今朝の積立日記(積立307営業日目) 気候も穏やかで静かな年末。年明けは少し上げそうな空気も。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。

20151231積立

 2015年ももう終わりですね。穏やかな気候の中、マーケットも静けさの中、年が暮れていきます。ふと改めて見ると、この積立て損益グラフ、ひどいもんですね。まったくもって右肩下がり。昨年10月の日銀追加緩和直前という時期から始めて最初は良かったものの、マイナスに転落してからがひどい。まとまってレバレッジかけて投資してたらロスカットでしょうね。やっぱりFXは難しい。だからこそ、少額で毎日コツコツ積立て投資でしか、FXは資産形成できないと思うのです。

 生き残ってさえいれば、いずれ上がってくる、のが毎日コツコツナンピン積立ての強み。少額だからこそ、何年でも続けて行くことが出来る。期間が長くなればドカ雪のように土台に積み重なったスワップ金利が効いてくる。2016年のトレンド予想としては、円安、商品高です。2016年を楽しみにして、初夢を見てお正月を過ごしましょう。

 
【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/12/31 (積立307営業日目)
累計積立金額:401,167円
外貨評価金額:379,125円
損益:▲22,042円(損益率▲5.5%)
累計スワップポイント:4,869円
預託証拠金額:371,761円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:82.44円
平均積立単価:85.23円
数量:6NZD(=約495円)
累計積立数量:1,733NZD(=約147,705円)
外貨資産価値:142,866円
評価損益:▲4,839円 (損益率▲3.4%)
累計スワップポイント:2,509円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.36円
平均積立単価:19.17円
数量:27CNH(=約496円)
累計積立数量:7,844CNH(=約150,340円)
外貨資産価値:144,028円
評価損益:▲6,312円 (損益率▲4.2%)
累計スワップポイント:1,294円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.75円  
平均積立単価:8.67円
数量:64ZAR(=約496円)
累計積立数量:11,896ZAR(=約103,120円)
外貨資産価値:92,231円
評価損益:▲10,890円 (損益率▲10.6%)
累計スワップポイント:1,066円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立305営業日目) 日本がGDP上昇宣伝開始。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。

20151229積立

 相場は動きませんねー。25銭刻みのトラップを仕掛けてイフダントレードを行っているオーストラリアドルはこの3稼働日ぐらい、仕掛けがぜんぜん発動せずの状態です。為替はこのまま年越しを迎えるのでしょうか。

 最近、日本のGDP上昇に関わる報道が活発です。日本経済にとってポジティブな内容をアピールし、新3本の矢で出したGDP2020年600兆円目標は本気ですよ、ということを示したいのでしょうか。TPPとオリンピックの経済効果が日本のGDPを持ち上げますよ、とアピールしています。GDPの計算方法も変えて、なんとしてもGDPが上がるように持っていきたいようです。

来年のGDP、15兆円アップ?…計算方法見直しにつき(Asahi.com) 
http://www.asahi.com/articles/ASHD476FQHD4ULFA04Q.html

五輪の経済効果 2018年に5~6兆円押し上げ(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151228/k10010355301000.html

 日本人としては、本当であればやっぱり日本のGDPはどんどん成長してほしいものです。

 ただ、GDP向上や貿易黒字は円高要因であり、これ以上円安にいかないのでは・・・という予想につながり日本株はむしろ売られるという、皮肉な現象が起きています。日本株はしょせん、円安でしか成長しないと海外から見られているということでしょう。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/12/29 (積立305営業日目)
累計積立金額:398,192円
外貨評価金額:377,254円
損益:▲20,937円(損益率▲5.3%)
累計スワップポイント:4,697円
預託証拠金額:371,696円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:82.35円
平均積立単価:85.25円
数量:6NZD(=約494円)
累計積立数量:1,721NZD(=約146,713円)
外貨資産価値:141,724円
評価損益:▲4,990円 (損益率▲3.4%)
累計スワップポイント:2,440円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.35円
平均積立単価:19.17円
数量:27CNH(=約495円)
累計積立数量:7,790CNH(=約149,349円)
外貨資産価値:142,977円
評価損益:▲6,372円 (損益率▲4.3%)
累計スワップポイント:1,275円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.86円  
平均積立単価:8.68円
数量:63ZAR(=約495円)
累計積立数量:11,769ZAR(=約102,128円)
外貨資産価値:92,554円
評価損益:▲9,574円 (損益率▲9.4%)
累計スワップポイント:982円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立304営業日目) 年末はドル円と日本株には不安無し。年明けからの動きに備える週。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。

20151228積立


 先週末も書きましたが、チャートで見てもドル円と日本株には年末は特に不安は無いと思います。オセアニア通貨も相変わらず強いでしょう。来年からの波乱に向けて準備を進める年末となりそうです。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/12/28 (積立304営業日目)
累計積立金額:396,707円
外貨評価金額:376,206円
損益:▲20,500円(損益率▲5.2%)
累計スワップポイント:4,697円
預託証拠金額:371,696円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:82.16円
平均積立単価:85.26円
数量:6NZD(=約493円)
累計積立数量:1,715NZD(=約146,219円)
外貨資産価値:140,905円
評価損益:▲5,315円 (損益率▲3.6%)
累計スワップポイント:2,440円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.40円
平均積立単価:19.17円
数量:27CNH(=約497円)
累計積立数量:7,763CNH(=約148,853円)
外貨資産価値:142,866円
評価損益:▲5,987円 (損益率▲4.0%)
累計スワップポイント:1,275円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.90円  
平均積立単価:8.68円
数量:63ZAR(=約497円)
累計積立数量:11,706ZAR(=約101,633円)
外貨資産価値:92,435円
評価損益:▲9,197円 (損益率▲9.0%)
累計スワップポイント:982円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

年末のドル円、日本株にはあまり不安は無さそう。

おはようございます。

ドル円、日経平均株価は2週間前の日銀失望売りの暴落以降下落が続いていますが、チャートを見る限り年内はさほど不安は無さそうです。

日足の一目均衡表を見てみると、ドル円は雲の下限割れ、日経平均株価は雲の中を下落中。とても弱く見えますが、そもそも日本株とドル円は他国株価に遅れて動く傾向があります。他国で下げて次に日本株が下げ、最後にドル円が下げる、というのがいつものパターンです。

普段一番早いのがドイツDAX。一目均衡表の雲の中を下落し中頃で反転しもう雲の上抜けを達成しています。この動きを日本株も追いかけていくのでしょう。また、日本株の先行指標である東証REIT指数も同様に雲の中頃で反転し雲の上抜け達成。年末となる来週は日本株は上げそうです。ドル円が雲を下抜けてますが、最後に売られたところに仕掛け売りが重なったオーバーシュートでしょう。

そして、今年の終わり、大納会は上げ上げムードで日本のお偉い方たちも終えたいでしょう。上げムードを演出してくるでしょう。

ファンダメンタルは売り要因がずらり。着々と世界のジャンク債が崩壊を続けていますし、信用危機から、もともと財務が脆弱な企業の倒産連鎖が近づいてると思います。

今年8月にチャイナショックで暴落した時はまだ信用危機は伴っていなかった。世界中、それまで稼いだマネーの蓄積があったので暴落に耐えられた。しかし来年は違います。米国の金利は上がり、新興国が信用危機に直面しています。

年内は安心ムードで終わりそうですが、来年早々からこれまでの株価バブル崩壊が始まりそうです。

今朝の積立日記(積立303営業日目) チャートの形が危険なドル円と、動き出した原油価格の行方。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。

20151225積立

 「閑散に売り無し」ながら、閑散に買いも無し。動きは出ていません。しかしチャートの上ではドル円に動きが出ています。日足の一目均衡表の下限を割り、下落の勢いを強めています。ドルが売られ、逆に原油価格が上昇し始めました。これまでの動きの逆流の初動でしょうか。この逆流の動きは12月は年末でまだそこまで本格化していないものの、2016年が明けて早々にこの流れは本格化しそうです。来年は正月から荒れますね。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/12/25 (積立303営業日目)
累計積立金額:395,219円
外貨評価金額:374,562円
損益:▲20,657円(損益率▲5.2%)
累計スワップポイント:4,680円
預託証拠金額:371,696円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:82.05円
平均積立単価:85.27円
数量:6NZD(=約492円)
累計積立数量:1,709NZD(=約145,726円)
外貨資産価値:140,216円
評価損益:▲5,510円 (損益率▲3.8%)
累計スワップポイント:2,440円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.41円
平均積立単価:19.18円
数量:27CNH(=約497円)
累計積立数量:7,736CNH(=約148,356円)
外貨資産価値:142,408円
評価損益:▲5,948円 (損益率▲4.0%)
累計スワップポイント:1,272円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.90円  
平均積立単価:8.69円
数量:63ZAR(=約497円)
累計積立数量:11,643ZAR(=約101,136円)
外貨資産価値:91,938円
評価損益:▲9,198円 (損益率▲9.1%)
累計スワップポイント:968円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立301営業日目) 閑散に売り無し。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。

20151223積立

 年末は消化試合です。「閑散に売りなし」とはよく言ったもので、年末はもうすっかり閑散状態なので買われも売られもしない、静かな相場が続いています。そんな中、昨日はニュージーランドドルが対米ドルで上昇率トップ、オセアニア通貨は強い局面が続いています。

 さてさて、年内はもうマーケットも動かないので2016年を見通すにあたってのニュースなど情報をゆっくり見ています。まず気になるのは原油相場の行方。

イラク石油相、原油価格の上昇を予想-ファンダメンタルズ強いと指摘 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZOFT06JTSEA01.html

 イラクのこの発言は、原油価格が下がりすぎていることへの必死感が出ているのでしょう。上昇予想というより、もはや「願望」と言えるのではないでしょうか。原油価格下落でイラクの懐事情は相当傷んでいると見ます。産油国の懐事情が傷んでいる、といえばショッキングだったのはこのニュース。

サウジが国有事業体の株式売却検討、石油に代わる財源確保で-関係者 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZQFK86JIJUU01.html

 さて、このニュースを額面通りに受け取るべきかどうか。額面通りに受け取れば、原油価格下落でサウジアラビアは窮乏、原油価格上昇は見込めないがために原油に代わる財源を模索。これまで国民に対し無税がウリだったところ、付加価値税、日本で言う消費税も導入して国民からの回収を始める。必死で財源を模索するということはもはや原油価格をつりあげるコントロール権を持っていない、ということになる。さて・・・どうなのか。米国シェール業界を本格的に叩き潰すための最後のダメ押しで原油価格はもう上がらないよ、というメッセージなのか。もしそうであれば、この原油相場に絶望して米シェール業界がつぶれた後、手のひら返して原油価格をつりあげてくるかもしれない。

 原油価格についてはこんな予想も出ていましたね。

ゴールドマン:原油価格は20ドルまで下落の公算-見通し下方修正 (1) (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NUI0QU6TTDS701.html

 ゴールドマン・サックスは原油価格は20ドルまで下落と予想。しかし、ゴールドマン・サックスは堂々と予想をはずしてくることが多いことが忘れてはいけない。ゴールドマン・サックスの「GS」はガバメント・サックスと揶揄されるほど、どこかの国と結びついて意図的に予想を出してくることもあると聞きます。

ゴールドマン、マイクロソフト株価予想で敗北認める-投資判断変更 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZOPFI6TTDS001.html

 ゴールドマンの予想は、これほどはずすことがあります。クラウドがどれほど儲かるか、はよく知られた話の中マイクロソフトの株価が下落を予想し、敗北を認めるまでだいぶ長い時間がかかりました。ゴールドマンサックスが原油価格下落20ドルを予想しているからといって、それほど信ぴょう性もなく、誰か原油価格を下げたい意図を反映しているか、それとも意図的に原油価格下落に持って行ってその後の原油価格上昇で稼ごうとしているのか。

 来年2016年目が離せないのは原油価格。僕は今年2015年のどこかで原油価格は上がってくるものと思っていましたが今年は上がらず。来年どこかでふわっと上がってくるかもしれませんね。サラリーマンの投資の最大の武器は「時間」。僕は資源国通貨と、原油先物ファンドをコツコツ積立てで買って、原油価格上昇、世界の物価が上がり賃金が上がらない世界的スタグレーションに備えていこうと思います。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/12/23 (積立301営業日目)
累計積立金額:392,248円
外貨評価金額:374,279円
損益:▲17,969円(損益率▲4.6%)
累計スワップポイント:4,653円
預託証拠金額:371,683円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:82.40円  数量:6NZD(=約494円)
平均積立単価:85.29円  累計積立数量:1,697NZD(=約144,741円)
外貨資産価値:139,841円  評価損益:▲4,900円 (損益率▲3.4%)
累計スワップポイント:2,431円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.55円  数量:26CNH(=約482円)
平均積立単価:19.18円  累計積立数量:7,682CNH(=約147,361円)
外貨資産価値:142,467円  評価損益:▲4,893円 (損益率▲3.3%)
累計スワップポイント:1,269円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.99円  数量:62ZAR(=約495円)
平均積立単価:8.69円  累計積立数量:11,518ZAR(=約100,146円)
外貨資産価値:91,971円  評価損益:▲8,174円 (損益率▲8.2%)
累計スワップポイント:953円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立300営業日目) 目先はトレンド不安無しで消化試合。ただ来年の信用波乱の予兆が続々。昨夜はアゼルバイジャン・マナットが変動相場制へ。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。

20151222積立

 先週の暴落劇から不安が広がった今週の相場ですが、週末の移動平均線分析で判明した通り、意外とチャートは強く目先はあまり不安はありません。オセアニア通貨はむしろ強く、含み損益は回復傾向です。この2週間、ショッキングなレベルで暴落した南アフリカランドは回復まではまだまだ時間がかかりそうですが買ってみるとやはりこのスワップ金利の高さには驚きです。7円台でしっかり仕込んであるのでこれから長くこのスワップ金利を得ていきたいと思います。

 日本株には「掉尾の一振」という格言もあり、年末は上がりやすいです。昨日はニューヨークダウも引けで大きく上がってきていますし、クリスマス明けの実質新年相場入りは2016年ぶんのNISA枠も使い始められることから買いが入りやすく、また日本政府としても年末は株価を高く終えたい。19,000円台くらいは乗せときたいんじゃないでしょうか。しかしその後、今年も去年も年初大発会から暴落しています。今年は年末18,000円レベルから2週間で1,500円下落。昨年も16,000円レベルから1ケ月で1,500円落ちています。今年は19,000円に乗せて終わったら、来年1月は17,500円ですね。

 さて、年内はもう消化試合なので小幅上げで良いとして。問題は来年からです。米国は不景気なのに無理やり利上げした。このインパクトは来年じわじわ効いてきます。大きな事件が起きてからそれが本格化するのは3か月ぐらいかかりますから、利上げしてジャンク債市場崩壊からの企業倒産、新興国のドル建て債務の不履行懸念が出てくるのは来年2~3月ぐらいから出てくるでしょうか。日本人にとってはマイナーすぎてあまり話題になりませんが、アゼルバイジャンの通貨マナトが変動相場制に移行しました。

アゼルバイジャンが変動相場制に移行、通貨マナトは最安値に急落 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZPO0O6JIJUO01.html

 アゼルバイジャン・マナトは対ドルでなんと32%のとんでもない急落。(日本円も3年前の1ドル80円からすると現在120円でそれ以上に下落しているわけですが・・・) ドルペッグ制を採用していれば、ドル建て債務の通貨リスクを安定させることができ、ドルとともに金融安定を享受することができました。しかしこの12月、米国は利上げをした。ドルペッグをしているので、米ドルに利上げをされると、自国も利上げを強いられます。しかし米国含め、世界の国々は利上げするほど景気は良くなく、むしろ金利を下げたい。ドルペッグのコスト負担にも耐えられなくなり、いよいよドルから離れないといけなくなったわけです。

 昨年から今年にかけて変動相場制に移行した国は、ロシア・ルーブル、カザフスタン・テンゲ。そして中国人民元が実質ドルペッグを廃止。次はどこだ?というのが為替マーケットでは今年一大テーマになっており、サウジアラビア・リヤル、香港ドルなんかが要注意状況が続いています。今年年初1月にスイスフランが対ユーロの絶対防衛ラインを撤廃し為替相場に大混乱をもたらしたことも思い出されます。為替相場はリスクが高い状態が続きます。とはいえ、レバレッジさえかけなければ為替の値動きは結局株ほどではないので、SBI FXトレードさんの1通貨単位取引を活用して預入資金の範囲内での取引にしておけばロスカットにあうようなことは心配しないでもいいでしょう。間違ってもレバレッジなんてかけてはいけません。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/12/22 (積立300営業日目)
累計積立金額:390,777円
外貨評価金額:372,146円
損益:▲18,631円(損益率▲4.8%)
累計スワップポイント:4,532円
預託証拠金額:371,572円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:81.94円  数量:6NZD(=約492円)
平均積立単価:85.30円  累計積立数量:1,691NZD(=約144,247円)
外貨資産価値:138,565円  評価損益:▲5,682円 (損益率▲3.9%)
累計スワップポイント:2,382円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.50円  数量:27CNH(=約499円)
平均積立単価:19.18円  累計積立数量:7,656CNH(=約146,879円)
外貨資産価値:141,661円  評価損益:▲5,218円 (損益率▲3.6%)
累計スワップポイント:1,257円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.02円  数量:62ZAR(=約497円)
平均積立単価:8.70円  累計積立数量:11,456ZAR(=約99,650円)
外貨資産価値:91,920円  評価損益:▲7,731円 (損益率▲7.8%)
累計スワップポイント:893円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立299営業日目) 先週末の大波乱に対し、トレンド分析はさほど脅威なし。年末の静けさが戻るか。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。

20151221積立

 先週末は大波乱でした。しかし週末トレンド分析で示した通り、株価の中長期トレンドにはまだあまり危険性が出ていません。なのでもともと書いていた通り、年内は市場参加者が薄いことによる乱高下こそあれ、トレンドが出るような一方向に動いていく動きにはならないという予想になります。しょせん年末は年末です。優秀なトレーダーは今年稼いでさっさとクリスマス休暇に入っている時期です。今年一発逆転を狙うトレーダーたちが大きく動かす年末相場に心を奪われないようにしましょう。

 しかし、来年からはいよいよ本格的な株価バブル崩壊が懸念されます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/12/21 (積立299営業日目)
累計積立金額:389,288円
外貨評価金額:370,657円
損益:▲18,631円(損益率▲4.8%)
累計スワップポイント:4,532円
預託証拠金額:371,556円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:81.72円  数量:6NZD(=約490円)
平均積立単価:85.31円  累計積立数量:1,685NZD(=約143,755円)
外貨資産価値:137,690円  評価損益:▲6,065円 (損益率▲4.2%)
累計スワップポイント:2,382円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.52円  数量:26CNH(=約481円)
平均積立単価:19.19円  累計積立数量:7,629CNH(=約146,379円)
外貨資産価値:141,256円  評価損益:▲5,123円 (損益率▲3.5%)
累計スワップポイント:1,257円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.05円  数量:62ZAR(=約499円)
平均積立単価:8.70円  累計積立数量:11,394ZAR(=約99,153円)
外貨資産価値:91,710円  評価損益:▲7,443円 (損益率▲7.5%)
累計スワップポイント:893円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

週末恒例の中期移動平均分析。米国金利上げ、日銀政策決定会合後の波乱があったものの、日米欧中株価は軒並み中期トレンド強く、過度な弱気は不要。

スキャン_20150616 (2)

平日は日々の値動きが気になるので、週末は、ゆっくり大局観を考えるチャンス。

こんにちは。まなぶです。

 週末はゆっくり中期の移動平均分析。日足の移動平均線で、各指標を見てみます。このブログでは為替で積立てしていますが、為替の長期動向を見るためには為替はあらゆる経済指標と関連があるのでいろんな指標を大局的に見るのが大事。

 株価では、日経平均、TOPIX、ニューヨークダウ、ドイツDAX、上海総合指数。そして日経平均と関連がある東証REIT指数。コモディティでは原油と金(ゴールド)。債券では日本国債10年、米国債10年、ドイツ国債10年の金利。そして為替ではドル円、ユーロドル、中国人民元、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド。


さて、今週の分析です。

■日経225平均株価
週末終値:18,986円
25日移動平均線:19,500円付近
50日移動平均線:19,200円付近
75日移動平均線:18,750円付近
・8月27日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・11月4日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや上向きに。

MACDは、
・11月27日にデッドクロス示現。
・週足MACDは11月16日週にゴールデンクロス示現。

・週足MACDがゴールデンクロスしており、75日移動平均線も上向きへ転換。先週末の暴落がありながらも、中長期トレンドは意外に改善している。


■TOPIX
週末終値:1,537円
25日移動平均線:1,570円付近
50日移動平均線:1,550円付近
75日移動平均線:1,525円付近
・8月25日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・11月1日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや上向き。

MACDは、
・11月27日にデッドクロス示現。
・週足MACDは11月16日週にゴールデンクロス示現。



■ニューヨークダウ平均株価
週末終値:17,128ドル
25日移動平均線:17,600ドル付近
50日移動平均線:17,550ドル付近
75日移動平均線:17,200ドル付近
・10月19日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・11月13日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・11月8日にデッドクロス示現後、長い下落の中にあり、先週の下落でMACDゼロに到達。
・週足MACDは10月12日週にゴールデンクロス示現。

・週足MACDがゴールデンクロス、75日移動平均線が上向き。先週の暴落がありながらも、中期トレンドは上昇を示している。



■ドイツDAX
週末終値:10,608ポイント
25日移動平均線:10,850ポイント付近
50日移動平均線:10,740ポイント付近
75日移動平均線:10.450ポイント付近
・10月28日に25日線と50日線のゴールデンクロス。
・11月24日に50日線と75日線のゴールデンクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・12月2日にデッドクロス示現。
・週足MACDは10月26日週にゴールデンクロス示現。

・米国、日本の先週下落に反して、ドイツDAXは先週週足陽線。ドイツDAXは米国、日本に先行して動くことが多いのでドイツDAXの強気なトレンドは今後の日米上昇を暗示か。



■上海総合指数
週末終値:3,579ポイント
25日移動平均線:3,550ポイント付近
50日移動平均線:3,500ポイント付近
75日移動平均線:3,380ポイント付近
・10月30日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・12月1日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・12月18日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは11月16日週にゴールデンクロス示現。

・週足MACDのゴールデンクロス、75日移動平均線の上向きという中期トレンドの強気に加え、日足MACDもゴールデンクロス。米国利上げの影響が懸念されたが実際の値動きを見ると何ら影響なし。



■東証REIT指数
週末終値:1,745ポイント
25日移動平均線:1,735ポイント付近
50日移動平均線:1,720ポイント付近
75日移動平均線:1,685ポイント付近
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

東証REIT指数は日経平均株価の先行指標の役割あり。
・2013年5月23日の日経平均大暴落の1ケ月半前、2013年4月1日に東証REIT指数は1,717の天井をつけ暴落。
・当時は日経平均暴落後、6月10日に1,238の底をつける。その後日経平均は6月末に底打ち。

・今年東証REIT指数は1月19日に2,005の天井をつけ、下落。
・そして7月6日週東証REIT指数はさらなる大幅下落。それに追従して日経平均株価は8月24日ブラックマンデーを記録。

・現在、75日線が上向いて底打ちの兆しを見せ強気に上昇。日銀政策決定会合もREITの追い風になり、目先強気。今後の日経平均の強気を暗示。



■金(ゴールド)
週末終値:1,065ドル
25日移動平均線:1,070ドル付近
50日移動平均線:1,105ドル付近
75日移動平均線:1,110ドル付近
・11月17日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・11月27日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・12月2日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは11月9日週にデッドクロス示現。

・日足/週足MACD、75日移動平均、すべてが下落トレンドに。



■WTI原油
週末終値:35.83ドル
25日移動平均線:39.5ドル付近
50日移動平均線:42.5ドル付近
75日移動平均線:43.5ドル付近
・11月15日に25日線と50日線のデッドクロス。
・12月7日に50日線と75日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・12月4日にデッドクロス示現。
・週足のMACDは11月30日週にデッドクロス示現。
・日足/週足MACD、75日移動平均線、すべてが下落トレンド。



■日本国債10年利回り
週末終値:0.275%
25日移動平均線:0.31%付近
50日移動平均線:0.31%付近
75日移動平均線:0.33%付近
・7月28日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・8月20日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・12月12日にデッドクロス示現。
・週足MACDは8月3日週にデッドクロス示現後下落が続き、12月7日週に再度シグナル接触し再度急落。利回り3%割れ。

・日足/週足MACD、75日移動平均線、すべてが下落トレンド。



■米国債10年利回り
週末終値:2.204%
25日移動平均線:2.24%付近
50日移動平均線:2.18%付近
75日移動平均線:2.16%付近
・11月12日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・12月10日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・11月20日にデッドクロス示現。
・週足MACDは11月1日週にゴールデンクロス示現。

・週足MACDがゴールデンクロス、75日移動平均線が上向き転換、ともに長い下落トレンドから転換し長期トレンド強気に。



■ドイツ国債10年利回り
週末終値:0.551%
25日移動平均線:0.55%付近
50日移動平均線:0.58%付近
75日移動平均線:0.62%付近
・8月28日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・10月2日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は横ばい。

MACDは、
・12月3日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは8月17日週にデッドクロス示現。

・週足MACD、75日移動平均線、まだ下落トレンドながら、12月初から強気に転換し始めている。だがもう少し時間はかかりそう。


・債券市場は、日本国債のみ下落の真っ只中にあるが、米国債、ドイツ国債が中長期トレンドが強気転換してきており、日本国債利回りもいつまでも3%割れというわけにはいかなさそうです。



■ドル円
週末終値:121.20円
25日移動平均線:122.5円付近
50日移動平均線:121.8円付近
75日移動平均線:121.2円付近
・11月2日に25日線と50日線のゴールデンクロス。
・11月26日に50日線と75日線のゴールデンクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・11月20日にデッドクロス示現。
・週足MACDは11月16日週にゴールデンクロスするも、12月6日週に再度デッドクロス。

・目先円高ドル安に大きく傾いたドル円ながら、75日移動平均線は上向きでありまだ中長期トレンドは強いのですぐに下落とはならなさそう。


■ユーロ/米ドル
週末終値:1.0875ドル
25日移動平均線:1.078ドル付近
50日移動平均線:1.092ドル付近
75日移動平均線:1.102ドル付近
・10月24日に25日線と50日線のデッドクロス。
・11月12日に50日線と75日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・11月24日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは11月2日週にデッドクロス。下落トレンド転換。

・ユーロドルはすべてのサインが下落トレンド転換を示唆。


■中国人民元/円
週末終値:18.70円
25日移動平均線:19.10円付近
50日移動平均線:19.10円付近
75日移動平均線:19.00円付近
・10月27日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・11月24日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は横ばい。

MACDは、
・11月20日にデッドクロス示現。
・週足MACDは8月3日週にデッドクロス示現後下落トレンド継続中。11月9日週再度シグナル接触し、下落トレンドの中でのシグナル接触は下落のサインということで再度下落。

・週足MACDが下落トレンドなものの、75日移動平均線が横ばいでいつ上を向いてもおかしくない状況。



■オーストラリアドル(オージードル)/円
週末終値:86.9円
25日移動平均線:88.5円付近
50日移動平均線:87.5円付近
75日移動平均線:86.9円付近
・10月26日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・11月26日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・12月9日にデッドクロス示現。
・週足MACDは11月2日週にゴールデンクロス示現。

・週足MACDがゴールデンクロス、75日移動平均線が上を向き、中長期トレンドは強気のトレンドを示している。



■ニュージーランドドル(キウイドル)/円
週末終値:81.5円
25日移動平均線:81.2円付近
50日移動平均線:81.0円付近
75日移動平均線:79.6円付近
・11月18日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・11月28日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月中旬にデッドクロス後長い長い下落トレンドの中にあったが10月5週についにゴールデンクロスし上昇トレンド転換。

・10月初の9ヶ月ぶり週足MACDゴールデンクロスが大きい。75日移動平均線も上向き、長期トレンドが上昇へ向かう。今後の資源高、商品高を象徴するニュージーランドドルのトレンド好転である。


■南アフリカランド/円
週末終値:8.02円
25日移動平均線:8.40円付近
50日移動平均線:8.60円付近
75日移動平均線:8.70円付近
・7月31日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・11月13日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・11月27日にデッドクロス示現。
・週足MACDは2015年1月以来、長い下落トレンドの最中。

・単純移動平均、週足MACDの中長期トレンドは下落トレンドの中にある。さらに超長期で30年チャートを見るともう何十年も下落トレンドの中にあり、リーマンショック後2008年安値7.66円と今回の安値7.54円で超長期ダブルボトムを形成したという見方もできる。


まとめ
 先週12月16日、米国利上げの歴史的決定、18日の日銀金融政策決定会合への世界の失望による大幅下落。ニューヨークダウ、日経平均株価、ドル円は大幅下落し、来週以降大波乱かーと思える週末。しかしトレンドを見ると世界の株価は思ったより悪くない。軒並み中期トレンドは強い状態であり、日本株の先行指標である東証REIT指数もトレンドが強い。為替もオセアニア通貨が強く、全般的にトレンド的には不安はさほど無い。ここから大きく売り込むにはテクニカル的には裏付けが足りない。年末で参加者が少ないところだったので先週は大きな動きになったが、年末はしょせん年末。トレンドを生むには至らないので上下動するだけで結局レンジで終わるのではないだろうか。

 ただ、米国金利上げの影響は新興国マーケットに打撃をじわじわ与えるので、来年2016年はひどい波乱が待っていそうなファンダメンタルが横たわっているので安心はできない。しかし基本はトレンドが優先。しばらくは大きく下落せずに粘りそう。

 債券の値動きも見逃せない。日本株は3%割れを記録しまだまだ利回り下がるのでは・・・というトレンドになっているが、米国債券とドイツ債券の利回りが上昇している。ジャンク債が売られ、社債が売られ、安心の国債にシフトしてきたことで一時的には米国債利回りも下がったものの、結局は利回りはまだまだ上昇しそう。

 米国利上げ、日銀金融政策決定会合への失望により、来年2016年の株価の危機は固い状況になってきている。目先年内は安定、強気がありそうなトレンドになっているのでこの間にしっかり来年の投資戦略に向けて自分のポジションを確認しておきたいところです。


PR

日銀の真意は何なのか・・・。ネガティブサプライズで何かがぶっ壊れたような乱高下。


すごい値動きです。

今日の日銀金融政策決定会合はけっこうノーマークだったんじゃないでしょうか。

その会合で、日本株ETF購入枠の増加の報に市場はポジティブ反応して瞬間で日経平均株価は19,800円まで、ドル円は123.50円まで跳ね上がる。

その後、日銀のETF購入枠設定は、今後株を売るときに市場に影響を出さないように売ったあと買い戻す涌だと報じられるとビッグネガティブサプライズ。

今まで日銀は買った株を決して売らずに持ち続けると思っていたがために、「え!?日銀って、株売ることがあるの!?」とびっくりし売りで反応。終値は19,000円割れ、ドル円は122円割れと、大暴落で引けた。

米国利上げで引き締めに動く中、日銀もどこかで株を売るのでは、も金融引き締めイメージだったのでしょう。何かがぶっ壊れたかのような、異常な乱高下でした。FOMC後、年内は静かな相場を予想してましたが、2016年を待たずして年内クリスマス前から相場が暴れ始めました。

夜間で日経平均はさっそく18,800円まで突っ込み、わずか4時間前の高値から1,000円下がっているのです。これはクリスマス前、まだまだ荒れるかもしれません。

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
スポンサードリンク