ドル円、あっという間に1円の乱高下はあっという間に10円大変動の予兆。


ドル円が為替マーケットとしては変動の激しい1%以上の乱高下を毎日のように繰り返しています。ドルインデックスの変動に加えて対円相場で日米の綱引きが続いて変動が増幅されています。

一方で豪ドル円やニュージーランドドル、そして南アフリカランドなど資源国通貨を見てみれば昨年から右肩上がりに上げてきています。ドルはだんだん安くなってきています。ドル円がときどきドル高円安に振れるのは対日本円との関係。日米関係です。

昨日は麻生財務大臣が「為替はまだ120円にもいってないから円安と言われる筋合いはない」と、財務大臣としては違例中の違例、具体的な為替相場に言及したとのこと。記憶であるのは過去民主党政権の時に「ドル円は95円ぐらいが望ましい」と発言した口の軽い閣僚がいた以来のことかな、と記憶しています。

かつて総理大臣経験もある麻生さんのこと、勝手な発言はできないわけで日米間である程度の合意はある話でしょう。この発言はドル円120円への呼び水どころか、むしろドル円は120円までいったら円安水準だというイメージを植えつけ、ドル円120円で上のキャップがかかったようなものです。円安方向への伸びしろが消され、ドル円は昨夜も円高方向へのイメージが出てきたように思います。115円もくぜんまでいきながら114円割れまであっという間に叩き落とされてしまいました。ドル円は日米金利差で決まりますが、これ以上金利差が開くのも難しい。

ドル円はやはり100~120円の間でふらふら動く乱高下から利益を得るランダムウォーク戦略で十分のようです。

ドル円は本当に円安にいくのか。


ドル円のランダムウォーク戦略をとっているので100~120円の間で乱高下してるぶんには利益が積み上がっていくのだけれどもリスクはもちろんそのレンジを大きく抜けることがあるのかどうか。

ドル円が111円で下げ止まり114円へ反発、日米首脳会談で為替が話題にならなかったとの観測を受けてさっそくニュースは円安観測。125円とか、もっと円安へいく可能性もあるとの観測。本当か?

まず日米首脳会談含め今回の安倍さん渡米で本当に為替が話題にならなかったのか、日米財相の協議の内容がぜんぜん伝わってこないところが不気味。そしてドル円が円安になるにはドル円は日米金利差に完全連動して今のところ動いているので、日本国債金利を日銀ががっちりゼロ近辺にコントロールし、米国金利がどんどん上がっていくことが必要になる。

そして今、米国債金利を見ると日足の一目均衡表の雲の上限にぶち当たっておりここから上抜けしていくにはまだまだ不利な雲の形だ。日本国債も日銀のコントロールに不安視が出ている。

この状況下でドル円が130円とか140円とかいくだろうか。一応可能性の低いリスクとして頭には入れて注意をしつつ、100~120円レンジのドル円ランダムウォーク戦略を続けようと思います。このレートで為替安定が日米双方望ましいのではないでしょうか。急変に気を付けるとしたらどちらかというとドル安の方です。1ドル90円くらいはいつあってもいいように想定しておきたいです。

ドル円のランダムウォークでコツコツ少額稼ぐのがサラリーマン流儀。夢は見ない。


相場予想が当たらないことを前提にしたドル円ランダムウォークトレードがゴリゴリ稼いでいます。ドル円が上に下に乱高下。後講釈で「このトレンドラインに沿った動き」などうんぬん言う人はいますが、あくまで可能性の話。可能性の高い低いで切った張ったやるのは相場にずっと張り付けるプロトレーダーの専売特許で、副業サラリーマントレーダーの相場関わる頻度で有効なトレンドラインは難しいです。

トレンドラインの確認は必要です。ただそれは方向性、可能性の確認にとどめ、この可能性が高いから保険でほっちもポジション置いとくか・・・と、損をしない為のポジション構築に使います。

攻めの方、稼ぐ方は大きく稼ぐのは夢物語なのでやはりコツコツ稼ぐのがメイン。宝くじのように大当たりする夢を見ている時間があれば1日でも早くコツコツ稼ぎ始めて複利効果をだしていった方が効率的です。

昨日もドル円ランダムウォークトレードが稼いでいます。100円~120円の間を動いてる間はコツコツ利益が積み上がるようにドル円の両建てのイフダンを張り巡らしてるので(手動で。笑)、値動きがあればコツコツ積み上がります。今年の乱高下はとても利益が大きい。

ただ、忘れてはいけません。このボラティリティの盛り上がり、マーケットの楽観。リーマンショック前にそっくりであることを。リーマンショックの2008年から9年が経過しており、当時の恐怖をみんなもうすっかり忘れてしまっていることを。歴史はいつも繰り返します。ドル円は1日で1円、2円は普通に動いているハイボラティリティなので、この中では異常な変動が起きたらドル円が1日で20円ぐらい動く可能性は常に頭に入れてどんな時でもロスカットにはならない資金管理は必ずしておくこと。

マーケットでは、楽観に浸った人間は、カモです。

ドル円、日経平均オーバーシュート!不吉。


今朝は興味深い動き。ドル円、日経平均株価が節目を超えてすぐに戻される。オーバーシュートのダマシ発生の可能性。もしそうならダマシの後は失望で売られる。

しかし何があるかわからないのがマーケット。トレード手法はいつでもランダムウォークです。値動きの激しいドル円の値動きを上がろうが下がろうが両建てでコツコツ利益積み上げます。ドル円が100~120円の間のレンジをうろうろすることを想定してランダムウォーク戦略仕掛けています。

楽観の先に、跳ねるのはどの資源か。銀、プラチナ、仮想通貨。


日米首脳会談を無事に乗りきりマーケットは再度楽観ムード。ベンチマークとの競争を強いられる機関投資家は持たざる恐怖が出てくるところでしょうか。

トランプさんがぶちかました減税予告。インフラ投資に減税。バラマキ政策ですから当然財政懸念から通貨価値が落ちていく。すると当然資源価格が上げてくる。

外貨投資なら資源国通貨。そしてゴールド、プラチナ、シルバーなど貴金属。パラジウムや銅など敏感な金属は足速く上がっています。そして貴金属より手軽な仮想通貨(暗合通貨)は世界中で注目されてます。貴金属価格は各国政府が統制かけてくるけど仮想通貨は触りづらい。中国はビットコインと規制で戦ってますが、じゃあもっと無数にある仮想通貨や取引所を全部規制できるかというとそうではない。ビットコインの代替としてイーサリアムやネムなどへの資金流入も期待されるところ。

なにせ世界の量的緩和は限界にきてるのでこれ以上通貨は増えず限られたパイの中での奪い合いが始まっています。資源は、手に入れるのが困難になればさらに上げます。株などより資源がわかりやすくていいですね。

ドル円のランダムウォーク戦略が稼いでくれている。


ドル円のランダムウォーク戦略が稼いでくれています。

ランダムウォークはつまり上がるか下がるか予想を当てにせず、ランダムにドル円をトレードする戦略です。買いも売りもその時のチャートパターンで行っていきます。ある時は買いで、ある時は売りで。けっこう売りと買いが同じぐらいのポジション量になりがちです。

エントリーはけっこうチャートの形だけ見てランダムに売り買いします。重要なのは先に利益確定のセットを入れておくこと。利益確定を裁量にしてしまうと欲が出て決済できなくなります。「もう少し上がるかも・・・」という人の欲を排除します。僕はいつもドル円で買値売値の50銭先に利益確定を先に発注します。損切りは置きません。

最も重要なのは、資金管理。この戦略の最大のリスクは価格がずっと同じ方向に進み続けることですから、ドル円が1日で10円ぐらい動いても平気なようにポジションを置いとかないといけません。僕はドル円のひとつのトレードは100ドル。ひとつのポジション1万円です。ひとつのトレードで50円稼げるのでひとつの利益が0.5%。10回取れれば5%になるわけですね。ここ最近はドル円の値動きがものすごく大きいのでよく稼いでくれてます。

仮想通貨マーケットの急拡大は何を示すのか。


 長いことFXで外貨投資を行ってきて、「通貨」というものに触れ続け、世界経済・政治で何がどう動くと通貨にどう影響があるのか、ということに触れてきた身としては、やはり仮想通貨の動向というものには惹かれるのは必然。ブロックチェーンという革新的な技術に伴った仮想通貨の発展というのは何を示しているのか、と考えてしまいます。

 ビットコインがマーケットのほとんどを占める仮想通貨マーケットですが、今朝はまた仮想通貨全体の時価総額が200億ドルを超えています。ビットコインがまた12万円に迫る上昇を示しているのもさながら、僕もコツコツ買っている他の仮想通貨、イーサリアムやネム(NEM)、カウンターパーティートークンなども価値を猛烈に上げてきています。今朝方はついにモナコインも急上昇しています。モナコインなんかは時価総額100万ドルしかないので上がり始めたら期待ですね。

 合わせてみるべきはもちろん金地金、ゴールド。ゴールド価格も右肩上がりで上昇中。1240ドルをつけています。

 中国人民元からの資本逃避であらゆるものが「爆買い」されているのが資源価格上昇の基本的な構図ですが、仮想通貨マーケットにまでここまで資金が流れ込むのは何を示しているのか。やはり新しい時代の変化が始まっているようにも思うのです。メインどころはみんな上昇しているので今年は特にこの仮想通貨マーケットの動向も何が起きているのか想像力を働かせて合わせて注目しようと思います。

金価格の上昇サインが示すマーケットの激動。


 金価格が暴騰間近のトレンドを示していたので注視していました。何度か日足一目均衡表の暴騰の兆しを紹介してきましたが、昨夜ついにトレンド節目を超えました。

金価格 日足一目均衡表
20170207金
(SBI証券提供)

 一目均衡表の雲を上抜き、しばらく上昇トレンドがありそうです。ゴールド価格は基本は米ドルと逆相関の関係にありますので、既にマーケットはトランプ政権のドル高防止発言、および減税バラマキ政策による米国財政懸念に反応してると言えそうです。この傾向はしばらく続くでしょう。

 金価格だけではありません。プラチナやシルバーなど貴金属価格、そしてビットコインなど様々な金融動向に敏感な資源価格が上昇しています。マネーから資源へのシフト。この動きは加速していくのではないでしょうか。株や不動産も伸びが期待できない低成長の中では今あるパイの奪い合い、資源価格に目が向いてもおかしくありませんね。

 いずれにしろ、ニューヨークダウが2万円超えたうんぬんいってますが、金価格の上昇はマーケットの先行き不安を映しているとも言えそうです。

重要指標は雇用から貿易へシフト。米国指標は雇用統計より、明日の貿易収支!


 トランプ大統領以降の世界経済は、明らかに構造がそれまでと変わっています。

 特にこれまで数年間、重要な指標としてみんなが注目していた毎月第1金曜日の米国雇用統計。雇用統計前はTwitterとか見ててもFXトレーダーが重要なタイミングだとわらわら出てきて気にしています。しかし、雇用統計はもはや重要ではないです。トランプ大統領以降、FRBのイエレン議長はもはや存在感も薄れ、FRBの利上げうんぬんはあまり注目されていません。FRBの実質金利がどうであれ、昨年11月のトランプ勝利以降、米国長期金利は暴騰してしまっているのです。既に金利は動いています。

 変わって、重要視されてくるのは、貿易だと思われます。「Make America great again!」のトランプさん。注目されるのは貿易摩擦の動向です。トランプさんが気にしているのは貿易収支ですから、明日、米国貿易収支が発表されるとまた何か為替についてTwitterでトランプ砲がぶっ放されるリスクがあるのです。

 トランプ大統領就任後、重要なのは貿易関連です。ドル円は現在112円を割りそうなところにいますが、米国貿易収支も十分注意して見ましょう。そして値動きがあれば上であろうが下であろうが、乱高下のエネルギーをコツコツ利益に換えてランダムウォーク戦略で稼いでいきます。今のドル円のボラティリティはエネルギーをたくさん持っているのでとても稼げますね。

日経平均株価はドル建てで見るべし。実は既に過去数年の最高値水準にある。


ニューヨークダウが2万ドル超えたのだから、日経平均株価の今の1万9千円という水準は出遅れててもっと上がる、という論調もあります。

しかしそれは適正な評価ではありません。

日本株の取引は6~7割が海外からの取引です。よって、為替差分も勘案して評価する必要があります。日経平均株価の現在の1万9千円は昨年つけた2万円超えの水準から見れば最高値圏ではありませんがドル建て日経平均では170ドル手前、それは2015年春につけた高値とのダブルトップを形成しにいっています。今現時点の日経平均株価はここ数年の最高値圏にあるのです。なので、日経平均株価はニューヨークダウに比べて出遅れていることはなく、むしろニューヨークダウより先に170ドル間際の高値をつけて、そのあたりに張り付いているところです。円建て日経平均が下げる以上に円高にいっているのでドル建ては上がっているのです。なので、これ以上の上値余地はあまりなく、大きく円安ドル高に振れない限りは円建ての日経平均株価が2万円を突破することはありません。そして大きく円安ドル高に振れる、というのはドル高でニューヨークダウが下がることを意味しますので、トランプ政権がそれは許さないでしょう。日経平均株価は動かないか、動くとしたら下方向の可能性がありそうです。

ただ今は株よりもドル円の動きがいいので素直にドル円の
乱高下のランダムウォークでコツコツ稼ぐのが良いと思い、ランダムウォーク戦略をとっています。

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク