FC2ブログ

外貨積立日記(積立618営業日目) トランプ後好調だった含み益にも陰りが。米国株にはいよいよヒンデンブルクオーメン点灯。

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20170314積立

 んー。昨年11月のトランプ米選挙勝利後の円安の流れに乗ってこの半年近く含み益状態が続いていました。いよいよその好調状態も頭打ち状態がはっきり見えており、そろそろ失速しそうです。しかし積立て買付においては下落相場はむしろ安く外貨が買えるので嬉しい現象です。含み損は将来の利益の源泉。短期で円高で含み損状態になり、その時に安値でたくさん仕込んで、長期でどーんと円安になるのが良いのです。10年レベルの長期では対資源国通貨に対しては円安、しかも相当なレベルでの円安を想定しています。

 通貨オプションの価格が記録的な安値だそうです。あまりに変動がなくなりすぎて、誰も今後の大きな変動を予測しておらず、保険代の意味あいを持つオプションを購入しない。恐怖指数と言われる米国S&Pのボラティリティを指数化したVI指数も安値にへばりついています。楽観相場になっています。

 そんな中、月曜日の米国株マーケットで「ヒンデンブルグオーメン」が点灯したと話題になっています。不吉な暴落のサイン。このサインが出ると先40日ぐらいの期間で7割の確率で5%下落、2割の確率でパニック的な売りがある、と言われるものです。7割の確率で5%程度の下落なのでここ数年はこのサインは何回か出ていますがほぼあまり意識されることもなく、たいして何も起きずに時間は流れていきました。しかしやはりヒンデンブルクオーメンはやっぱりヒンデンブルグオーメン。警戒感は高まるわけです。

 原油価格が暴落を続けているのが気になります。まして明日は3月15日。米国FOMCの利上げ、米国債務上限、オランダ選挙などあまりに多数のビッグイベントが重なっている日です。北朝鮮も地政学リスクを演出していますし、日本は森友学園問題で政治不安です。ここでリスク回避に走らないというのは・・・あまりに楽観的過ぎるのではないでしょうか。

 一方で、まだ米国株は個人が空売りに傾いており下落予想ということでまだ上がるのでは、という観測もあります。米国株が上がれば、ドル建て日経平均株価も強気となり、ドル円が動かなければ日経平均株価は上昇するということになりますが、まあ厳しいでしょう。ドル円だけ円高に動いて日経平均株価は下がらないという可能性もありますが・・・やはり下げるでしょうね。

 やはり円高方向がありそうなのでこれから資源国通貨積立ては含み損状態に転落しそうですが、その円高相場で安く買いつつ、ドル円とオーストラリアドルのランダムウォークトレードでコツコツ売り買いで利益を積み上げて資産構築していきたいと思います。積み立てている外貨も資源国通貨なのでスワップ金利も大きくなってきました。複利でどんどん増えていくので将来楽しみに構えておきます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/3/14 (積立618営業日目)
累計積立金額:996,934円
外貨評価金額:1,006,243円
損益:+9,309円(損益率+0.9%)
累計スワップポイント:29,732円
預託証拠金額:302,038円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:79.54円
平均積立単価:80.67円
累計積立数量:3,658NZD
評価損益:▲4,126円 (損益率▲1.4%)
累計スワップポイント:8,019円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.66円
平均積立単価:17.64円
累計積立数量:17,159CNH
評価損益:▲16,811円 (損益率▲5.6%)
累計スワップポイント:5,527円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.75円
平均積立単価:7.88円
累計積立数量:35,304ZAR
評価損益:+30,729円 (損益率+11.0%)
累計スワップポイント:15,560円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:114.01円
平均積立単価:113.24円
累計積立数量:322CHF
評価損益:+249円 (損益率+0.7%)
累計スワップポイント:▲31円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:10.02円
平均積立単価:9.78円
累計積立数量:4,326KRW
評価損益:+1,033円 (損益率+2.4%)
累計スワップポイント:+77円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:30.69円
平均積立単価:31.65円
累計積立数量:1,314TRY
評価損益:▲1,261円 (損益率▲3.0%)
累計スワップポイント:+580円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

原油価格の暴落。次の展開は。上げているのはやはり仮想通貨ぐらいしかない・・・


先週から原油価格が暴落しています。ドル高以上に落ちており、OPECが減産しようとも、トランプ・アメリカのシェールオイル増産傾向による需給要因が効いている模様。基本はモノなので、需給か、基軸レートの米ドルの変動が変動要因なわけだけれどもこの下げ方もなかなかきつい。

原油が下げて米国株も頭打ち始めており、資源価格下落に伴ってゴールドもシルバーも下落傾向。何かに資金を移すにも移す先が無いのか、仮想通貨(暗号通貨)マーケットは高騰を続けています。

ドル円は雇用統計の良い結果を受けても115円を割れて114円まで落ちてきた値動きはネガティブ。今週15日にはいろんなイベントが集中します。米国利上げ、オランダ選挙、米国債務上限。15日でアク抜けするのか、どうか。値動きは大きくなりそうなのでドル円ランダムウォーク戦略でコツコツ利益を積み上げていこうと思います。

仮想通貨の上昇率がまだまだすごい。インフレ時代の本命か。まだまだ積立てしながら保有・放置します。

 今年に入ってから上昇加速している仮想通貨(暗号通貨ともいいます)ですが・・・。3月11日にビットコインETFがアメリカで承認されるであろうというイベントは、残念ながらETF承認却下だったとのこと。ETF却下後はビットコインは15分で2割減というものすごい大暴落を見せましたがその後あっという間に回復。ビットコインは既に信用取引市場が出来ているのでETF却下でショートに走った勢力があっという間に買い戻したのでしょう。結果、ビットコイン以上に他の仮想通貨(ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインといいます。)の上昇の勢いがすごいですね。

 仮想通貨は時価総額がまだまだ市場全体でも230億ドルしかなく、先日アメリカでIPOしたスナップチャットは1社で250億ドルの時価総額にもなったわけですから、その1社分の市場規模しかありません。株式市場の時価総額はアメリカ20兆ドル、日本3兆ドルもあるわけです。日本株式市場の100分の1の市場でしかないわけで、仮想通貨市場全体がまだまだベンチャーマーケットなわけですね。マーケット全体としてさらに10倍とかの夢があり、全体でそれだけあると、ビットコインがここから10倍とかは無いでしょうが、ビットコイン以外の通貨ではこれから100倍とかまだあるんじゃないかという夢があるわけです。

 もちろん、今年年初から見られている急騰が今後もずっと続くなんて思いませんし、崩れる時の下落率もこれまたすごいので厳しい次期もこれからやってくるでしょうから仮想通貨マーケットに資金を投じるのはそれなりの覚悟も必要ですし安易に買うべきものでもないと思いますが、まだまだ小さいマーケットですのでやはり夢は期待できると思います。


 仮想通貨全上げです。僕が保有している暗号通貨たちも、今年に入ってからの時価総額の上昇具合を日にちを追って書いてみました。

 ※僕が所有している金額ではなく、その通貨全体の時価総額を記載しています。

■暗号通貨市場全体: 1/6:16億$ → 1/31:18億$ → 2/28:22億$ → 3/2:23億$ → 3/12:23億$

■ビットコイン: 1/6:14億$ → 1/31:15億$ → 2/28:19億$ → 3/2:19.8億$ → 3/10:19.1億$

■イーサリアム: 1/6:856M$ → 1/31:935M$ → 2/28:1,371M$ → 3/2:1,639M$ → 3/10:1,886M$

■NEM(ネム): 1/6:28M$ → 1/31:47M$ → 2/28:61M$ → 3/2:72M$ → 3/10:89M$

■モナコイン: 1/6:1.0M$ → 1/31:1.2M$ → 2/28:1.4M$ → 3/2:1.9M$


 3月11日のビットコインETF非承認で、ビットコインはちょっと上げが止まった感じでしょうか。しかしその横でイーサリアムやNEM(ネム)はぐんぐん伸びてます。今年年初からの伸びでいえば、ビットコインは1.5倍、イーサリアムは2倍、NEMは3倍、モナコインは2倍です。わずか2ケ月でこの上昇はすごいですね。繰り返しますが、もちろんこんなのずっと続くわけもなくすぐ崩れるのでしょうが、夢があるのでどこまで上がるのか、コツコツ積立て継続し保有したまま握りしめて保有し続けてみようと思います。


 仮想通貨の取引所ごとに買える仮想通貨が違い、リスクもある仮想通貨はとにかく分散投資すべく、僕は2つの取引所を使ってます。

 ビットコインとイーサリアムはbitFlyerで積み立てています。ビットフライヤーは中国取引所規制後ビットコイン取引高で世界一になってしまった一大取引所です。取引規模に対してまだまだシステム投資が追いついていないんじゃないかともよく言われますが、日本が誇る新たな世界一として頑張ってほしいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 ビットコインはもう既に規模が大きいのでここから10倍とかはなかなか考えづらく、小さいものたちも積み立てています。NEM、モナコイン、カウンターパーティーなど。それらはzaif(ザイフ)で積立てをしています。このzaifを運営しているテックビューロも日本の企業、どんどんいろんな仕掛けを世界中で展開しているまさにブロックチェーンベンチャー。NEMはテックビューロ株だ、とも言われるのでこのテックビューロに投資する、という意味合いのあるNEMはどんどん買ってます。非上場株投資みたいなもんですね。この企業もブロックチェーン、フィンテック業界で世界にはばたく日本の主力でしょう。




 ビットコインは最初に買い始めた1年前、1BTC=3万円程度から、現在1BTC=14万円で既に4倍以上です。量的緩和で米ドル、ユーロ、日本円といった主要国通貨がどんどん刷られて価値が減っていき、また、世界株価がPER20倍超という株バブルの中で、この暗号通貨という存在にはやはり興味を持つのはFXトレーダーとして外貨、貨幣価値というものに触れ続けてきた身としてやはり自然な流れ。

 今年は日本でもいよいよ年内に三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」が登場すると言われています。仮想通貨というものの認知度が高まるわけで、この市場に期待大ですね。

気持ち悪いぐらいの静けさ・・・。何が起きるのか。上でも下でも次はうごき大きいのは確かっぽい。


ドル円も、日経平均株価も、まったく値動きが動かなくなってしまいました。あまりに静かで不気味です。こういう静かな時こそ、何か大きな動きが裏で進行しているものだと思います。

チャート的にも上値と下値を各々に切り上げ・切り下げしてだんだんレンジが狭まってきてます。レンジ相場の中でよく上に下に動いてくれたのでドル円のランダムウォークトレードはこの1~3月、よく稼いでくれています。こんなにおいしいレンジ相場がずっと続くはずもなく、レンジを抜けたらかなり大きな動きになると思います。

ドル円ランダムウォーク戦術とは、両建てで上がったら売り、下がったら買う、ポジションができたら50銭程度の利益確定決済ポジションをすぐに出す。ポジション作るのは適当でいいですが先に決済注文を入れておくことがポイントです。これを入れとかないと欲が出てなかなか利益確定できず機会を逃します。100~120円の間でドル円が乱高下すればするほど値動きぶんの利益がコツコツ積み上がっていく手法を僕が勝手にそう呼んでます。

ドル円のオプション価格が記録的な価格下落だそうです。オプション料はいわば値動きに対する保険料ですが、そんな保険料を払うのがもったいないくらい値動きが出ない、ということでしょう。こうなるとみんなどんどん油断したポジション作りをして、何か一気に大きな動きが出たときに巨額の損切りが生まれて値動きが増幅されます。

ボラティリティは必ず循環するものでしょう。静かなあとに嵐が来ます。方向は暴落か暴騰かは個人投資家ごときには誰にもわかりません。どっちに動いても驚かないように備えをしておきます。

注意!寄り付き前外資系証券売買動向の売り越しが久々にデカイ。


先週は日本株は堅調に推移しましたがその中では寄り付き前外資系証券売買動向は買い越し傾向が続いてました。

その動向が先週末から今週にかけては連日売り越し傾向に転じています。そして今日は売り越し自体は150万株とそれほど大きくない売り越しながら、母数の売りの規模自体がひさびさにデカイ。1500万株というデカイ売りの規模です。

今週末は米国雇用統計と日経平均メジャーSQがかぶる珍しい週。売りと買いが交錯しSQ週の水曜日は荒れる、というのはよく言われる話ですが、今日は注意です。

値動きが無くなっている為替と株。暗号通貨ぐらいしか上がってるマーケットが無い・・・


為替、株はとても静かな時間が流れています。ぜんぜん動きが無くとりたててニュースも無い状況。

15日にいろいろ重なりすぎてて今はその前に休んどこう、というところでしょうか。株価が上がったら下がる、下がったら上がるというものであるのと同様に、値動きも激しいときがあればその次は反動で静かになりますし、激しく動く前にはやはり静かになります。トランプラリーのあとのひと休みという見方もできるでしょう。トランプさんが静かにしてくれています。

値動きがあるものといえば、暗号通貨ぐらいしかない状態です。この1、2日は落ち着いてきましたが基本は右肩上がりで急騰してきました。ビットコインはもう十分に時価総額あるのでこれ以上夢追いは難しいということで多目に投資していた小規模のNEM(ネム)の上げがすさまじく嬉しいところです。

3月15日前に、この週末は少し動くかな。もはや意味も少なくなったとはいえトレーダーが大好きな米国雇用統計、さらに日経平均メジャーSQが重なるという珍しいイベント週末です。そしてなにせ15日は米国利上げにオランダ、米国債務上限などあまりに多くが重なりすぎてて大変です。このひとときの静かなマーケットは不気味ですが、まあ休もうと思います。


米雇用統計と日経平均先物メジャーSQが重なる珍しい週。日本株の乱高下が見れるか。


普段は米国雇用統計は月の第1金曜日。しかし今月はカレンダーの関係から3月10日、今週末になっている。そして今週末は日経平均株価先物メジャーSQとかぶる。日本株の乱高下が見れそうです。

トランプ選挙戦勝利が11月初。そのタイミングで12月限先物を買うのは期間が短すぎますから、そのタイミングで買われたコール先物は3月限だったでしょう。この日経平均19000円超の水準からさらに高いコールにロールオーバーするには2万円以上の価格を買うことになりますから、ここで利益確定。日経平均株価の上値の重さに効いてるはずです。

さらに国際情勢の悪化と、日本は森友学園。先週末イエレン議長講演では3月利上げが裏付けられたのにドルインデックスは売られてドル円下落。ドルも利益確定ゾーンということでしょう。利上げ方向は米国株にはマイナスですから、いよいよトランプ後マーケットを牽引してきた米国株も崩れてきます。

さて、ドル円110円割れが見れるでしょうか。僕はもちろん上、下、どちらかに偏ることなく上がろうが下がろうがこのドル円の乱高下エネルギーを利益に変えるべく意思の無いランダムウォーク戦略で構えます。

潮目の変化?資源価格一斉の急落。


昨夜のニューヨーク市場は潮目の変化を予感させる動きでした。

ニューヨークダウが久しぶりに100ドル超の下落。それ以上に少し騒がれたのが資源価格の一斉の下落。原油が久しぶりの大きな動きで急落。貴金属市場も下げ、銀はニューヨーク引け間際に一気に4パーセントもの下落です。ちなみにビットコインら暗号通貨は変わらず強いまま。

何かが起きている模様です。

仮想通貨の上昇率がヤバイ!!一体何が起きているのか!?とにかく保有したまま放置します。


 仮想通貨の上昇がヤバイです!!今日、仮想通貨全般、尋常じゃない伸び率です。こんなのがずっと続くとはもちろん思いませんが、やはり仮想通貨は夢があります。崩れる時はこれまたとんでもない大暴落になるところがまた怖いところですが、どこかの国からの資本逃避なのでしょう。世界で何かが起きています。

 仮想通貨全上げです。僕が保有している暗号通貨たちも、今年に入ってからの時価総額の上昇具合を書いてみました。

 ※僕が所有している金額ではなく、その通貨全体の時価総額を記載しています。

■暗号通貨市場全体: 1月6日16億ドル → 1月31日18億ドル → 2月28日22億ドル → 3月2日23億ドル

■ビットコイン: 1月6日14億ドル → 1月31日15億ドル → 2月28日19億ドル → 3月2日19.8億ドル

■イーサリアム: 1月6日856Mドル → 1月31日935Mドル → 2月28日1,371Mドル → 3月2日1,639Mドル

■NEM: 1月6日28Mドル → 1月31日47Mドル → 2月28日61Mドル → 3月2日72Mドル

■モナコイン: 1月6日1.0Mドル → 1月31日1.2Mドル → 2月28日1.4Mドル → 3月2日1.9Mドル


 今年年初からの伸びでいえば、ビットコインは1.5倍、イーサリアムは2倍、NEMは3倍、モナコインは2倍です。わずか2ケ月で、です。恐ろしいですね。繰り返しますが、もちろんこんなのずっと続くわけもなくすぐ崩れるのでしょうが、夢があるのでどこまで上がるのか、保有したまま握りしめて保有し続けてみようと思います。


 僕はビットコインとイーサリアムはbitFlyerで積み立てています。ビットフライヤーはビットコイン取引高で世界一になったのだとか。日本の取引所が世界一なんて、すごいですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 この2大通貨はもう既に規模が大きいのでここから10倍とかはなかなか考えづらいので、小さいものたちも積み立てています。NEM、モナコイン、カウンターパーティーなど。それらはzaif(ザイフ)で積立てをしています。このzaifを運営しているテックビューロも日本の企業なのですが、今度ベルギーで国が推進するブロックチェーンのプロジェクトをzaifが受託したのだとかなんだとか。すごいですね。フィンテック革命の本命技術と言われるブロックチェーンでは日本はなかなか善戦しているようです。




 ビットコインは最初に買い始めた1年前、1BTC=3万円程度から、現在1BTC=14万円超えなので既に4倍以上です。量的緩和で米ドル、ユーロ、日本円といった主要国通貨がどんどん刷られて価値が減っていく中で、この暗号通貨という存在にはやはり興味を持たざるをえませんね。


外貨積立日記(積立610営業日目) トランプ後はずっと含み損益改善。どこかで崩れてしま野か?

スキャン_20150616


 こんにちは。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20170302積立

 外貨積立ての損益だけを見ていると、トランプ大統領の昨年11月選挙戦勝利が転換点となりその後右肩上がり。少しトーンダウンしていたところ、昨日のトランプ米大統領の初議会演説でまた伸びました。外貨積立て損益ではトランプさんはとてもポジティブな存在であるようです。何も意志を入れない投資が成績良いのですから、”毎日積立て”の威力を感じます。

 この裏ではトランプ政権への危機感は解きません。昨日のトランプさん初議会演説で大きくぶち上げたコメントたちはいずれもいよいよ具体的な実行予算が次のポイントで、閣僚が全然決まっていない中でどうやって予算編成するのか?2017年いっぱいとかかかるんじゃないか?という分析が続々と出てきておりマーケットは冷静に見ています。

 ニューヨークダウだけもともと空売りが膨らんでいたところにパニック的な損切りの買い戻しが入りバカみたいに上げましたが、ドル円なんかはいたって冷静に50日移動平均線で上値をしっかり止められました。

 これから積立て投資にとっては含み損が膨らむ円高の時期がやってきそうですが、毎日同額をコツコツ買い付ける外貨積立てにおいてはいったん外貨が安くなると同じ金額でたくさん外貨が買え、含み損が将来の利益の源泉となります。そろそろ1回円高で含み損が膨らむ状況になればまたたくさん外貨が買えます。マーケットが上がっても下がっても嬉しい、そんな精神的なストレスフリーが積立ての威力ですね。

 僕のような庶民が毎日コツコツ買えるようになったのはFXで1通貨単位取引ができるようになったから。それまでは1万通貨、少なくても1000通貨単位からでないとFXは取引できませんでした。1通貨単位FXが生まれたのはここ3~4年の間でやっとおきてくれたFX業界の革新です。SBI FXトレードさん、ありがとうございます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2017/3/2 (積立610営業日目)
累計積立金額:973,674円
外貨評価金額:987,341円
損益:+13,668円(損益率+1.4%)
累計スワップポイント:28,941円
預託証拠金額:299,466円(自己資金200,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:81.30円
平均積立単価:80.68円
累計積立数量:3,610NZD
評価損益:+2,239円 (損益率+0.8%)
累計スワップポイント:7,887円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:16.57円
平均積立単価:17.66円
累計積立数量:16,922CNH
評価損益:▲18,369円 (損益率▲6.1%)
累計スワップポイント:5,441円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:8.74円
平均積立単価:7.87円
累計積立数量:34,848ZAR
評価損益:+30,238円 (損益率+11.0%)
累計スワップポイント:15,094円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:112.77円
平均積立単価:113.25円
累計積立数量:290CHF
評価損益:▲139円 (損益率▲0.4%)
累計スワップポイント:▲24円


KRW(韓国ウォン)
今朝積立単価:10.00円
平均積立単価:9.76円
累計積立数量:3,927KRW
評価損益:+910円 (損益率+2.4%)
累計スワップポイント:+65円


TRY(トルコリラ)
今朝積立単価:31.16円
平均積立単価:31.75円
累計積立数量:1,186TRY
評価損益:▲710円 (損益率▲1.9%)
累計スワップポイント:+478円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク