トランプ期待に沸くマーケット。長期トレンドでは危険な兆候続々。


「トランプ新大統領への期待」というご祝儀相場でマーケットは沸き上がっています。

しかし、このご祝儀相場というものは大抵ロクなことにはなりません。特に日本人はよく知っているはずです。あの、リーマンショック後に民主党に政権交代した時ですら、マーケットは新政権期待で沸き上がったのですから。あの時も当時の鳩山・小沢体制に期待が注がれましたね。その後どうなったかは日本人ならよく知っている通り、です。

トランプさんはこれからの政権変革を期待されているわけですから、これまでの米国の金融延命措置をそのままにしておくわけもなく、自分の大統領就任の前に「ぶっ壊し」にかかるでしょう。今のパンパンに膨れ上がった米国マーケットはそのままほっとけば自分が大統領就任後に破裂するだけの、リスク以外の何者でも無いでしょうから。


そしてマーケットはやはりトレンド。日足が荒れている時はさらに長い足、週足で動きを確認。日経平均株価は一目均衡表の雲の上限に差し掛かる重要なところ。ニューヨークダウはMACDが下落していく中で再度下からシグナル接触する暴落サインです。週足の悪いトレンドは日足より破壊力があり炸裂したら数ヵ月にわたって下落することになりますから、最大限に注意すべき局面です。

今朝の積立日記(積立532営業日目) 金利急騰が引き起こす世界経済クラッシュ。やっぱり起きるトランプショック。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 ヘリコプター・ベンが日銀と首相官邸に訪問した2016年7月12日以来、日本円売りに備えて純金に準ずる世界最強通貨スイスフランも買い始めました。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20161110積立

 米国大統領選でのトランプ勝利後、確実にマーケットが動いています。日経平均株価が1,000円下落して1,500円上がったり、ニューヨークダウが最高値更新したなんていうのは大した問題ではなく、明確な動きが起きているのは米国債。これほどの国債利回り急騰はなかなか見れるものではありません。確実に世界のマーケットが新時代に突入しています。

 いろんな外貨を積立てするFX外貨長期積立て投資を行っているので、金利が与える動き、変化が複合的に見えます。積立ては行っていませんがドル円は急騰、資源国通貨が下落。そして世界最強通貨スイスフランが上昇しています。何が起きているのでしょう。

 トランプ後にマーケットは米国の大型財政出動に反応、これほどの米国債売り、金利高騰は、米国が破産することを織り込んでいるかのようです。何か企業に不祥事が起きた時の株価の下落を思わせる米国債価格の暴落です。そして金利が上昇したことにより新興国マーケットを直撃。米国にとっては金融緩和のつもりでも、これほどの金利の上昇は特に新興国においては実質的な強烈な金融引き締めです。急いでドル建て負債を返済しないといけない。これももちろんさらなる新興国通貨売り・ドル買いを引き起こします。日本円は無風なので、ドル円上昇、クロス円下落、という形で今の為替レートは見えています。そして重要な動きは、スイスフランの上昇。日本円は無風ですが、マーケットは確実に「本当の避難通貨」であるスイスフランに殺到しています。スイスは躊躇なく介入してくるのでなかなか一本調子にフラン高にはなりませんが、この動きは重要。一方、トランプ勝利前から急騰している
ビットコイン価格は高く維持されたままです。

 リーマンショックの前に起きたこと。リーマンショックの数か月前には少し回復の兆しが見え、金利が上昇しました。そして金利急上昇の後に、資金ショートを引き起こして破綻の連鎖が起こります。あの頃よりレバレッジをかけている金融機関が世界にはあります。ヨーロッパを中心に。

 今日、首都圏を久しぶりに強い雨が襲っています。何か良くないことの前触れの様に。やはりトランプショックは起こるようです。日米分離により長期的にはトランプ政権は日本にとってはプラスに働くでしょう。円安も経済を支援します。しかし、まずはアメリカ発の世界経済クラッシュと無関係とはいかないので、目先は下落に巻き込まれます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/11/11 (積立532営業日目)
累計積立金額:839,637円
外貨評価金額:793,639円
損益:▲45,998円(損益率▲5.5%)
累計スワップポイント:19,558円
預託証拠金額:371,926円(自己資金310,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:76.98円
平均積立単価:80.62円
数量:6NZD(=約462円)
累計積立数量:3,144NZD(=約253,459円)
外貨資産価値:242,032円
評価損益:▲11,427円 (損益率▲4.5%)
累計スワップポイント:6,181円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.64円
平均積立単価:17.83円
数量:31CNH(=約485円)
累計積立数量:14,619CNH(=約260,638円)
外貨資産価値:228,678円
評価損益:▲31,960円 (損益率▲12.3%)
累計スワップポイント:3,378円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.57円
平均積立単価:7.80円
数量:66ZAR(=約499円)
累計積立数量:30,236ZAR(=約235,741円)
外貨資産価値:228,893円
評価損益:▲6,848円 (損益率▲2.9%)
累計スワップポイント:10,094円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:108.17円
平均積立単価:105.02円
数量:4CHF(=約433円)
累計積立数量:855CHF(=約89,794円)
外貨資産価値:92,482円
評価損益:+2,688円 (損益率+3.0%)
累計スワップポイント:▲95円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

トランプ新大統領への期待?バカいっちゃあいけない。


昨日のトランプショックの日は、トランプ新大統領への不安、不透明感から株価暴落。

そして今日になったらトランプ新大統領への期待から株価が暴騰、と記事になっている。

別に記者さんたちはニュース記事は好きに書いてくれりゃあいいと思うが、結局記者さんたちは昨日から何か自分自身の考えは何か変わったのかな?

トランプ新大統領への期待感が高まってるなんて、バカいっちゃあいけない。株価は投棄で下がったぶんが戻っただけ。投棄マネーはそもそもすぐ反対売買をして決済するもの。実需としては株のマーケットは完全に「無風」だ。しかし、起きていることは米国債への猛烈な売り。債券価格の尋常じゃない大暴落が起き、こちらはまったく戻るそぶりを見せない。マーケットはトランプ新政権に不信任投票をしているのだ。

円安になって喜ぶのは日本人だけ。そしてまた日本人だけがマーケットで右往左往しているということ。

トランプさんは、イエレンFRB体制の金融政策をそのままとらせはしない。そして自分が大統領になることの権威を見せるためにこれまで米国政府がひたすら隠し通してきた事実を暴いていくだろう。そう、小池東京都知事のように。旧体制を攻撃することで権威を見せ、自分が大統領になる前にこれまでの膿を出そうとするだろう。米国経済は量的緩和無しではとっくに破綻していたのだ。トランプがそれを止めることで、トランプは米国株を暴落させようとしている。自分は不動産王だから、ウォール街がどうなろうが自分は被害は受けない。

マーケットはきっちりそれに米国債売りで反応している。トランプ新大統領への期待に沸く日本人投資家は大丈夫だろうか。円安で日本株高の期待はあるが、まずは米国株崩壊に巻き込まれる。日本株が息をふきかえすのはきっちり1回米国株と一緒に下げてからでしょう。

今朝の積立日記(積立531営業日目) 世界の枠組みが変わった日。まさかのトランプ後の暴騰。日米分離は日本にとってプラスか。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 ヘリコプター・ベンが日銀と首相官邸に訪問した2016年7月12日以来、日本円売りに備えて純金に準ずる世界最強通貨スイスフランも買い始めました。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20161110積立

 トランプ勝利後、円高になってさすがにまた含み損膨らむと思ったら・・・なんと無傷です。トランプ勝利後アメリカマーケットで日本マーケットでの下落を全戻し。むしろ選挙前よりドル高円安が進みました。起きたのはドル高なので、ドル円ほどではないですがクロス円も追従し、全般的に含み損益が改善しました。

 トランプが勝つところまでは予想通り。トランプが勝って下落するのも予想通り。しかし、トランプが勝って下落した後すぐにマーケットがこんなに暴騰するなんて、まったくの予想外。外貨積立てはプラスに働き含み損益は改善、しかもずっと書いていたように11月限の日経平均プットオプションをトランプリスクに備える保険として買っていたのでトランプ当選の暴落の中でこのプットオプションが大きく含み益を伸ばし、もう十分だということでを売って利益確定もしました。たまたまですがその後マーケットが暴騰し、僕にとってはとてもプラスに働きました。これまた予想外です。

 マーケットに何が起こったのか。トランプが勝つというのはこれから何が起こるのか。昨夜のマーケットの動きを受けて、ほぼ眠れず、情報を集めていました。昨夜のマーケットで何が起きたかというと、猛烈な「米国債の大暴落」です。記録的な大暴落でした。米国債利回りはなんと+10%も上昇したのです。これはとんでもない債券の暴落です。結果、金利が暴騰し強烈なドル高が起きました。これが米国大統領選挙後、一夜明けた後の米国マーケットの初期反応です。ドル円も日経平均株価も、日本マーケットの下落幅を全戻ししました。

 この米国債売りの流れは今後も続くと思われます。これはトランプ新大統領の財政リスクへの警戒、および米国利上げの先取りでしょう。トランプはイエレンFRB議長を更迭すると発言するほど利上げタカ派。利上げを要求するであろうことは容易に想像できますし、FRBもその意向を汲む必要は当然出てきます。米国の利上げ可能性は一気に上昇しました。日本人が右往左往する中、米国マーケットはここを冷静に見ていたのです。そしてトランプは米国に戻ってきた企業に対しては減税、税金を取らないとも言っている。これも当然ドル高要因。ということは、トランプ後はドル高の可能性が高い。ドル高、利上げがあると、これまで金融緩和でもってきた米国株は苦しいことになるでしょう。昨夜は上げましたが、やはり米国株は下落しそう。

 そして日本はどうなるのか?ということですが、トランプ勝利で何が変わったかというと、トランプは日本に軍事的にも自立を求めていますから、日本が対米従属から解放されることも指すような気がします。今までは米国株下落のリスクオフ時には円高になり日本株も下落する、リスクオン時には円安になり外国人が日本株を買って日本株が上がる、という動きがありました。しかし今後もその米国株が下がって円高になる、という相関関係が続くのかどうか。米国がドル高・株安になっても、日本はドル高に乗じてドル高円安、その円安で円建ての日経平均株価は上昇すると思われます。トランプが財政出動して結果として日本株価を上げる、という構図すら浮かんでくるのです。トランプ後の世界においては、まさかの円安・日本株高がやってくる。しかも米国利上げで米株安や新興国株安を尻目に日本は株高になるかもしれないのです。しかし気を付けないといけないのはこれから強烈な円安になる可能性がある。米国債大暴落で米国利上げ、日本も引きづられて日本国債も下落します。円安、債券安がやってくるので株や資産を持っていない日本人は購買力が下がり貧しくなるということです。ここだけはしっかり注意しないといけない。今こそ本当に外貨投資が活きてくるのだと思います。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/11/10 (積立531営業日目)
累計積立金額:837,757円
外貨評価金額:799,186円
損益:▲38,571円(損益率▲4.6%)
累計スワップポイント:19,495円
預託証拠金額:371,413円(自己資金310,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:77.64円
平均積立単価:80.62円
数量:6NZD(=約466円)
累計積立数量:3,138NZD(=約252,997円)
外貨資産価値:243,644円
評価損益:▲9,352円 (損益率▲3.7%)
累計スワップポイント:6,168円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.49円
平均積立単価:17.83円
数量:32CNH(=約496円)
累計積立数量:14,588CNH(=約260,152円)
外貨資産価値:226,005円
評価損益:▲34,148円 (損益率▲13.1%)
累計スワップポイント:3,369円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.89円
平均積立単価:7.80円
数量:62ZAR(=約489円)
累計積立数量:30,170ZAR(=約235,242円)
外貨資産価値:238,008円
評価損益:+2,767円 (損益率+1.2%)
累計スワップポイント:10,052円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:107.55円
平均積立単価:105.01円
数量:4CHF(=約430円)
累計積立数量:851CHF(=約89,361円)
外貨資産価値:91,529円
評価損益:+2,167円 (損益率+2.4%)
累計スワップポイント:▲94円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立529営業日目) 運命の米国大統領選!イギリスEU離脱投票時と酷似する相場展開、どっちが勝とうと方向性は決まっていそう。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 ヘリコプター・ベンが日銀と首相官邸に訪問した2016年7月12日以来、日本円売りに備えて純金に準ずる世界最強通貨スイスフランも買い始めました。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20161109積立

 昨日も絶好調に上昇。南アフリカランドは9円台間近の上昇で、含み損益の回復を引っ張っています。ドル円とほぼ連動する中国人民元の戻りが悪く足を引っ張っています。が、今年10月から中国人民元がポンドに代わる通貨としての位置づけを見せていること、今回の米国大統領選後中国の存在感も増すことから、長い目で人民元は有力だと思っています。

 さて、米国大統領選。昨夜、マーケットは既にヒラリー勝利を織り込み、リスクオン。こおの状況、イギリスEU離脱投票とあまりに酷似していることからマーケットには一定の緊張感が漂います。普段は選挙前にほとんど結果が見えるのでこの状況が普通。こういう状況の中、ほとんどあり得ないフタを開けてびっくりの結果にイギリスEU離脱投票時はマーケットクラッシュが起こりました。あれは本当に稀。似ているとはいっても今の状況は選挙前には普通。

 ヒラリー圧勝が表。イギリスEU離脱投票と似ているから危ない、が裏。裏の裏は表、でヒラリー勝利か。しかし、危険な考え方だと思うのは、ヒラリーが勝ったらリスクオン、という考え方。マーケットは既にヒラリー勝利を織り込んで上昇してしまっているのでこれ以上にやたらめったら上昇するということは考えづらいでしょう。

 気を付けないといけないのはヒラリーが当選したからといって、不透明感が払しょくされるわけではない、ということです。ヒラリーさんにはやはりFBIがらみの話が今後もつきまとう。そして選挙当日のテロ予告もあります。不透明感があればマーケットは強気になれません。ヒラリー当選発表後、上昇に賭ける買いがあってもそれは短期の投機の買いであってすぐに売られる性質の買い。つまり、ヒラリーが勝ってもトランプが勝っても、米国株にあるのは下落リスクだということです。昨夜もニューヨークダウは日足の一目均衡表の雲を終値ではっきりと抜けませんでした。いつでも下落に転じる形です。S&Pもイヤ~な形。米国大統領選はどっちが勝とうとも、マーケットが行きたい方向は決まっているようです。
 

【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/11/09 (積立530営業日目)
累計積立金額:835,876円
外貨評価金額:799,874円
損益:▲36,002円(損益率▲4.3%)
累計スワップポイント:19,229円
預託証拠金額:368,770円(自己資金310,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:77.77円
平均積立単価:80.63円
数量:6NZD(=約466円)
累計積立数量:3,132NZD(=約252,531円)
外貨資産価値:243,567円
評価損益:▲8,963円 (損益率▲3.5%)
累計スワップポイント:6,109円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.48円
平均積立単価:17.84円
数量:32CNH(=約495円)
累計積立数量:14,556CNH(=約259,657円)
外貨資産価値:225,263円
評価損益:▲34,394円 (損益率▲13.2%)
累計スワップポイント:3,329円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.97円
平均積立単価:7.80円
数量:62ZAR(=約494円)
累計積立数量:30,108ZAR(=約234,755円)
外貨資産価値:239,997円
評価損益:+5,242円 (損益率+2.2%)
累計スワップポイント:9,883円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:107.49円
平均積立単価:105.00円
数量:4CHF(=約429円)
累計積立数量:847CHF(=約88,931円)
外貨資産価値:91,046円
評価損益:+2,115円 (損益率+2.4%)
累計スワップポイント:▲92円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

今朝の積立日記(積立529営業日目) 積立て投資の真価発揮の損益プラス転換間近!しかし目先は大統領選リスクと、暴落サイン。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 ヘリコプター・ベンが日銀と首相官邸に訪問した2016年7月12日以来、日本円売りに備えて純金に準ずる世界最強通貨スイスフランも買い始めました。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20161108積立

 長期コツコツ積立て投資の真骨頂発揮。含み損益プラス転換が間近です。含み損分をスワップポイントで回収しきった後はひたすらプラスの期間に入る。こうなれば、勝つか負けるかのゼロサムゲームでなく、時間が経てばひたすら資産が雪だるま式に膨らんでいくプラスサム投資の世界に入っていきます。この状態になるまでに時間がかかるから、長期投資なんてやる人は稀なんですね。

 大資産家、ウォーレン・バフェットに「なぜ、みんなあなたの投資方法を真似しないんですか?」と聞いたら、こう答えたそうです。「時間をかけてお金持ちになりたい人なんていない。」と。短期利益を追うのが人の性ですね。

 先駆けてプラス転換したのは、なんと一時期ボッコボコに暴落した南アフリカランドです。ここに来て堅調さを見せ、ついにプラス転換を果たしました。これからの資産高の時代を見ての南アフリカランド投資ですが、スワップ金利が大きい通貨なので今後まさにプラスサム投資をリードしてくれそうで楽しみです。FXと別に、金銀プラチナ積立ても投資しているので今後のプラチナ価格も楽しみです。


 しかし、喜んでばかりもいません。世の中は目の前に金融クラッシュが間近に迫っています。世の中では「トランプリスク」と呼ばれており、僕もそういう言葉を使っていましたが、もはや「米大統領リスク」、実はトランプが勝ったら危険なのではなく、どちらが勝っても米国株は危険な状況にあると思います。クリントンが勝ったとしても、FBIはクリントンのメールの束の分析に時間がかかると言っているだけであって、クリントン当選後も時期大統領が逮捕されるのでは・・・というリスクはマーケットに頭をもたげるでしょう。トランプが勝ったら即リスクオンなのは言うまでもなく。どちらが勝っても金融クラッシュにつながるのでは、と思います。

 テクニカル指標面でも米国大統領選前に暴落サインが点灯しました。MACDです。米国S&Pの9営業日連続下落は1980年以来36年ぶりなのだそう。それだけの事態に陥ったので昨夜ニューヨークダウが急反発を一発挟むのもうなづけます。そのニューヨークダウは昨夜の上昇で、MACDがマイナス圏で下落トレンドの中、再度シグナル接触するという大暴落サイン点灯しました。日経平均株価は今日も上昇するでしょうから、そうすると日経平均株価でも同様のMACD暴落サインが点灯します。ニューヨークダウの昨日の反発も、日足一目均衡表の雲の下限に激突するまでの反発という、トレンド上セオリー通りの中間反騰です。本当に大きな大暴落がある前には一発猛反発が入り「ああ、これでもう大丈夫だ」とう強気ムードを一瞬挟むものです。これも定石通り。

 そして選挙1週間前まで下落していた相場が、選挙直前に急騰する。これって、イギリスEU離脱投票前とまったく同じ姿じゃないですか。これは見逃せません。明日日本時間9日の朝から出口調査が明らかになってきますが昼には大勢明らかになります。この時間軸、EU離脱ショックを思い出してしまって身震いします。別にクリントンが勝っても何がマーケットの強気要因なのかよくわかりませんが、トランプが勝てば、また1ドル100円割れの円高と、また記録的な値幅の下落があるでしょうか。何事もなければいいのですが。
 

【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/11/08 (積立529営業日目)
累計積立金額:833,990円
外貨評価金額:789,261円
損益:▲44,728円(損益率▲6.8%)
累計スワップポイント:19,168円
預託証拠金額:368,564円(自己資金310,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。

NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:76.67円
平均積立単価:80.63円
数量:6NZD(=約460円)
累計積立数量:3,126NZD(=約252,064円)
外貨資産価値:239,662円
評価損益:▲12,403円 (損益率▲4.9%)
累計スワップポイント:6,094円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.39円
平均積立単価:17.84円
数量:32CNH(=約492円)
累計積立数量:14,524CNH(=約259,162円)
外貨資産価値:223,591円
評価損益:▲35,571円 (損益率▲13.7%)
累計スワップポイント:3,324円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.84円
平均積立単価:7.80円
数量:63ZAR(=約494円)
累計積立数量:30,046ZAR(=約234,260円)
外貨資産価値:235,567円
評価損益:+1,307円 (損益率+0.6%)
累計スワップポイント:9,841円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:107.29円
平均積立単価:104.98円
数量:4CHF(=約429円)
累計積立数量:843CHF(=約88,501円)
外貨資産価値:90,442円
評価損益:+1,941円 (損益率+2.2%)
累計スワップポイント:▲91円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

儲けを追う人は常に怪我をする。投資は、保険。本命は積み立て。


週明けから大きく上に窓を開けて始まりました。クリントンをFBIが訴追しない宣言したことでトランプリスクが後退。

しかしこの窓明けの要因は少し表現が違う。先週末、イギリスEU離脱投票ショックがフラッシュバックし、この機会に乗じて儲けようと、トランプに積極的に賭けたトレーダーの撤退。それがこの週明けの窓明け。先週末から、トランプに賭ける人たちの動きが話題になってました。ここがイギリスEU離脱の時と違ったところで、多数派が大儲けするなんてことはいつの時代も、無いです。トランプに賭けるのが精神的に楽な状況では、楽な行動から利益は出ないです。

しかしここでまた一気にクリントン優勢に触れてトランプに賭けた勢力が撤退したことで、いよいよ本当にイギリスEU離脱投票の時の動きと酷似してきました。あのときも、直前まで、ああ、もうこれで残留で決まったな、という安堵感の出たところでフタを開けてびっくり、クラッシュしたんでしたね。まだまだ開票までその思い出に乗って下落に賭ける人のリベンジと撤退を繰り返して乱高下するのでしょう。

下落に賭けるショートですが、このショートの本質はリスク回避の為にあるわけで。その下落で儲けようとし始めた時に、崩壊が始まります。投資は基本は長期の買いが本質だし、僕もたまに使い、この11月限で買った日経平均プットオプションはあくまで保険の為。この姿勢だけはブレずにおきつつ、やはりこれからしばらくはリスクに最大限に備える場面です。トランプショックはあり得るし、クリントン当選後もFBIの捜査の影は引きずることになる。まさか、時期大統領候補の逮捕なんてことになったらそれこそリーマンショックどころじゃない大崩壊が来ます。保険を少しかけておくべき、リスクマックスなマーケットが現在です。

今朝の積立日記(積立525営業日目) 積立て丸2年経過!含み損益回復傾向ながら、目先はトランプショックの暴落間近。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 ヘリコプター・ベンが日銀と首相官邸に訪問した2016年7月12日以来、日本円売りに備えて純金に準ずる世界最強通貨スイスフランも買い始めました。

 2014年10月末、黒田総裁がハロウィーン緩和と呼ばれた黒田バズーカ第二弾をぶっ放す週に積立てを開始してから丸2年が経過しました。皆様から頂くコメントやメッセージを励みにブログ更新を続けてこれました。本当にありがとうございます。

 この2年間は含み損益がガンガン膨らんできていますがレバレッジがほぼかかっていないことでロスカットの恐怖はまったく無いし、この外貨積立てを行っていることで将来の日本の財政危機、円安には怯えなくなりました。そのしっかり保険がかかっている安心感はやはり大きい。しかし損益としての実証はまだまだこれからだと思います。この外貨積立ては5年、10年という長期レンジでの投資を睨んでいるので、レバレッジをとにかく抑制したFXでの長期投資が今後実証できれば、と思います。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20161102積立

 2015年から膨らみ続けた含み損が打ち止まっているように見えます。最も貢献しているのはなんと南アフリカランド。含み損益がプラス転換間近まで反転してきており、スワップポイントを含めると既に大きくプラスです。ここからは貴金属のプラチナの価格反転も合わさって、プラス圏で稼ぎ頭筆頭になってくれるかもしれません。

 金に準ずる価値を持つ、世界最強通貨のスイスフランも好調です。昨日、米国大統領選で世論調査でトランプが1ポイントリードしたことでトランプショック懸念が急浮上。リスク回避指向が進み、金価格が急上昇するのにつれて、金価格と似たような、金利がつかないが価値が減りづらい性質を持つスイスフランやビットコインも価格上昇しています。これら金利がつかない資産クラスの上昇はいよいよリスク回避姿勢を鮮明に表現しています。

 6月末のイギリスEU離脱ショック以降の3ケ月間というもの、無相場期間が続きました。マーケットが大きく動くには日柄的にも良い時期です。例年であれば、10月中頃までヘッジファンドの解約ルールアノマリーによって下げ、オクトーバーショックを越えて、ハロウィーンから買い始めるのが良い、というのは定石です。しかし今年は昨年チャイナショックが起きた8月、8年前にリーマンショックが起きた9月、アノマリーの10月をほぼ無相場で乗り越えてしまいました。下げないものは上げません。そして、この時期を中央銀行の量的緩和で人為的に乗り切ってしまったことは、それ以上の破壊力のしっぺ返しを受けることになるんじゃないでしょうか。

 その相場が大きく動くきっかけとなる要素は今の世界情勢にはあまりに多いです。11月8日の米国大統領選まで1週間を切りました。1週間後の今頃はもう結果が出ているわけです。そんな間近でのヒラリースキャンダルを受けてのトランプ世論調査リード。もちろん、選挙前に1回劣勢を見せる、というのは選挙戦略の常とう手段なわけですが、投資家の脳裏によぎるのは6月末EU離脱投票での大暴落です。当時は世論調査で拮抗、ブックメーカーは圧倒的に残留派勝利を告げていました。今回も、世論調査で拮抗、調査機関の調査ではヒラリー圧倒的有利、と、同じ構図です。みんな「まさか」に備えてしまうのも当然ですね。

 イラクでは政府軍の進行が進み、ロシアと欧米各国緊張は高まり、韓国では大統領更迭デモ。経営不安を言われていたイタリアのモンテパスキら銀行をイタリア大地震が襲っています。日本も、大きな地震が続いている。何が炸裂してもおかしくない、警戒感マックスの相場です。

 あまり気にする必要はありませんが、面白いアノマリーとしては日本では今週から「ジブリの法則」が発動します。金曜ロードショーは3週間連続でジブリ。米国雇用統計と同日にジブリがあるのが暴落と重なることが多いらしく、しかも暴落可能性の高いとなりのトトロ、だそうです。面白いですね。そして大物人気芸能人が結婚発表すると暴落するアノマリーもあり、過去には福山ショックとか、堀北ショックなどがありました。芸能リポーターの井上公造氏が一昨日31日にミヤネ屋で、1~2日以内に大物芸能人カップルの発表がある、と予告したそうです。投資家が芸能ニュースを気にするのは面白い現象ですが、こんなアノマリーの影響を楽しむのも、投資を長く続けるコツかもしれませんね。楽しさが無いとやっぱり続きませんから。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/11/02 (積立525営業日目)
累計積立金額:826,523円
外貨評価金額:769,989円
損益:▲56,534円(損益率▲6.8%)
累計スワップポイント:19,054円
預託証拠金額:368,325円(自己資金310,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。

NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:74.78円
平均積立単価:80.67円
数量:6NZD(=約449円)
累計積立数量:3,102NZD(=約250,242円)
外貨資産価値:231,964円
評価損益:▲18,278円 (損益率▲7.3%)
累計スワップポイント:6,069円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.38円
平均積立単価:17.87円
数量:32CNH(=約492円)
累計積立数量:14,396CNH(=約257,202円)
外貨資産価値:221,467円
評価損益:▲35,735円 (損益率▲13.9%)
累計スワップポイント:3,317円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.66円
平均積立単価:7.80円
数量:65ZAR(=約498円)
累計積立数量:29,789ZAR(=約232,280円)
外貨資産価値:228,246円
評価損益:▲4,033円 (損益率▲1.7%)
累計スワップポイント:9,758円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:106.79円
平均積立単価:104.96円
数量:4CHF(=約427円)
累計積立数量:827CHF(=約86,799円)
外貨資産価値:88,312円
評価損益:+1,513円 (損益率+1.7%)
累計スワップポイント:▲90円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

生き残る為の投資はとにかく長期トレンドを見るべし。


 ついに目先、強気を唱え始める人が出始めた。暴落、暴落と言いながら、いつまで経っても暴落しないので、ついにもう下落しないだろう、上昇だ。としびれを切らした人たちが出てきている模様。短期で見るとゴールデンクロスやらなんやらいろいろ出ているのも事実。

 しかし、である。デイトレーダーならともかく、僕の様なポジションとってほったらかしが主の副業サラリーマン投資家にとっては長期トレンドが重要である。そして長期トレンド、週足や月足を見てみると、このトレンドの状態でニューヨークダウを買える人はかなりの変態だろう。いくらハロウィーンは買いだ、と季節要因をとなえてみても、この長期トレンドはめためただ。

 ついに11月に入った。米国大統領選を8日に控え、ここに来てトランプ優勢説が流れ始めると、やはり頭には英国EU離脱投票のクラッシュが脳裏に蘇る。ここに来てビットコインの価格が暴騰を続けている様子も気になる。何か、資本逃避が起きているのではないか。最大限に危機に備えてシートベルトを締めておきたい。


ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク