FC2ブログ

コモディティ、資源国通貨は来週は反発局面。


日銀の追加緩和、マイナス金利導入の後、マーケットは素直に上げに向かうと思っていたので今回の暴落はさすがに驚いた。今年はリーマンショックを越える信用危機がやってくると昨年から予測をずっと書いていたがこんなタイミングで一気にやってくるとは思っていなかったので驚き。

やはり、相場は長期での方向性はわかってもその短期的タイミングを予測するのは本当に難しいと実感する。短期トレードにおいてそのタイミングまで的確に当てないと稼げないのでやはりそんな奇跡は起こらない。投資はあくまで年単位の長期で挑むべきだ。


マイナス金利後の動きで納得がいくのは、日本国債利回りの急落と円買いの連動は納得。なので、日本国債利回りがマイナスまでいった以上、これ以上の円買いは無いと思います。

そしていつも書いてますがダントツの注目は金価格。年初1040ドルだったのがついに1240ドルです。上昇幅はついに2割。1ヶ月ちょいっのこの上昇は暴騰です。そもそも需給バランスでは金実物が品切になるほど買われまくっている金。それを無理やり下落させ続けてきた投機マネー売りもそろそろ限界なのでしょう。堤防決壊の勢いで上昇しています。

原油も週末は強かった。七年ぶりの上昇幅、1日で10%上げました。暴騰です。原油も、ほんの少し供給が多いだけの需給バランスでここまで下げてきた原油。少し減産してやれば一夜にして供給不足の暴騰になってしまうのが原油。ここから強そうです。

日本株の下落も、根底には原油安があります。その原油安が反転してくればコモディティも僕の積立て通貨、資源国通貨も上がっていくでしょう。

日本政府がついに動くか。相場の転換点になるアベクロ会談実施。


過去、常に相場の転換点になってきたアベクロ会談が実施されました。

菅官房長官:政府・日銀一体で市場動向を緊張感を持って注視(ロイター)
http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBodyPI.php?url=http://jp.reuters.com/article/idJPT9N15B00C?feedType=RSS&feedName=marketsNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPMarketNews+%28News+%2F+JP+%2F+Market+News%29?sp=true


1月末に日銀がマイナス金利が導入された以降下落が加速されていますが、もし1月末に日銀があの時マイナス金利を導入しなければもう為替は1ドル105円ぐらいだったかもしれない、と思います。

過去、このアベクロ会談のたびに買ったり売ったりしてれば過去稼げたんじゃないかと思うぐらい相場の転換点になってきたこの会談。今度は何を仕掛けてくるでしょうか。

僕は日本株もドル円も取り扱ってないので最近の相場の変動にはあまり巻き込まれてませんが、純金積立てをもう何年も続けているので金価格の暴騰には少し興奮しています。日本円は遅かれ早かれ円安になると考えており、ドルと円は共倒れすると思っているので外貨投資はドル以外でなければならない、と考えている為、積立て通貨は資源国通貨。ドルペッグがはずれた後に上昇すると踏んでいた人民元の下落はこのブログを開始した2014年抹からすれば予想外だったのですが、外貨投資はドル以外でなければならない、というストーリーは正しいんじゃないかと思ってます。

日本株とドル円に触っていなければここ最近の相場暴落は無縁なので今後もこの方針でいこうと改めて思います。


日銀の為替介入観測が急浮上。


日本の夕方、欧州市場でドル円が111円割れを一瞬記録し、すぐ113円まで瞬間で急騰する動きがありました。

日銀の為替介入ではないか?と推測する向きが出てきています。

州市場でドル急反発、113円台回復 日銀介入の確証得られず(ロイター)
http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBodyPI.php?url=http://jp.reuters.com/article/dlr-surges-vs-yen-intervention-speculate-idJPKCN0VK1AV?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29?sp=true

為替介入がありそうな中では、投機マネーは売り進められません。さすがの投機マネーも日本ほどの経済規模の国の中央銀行を相手に勝負はしないでしょう。

日銀は為替介入有無にコメントしませんが、介入があるかも、と思わせるだけで円買いをブロックできます。

今夜のニューヨーク市場は強いかな?

今朝の積立日記(積立336営業日目) 米ドル以外の通貨は意外と底堅い。株は日米株価の逆転、日米ともに16000の陥落。株式投資は新興国中心で。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160211積立

 ドル円が連日安値更新の円高ドル安。日本円の独歩高かと思いきや、米ドル以外の通貨は年初来安値まで下がってないのでドル安の印象が強くなってきました。僕の積立て通貨である資源国通貨は今朝ドル円が113円台まで下落した中にあっても、1月中旬の年初来安値までは下がっていない。

 マイナス金利発表後、投機的に日本国債が買われて日本円高が進んでいたところに、昨夜イエレンFRB議長の当面利上げが無さそう、むしろ利下げを醸し出すトーンの発言によるドル安が乗っかり、ドル円はどかっと落ちた感じ。ドル安であれば、僕の投資している資源国通貨にはむしろプラス。円高のトーンが弱まっているのでそろそろ僕の積立て通貨たちは反転するかな?


 僕は外貨積立て、純金積立て、ビットコイン積立て、といった積立て投資がメインで株にはほとんど投資していませんが、やはり株の値動きは気になりますし、株式市場が激変するのを見るとそれなりに疲れます。今週起きた象徴的な出来事といえば、日米株価の逆転。これまでニューヨークダウが18,000ポイントの時に日経平均株価が19,000だったり円安効果の為に日本株の方がニューヨークダウより高かった。しかし円高が効き、昨日の終値でついにニューヨークダウ15,832、日経平均15,713と、日米株価が逆転。日本株は買う気がしないと常々書いてますが、日本株はいよいよ終了でしょうか。今年の参議院選挙に向けてこのまま日本株を政府が安値で放置するとは思えませんが、その政府の株上げ施策に期待して買うこともありません。

 逆転した日米株価。そしてともに、節目抵抗として機能していた16,000を昨日明確にブレイク。どちらも同日に陥落しました。仲良く一緒に落ちています。本格弱気相場入りしてしまったので、当面株は買えませんね。僕が積立て投資で買っている株式資産は、米国利上げ撤回で恩恵を受けるフィリピンやベトナムなどASEAN新興国株ファンド、原油反騰で恩恵を受けるロシアやブラジル、アブダビ株ファンド。金価格上昇で貴金属価格が上昇する中、そろそろプラチナ上昇により南アフリカランドも見せ場があるかもしれませんね。南アフリカはランドも買っているし、南アフリカ株のファンドも積立てでコツコツ買っています。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/02/11 (積立336営業日目)
累計積立金額:456,429円
外貨評価金額:406,781円
損益:▲49,648円(損益率▲10.9%)
累計スワップポイント:6,297円
預託証拠金額:378,421円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:75.76円
平均積立単価:84.50円
数量:7NZD(=約530円)
累計積立数量:1,911NZD(=約161,479円)
外貨資産価値:144,774円
評価損益:▲16,706円 (損益率▲10.3%)
累計スワップポイント:2,917円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:17.33円
平均積立単価:19.05円
数量:29CNH(=約502円)
累計積立数量:8,638CNH(=約164,525円)
外貨資産価値:149,738円
評価損益:▲14,787円 (損益率▲9.0%)
累計スワップポイント:1,591円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.13円
平均積立単価:8.29円
数量:71ZAR(=約506円)
累計積立数量:15,741ZAR(=約130,424円)
外貨資産価値:112,270円
評価損益:▲18,154円 (損益率▲13.9%)
累計スワップポイント:1,789円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

明日は日本の祝日で世界中が安堵?


日本株独歩安、日本国債と日本円独歩高。
日本関連のマーケットは世界でも突出したボラティリティを持った市場になってます。

ボラティリティは投機筋の利益の源泉なので世界中から投機マネーが押し寄せてきているかのような、ボラティリティの増幅具合です。

今日も世界で日本株だけやたら下落し、明日は日本の祝日。

春節入りで中国リスクから解放されたと思った人々は今度は日本発のリスクに悩まされたので、この日本も祝日でやっと一息、というところでしょうか。

日本市場だけが動いていて海外市場はそこまでのボラティリティではないので、疲れたのは世界で日本人だけかもしれませんね。

僕は長期投資の積立投資家ですが、豪ドルの少額イフダントレードをやっており、下落局面では少額の豪ドル(20~100豪ドル)を買ってコツコツ利益を積みましています。それだけでもなんかドッと疲れるこのボラティリティ。利益はたくさん出たものの、もう少し落ち着いててくれてもいいのに、とは思います。デイトレードでがんがんトレードしている方々は本当に疲れたでしょうね。

明日の日本の祝日は世界で称賛されているかもしれません。

今朝の積立日記(積立335営業日目) 長期国債がマイナス金利の失望の国、日本。原油次第で日本は円安窮乏のリスク。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。
20160210積立

 昨日はついに長期国債である10年物日本国債の利回りがマイナス圏に突入しました。日銀がまだまだ金利を下げる、量的緩和を継続する、ということは日銀がまだまだ日本国債を買ってくれる、ということで「日本国債は儲かる!」と読んだ猛烈な日本国債の「投機買い」が殺到して日本国債バブルが起きた、という構図でしょう。

 なので、バブルは遅かれ早かれはじける。とはいえ、長期国債の利回りがマイナスになるとは。10年後にマイナス金利で国債が償還されることを容認する経済、ということ。つまり10年後に経済がマイナス成長しているということ。しかしそれだけならまだいい。この国はさらに、物価を上げることをコミットしている。必然的に円安誘導で物価を持ち上げることになります。日本人は経済は成長しない、円安で輸入物価はどんどん上がる、という生活窮乏に陥る。賃金が上がらない中で物価が上がっていく、この現象は経済学の中でもとても怖い現象とされる「スタグフレーション」となります。この事態に備えて、資産構築をしておかなければならない。

 今はなぜ円高になっているのか。日本国債への投機買いが世界中から押し寄せているから、日本株が下がっているからなど短期の理由もあります。そして、構造的には原油安による日本の貿易黒字が挙げられます。貿易黒字になれば、構造としては円は買われていることになる。日本は輸出が増えていないのになぜ貿易黒字になっているかといえば原油安による輸入の減少の影響。ということは、原油価格さえ上がってしまえば日本はまた貿易赤字に陥り、円は売られます。原油次第で日本はまた円安トレンドへ、そしてスタグフレーションに突入していきます。今の円高、しっかり活かして外貨建て資産と金とビットコインにコツコツ投資していきたいと思います。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/02/10 (積立335営業日目)
累計積立金額:454,890円
外貨評価金額:408,381円
損益:▲46,509円(損益率▲10.2%)
累計スワップポイント:6,171円
預託証拠金額:378,285円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:76.24円
平均積立単価:84.53円
数量:6NZD(=約457円)
累計積立数量:1,904NZD(=約160,949円)
外貨資産価値:145,156円
評価損益:▲15,793円 (損益率▲9.8%)
累計スワップポイント:2,873円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:17.54円
平均積立単価:19.05円
数量:28CNH(=約491円)
累計積立数量:8,609CNH(=約164,022円)
外貨資産価値:150,998円
評価損益:▲13,024円 (損益率▲7.9%)
累計スワップポイント:1,591円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.16円
平均積立単価:8.29円
数量:69ZAR(=約494円)
累計積立数量:15,670ZAR(=約129,917円)
外貨資産価値:112,227円
評価損益:▲17,690円 (損益率▲13.6%)
累計スワップポイント:1,707円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

反騰予想が続々と。


 世界同時株安に対し、ついに対抗し始めた人たちがいる。今回は危機ではない、こここそ買うべきだ、という予想が相次いで出てきている。

欧州の銀行の資金調達に不安なし、危機再来はない-ゴールドマン (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O2A1U96K50YB01.html

2兆3000億円の運用者:今こそ感情に流されず冷静に買うべき時だ (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O29W2H6K50Y501.html

ドイツ銀は「完璧」に安泰-クライアン共同CEOが行員に書簡 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O2A6726K50YL01.html


 ブルームバーグはどうやら、相場を反転させようという意志があるようです。


 対照的に、日本の日経新聞は弱気の記事の真っ只中。

市場に「ドイツ銀ショック」、金融派生商品6京円の重み(日経)
http://www.nikkei.com/markets/features/26.aspx?g=DGXLASFL09HFW_09022016000000


 日本のメディアが弱気、海外のメディアが強気。外国人の賭博場と化している日本株はさておき、海外株はそろそろ反騰があるでしょう。日本株は買う気にはなりませんが、海外株ファンドはコツコツ買っていきます。

今朝の積立日記(積立334営業日目) 金の暴騰。ドル円、株価は底を打った音も聞こえたか。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160209積立

 含み損グラフはまたぐんぐん下がってきました。遅かれ早かれ数年後には円安になっていることを考えれば、今の時期にいったん円高になってくれていることは安く外貨を買えるチャンスです。

 さて、昨夜の動き。ドル円が重要局面にあったので昨夜は値動きを注視していました。夜0時頃、ドル円は116円の攻防を繰り返していました。116円を少し割っては反発、なかなか116円を割らせない動き。しかし何度か116円を割るのを繰り返し、0時過ぎに116円をはっきり割り始めると下落が加速。そのあと深夜1時過ぎに115.15円の安値を記録し反発、4時前にもう1度その水準まで下がりまた反発。今朝115.70円まで戻しています。ニューヨークダウ株価指数も一時▲400ドル安までいきましたが引けは▲177円安まで反発し、16,000ドルを回復して終えています。深夜の動きからすると今日のアジア時間は底値からの反発上昇の流れの中、ということになります。アジア時間は強くなるでしょう。

 昨日の為替の動きの特徴ですが、ドル円・ユーロ円・豪ドル円が完全連動して動いており、ユーロ/ドル・豪ドル/ドルにはそれほど大きな動きが見られません。なので日本円独歩高の円高だったということになります。リスク回避の円買いと言われますが、リーマンショックの時と違い、リスクオフでのキャリートレード巻き戻しは日本円ではなくもっと金利の低いユーロで発生するはず。本格的なリスクオフなら円よりユーロが買われるはずです。これは投機的な動きだと思われます。

 投機で円が買われる動きとしては、ドル円は日経平均株価と完全連動しているので、外国人の日本株売りによるドル売り円買い。次に、ミセスワタナベです。日本のFX個人投資家からしても、黒田プットラインと言われていた116円は鉄板だったでしょう。その116円が売り崩されたので慌ててドル円買いポジションを解消した。もっと言えば、そのミセスワタナベを売り崩しに来た外国人のドル円ショート。狼狽時の急落こそヘッジファンドの利益の源泉ですから狩りに来た可能性はあります。

 昨夜の安値から今朝の反発水準を見てみると、ドル円は115.1円→115.7円。ニューヨークダウが下げ幅を縮めて16,000ドルを回復。底値との差は大きいのでじゅうぶん、目先のセリングクライマックスになったと見ても良い水準だと思います。底を打った感もあります。

 一方、底を打ったとはいえ、わざわざこの日本株やドル円で資産運用を考える必要もないでしょう。僕は投資は長期目線の積立て投資しかしていませんが、買っているのはこれらの資産クラスです。
・外貨 ニュージーランドドル、中国人民元、南アフリカランド
・純金積立て 金、プラチナ、銀
・ビットコイン
・新興国株ファンド ロシア、ブラジル、フィリピン、ベトナム、インドネシア、スイス
・REITファンド
・原油先物ファンド

 昨日リスクオフ、リスクオフ、と言われますがフィリピンなどの新興国株は直近堅調。原油関連も強いです。そして何より金価格は暴騰中です。完全ドル円連動で、中身がスカスカの日本株なんてわざわざ買う必要もありませんし、この円高局面ではなおさら外貨資産を買うべき。日本人だから日本株、とこだわる必要はまったくありません。

 今年に入ってからの金の暴騰っぷりは素晴らしいです。年初1,050ドル水準でしたが、昨夜は1,190ドルまで来ました。1ケ月ちょっとで+13%です。これはすごい上昇率。国債もそうですし、世界のマネーは金利の低いものに集まっています。これをリスク回避、という言い方もできますが、実際はこれから未来のマイナス金利を予想して金利が下がる前に買おうと国債に資金が殺到、どうせマイナス金利になるなら金利ゼロの金を安いうちに買おう、と金に資金が殺到。これは未来のマイナス金利と現行金利の金利差を積極的にとりにいく動きではないでしょうか。

 リーマンショックの再来、リーマンショック以上の金融危機がやってくる、と言われます。それは間違いないと思っています。今年のうちには来ると思います。しかし今じゃない。金融危機は企業破綻につながる信用不安を伴います。今は量的緩和で世界カネ余りの真っ最中。リーマンショック以降、国内外メガバンクは投資銀行部門を縮小してきていますし、今企業破綻が連鎖する信用不安にはなりにくい。まだ本格的な下落には早いです。明日はイエレンFRB議長講演もありますが、これだけ金が買われている状況からしても、米国が継続して利上げしていくと思っている人もいない。むしろ米国の一転利下げ、米国もマイナス金利を導入する緩和方向に舵を一気に切り戻してくることを期待されています。そういう流れにつながる発言があれば、今の本格的ではないリスクオフムードは一夜で吹き飛んで何事もない日常に戻るでしょう。本格的な下落は今年ある場合は後半でしょう。

 今は、長年苦しい思いして積み立ててきた純金積立てが日々輝きを増していくのが嬉しいです。日本独歩高の円高の中ですから金は円建てでは安く買えます。遅かれ早かれ数年後には円安に向かうのですから、日本人は円高を利用して金を爆買いしたいものです。しかし僕はあくまで毎日コツコツ、の投資スタンスは変えません。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/02/09 (積立334営業日目)
累計積立金額:453,447円
外貨評価金額:408,369円
損益:▲45,078円(損益率▲9.9%)
累計スワップポイント:6,110円
預託証拠金額:377,928円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:76.66円
平均積立単価:84.56円
数量:6NZD(=約460円)
累計積立数量:1,898NZD(=約160,491円)
外貨資産価値:145,509円
評価損益:▲14,982円 (損益率▲9.3%)
累計スワップポイント:2,852円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:17.62円
平均積立単価:19.06円
数量:28CNH(=約493円)
累計積立数量:8,581CNH(=約163,531円)
外貨資産価値:151,182円
評価損益:▲12,349円 (損益率▲7.6%)
累計スワップポイント:1,591円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.16円
平均積立単価:8.30円
数量:69ZAR(=約494円)
累計積立数量:15,601ZAR(=約129,423円)
外貨資産価値:111,678円
評価損益:▲17,745円 (損益率▲13.7%)
累計スワップポイント:1,667円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

ビットコイン積立て日記。今年は大注目のビットコイン。マイナス金利の中で輝きを増す。

スキャン_20150616 (3)

 世界各国が量的緩和で通貨の価値が下がる中、金(ゴールド)と同様、今後の価値上昇が期待できるビットコインをbitFlyer(ビットフライヤー)で毎日コツコツ500円程度、ずつビットコイン積立て投資しています。まだ日本ではビットコインのコツコツ積立てをしている人も少ないと思うので、実際にビットコインを毎日積立て、情報発信をすることを目的に積み立てています。


ビットコイン積立て状況

20160208BTC.gif


積立て期間:2015/01/30~2016/02/08(272日目)
2/8のビットコイン購入価格:1BTC=44,629円
平均積立価格:33,052円
保有BTC量:2.67BTC
累計購入に対する損益率:+35.0%

 円高もあり1BTCが5万円以下になったので、毎日500円以内で最低単位の0.01BTCを買える状況になりました。まだまだ積立て量が少ないので、本格的に上昇する前に1回下がってくれて安く買えるのは嬉しい状況です。

 日経新聞に注目の市場としてビットコインの記事が載りました。

大手金融も参入 「大化け」期待のビットコイン (日経)
http://www.nikkei.com/money/column/nkmoney_tokushu.aspx?g=DGXMZO9541960022122015000000&df=1

 様々なニュースに影響を受けるけれども基本的に昨年からは底を打ち上昇トレンド。コインチェックでは「15年春に月間1億円弱だった取引高が、11月には30億円まで増えた」のだという。とんでもない取引高の伸びです。

 日本人の間ではマウントゴックスの件もあり、まだまだリスクの方が言われるビットコイン。しかしマウントゴックスの件はビットコイン自体の問題ではないですし、僕がビットコインしているビットフライヤー(bitFlyer)のような、大手も出資する信頼性の高い取引所が出てきています。

 海外ではかなり普及が進んでおり、昨年から中国からの資産逃避が言われる中で中国からかなり大量のチャイナマネーがビットコインへシフトしているのでは、という噂もあります。通貨の自由度が低い国ほど、ビットコインや純金のような資産価値保全手段を求めます。増して日本もマイナス金利の時代に突入。金利のつかないビットコインや純金が注目されます。なにせ、デメリットである「金利がつかない」ということが、マイナス金利の中では逆に高金利になってしまうわけですから。これはものすごい転換です。今後もビットコインを通じて世界を資金が駆け巡る、ということがあるでしょう。ビットコインを買っておけば、円に換えて利益を狙わずとも、ビットコインのまま海外で買い物も簡単にできる時代も近づいてきています。

 資産分散のひとつとして、ビットコインは検討の価値が出てきていると思います。まだまだリスクも気になるので僕も毎日コツコツしか買っていませんが、将来には大いに期待しています。
 
PR
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立333営業日目) 債券、金の急上昇。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160208積立

 米国雇用統計を受けての反応はマーケットによってまちまち。上昇している債券、金、ドル安を見ていると利上げは無いと見ていると読めるし、株安を見ていると利上げ懸念があると読める。債券高と株高は両立しないと言われていた法則が崩れ、債券高と株高が共存していた量的緩和後の世界マーケット。株高が間違っていた、ということでしょう。しばらく資産運用の主役は商品に移っていくと思われますので、そうすると資源国通貨が強くなり、資源の無い日本には円安圧力になります。不思議な円高傾向がやってきていますが、日本人にとっては絶好の外貨投資チャンスかもしれません。コツコツ積み立てていきます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/02/08 (積立333営業日目)
累計積立金額:452,000円
外貨評価金額:412,098円
損益:▲39,901円(損益率▲8.8%)
累計スワップポイント:6,110円
預託証拠金額:377,847円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:77.40円
平均積立単価:84.58円
数量:6NZD(=約472円)
累計積立数量:1,892NZD(=約160,032円)
外貨資産価値:146,438円
評価損益:▲13,594円 (損益率▲8.5%)
累計スワップポイント:2,852円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:17.80円
平均積立単価:19.06円
数量:28CNH(=約498円)
累計積立数量:8,553CNH(=約163,037円)
外貨資産価値:152,219円
評価損益:▲10,818円 (損益率▲6.6%)
累計スワップポイント:1,591円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.30円
平均積立単価:8.30円
数量:68ZAR(=約497円)
累計積立数量:15,532ZAR(=約128,930円)
外貨資産価値:113,441円
評価損益:▲15,489円 (損益率▲12.0%)
累計スワップポイント:1,667円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク