FC2ブログ

今朝の積立日記(積立428営業日目) 週明けてマーケットは冷静に。英国離脱が優勢になるにつれてマーケット急騰へ向かう。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160620積立

 イギリスEU離脱国民投票を控えた週のオープニングとなる今朝は、クロス円は大きく窓を開けてスタート。ドル円で104.2~104.7の間、豪ドルでは77.1~77.7という窓がドカンと開きました。その後、速攻で窓埋めそうな勢いで円高に振れていますが、窓を開けて始まったこの今週は基本は強い、と見るべき。今朝の僕の積立て3通貨は先週末の下落はほぼ帳消しの状況でスタートです。

 為替市場で窓を開けて始まるというのもずいぶん久しぶりです。この状況もまた2008年リーマンショックの年を思い出します。僕がデイトレードで負けて負けて莫大な損失を積み重ねた、2008年リーマンショックの年。あの年と今年の値動きは本当にそっくりです。買っても買っても下がって。下がってきたらから売ろうと思ったらこうやって窓を開けて上昇してロスったり。あの夏は本当に上下に振り回された記憶があります。当時はFX規制も無かったので100倍のレバレッジをかけてやってましたから、損するためにFXやってたようなもんです。ウン百万円の莫大な損失は必然的に起きるべくして起こりました。本当に若気の至りとしか言いようがないですね。あの頃の危険行為があるから、今自分の行動にリミッターを設けることが出来、継続的に資産が増えていく体制を整えることができたわけですが、できることならあんな思いはしなくていいならしない方がいいですね・・・。

 リーマンショックを思い起こす動きであり、今年どこかで本当にとんでもない下落に見舞われることは間違いないかなと思っていますが、今すぐではない。増して、今週ではない。これだけマーケットがイギリスEU離脱投票に備えているのです。準備をしている中では金融危機は起こり得ない。通貨当局は国民投票に合わせ流動性確保のための資金供給をしていますし、FX各社は取引制限実施、先物業者も必要証拠金を引き上げてレバレッジを下げています。 これだけみんなが備えてる中では危機は起こらないでしょう。リーマンショックなんていうのは本当に想定外だった。リーマンブラザーズは、わずか1週間で潰れたのです。誰も準備なんてする余裕も無かった。

 そして今週のイギリスEU離脱国民投票は残留派が固く勝つでしょう。国民投票でいったん離脱派が多いと見せかけて投票の危機感をあおる。これは日本の選挙でも使われる選挙の常套戦術。最初からいきなり「楽勝です!」って選挙に挑む陣営なんていないんです。国民投票で離脱派が優勢と謳われる中、英ブックメーカーのオッズはほぼ残留派圧勝。この「ギャップ」こそ利益の源泉であって、僕は先週から少額イフダントレードの豪ドルを買いまくると同時に、日本市場のマザーズ市場下落に伴って今で欲しかったけど高すぎて手が出なかった新興企業株を買いまくり、日経平均コールオプションも購入しました。僕は自身の利益の為のデイトレードは引退宣言しているわけですが、予想するからにはやっぱり少額でも自分の資金をその方向に入れとかないと予想の真剣度が剥がれるというものです。あくまで少額ですが、買い進んでいます。今週は下がったら買い、下がったら買い、で、公民投票後のさらなる急騰をゆっくり待つ、そんな週になります。ただ、あくまで少額です。FXもレバレッジは2倍もかけません。どれだけ予想に自信があっても、マーケットの確率は究極的には上がるか下がるかの50%なのですから、逆にいった時に一発退場するような勝負をかけていては、この非情なマーケットで生き残ることはできません。あくまで副業のサラリーマン投資家といえど、マーケットと言う「戦場」に身を置いている気持ちは忘れないつもりです。



【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/06/20 (積立428営業日目)
累計積立金額:596,909円
外貨評価金額:523,564円
損益:▲73,345円(損益率▲12.3%)
累計スワップポイント:11,607円
預託証拠金額:422,245円(自己資金380,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※追加入金をサボっており現在レバレッジ1倍を超えています。そのうち入金してレバレッジ無し状態に戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:74.05円
平均積立単価:82.32円
数量:6NZD(=約444円)
累計積立数量:2,488NZD(=約204,823円)
外貨資産価値:184,226円
評価損益:▲20,596円 (損益率▲10.1%)
累計スワップポイント:4,321円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.90円
平均積立単価:18.55円
数量:31CNH(=約493円)
累計積立数量:11,298CNH(=約209,533円)
外貨資産価値:179,652円
評価損益:▲29,881円 (損益率▲14.3%)
累計スワップポイント:2,429円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:6.96円
平均積立単価:7.95円
数量:71ZAR(=約494円)
累計積立数量:22,950ZAR(=約182,551円)
外貨資産価値:159,686円
評価損益:▲22,865円 (損益率▲12.5%)
累計スワップポイント:4,857円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

仮想通貨騒動、The DAOからのイーサリアム大量盗難と今後の仮想通貨動向について考察。


僕はFXでの外貨積立ての傍ら、長年通貨トレードに関わっている者として新しい通貨の概念、仮想通貨(暗号通貨)には必然的に惹かれ、昨年からビットコインの積立て、今年からイーサリアム、モナーコイン、The DAOの購入に取り組んできました。

そんな最中、一昨日、大きな事件が起き、仮想通貨マーケットに激震が走りました。

The DAOから大量のイーサリアムが盗難されるという事件です。

イーサリアムは昨年登場し、あっという間にビットコインに次ぐ第二位の時価総額に成長した仮想通貨。日本ではホリエモンがイーサリアムのすごさをつぶやいたことでも有名。第三位とは相当差が開いているので、ビットコインとイーサリアムの2通貨で仮想通貨マーケットの寡占状態となっています。

The DAOは今年登場。イメージとしては仮想通貨界での投資信託みたいなものです。イーサリアムを使ってThe DAOを買って、The DAOが投資するプロジェクトで発生した利益を購入者に還元していくようなイメージです。The DAOが投資するプロジェクトは購入者の投票によって決定する、という自立分散型の新しい発想が注目を集めていました。

その仮想通貨界のファンドであるThe DAOで事件が発生。ハッカーによってThe DAOから大量のイーサリアムが盗難されたというのです。詳しい記事はコレとかわかりやすい。

http://www.jpbitcoinblog.info/entry/20160617/1466174553

さて、この事件による今後の影響がどうなるか、ということです。今回の動きはイーサリアムのブロックチェーンのしくみによりどのイーサリアムが盗まれたのか、完全に捕捉されているようです。ここがブロックチェーンというしくみのすごいところとして改めて感心します。

事件がイメージ的にマウントゴックスとかぶりますが、ちょっと質が違うようです。マウントゴックスは完全に悪意のある取引所だったようですが、今回は悪意のある犯罪者による盗難事件です。イーサリアムを盗んだハッカーは今回の仕掛けの前にイーサリアムの大量のカラ売りを行い、巨額のビットコイン利益を稼いだという話もあります。(この話もカラ売りして稼いだビットコインの額が時価総額全体からして大きすぎて信憑性に欠けますが・・・)

マウントゴックスはイチ取引所が起こしたことで、そこで使われているビットコインの信頼性とは無関係でした。よって、マウントゴックス事件後一時暴落したビットコイン価格は数年経った今となっては暴騰してるわけです。

今回盗難にあったThe DAOは、自立分散型の概念自体は素晴らしいもので、このしくみ自体は生き残るでしょう。そのうち特定のThe DAOについては今回脆弱性を披露してしまったわけですから、そもそもが投資先としての存在なので自分の大切なお金を置く投資先としての信頼性失墜は免れません。

問題の論点はイーサリアムです。ゴールデンウィーク以降急騰していたイーサリアムです。このThe DAOの投資原資がイーサリアムだったので、The DAOを買うためにイーサリアムが買われていたという面もあったわけです。The DAOの巻き添えを食って今回暴落した、という面が大きい。

紹介した記事にあるように、注目はイーサリアム開発者が盗まれたイーサリアムを、盗難自体が無かったことにしてしまう救済処置をとるかどうか。もしその「介入」をしてしまえば、無国籍通貨、中央銀行の無いことが価値の源泉であるのにイーサリアムには介入がある、としてイーサリアム自体の価値が失われる。

普通に考えればイーサリアム側としてはそんなことするわけないでしょう。イーサリアムは巻き添えを食って下がっただけ、マウントゴックス事件で下がったビットコイン状態、ということになるやもしれません。であればイーサリアムは今回暴落しましたがいずれ時間が解決し価値を取り戻していく。ただ、今回暴落が起きたという事実自体が投資先としては敬遠される要因になってしまうので目先しばらくは弱い状態が続くでしょう。

ビットコイン、イーサリアムなど仮想通貨はまだまだ黎明期で今回のような事件は起きうるので、僕が取り組んでいる、少額で毎日コツコツ買う、という投資金額も時間も分散してリスクを下げながら長期間で大きな価値に育てていく、というスタンスがやっぱり正しいな、と実感しています。



今朝の積立日記(積立427営業日目) 夜間のニューヨーク市場は猛反発。今日の日本市場での外国人買いに注目。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160617積立

 昨日は一時猛烈に下げました。夜間のニューヨークマーケットで猛反発し、今朝方は落ち着いています。ドル円でいえば103円半ばまで突っ込んだけれども今朝は104.2円と、落ち着き始めています。伴って中国人民元は16円割れ、15円台に突入。ニュージーランドドルも久しぶりの73円台。南アフリカランドは意外と年初来安値圏で粘ってます。

 昨日は僕も壮大に予想をはずし、日銀の追加緩和策無しでの円買いには驚きました。リスク回避の円買い、なんて解説は笑わせます。日銀市場に対する、果敢な攻めの円買いです。バブルのものをさらに買って持ち上げる行為であってむしろリスクを積極的にとりにいく動きです。果敢にリスクをとった動きは長期で持てないので短期で決済する。なので、夜間のニューヨークではささーっと撤退し猛反発してきています。夕方からの円買いの動きは既にチャラになっており、日経平均先物は昨日の現物終値を超えています。日銀緩和無しはマーケットにとっては予想通りなので無反応だと思いましたが、これぞチャンスと狙われましたね。売りが撤退したので今日は強そうです。

 昨日の日銀の動きは予想はずしましたが、値動きの予想自体は変わりません。これからEU国民投票までの間に日経平均株価は雲のネジレがあるので上昇して雲を突破し、17,000円を狙う動きになる。そしてその後7月に本格的な下落が来る。昨日のセリングクライマックスがあったことで、むしろいったん反発局面になる可能性がさらに高まったと思うので、今週は毎日バーゲンセールのマザーズ新興株を買ってますが、今日の寄り付きでも買っていきます。この安値圏ではどこで買っても利益になると考えます。

 今日の注目は今週火曜、水曜と買い越しが見えた外資系証券の寄り付き前売買動向。昨日は少し売り越しになりましたが、量が少ない。今日も外国人が買ってくるのか、注目です。外国人が買ってくるとすれば、今回の一連の流れは日本人が安値で売らされて外国人がごっそり安値を買っていく、という日本人がカモられる相場である、ということです。損しないようにしたいですね。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/06/17 (積立427営業日目)
累計積立金額:595,478円
外貨評価金額:516,001円
損益:▲79,477円(損益率▲13.3%)
累計スワップポイント:11,562円
預託証拠金額:421,824円(自己資金380,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※追加入金をサボっており現在レバレッジ1倍を超えています。そのうち入金してレバレッジ無し状態に戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:73.47円
平均積立単価:82.34円
数量:7NZD(=約514円)
累計積立数量:2,482NZD(=約204,378円)
外貨資産価値:182,342円
評価損益:▲22,037円 (損益率▲10.8%)
累計スワップポイント:4,310円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.81円
平均積立単価:18.55円
数量:31CNH(=約490円)
累計積立数量:11,267CNH(=約209,040円)
外貨資産価値:178,126円
評価損益:▲30,914円 (損益率▲14.8%)
累計スワップポイント:2,425円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:6.80円
平均積立単価:7.96円
数量:73ZAR(=約496円)
累計積立数量:22,879ZAR(=約182,057円)
外貨資産価値:155,534円
評価損益:▲26,524円 (損益率▲14.6%)
累計スワップポイント:4,827円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立426営業日目) FOMCは無反応ながら、今年利上げ無しがほぼ決定?今日の日銀会合で反騰相場。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160616積立

 昨夜はFOMCがありましたが市場はまったくもって無反応。為替は全然動いてません。

 さて、今日は日銀金融政策決定会合と、会合後の黒田総裁会見。今日は日銀は動くと思います。なにせ、参議院選挙前の最後の会合ですから。動くならここでしょう。そして今後の日経平均株価予想はチャートから見て昨夜の記事の通りを予想します。

昨夜の記事
http://fxtsumitate.com/blog-entry-713.html

 
 今日日銀が動いて円安株高、を予想しつつ、昨夜のFOMCでのイエレン議長会見を振り返ってみて、今後の「米国利上げ方針撤回」に向けてのスケジュールが空想されます。僕は去年から米国は利上げなんてできるわけがない、と書き続けています。昨年12月末で1回利上げがあったのは意外ですが、今後米国が利上げを続けられるなんてことはありえない。あとは、どこで撤回するか、利上げどころかむしろ追加量的緩和の「QE4」にいつ動くか、ということです。昨夜のイエレン議長は「7月の利上げも不可能ではない」と、むしろ7月利上げは無いような雰囲気を醸し出しました。

 今後の日程を見てみると、8月26日にジャクソンホールがあり、今年はイエレン議長のスケジュールが早々と確保されているのだそうです。そしてその1ケ月後、9月21日に日米同時金融政策会合という珍しいスケジュールが組まれています。おそらく、米国利上げ撤回の方針が発せられるのはこの8月26日ジャクソンホールがスケジュールとして望ましそう。そしてそこで利上げ方針撤回に舵を切るには、大義名分としてその前に金融危機の「事件」が起きる必要があります。ここはいくつかネタがあります。まず来週6月24日イギリスのEU離脱選挙、7月10日日本参議院選挙、そして8月5日リオオリンピック開催。まったくそんなことは望みませんが、8月5日リオオリンピックを中止するような事態が起きて、利上げを撤回。ということは7月に金融危機が来るんじゃないでしょうか。

 現在、日経平均株価のオプション市場では18,000円コールと、14,000円プットの買いが増えているのだそう。僕は既報の通り今日の日銀金融政策決定会合での株価急騰を予想して17,000円コールオプションを買っていますが、確かに今はオプション価格が高い。イギリスEU離脱国民投票を意識したものですが、マーケットは明らかに危機に備えている。来週の国民投票はみんなが完全に危機に備えて準備をしているので、危機は起こらない。昔の2000年問題のようなもので、備えていれば危機は無いです。国民投票は残留派が勝つけれども、ただし僅差での勝利で、7月にもう一度この問題がくすぶる。そして7月に危機が起こる。それが米国利上げ方針撤回までの流れだと思います。

 僕はこれからこう動きます。現在保有している日経平均コールオプション。これは今日の日銀会合後の上昇で決済します。今日上がらなければ来週のイギリス国民投票後の上昇で決済。そしてそこからプットオプションを買い、7月の危機に備えます。そして8月からは米国利上げ撤回で猛烈なドル安になりますから、僕の外貨積立て、純金積立て、ビットコイン積立てのすべてが上昇していく、と。

 ・・・予想というか、ほぼただの「願望」になってしまいましたね。自分のポジションがあるとどうしてもこういうバイアスがかかってしまいます。まさにポジショントーク。こんなにうまくいくわけはないですね。皆さま、世の中にあふれるポジショントークには注意して下さい。笑



【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/06/16 (積立426営業日目)
累計積立金額:593,977円
外貨評価金額:524,006円
損益:▲69,971円(損益率▲11.8%)
累計スワップポイント:11,521円
預託証拠金額:421,490円(自己資金380,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※追加入金をサボっており現在レバレッジ1倍を超えています。そのうち入金してレバレッジ無し状態に戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:74.57円
平均積立単価:82.37円
数量:6NZD(=約447円)
累計積立数量:2,475NZD(=約203,864円)
外貨資産価値:184,571円
評価損益:▲19,293円 (損益率▲9.5%)
累計スワップポイント:4,300円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.09円
平均積立単価:18.56円
数量:31CNH(=約499円)
累計積立数量:11,236CNH(=約208,549円)
外貨資産価値:180,767円
評価損益:▲27,782円 (損益率▲13.3%)
累計スワップポイント:2,423円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:6.96円
平均積立単価:7.96円
数量:71ZAR(=約494円)
累計積立数量:22,806ZAR(=約181,561円)
外貨資産価値:158,668円
評価損益:▲22,893円 (損益率▲12.6%)
累計スワップポイント:4,798円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

日経平均株価の反転メドは17,000円。明日は黒田総裁が動く。


 さて、日経平均株価が底浅く反転してきたのは予想通り。今年のNISA投資枠がほとんど未使用で残っているので、予告通り今日の成行で新興国株を買い、反転の波に乗りました。

 日経平均株価はどこまで反発するのでしょう?チャートを見てみましょう。

20160615日経平均株価
日経平均株価 日足 一目均衡表チャート SBI証券提供
 ※黒直線は筆者が付記。

 現在、過去に予想した通りの動きとなっています。三角保ちあいを下に抜けて暴落に入ったが、約1週間後に雲の切れ目がある為上昇する予想。下がってきたら株を買う、と予告していました。

過去記事
http://fxtsumitate.com/blog-entry-706.html

 6月8日に書いた記事ですが、こう書いていました。

『下落した後の姿はどうなるか。いったん雲の下にもぐって下落していき、ちょうど2週間後に雲のネジレがあるのでそこを下から狙って上昇するのではないでしょうか。2週間後に何があるかというと、英国EU離脱の国民投票です。その前にしっかり下落しておいた日本株は国民投票が無難に終わって7月参議院選挙を狙って上昇していく、という流れが考えられます。これから1週間程度でまたドル円106円割れ、日経平均株価16,000円割れを見に行き、その後英国国民投票後に買い場が来るように思えます。もし流れ通りになれば、ひさびさに日本株買ってみようかと思います。』

 今回の予想は自画自賛。誰もほめてくれないので自分で褒めておきます。笑 三角保ちあいブレイク前には日経平均プットオプションを少し買って短期に稼ぎました。そして、この時の宣言通り、ドル円106円割れ、日経平均16,000円割れのところで日本株を買ったわけです。マザーズ市場の方が1日で▲10%の下落と暴落が大きかったのでマザーズの株を拾いました。そして追加で昨夜、日経平均株価のコールオプションを少し購入しており、それも利益が出ています。予想するからには、自分はその方向で実際に投資しないと、ただの独り言になってしまうので、言行一致の個人投資家として実際に行動に出てみました。

 さて、ここからの上昇ですが、雲のネジレは16,500円。そしてブレイクした三角保ちあいのサポートラインにもう1度ぶつかりに行くなら17,000円。ここまでは反発いくんじゃないかと思います。史上最大のカラ売り比率になっていた日本株は上昇のパワーがたっぷり充填されているので、いくと思います。17,000円まで上昇するのにもう1段必要なパワーは、明日の日銀金融政策決定会合です。今回の会合は市場予想ではまったく追加緩和が期待されていないので、何もせずスルーしても市場にインパクトは無く、何かすればサプライズ、というとても有利な状況での相場師・黒田総裁登場です。国債買い入れ枠増大か、何か追加緩和策を打ってくると予想します。それで今週頭に空けた窓埋めとなる16,500円ぐらいまで跳ねるか。

 ・・・ただ、今回いったん反発しても、しょせんは下落トレンドの中の話であり、いったん反発する、というレベルにすぎません。雲のネジレ、そして窓埋めの16,500円レベル、そしてブレイクした三角保ちあいのサポートライン17,000円レベルに今回反発上昇したとしても、次には本格的な下落が待っていることは変わらない。買った日本株コールオプションは今後1週間以内の次の反発局面できれいさっぱり売ってしまうつもりです。

今朝の積立日記(積立425営業日目) 安全を求める債券、ビットコイン急騰が止まる。「リスク回避に賭ける投機」の動きは終了か。日米中央銀行の腕の見せ所!

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160615積立

 昨日は日本市場はずいぶん悲観に包まれましたが、一夜明けてみると昨日朝から為替はほとんど動いていない、ということがポイントです。ドル円は106円ちょいの水準で変わらず。僕の積立て通貨の中では人民元がやや下げ、南アフリカランドが約1週間ぶりに6円台ですがそれほど弱さはありません。為替の円高の動きは止まったようです。

 円高の動きは止まり、他毎日暴騰していたビットコインの価格も74,000円で止まりました。あとは債券市場が今日下げ止まるか。昨日は日本国債は連日の金利過去最低を更新、マイナス0.175%を記録、なんとドイツ国債が史上初のマイナス利回りを記録、現時点はぴったり0%のようです。マイナス金利を導入している日本とユーロ圏は国債利回りをマイナスに突入させることに成功したようです。ドイツはただでさえ頑強な財政状況に加えて国債の利払いもなくなった。ドイツの財政状況は本当に堅牢な状況になっている状況。日本も膨大な国債に対しマイナス金利がついて利益を生んでいる。

 この国債利回りが今日きちんと下げ止まれば、いったんこの流れが止まる。よくニュースで「リスク回避の円買い、債券買い」と言われるけれども、「リスク回避の動きに賭ける投機」と表現する方が正しいでしょう。こうやってたびたび「リスク回避バブル」が発生するわけです。今、株などを売って日本円現金を確保する動きは、リスクを回避しているようで、実は投機のバブルに乗っかった動き、なわけですね。そんなリスクの高い行為をするべきでしょうか?いや、この日本国債買いに伴う日本円高バブルに乗じて、しっかり外貨に資金を移していくべきなのだと思います。

 さてさて、今晩はFOMC後イエレン議長の記者会見、そして明日は日銀金融政策決定会合後黒田総裁の記者会見です。中央銀行の仕事はそもそもがバブル退治。その機能を失ったと言われて久しいですが、そのバブル退治の本来の機能に基づけばこの「リスク回避バブル退治」は日米中央銀行の腕の見せ所だと思います。マーケットの関心は来週のイギリスEU離脱国民投票にいっており、今日明日の日米金融政策への期待は皆無に等しい。僕は日銀は国債買い入れ枠増大など何らか動きがあると予想しています。なにせ、参議院選挙の前の最後の金融政策決定会合ですから。為替の動きは投機マネーが動かすわけではなく、方向性は結局、通貨当局の金融政策が動かします。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/06/15 (積立425営業日目)
累計積立金額:592,537円
外貨評価金額:520,510円
損益:▲72,057円(損益率▲12.2%)
累計スワップポイント:11,480円
預託証拠金額:421,430円(自己資金380,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※追加入金をサボっており現在レバレッジ1倍を超えています。そのうち入金してレバレッジ無し状態に戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:74.16円
平均積立単価:82.39円
数量:6NZD(=約445円)
累計積立数量:2,469NZD(=約203,417円)
外貨資産価値:183,090円
評価損益:▲20,327円 (損益率▲10.0%)
累計スワップポイント:4,266円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.06円
平均積立単価:18.57円
数量:31CNH(=約498円)
累計積立数量:11,205CNH(=約208,051円)
外貨資産価値:179,938円
評価損益:▲28,113円 (損益率▲13.5%)
累計スワップポイント:2,416円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:6.93円
平均積立単価:7.96円
数量:72ZAR(=約498円)
累計積立数量:22,735ZAR(=約181,068円)
外貨資産価値:157,483円
評価損益:▲23,585円 (損益率▲13.0%)
累計スワップポイント:4,798円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今日の日本マーケットは奇妙な動き。日本人だけが売らされている?マザーズ指数が10年ぶりの下落幅で買い場到来!!


 今日の日本マーケットの動きはとても「奇妙」でした。

まず朝。外資系証券寄り付き前注文動向は320万株の買い越しでした。実際の売買実績ではないので実際はどうなったかわかりませんが、動向はけっこうわかります。ここ1週間の推移はこうなってます。

6/06:▲420万株売り越し
6/07:▲270万株売り越し
6/08:▲120万株売り越し
6/09:▲380万株売り越し
6/10:▲140万株売り越し
6/13:▲ 10万株売り越し
6/14:+320万株買い越し

 先週1週間、株価がじりじり下げる中で売り越しが減っていき、今日はついに買い越しです。そして日中の値動き。ドル円が106円を割らずにほとんど動かない中で、日経平均株価は16,000円を割れて15,859円。ドル円1円分ぐらい下落してます。そして夜間の先物は15,700円。ドル円2円ぶんぐらい下落しないとこうはならない。ドル円が円高にそれほど動かないのに日経平均株価が下がる、というのは、日本人が売っている、ということを指していると思います。

 そして新興株市場、マザーズ指数は今日はなんと▲10%の大暴落を記録し1,000ポイントを割れて999.91ポイント。実に10年ぶりの下げ幅だそうです。これまでバブル状態だった新興株を信用買いで買っていた個人投資家の損失売り、そして追証の為の株売りが効いていると思います。売買高は2兆円超えていない少ない取引レベルですから、日本人だけでこなせるんじゃないかと思います。今日の市場は、外国人は買い、日本人が売りまくっていた、という状況が推測できます。(あくまで推測ですが・・・)

 最近僕はTwitterでよく発言してますが、Twitterを見ていると個人投資家の弱気っぷりはあまりにひどい。株の上昇期待や、円安期待は一切見られません。みんながみんな、円高株安方向に向いているのです。これはあまり異常事態です。イギリスのEU離脱国民投票の名のもとに、悲観一色です。

 そして改めてマザーズ市場の銘柄を見てみると・・・良い銘柄がかなり安くなっている!!これはバーゲンセールに見えますね。僕は今週の日銀金融政策では追加緩和に打って出てくると思っていますし(国債買い規模増額かな)、ここはいったん株買いに出てもいい。これから2~3ケ月後に来る本格的な大暴落前に売って逃げることを前提に、1回良い株を何回かにわけて買ってみようと思います。明日もっと下がるかもしれませんから、あくまで買うのは何回かに分けて買います。リスクを減らす為には、1発で買わずに買う回数を増やすのが基本中の基本です。

 明日の寄り付きで成行買いするマザーズ株たち。

ロゼッタ
オープンドア
カヤック
セレス
データセクション
シリコンスタジオ
グノシー

 これらをミニ株で少額ずつ、少しずつ買っていきます。おそらく明日も下げてくるでしょうから、これからイギリスEU離脱に向けて少しずつ買い増していきます。底値で買う必要はなく、そんなことはできません。安値圏でさえあれば、どこで買っても基本的に利益になりますから。

今朝の積立日記(積立424営業日目) チャートの形はきれいに下落を指し、ファンダメンタルは反発要因いっぱい。自動売買の時代のチャートvsファンダメンタルはどっちが勝るか?買い場を探す。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160614積立

 クロス円全般の円高が進みます。しかし、ドル円が105円台に突っ込んでるというのに、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどの底堅さに気づきます。短期で円買いが進んだとしても、やはり量的緩和をやっている国とやっていない国の差は大きい。僕が長期外貨投資でドル円やユーロ円を選択せず、資源国通貨を選択している最大の理由です。

 チャートを見ると、何をどうやっても下落方向に見えます。日経平均株価、ドル円、ニューヨークダウ、すべてが下落トレンド。自動売買全盛期の今は、売りサインが出れば躊躇なく機械が売ってくる。なんの恐れもなく、機械はガンガン売ってくる。そういう意味では、こんなにはっきり下落サインが出ている中、機械はもっと売ってきてもいいのです。自動売買全盛期の中では儲けのチャンスは一瞬。サインが出たら機械が猛烈に刈り取るから。しかし、奇妙なのはこれだけはっきり下落トレンドになっているのに下落の勢いが大したことないのです。報道を見ると人間は明らかに売りに傾いているのに。これは奇妙な現象です。下落方向のチャートという、人間にとっての儲けのチャンスがこれだけ放置されるのは何かおかしい。

 そして忘れてはいけないのは、「簡単に儲かる」なんていうことはありえない、ということ。みんなが「今はBrexitを控えてるし、売っておけば楽勝だよ。今株や外貨を買うやつなんてバカだ」と言い出した時は逆に動くリスクが増大している時です。そして、実は為替は国家間で比較的自由に動かせるものです。かつて、ジョージ・ソロスがイギリスを打ち負かしたという伝説がありますが、今の世の中では国策で為替は動かせるはずです。だから日本円は70円台から120円台まで円安に動かすことが出来たし、今度は米国利上げ発動により120円台から105円までドル安に動かすことができたのです。この動き、当事者の国家にとって、意外な動きのはずがありません。そもそも通貨当局は通貨の取引の流れを把握しているのですから。

 そういう目線で見ると、機械が作るチャートに対し、人の動きの方が影響力が強いのが為替市場。なので、チャートだけを見て楽勝、楽勝、とトレードしていると痛い目を見ます。日本株のカラ売り比率は最高レベル、イギリスのEU離脱はブックメーカーオッズでは残留派の圧倒的優勢、今週の日銀金融政策決定会合は参議院選挙前の最後の会合です。国債買い入れ増額など打ち込んでくる可能性がある。その観測から日本国債買いが進んでおり日本国債利回りは過去最低を更新し続けています。日本国債買い=円買いですから、日銀が国債買い入れ増額の発表で「ニュースで買って事実で売れ」の原則により日本国債売りが進み、一気に円売りが進むリスクの方が高まっていると見るべきだ、と思っています。なので、日経平均株価が安い局面の今日明日は日本株、そして日経平均コールオプションの買い場を虎視眈々と狙っています。

 そして僕の主力である外貨積立ては、現在のこの最後の円高局面を活かさない手はありません。どんどん買っていきます。数年先を見れば、日本円は猛烈な円安に襲われることは現在の政策から見れば自然な流れなのですから。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/06/14 (積立424営業日目)
累計積立金額:591,096円
外貨評価金額:523,390円
損益:▲67,706円(損益率▲11.5%)
累計スワップポイント:11,378円
預託証拠金額:421,396円(自己資金380,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※追加入金をサボっており現在レバレッジ1倍を超えています。そのうち入金してレバレッジ無し状態に戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:74.97円
平均積立単価:82.41円
数量:6NZD(=約450円)
累計積立数量:2,463NZD(=約202,972円)
外貨資産価値:184,641円
評価損益:▲18,331円 (損益率▲9.0%)
累計スワップポイント:4,255円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.11円
平均積立単価:18.57円
数量:31CNH(=約499円)
累計積立数量:11,174CNH(=約207,553円)
外貨資産価値:180,002円
評価損益:▲27,551円 (損益率▲13.3%)
累計スワップポイント:2,414円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.00円
平均積立単価:7.97円
数量:71ZAR(=約497円)
累計積立数量:22,663ZAR(=約180,570円)
外貨資産価値:158,748円
評価損益:▲21,822円 (損益率▲12.1%)
累計スワップポイント:4,709円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立423営業日目) 為替も株もヤバめ!中国からの資金流出が年初暴落を思わせる。証拠金積み増して嵐が去るのを待つ。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160613積立

 週明けからドカンと下げてきました。含み損益、悪化です。特に大きく下げたのは中国人民元。中国連休中も中国からの資金流出が進んでいるようです。突然復帰したジョージ・ソロスは中国リスクを強調し、株を売ってを買えと言う。中国の債務水準に対する指摘も相次いでいるので、中国から資金が逃げ出すのも無理はない。昨年頭には20円台を記録した中国人民元もいよいよ16円を割ろうというレベルまで下がってきた。2014年以来の水準です。まだまだ下げ止まる感じは無いです。

 先週1週間でビットコイン価格が急騰しています。5万円台だったビットコイン価格が1週間で7万円台に到達しました。これも買いの震源地は中国の爆買いなのだといいます。元建て価格が一番猛烈に上昇している。中国からは自由に資金は移動できないのでビットコインを介して資本逃避が進んでいるという推測も成り立ちます。この流れはどこまで進むのでしょうか。

 日本株とクロス円為替市場もヤバイ雰囲気が漂います。僕もこのブログでここしばらく指摘している、ドル円はフラッグ型の下落を示し102円を目指す形。日経平均株価は三角保ちあいを下抜け、底が抜けて一気に落ちていきそうな形。そこに今日は連休明けの中国株もかぶってきますから、どこまで落ちるのかわかりません。

 こんな中ではどんな戦略をとるべきでしょうか?基本は何もせず、暴落しきったところを買う。これに尽きます。なので、ここしばらくサボッていた証拠金積み増しを行って、FX積立てについてはレバレッジ無し状態を目指します。レバレッジさえかけなければロスカットなんていう現象は起こらない。ロスカットさえなければ、スワップ金利を毎日もらいながら、安値でひたすらたくさん買って次の円安局面をほくほく顔で待つだけです。やはり毎日コツコツ積立てによるドルコスト平均法のリスク分散は有効ですし、暴落をチャンスに変えることができます。しかも、予想とは無縁。機械的に毎日コツコツ買っていくのみです。今週の嵐を乗り越え、来週のイギリスEU離脱国民投票で残留派が買って暴騰するまで、のんびり待つ。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/06/13 (積立423営業日目)
累計積立金額:589,649円
外貨評価金額:523,685円
損益:▲65,964円(損益率▲11.2%)
累計スワップポイント:11,304円
預託証拠金額:401,371円(自己資金360,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※追加入金をサボっており現在レバレッジ1倍を超えています。そのうち入金してレバレッジ無し状態に戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:75.29円
平均積立単価:82.43円
数量:6NZD(=約452円)
累計積立数量:2,457NZD(=約202,522円)
外貨資産価値:184,992円
評価損益:▲17,529円 (損益率▲8.7%)
累計スワップポイント:4,243円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.18円
平均積立単価:18.58円
数量:30CNH(=約485円)
累計積立数量:11,143CNH(=約207,054円)
外貨資産価値:180,259円
評価損益:▲26,794円 (損益率▲12.9%)
累計スワップポイント:2,410円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.01円
平均積立単価:7.97円
数量:71ZAR(=約498円)
累計積立数量:22,592ZAR(=約180,072円)
外貨資産価値:158,433円
評価損益:▲21,639円 (損益率▲12.0%)
累計スワップポイント:4,651円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

ビットコイン価格暴騰!ビットコインは外貨通貨の本命か?これぐらいの上昇では売りません。

スキャン_20150616 (3)

 世界各国が量的緩和で通貨の価値が下がる中、金(ゴールド)と同様、今後の価値上昇が期待できるビットコインをbitFlyer(ビットフライヤー)で毎日コツコツ500円程度、ずつビットコイン積立て投資しています。まだ日本ではビットコインのコツコツ積立てをしている人も少ないと思うので、実際にビットコインを毎日積立て、情報発信をすることを目的に積み立てています。

 そして先月から、仮想通貨時価総額第二位「イーサリアム」もビットフライヤーで取り扱いが始まったことに合わせて積立て投資を開始。また、zaifでも和製仮想通貨「モナーコイン」の積立ても開始しました。

現在の暗号通貨ポートフォリオです。
■ビットコイン(BTC) 積立期間2015/01/30~ 平均積立価格41,120円 現在価格68,942円 利益率+66%
■モナーコイン(MONA) 積立期間2016/05/09~ 平均積立価格5.3円 現在価格6.6円 利益率+25%
■イーサリアム(ETH) 利益率+41%
■NEM(XEM) 利益率+21%
■The DAO(DAO) 利益率+10%
■リスク(LISK) 利益率+9%
■リップル(XRP) 利益率▲3%

 リップルを除き、他の通貨はこれほどの上昇率です。すごいですね、仮想通貨。特にビットコインがこの土日急騰しています。60,000円を突破してから勢いは止まらず、昨日の朝62,000円から、今日は70,000円目前まで上昇しました。ビットコインは暗号通貨の基軸通貨であり、全ての暗号通貨はビットコイン建て価格で表記されるところがあるのでビットコインが上がれば暗号通貨マーケット全体の市場価値がどんどん上昇していきます。

 そしてそのビットコインは、米ドル建てが基本です。円高ドル安になればビットコイン価格は下がります。そう、今ドル円が106円という円高局面だからこそ、ビットコインはまだこの程度の価格でいるわけです。ドル建てではビットコインはもっと急騰しています。

 つい最近、UFJが日本国債プライマリーディーラー資格返上したり、日本国債の外資系資本比率急騰が話題になったりしており、日本のハイパーインフレが現実味を帯びる中、日本人は円建て資産だけですべての資産を保有することに危機感を持たねばならないと思います。外貨建て資産を持たないといけない。なので僕は資源国通貨のFX積立て、純金積立てに加え、最近はこのビットコインをはじめとする仮想通貨積立てにも注目しています。

 今週のビットコイン価格暴騰は、中国人民元建てでの取引が主だといいます。中華圏連休の中、チャイナマネーが劇的にビットコインを買い上げたわけです。今回の上昇は7月のビットコイン採掘報酬半減期も見込んだ投機であろうことは容易に想像がつきます。また、中国人民元はどんどん下落しているので、資産逃避の意味もあるのでしょう。ドルや人民元が安くなる中でビットコインに資金が集まっている中、日本人は円高で安くビットコインを買うことができるのです。価格が上がっているとはいえ、この円高局面はチャンスではないかな、と思っています。もちろん上昇の勢いがすごすぎるので目先は下落するかもしれませんよ。そこは自己責任でお願いします。僕は年単位で見ています。5年、10年後の仮想通貨価格を想定して今積み立てているので、この程度の上昇では売らない。むしろどんどん積立て買い進めていきます。

 仮想通貨に投資するには、まず信頼できる取引所選びが最初の第一歩。僕は信頼できる取引所としてビットフライヤーを選択しています。

PR
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=9FZn5XwQKLY

話題のビットコインを買うにはどうすればいいのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-632.html


注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク