはり上場廃止前の動きというものはいろんな要素を示していて研究対象として面白い。

そもそも株券自体はただの紙きれ。
その株がある会社の資本の一部であることから価値を持たされている。
そして、株主であることから得られる価値に対し、人が認めた価値を株券に支払って株券を買う。
スカイマークは3月1日にもう紙きれになることが決まっている株券だ。
普通に考えれば値段がつくわけがないのだが、ここは需給で価格が決まる株の真骨頂。
あと2週間で価値がなくなる紙切れであっても、あと1日の間に上がるのであれば価値を持つ。
買いたい人が出てくる。よって、売買が成立する。
無価値のものもタイミングによっては価値を持ち、
どんな優良企業の株であっても世界株大暴落の最中ではみんなが我先に売りたい紙に変わる。
良い企業を見つけても、投資するのは市場全体の雰囲気、みんなが価値を今後価値を認める状況にあるか、が重要なことがよくわかる。

さて、そのスカイマーク株。
3日ストップ安をつけ、1株350円台から3日で20円まで落ち、そのタイミングで100株買った。
そして今週上場廃止に向け価値がなくなる準備を始めたのだろう。10円まで落ちた。
10円で値がつくということは10円で買う人がいるということ。ここからはマネーゲームの世界。
そして今日の後場。スカイマーク株はなんと1株40円まで噴き上げた。

材料はこれ↓

ホットストック:スカイマークが後場買い優勢、オリックスが支援検討との報道で(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL4N0VR22X20150217

オリックスが支援だろうがなんだろうが上場廃止で無価値になるのは変わりないのだが、
スカイマーク株は1株10円が40円まで、あっという間に4倍になった。
そしてさすがに持越しはできないということで終値は29円で引け。
まさにこれぞマネーゲーム。
まじめにこんなところで利益を出そうとしては人生を間違うので取引してはいけないが、
買いたい人さえいれば無価値の紙切れも数時間で価値が4倍になる、という、
株価は需給で決まるという最たるものを見せてくれたスカイマーク。

残念な企業でも安いところで買えば上がるし、どんな優良企業でも高いところで買えば下がる。
株は短期で投資をするなら企業選びよりも、値動きの方が重要だというのをよく教えてくれる。
タイミングによらず、将来的に上がる株を買う、という意気込みであれば、
決して短期の値動きに振り回されず長期に徹さないといけない。
株を買う、など投資行動を起こすときは自分の投資スタンスを明確にすることが何より重要ですね。


PR

今朝の積立日記(積立80営業日目) ギリシャ協議の実質先送りにより相場動けず。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。


現在の積立状況、週別トレンドです。
20150217積立


ギリシャ協議物別れ・・・というとショッキングな見出しだが、中身は実質決定先送り。
20日を期限として決断を迫っているのだから、今週末まで結論は先送りされた。
昨日は米国もプレジデンツデーの祝日、中華圏も実質既に旧正月入りということでマーケット参加者が少なくマーケットは反応薄。
ただ、さすがにこのギリシャの物別れ状態はややリスク回避が優勢。
クロス円通貨は全般的に円高方向へ動いており、ユーロは売り方向。
原油や金(ゴールド)といったコモディティもいったん様子見で上昇も止まった。
いったん完全にマーケット停滞した形。

今週は今日・明日に日銀金融決定政策会合があり、直近の日本国債価格急落・利回り急反発など受けて明日の黒田日銀総裁会見が注目はされるものの、あまり材料が無い。
今週の注目はやはり20日のギリシャ協議期限に集約される。そこまでなかなか動きづらい。
じりじり円高・ユーロ安が進んでいく流れになるか。結果、ドル円はほとんど動かないか。
しかし今週は旧正月でマーケット参加者が減り、空気がネガティブ方向に傾いているのでちょっとしたポジティブサプライズで動きやすいので注意。
ギリシャ・ツィプラス政権は主張していることは、
「借金は減らせ、おれらは節約はしない、そういえばむしろ金持ちのドイツは過去のナチスの頃の賠償金払え」
と、通常の感覚ではとても受け入れがたい主張を行っているが、
この主張を堂々とできるほど中国・ロシアまで巻き込んで自身の立場を築き上げている、なかなか交渉に長けた優秀な政権なのだろう。

思惑に振り回される相場になるので、豪ドルイフダントレードで日々下がったら買って細かく利益確定を指値、
ちょろちょろ発生する上下動でコツコツ稼いでいくにとどまる週になりそう。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/02/17 (積立80営業日目)
累計積立金額:76,377円
外貨評価金額:75,582円
損益:▲795円(損益率▲1.0%)
累計スワップポイント:373円
預託証拠金額:154,246円(自己資金150,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:88.82円  数量:5NZD(=約444円)
平均積立単価:90.46円  累計積立数量:405NZD(=約36,637円)
外貨資産価値:35,972円  評価損益:▲665円 (損益率▲1.8%)
累計スワップポイント:206円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.92円  数量:26CNH(=約492円)
平均積立単価:18.98円  累計積立数量:2,094CNH(=約39,740円)
外貨資産価値:39,610円  評価損益:▲130円 (損益率▲0.3%)
累計スワップポイント:167円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR

SBI FXトレード


2月は値動きが少なく、豪ドルイフダントレードも成果がいまいち。今週も静かな相場続く。

静かな相場が続いています。

こんばんは。まなぶです。

1月は激動でしたが、2月に入ってからだんだん相場が落ち着いてきているように思います。

1取引20通貨、25銭刻み買いのイフダントレードも2月2週目からはあまり利益が伸びません。

2/02:+158.76円
2/03:+199.91円 ←豪中銀利下げ
2/04:+ 87.50円
2/05:+ 31.99円
2/06:+140.14円 ←米国雇用統計
2/09:+ 12.41円
2/10:+ 10.13円
2/11:+ 27.72円
2/12:+ 21.01円
2/13:+ 25.11円

2月1~2週目の利益:+714.68円

まあ、これでも投入原資からすればじゅうぶんな利率で回ってはいるのですが、
もう少し伸びてほしいですね。値動きが欲しいです。

豪ドルの60分足チャートなんて見ると、この10日ぐらいのあまりの動きの無さに悲しくなります。

今朝も日本GDP発表で大きく値動きあるかな?と思ったけども、ほとんどスルー。
予想よりも悪かったものの、そこまで悪くはなかったことでパワー不足。
今日はニューヨークも大統領記念日の休日、中華圏ももう旧正月モードということで、相場にまったくパワーが感じられません。参加者が少なすぎます。
旧正月が明けるまで、今週はこんな感じの値動きが続くのかもしれませんね。
ひとつ良かったことといえば、積立て通貨の中国人民元で旧正月前の大量スワップポイントがどかっと入って嬉しかったことぐらいでしょうか。

チャートを見ると、日本GDPが弱かったことでドル円はわずかに売りの反応、チャートも下に行きたそう。
豪ドル円は逆に、週足の一目均衡表の雲の下限がガッチリ支えている状況で上に行きたそう。
原油の反発傾向も豪ドルには追い風。
最近のぜんぜん動かない豪ドルの値動きは、これからまた上に噴き上げるパワーを充填しているところなのかもしれません。

市場の注目としては今晩にギリシャを巡る欧州首脳会議。
それ以外は今週あまり材料もなく、明日・明後日の日銀金融政策決定会合を巡る思惑ぐらいでしょうか。
ふらふら小さな値動きでちまちま豪ドルイフダントレードでコツコツわずかばかりの利益を上げるだけの週になりそうです。
こういう時にありがちで絶対やってはいけないことが、値動きが小さいからと言ってその小さな値動きでも無理に利益を出そうとして小さな値幅に大きなポジションを持ってしまうこと。
相場が停滞している時は市場参加者のフラストレーションが蓄積されているので、次に動き出した時は大きな動きになる。
小さな値動きののときに大きなポジションを持ってしまうとその大きな値動きでガツンとやられてしまいます。
じっくりゆっくり、どっしりかまえていきましょう。


PR


今朝の積立日記(積立79営業日目) まもなく波乱要素の日本GDP。予想下回ればさらに円高。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

20150216積立

今日は週明けさっそく注目材料、波乱要素あり。
朝8:50から、10-12月期GDP速報値の発表があります。

日本は2期連続でGDPマイナス転落しており、
2期連続GDPマイナス成長というのはIMFの不況の定義に該当します。
よって、定義上現在日本は不況入りしていることになる。

今回のGDPは日本は好転することが大方の予想。
過去2期マイナスの反動が出ることが一番大きい。
原油安の影響は10-12月期GDPにはまだあまり効果は出ないが少しは影響ある。

大方が楽観的な見通しであるということは、もしまた悪い結果が出れば強烈な円高になる。
チャート上でも、ドル円は株高にも関わらず日足で下落傾向を示したまま。
下手すれば今週にも115円ぐらいまで円高になる可能性を示している。

しかしさらに先行きをわからなくさせるのがGDP発表後、
明日・明後日に予定されている日銀金融政策決定会合。
GDPが悪い結果となれば、次は日銀が動くのでは、という思惑が出てくる。
先週、日銀追加緩和は逆効果という論調が日銀関係者から出たとブルームバーグが報じたが、
その追加緩和期待が弱まっているところにまた追加緩和を打ちこんで来れば
またサプライズ緩和、サプライズ急騰がやってくる。
この日銀追加緩和も可能性が低いと見られているだけに要注意。

人事的な公的資金の動きがあるだけに、相場の動きはチャートでも読み切れず、
短期の動きは本当に予想がしづらい状況になっている。
予想が当たらないと利益が出ない短期トレードは慎むべきで、
どう動こうが対応できるように、常に最悪の事態を想定しながら着実な資産運用を続けて行きたい


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/02/16 (積立79営業日目)
累計積立金額:75,441円
外貨評価金額:74,751円
損益:▲690円(損益率▲0.9%)
累計スワップポイント:373円
預託証拠金額:154,220円(自己資金150,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:88.74円  数量:5NZD(=約444円)
平均積立単価:90.50円  累計積立数量:400NZD(=約36,202円)
外貨資産価値:35,498円  評価損益:▲704円 (損益率▲1.9%)
累計スワップポイント:206円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.98円  数量:26CNH(=約494円)
平均積立単価:18.98円  累計積立数量:2,068CNH(=約39,248円)
外貨資産価値:39,253円  評価損益:+5円 (損益率+0.0%)
累計スワップポイント:167円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR

SBI FXトレード


ここまでの積立結果まとめ。含み損益はV字回復中。

ここまでの積立結果まとめです。

積立期間:2014/10/28~2015/02/13(79営業日)
20150213積立

含み損益が黒線ですが、含み損益はV字回復。
ほぼスワップ金利で埋まるぐらいまで含み損は埋まりました。
ここ最近の円高傾向でだいぶ平均積立て単価も下がり、これから円安方向に進んだら一気に含み益伸びる状態。
ただ、まだまだ積立て金額が小さいのでもっと貯めてから円安にいってほしいので、まだまだ円高に調整してもらって、含み損になる状態が望ましい。

先週の終わり方は、ニューヨークダウは18,000ドル超え。
日経平均先物も18,080円。
久々にダウも日経平均もそろって18,000超えの高値。
欧州も引き続き量的緩和以降の堅調が続いていてドイツDAXは終値10,963ポイント。
ドイツDAXは高値では一時11,013と、11,000超えを達成した。
なんとも世界各国の景気が良い。
原油も52ドルまで反発してきており、一瞬下げたあと戻したので反発の勢いを裏付けた。
原油は60ドルを目指しそうだ。

この中、為替は少し揺れ動いている。
まずドル円は株高にも関わらずリスクオンにならず118円台で終わっている。
日本国債10年ものの金利が0.425%と日本金利が高くなってきていることと関係はあるだろうか。
ここは次の注目は月曜朝8:50発表のGDPだ。
原油安が効いて回復傾向が見られるなら、また一気に飛び上ってくるだろう。

また、ドル円がいまいち不調の理由としてはユーロドルの傾向がありそう。
昨年2014年に下落し続けた相場が少し反転の兆しが見える。
コモディティでは原油、金(ゴールド)価格が反転トレンドに入り始めているが、ユーロもその傾向の様だ。
1時間足のユーロドルの一目均衡表のチャートが強い。
なかなか下がらず、1.13台をキープして上下の方向性を探っているところ。
日足の一目均衡表を見ると、原油と同様の反発傾向。
原油が60ドルを目指すなら、ユーロドルも1.18あたりの雲の下限を目指しそう。

このユーロと原油の動向が、為替の方向性をとても難しくしている。
予想できないので、相変わらず僕としては日々のニュージーランドドルと中国人民元の積立て。
そしてオーストラリアドルのイフダントレードでは下がったら買いの裁量トレードを積極的にプラスして、方向感のない相場の中でコツコツ利益を積み上げていこうと思う。


PR

SBI FXトレード

嬉しいニュース。日本人FX個人投資家の見事なFXトレード。

昨日、嬉しい記事が日経新聞に出た。

ミセス・ワタナベ お見事、120円台で巨額ドル売り(日経)
http://www.nikkei.com/markets/features/27.aspx?g=DGXMZO8309755012022015000000

昔、リーマンショック前の第一次FXブームでは、日本のFX個人投資家、通称「ミセス・ワタナベ」は
円売り外貨買い一辺倒で、外国人投機家たちから「カモ」としてよく揶揄された。

ひたすらバカの一つ覚えの様に買いで入り、ロスカットのストップを置いていたため、
投機マネーがそのストップ水準を狙って相場を動かし、ロスカットに追い込むという、
「ミセス・ワタナベ狩り」などというトレードもよく言われたものだ。

しかしミセス・ワタナベは成長した。
リーマンショックを乗り越え、ユーロショックを乗り越え、先日のスイスフランショックを乗り越え。
数々のショックを経験していく中で、日本人のFX個人投資家にも経験とノウハウが積み重なり、
プロばりにチャートを読んでトレードするFX投資家が増えた。

僕も日本人のFX個人投資家として、やはり日本人のFX投資家には勝ってほしい。
先日のスイスフランショックなど、FX個人投資家が損失を出すシチュエーションは気分が悪い。

リーマンショック前の第一次FXブームから生き残っているFX個人投資家のひとりとして、
ミセス・ワタナベの好トレードには一緒になってスタンディングオベーションを送りたい。

僕は短期のデイトレードはすっかり引退してコツコツ積立て一辺倒、
豪ドルのイフダントレードと合わせて少額でちまちま裁量で買い建てるぐらいしか裁量トレードはやっていないが、
日本人FX投資家のひとりとしてこれからもコツコツ利益を上げていきたいと思う。

日本人FX投資家、がんばろう!


PR


今朝の積立日記(積立78営業日目) 豪ドル失業率悪化、ニュージーランドドルとのパリティに接近!

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

このブログの積立て通貨として選択しているニュージーランドドル。
これまでは豪ドルにほぼ連動していて、オセアニア2通貨はセットだった。
しかしここ最近、豪ドルとニュージーランドドルの動きが切り離され、
オーストラリアドル安、ニュージーランドドル高が進んでいる。

昨日、豪雇用統計が予想以上に悪く、先の利下げ・金融緩和が連想され豪ドルが急落した。

1月豪失業率6.4%、予想以上に悪化:識者はこうみる(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LG05B20150212

オーストラリアは今月、金利を2.50%→2.25%へ下げたばかりだが、
今回の高い失業率でさらに2.00%への下げが連想されており、豪ドルは急落した。
昨日、豪ドル円は93円台から91円まで下落。

さらに注目なのはAUD/NZD。
2011値には1.30ぐらいあったのが、現時点1.04まで落ちてきている。
オーストアリアドルとニュージーランドドルが同価値になる1.00のパリティが目前に迫る。
パリティといえば、ユーロドルのパリティに迫る勢いも注目されているが、
ユーロドルは現在1.14で、AUD/NZDのパリティの方が早そうだ。

なぜこんなに豪ドルが落ちてニュージーランドドルが上がるのかというと、先々の金利差。
オーストラリアは今月金利を下げ、今回の失業率で先々のさらなる金利下げが見られる。
しかしニュージーランドドルは昨年7月にも利上げをしていて、そこで金利上げは止めるものの、
今後も金利を維持する方針を示す発言が中銀に見られる。

NZ中銀、政策金利を3.50%に引き上げ 利上げ中断へ(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PY5LR20140723

ニュージーランドは経済が好調で、不動産価格が上昇している。
あまり話題にはならないが日本でも海外不動産投資の対象としてニュージーランド不動産は注目されている。
最近はフィリピンやマレーシアといった東南アジアの不動産投資がよく言われるが、
国が安定していて根強く人気なのがニュージーランド。

中国や米国から、ニュージーランドの邸宅を買って移住する動きもあるようだ。
酪農大国で安定、他の国と離れていて戦争と無縁。
その国で現在経済も好調となれば、これほど安全に住める国もなかなか無いんじゃないだろうか。
移住先としても人気のニュージーランドの通貨はもちろん高くなる。

そのニュージーランドの上昇と、オーストラリアの金利下げ傾向が合わさって、
AUD/NZDのパリティが急速に迫っている、というわけだ。
対円のレートでいっても、現在豪ドル92.10円、ニュージーランドドル88.40円。
差は4円も開いていない。同価格になるのは間近だろう。

そういう中で、金利下げの思惑に触れる豪ドルは乱高下しやすく、
その上下動のエネルギーを活かすために豪ドルはイフダントレード。
ニュージーランドドルは将来の通貨の強さを享受、
超低金利の日本との金利差を享受するために長期積立て投資。

この組み合わせで、オセアニア通貨を最大限に活かしながら
外貨資産の積立てに励んでいく姿勢だ。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/02/13 (積立78営業日目)
累計積立金額:74,504円
外貨評価金額:73,859円
損益:▲645円(損益率▲0.9%)
累計スワップポイント:337円
預託証拠金額:104,195円(自己資金100,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:88.41円  数量:5NZD(=約442円)
平均積立単価:90.50円  累計積立数量:395NZD(=約35,749円)
外貨資産価値:34,922円  評価損益:▲827円 (損益率▲2.3%)
累計スワップポイント:203円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.07円  数量:26CNH(=約496円)
平均積立単価:18.98円  累計積立数量:2,042CNH(=約38,755円)
外貨資産価値:38,937円  評価損益:+182円 (損益率+0.5%)
累計スワップポイント:134円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR

SBI FXトレード


ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク