FC2ブログ

これが最後の”円高チャンス”となるか。リスク回避の円高という常識の転換に注意。


 チャートを見てみると、ドル円は週足で一目均衡表の雲の下限を死守しました。この動き。ドル円の執念を感じます。108.7円を先週末割ってしまっていたらそれこそ週足底抜け、数か月の期間円高が続くところだったと思います。そこを一瞬割ったものの下ひげだけ残して猛反発し耐え抜いた。この意味は大きいと思います。


 さらに滅多に見ることはありませんが週足がやぶれたら次は、と思い月足を見てみるとこれまた月足でも強烈なサポートラインが構えています。


 今年から来年の間に金融危機は来ると思います。その時のトリガーはまず国債利回りの急騰であるはずです。リーマンショックの時もそうだった。短期金利が急騰することでレバレッジが行き詰まり、金融危機につながります。今世界には何京円ものレバレッジマネーがうごめいているのです。その巻き戻しが来る。つまり危機の直前には米国金利が急騰し、日本国債金利は動かないので円安ドル高がまず来ます。このまま危機に突入してしまうにはまだそれがない。危機は来るが今ではないと見ています。


 そしてその後です。今、投資家の間では「リスク回避の円高」が頭に叩き込まれています。リスク要因があれば反射的に円を買う動きが出ます。この常識に対し、いつ実態が乖離するか、ということが気になります。日本は世界で唯一量的緩和の出口が見えない国になりました。金利差によるキャリートレードは間違いなくあります。なので、ユーロがテーパリングを開始する報とともにユーロが買い戻され同時に世界の株安が来ている。低金利通貨だったユーロを使ってリスク資産を買う動きはあったのだと思います。


 ユーロがテーパリングに向かうと、次は円キャリートレードを使うしかありません。そうすると円安になるはずなのです。今はいったんは円高に来ていますが、次リスクオンになる時にはまた円売りが起きます。金融危機時にはその円キャリートレードぶんの円買いは起きるでしょう。しかしその規模はいかほどか、という話です。その巻き戻し以上には日本円を買えない。なぜなら日本国債がリスク資産になってしまったからです。円を買いまくるのはFX投資家ぐらいだと思いますが、かつて世界に存在感を示したミセス・ワタナベもリーマンショック時には200倍ものレバレッジが許されていたのも現在はその10分の1に縮小し、さらに今年から仮想通貨トレードに大挙してシフトしていっています。危機時に円を買う投資家がどんどん減っていっています。


 そもそも僕がこのブログで外貨積立てを始めた基本に立ち返ると、始めたのは2014年10月。日銀がハロウィーン緩和と呼ばれるバズーカ第二弾をぶっ放した週に始まりました。日本が量的緩和を始めたことでこれからは円安になる。1ドル200円にもなりうる、という視点から始めたのです。やはりその基本に立ち返らねば、と思い直しました。現在はドル円ランダムウォークトレードとして両建てを行っていますが徐々にショートを減らし、すべてロングポジションに変えていこうと思います。


 この8月~秋、最後の円高の期間となるかもしれません。この時期にしっかり外貨投資、純金積み立てをして円資産から外貨資産へシフトしておきたいと思います。

ドル大反発なるか。激動が予測されるエキサイティングな週が始まる。


上がるにしろ下がるにしろ、今週はエキサイティングな週になりそう。材料盛りだくさんだ。ボラティリティの大きい週になりそうなので、ドル円は両建てでどんどんトレードしていくけれどもどちらかというとドル円ロング厚めに構えています。


まず週明け。米韓合同軍事演習があることで北朝鮮の行動が注目されています。北朝鮮のミサイル発射が織り込まれているので北朝鮮がなにもしないだけでドル円は上昇要素になります。


そして24日にはジャクソンホール。先日既にユーロはテーパリング急がずジャクソンホールでは何も発言しないよ、とリークされました。それでもまだ半信半疑でユーロは反落しきってないのでドル買い要素が濃厚。


どちらにしてもドル反発要素が盛りだくさんに見えます。

重要ポイントを耐え抜いたドル円!底打ちの可能性。


ドル円はランダムウォークを前提に売り買い両建てで上がったら売り、下がったら買いを続けており、ドル円が100~120円の間で動いているぶんにはコツコツ利益が積み上がるようになってます。


その中でも112円より下は強めに買いを入れてきており、そろそろ反発が欲しいところになってきました。日足ではサポートを割ってしまいずるずる落ちてきたドル円。次のサポートは週足に頼るところでした。先週末を週足の雲の下限、108.7を割って終えてくるかは非常に重要だったわけですが、金曜夜間にいったん割って安値更新、108円前半に突入していこうとしましたがトランプ政権バノン更迭の報で急反発。重要水準より上で終えました。底入れの可能性が高まってきました。


8月20日週での底入れのタイミングといえば、やはり週後半のジャクソンホールがきっかけなるのが自然でしょう。イエレンさんの出席が決まり、欧州テーパリングに踏み込んだ発言も無いと事前にリークされています。既にユーロ反落・ドル反発の初動は始まっていますが円がそれ以上に円高にいっておりドル円が下がっているのが一気に巻き返されてくるでしょうか。


日本で気になるのは急上昇を続ける東証REIT指数。日経平均より先駆けて動くことが多い。ドル円と日経平均ともに上昇となる可能性はあると思います。ドル円は期待してスワップポイントをもらいながら上昇を待ちます。

そろそろ底入れ。暴落は間違いなく来るけれどもまだ早い。9月上昇、10月下落の流れか。


本格暴落は間違いなく近いうちにやってくるけれども、今じゃない。チャートではそう見えます。


昨夜はコーン辞任の噂をきっかけに円高、株安へ下落を始め、辞任がただのうわさだったと否定されても上がらず。一見まだまだ下がりそうに見えるところですが、下げてもまだ結局ドル円も日経平均先物も先週の安値までまだまだ遠いレベル。底入れの確認をしに来たと思っていればいいかなと思います。


本格的に下落する時にしばしば見られるラッパ型のトレンド。高値と安値を更新し続けながら進む最もボラティリティのでかい形、今年はそれも出てくるんじゃないかと思います。来週ジャクソンホールをきっかけに円安、ユーロ安、ドル高株高。10月中国共産党大会を受けて本格的な暴落。そんな形がチャートの上では自然かな、と思います。


ドル円はロングでスワップポイントもらって保有し続けています。今のドル円はスワップポイントも大きくてなかなか良いです。

それでもやっぱり崩壊にはまだ早い。過度な心配は不要。


8月SQにはがっかりでした。相当高い日経平均株価を期待したのですが。9月に向けて1回しっかり安いSQ値をつくっておきたかったのでしょうか。


3ヶ月に及ぶ膠着から動き始めた日経平均株価の下落が止まりません。あっという間に19,600円です。つい3日前まで2万円オーバーをうかがっていたのが嘘のよう。がっかりですね。


北朝鮮、北朝鮮、といいますがこれ以上下げる為には今以上の事態が起こらないといけない。ここについては市場は冷静だと思います。機械をはじめとした投機の動きが日経平均先物を売り叩き、ドル円をショートしてきます。そのショートもだいぶ溜まってきたので何か1発あれば吹き上げるでしょう。ドル円はしっかりロングしています。


ここまできてしまった北朝鮮情勢は、もうあとは材料出尽くすしか方向性は無いように思います。少しでも事態が好転すれば一気に円安が来ますし、本当に有事になったらさすがに円安です。どちらにしても円は売りが正しいかなと思い、きっちりロングしています。


この僕のドル円のポジションは置いといても、やはり早く事態が好転してほしいですね。戦争有事なんてとんでもありません。金価格はたいして上がってませんから、マーケットは有事は想定していないように見えます。


コツコツ積立て手法に衝撃!SBI FXトレードさんの「建玉件数の上限設定」ショック!まあ、仕方ないか。


 僕のコツコツFX投資積立て手法。通常FX会社の取引単位は1万通貨単位が基本のところ、SBI FXトレードさんは1通貨単位からトレードできるという素晴らしいFX会社であることを活用させて頂いて、毎日500円ずつコツコツ高金利通貨を積み立てていくという手法です。


 しかし今月、SBI FXトレードさんから、衝撃的な通知が届きました。「建玉件数の上限設定について」。システム安定化の為、建玉と新規注文件数の合計件数が2,000件に達した場合、新規注文を受け付けないという変更を8月19日メンテナンス終了以降加える、というものです。


 これは衝撃を受けました。なにせ僕は毎日コツコツ、各通貨500円程度ぶんを6通貨、買い付けているのですから毎日6件ずつ建玉が増えていてそれをもう3年も続けているのです。1週間のうち営業日の5日間ですが、ずっと続けると建玉”件数”としてはそれはもうすごい件数になります。振り返ってみると昨日時点でこの毎日コツコツ買い続けて724営業日にも達していました。

1件 × 6通貨 × 52週 × 5営業日 = 1年1,560件

なので、1年でほぼ上限建玉件数に達してしまいます。よって、年に1回はコツコツ買い付けたポジションを全決済して再度買い直し、建玉件数をまとめる必要があるということですね。そしてこれはつまり、毎年利益を確定しないといけない、ということを示します。プラスの場合は納税コストが発生しますね。まあ、仕方ありません。


 今までたくさん建玉件数を抱えていたことで、SBI FXトレードさんにシステム負荷をかけていたのですね。大変失礼いたしました。1通貨単位FXという、FX会社からしたらコストばかりかさんで良いことないんじゃないかと思えるけれども投資家からすれば極めて低リスクでFXができるという、素晴らしいトレード環境を提供してくれているSBI FXトレードさん。今後は定期的に建玉件数をクリーンアップしてシステム負荷を抑えるように努めます!!


 対策として、まず今日時点、保有ポジションをすべて決済。同額で各通貨、1件としてポジションを建て直します。また、現在6通貨を積み立てていますが、少し通貨数もリストラ。現在積み立てているのはニュージーランドドル、中国人民元、南アフリカランド、スイスフラン、韓国ウォン、トルコリラとなりますが、スワップ金利のメリットが無いスイスフランと韓国ウォンを積立て対象からはずし、積立てを4通貨とします。


 ドル円とオーストラリアドルで実施していた、ある価格帯にイフダン注文を仕掛けて値動きがあればそのトラップ発動で利益をコツコツ積み重ねていたトラップトレードも廃止。ドル円とオーストラリアドルは常に新規注文は成行買いor売りして、決済注文をあるレンジに出す、という方法に変更を行います。




8月SQもだめか・・・


待つこと3ヶ月。日本株はいっこうに上がりません。また8月SQもだめなようです・・・。ここまで上がってこないとは思いませんでした。日経平均オプションは損失です。


いくらチャートが良いといっても、今の官製相場に手を出してはいけないという教訓ですね。


ちょっと大きく稼ごうかと欲を出したのが間違い。もともとの僕の得意なコツコツFXのみに絞ってコツコツやっていきたいと思います。

さあ、日本株にうなるほどの暴騰が来る!


さて、いつものポジショントークです。僕はけっこう日経平均株価コールオプションとドル円買い込んでますが、決して真似をしてはいけませんよ。


待つこと2ヶ月。2回の日経平均先物オプションSQを超え、ついに3度目の正直です。そろそろ弾切れになりそうなので、そろそろ来てもらわないと困ります。


日経平均株価とドル円、ずっと書いているように日足チャートは磐石な体制ながらなぜか上がらない、しかも今日なんて日本株は本当に市場開いてたのかと思うぐらいの値幅の小ささでした。確かに米国投資家が今週から本格的に夏休みに入ったという要因はあるものの、あまりに作為的な値動きです。びくともしない日経平均と、年初来高値を更新するTOPIX。連日市場最高値を更新し続けるニューヨークダウ。底を打って110円の底固さを示したドル円。何を心配になる必要があるというのか。TOPIXが高値を更新しているのに日経平均株価が動かないという現象から考えられることはひとつ。必死で2万円プットを買う、そして先物をショートする動きです。これらの一斉の損切りが入るとき、日経平均株価は暴騰します。まずは20,500円。ドル円は114円でしょう。


もちろん、リスクもあります。今年はいずれ避けられないリーマンショックを超える大暴落が秋にはあると思っています。10月の中国共産党大会が境目になるでしょう。8月末には運命のジャクソンホールがあります。それらの暴落要因が前倒されてきた可能性はあります。しかしそれなら既にニューヨークダウは夏休み前に崩れているでしょう。高値を更新したまま夏休みに入ったのです。

果報は寝て待て。ゆっくり日本株の上昇を待ってます。もう5月頭から3ヶ月以上も待って疲れましたが、それは売り方も同じ。ショートしまくってる勢力も撤退するには良いころでしょう。






祝、ニューヨークダウ22,000ドル!日経平均株価ターゲットは20,900円。そのあとは・・・来年15,000円。


 ニューヨークダウが22,000ドルをつけ、しかも終値でも22,000ドルを超えてきました。これは強い。アメリカトップ5企業で日本株式市場全体の時価総額に匹敵するようになりましたがさらにその差は開いていくでしょう。日本企業時価総額は600兆円ぐらいですが、いずれアマゾン1社で100兆円を超える日も来ると思います。日本はトップ企業が10兆円ですから、その差はあまりに歴然ですね。中国テンセントも50兆円規模を持つので、日本はすっかり後進国です。


 その日本の日経平均株価ですが、3ケ月続いた停滞から上抜けようとしているように見えます。20,000円以上をいかに固め、日経平均20,000円、ドル円110円が底であるという印象をどうつけるか。今までのレジスタンスが今度はサポートに変わる。次の日経平均株価のターゲットは2015年6月の20,952円でしょう。ただ、そこは超えずにこの3年来の強烈なダブルトップが形成される感まんまんです。

(1)2015年6月高値:20,952円
(2)2016年6月安値:14,864円
(3)2017年6月高値:20,318円

(3)の水準ではまだ足りない。2ケ月遅れましたが(1)の20,900円レベルはとってくるでしょう。ただ超えられはしない。超えていくなら次の2018年6月は(1)と(2)の差が約▲6,000円の倍返し、2018年6月27,000円ということになります。当然、そこまで作れるチャートではない。(1)と(3)でダブルトップを付けて、来年2018年6月は15,000円でしょう。月足で見ると一目均衡表の水準が15,000円割れにあり、合致します。今年はこれから秋までまだまだ強い。日経平均株価が20,900円をつけ、ニューヨークダウの22,000ポイントに追いつくのでは・・・とかいう声がでてくるあたりが天井でしょう。秋から来年にかけて下落が始まり、2018年は地獄の年になるのでは。


 つい先ほど発表されたテスラの決算も好調です。日本のクルマメーカーはもう勝てないので、早くテスラにすり寄って電気自動車市場の未来を一緒に切り開く方向に切り替えた方がいい。それはさておき、テスラが時間外で株価上げてきており今夜もアメリカは強いでしょう。目先の株高を思いっきり享受したあとは、来年の大暴落に備えるべきです。日本には良い格言があります。「戌亥の借金、辰巳で返せ」。来年・再来年は戌亥の年に入ります。

僕は目先は日経平均株価のコールオプション買って上昇に備えてます。しかし逆に、僕はサラリーマンなので会社で確定拠出年金がありますがそれは今年の6月から今まですべて株式ファンドで運用してたのをすべて定期預金に変更して下落に備えてます。資産運用は運用成績を測る時間軸によって投資手法が逆になったりします。だから、画一的な投資アドバイス何てあり得ないんですよね。投資スタンスで運用方法は変えないといけません。


金融株の上昇は大相場の号砲か。日本株は内閣改造をゆっくり待てばいい。ドル円も米国債利回りは安定。


 ニューヨークダウが5日俗信、また連続過去最高値更新です。ナスダックが下がっていますが、これは株高循環です。今年ずっと米国株を牽引してきたFANGから金融株価へ移りました。本格的な上昇大相場を迎える為にはやはり金融株の上昇が必要ですから、いよいよ、という感じでしょうか。


 ニューヨークダウがもう21,900ドル、22,000ドル間近です。一方で日経平均株価は19,900円。2,000ポイントも開いています。これほどの開きはなかなか無く、解消されるべきものです。ニューヨークダウが2,000ドル、10%も下落するようなことはまだ先でしょうから、日経平均株価が追いつくはずです。日経平均株価は1~2ケ月内には21,000円を目指すのではないでしょうか。過去の日経平均株価の動きを見てみると、壁となった16,000円、18,000円、20,000円という節目を突破する折にはその前に長いこう着を経て、政府の動きをもって突破してきています。16,000円を破った2014年秋の日銀ハロウィーンバズーカは印象的です。今回は8月3日に内閣改造を控えており、ここで支持率挽回のリフレッシュには経済対策が必要です。もう既に実質不可能となっている消費税増税の延期でしょうか。TPP11も一気に進めてくるかもしれません。


 消費税増税延期があれば何か起きるか。当然、日本財政不安による円安です。結局、円安を持って日経平均株価は上がるのでしょう。円安ドル高が進み、ニューヨークダウが1,000ポイント下がって21,000、日経平均株価が1,000ポイント上がって21,000で出会う、このアメリカ株が先に最高値を更新し円安を持って日本株が追いかける構図はこの安倍政権下で何度か見た姿です。 


 ドル円の下げは政治リスクによる円高ドル安が効いてますが、この政治不安というのは心理的なものなので時間とともに薄れていきます。為替は結局は金利差によりますから、米国債利回りが下がってもおらずむしろ金利上昇に向けて国債利回りは上を目指すチャートの形なので日米金利差に伴ってこの変な円高ドル安は解消されていくでしょう。ドルインデックスが下がりすぎて原油価格がついにまた50ドルを超えてしまいました。ドル安修正もそろそろでしょう。


 今の日経平均株価の20,000円にも届かない下げは安倍政権への経済政策催促相場です。8月3日をゆっくり待ってればいいと思っています。

ただ、忘れてはいけないのは日経平均株価が節目を超えて大きく上げた後には毎度大きな下げが来ています。今回の高値更新をとった後は逃げ足の速い短命相場になりそうなのでささっと逃げることは忘れてはいけない。


ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク