FC2ブログ

「投資」が時代遅れになる時代の到来か。


 最近気になっていたことがある。何度か書いてるけれども、過去ずっと情弱ビジネスを営んでいた連中が昨年から今年にかけて「投資」を叫び始めた。アフィリエイトやFX、情報商材など次々と情弱を呼び込んでだまして金を巻き上げて暮らしている連中が「資本家になろう」と言っている。確かにここ数年、日本でもアベノミクスのおかげで投資で簡単に儲かることが増えたし、仮想通貨みたいなもので大量の成金がうまれたりしている。汗水たらして働くよりお金に働いてもらおう、と。

 ただ、その資産家を目指す人口が増えて、みんな資産家になれるだろうか。もちろんNO。世界的なベストセラーとなったトマ・ピケティの著作でも語られたように資本の増え方は集中的に加速する。そして資産は持つべきものの方が圧倒的に有利なものなので資産は特定の人にどんどん集中していくようになる。資産家になる難易度はどんどん増している。そして、資産家に憧れて投資をする人はスクールなどでお金を吸い上げられたり、投資に呼び込まれて手数料など吸い上げられる。顕著なのは仮想通貨のICO。あれこそ情弱ビジネスの最たるもの。詐欺師連中もやっぱり昨年末からICO勧誘に群がってきた。

 情弱ビジネスのテーマとなったものの生末は、そのあと衰退が待つのみ。ということは、資産家というものも衰退するのか?そういうことをここしばらく考えていた。

 その答えがおぼろげながら見えてきた気がする。投資という言葉は広いので、もちろん投資自体がオワコンになるなんてことはない。バブル期で言う、いわゆる「財テク」。「お金を増やそうとお金を追いかける行為」がオワコンになるのだと思う。それは、どうなって始まるかと言えば、ベーシックインカムだと思う。働かなくても最低限の生活が送れるようになり、人は自己実現のための仕事に近づく。そうして、お金をおいかける必要がなくなる。お金なくてもベーシックインカムあるから別に貯金なくてもいいじゃん、という考えの広がりとともに貯金を持っている人も何もえらくなくなる。一生懸命あくせくお金を投資して増やしても、それにかけた時間が無駄に終わる可能性すら出てくると思う。投資は一部の資産家、AIトレーダーのみが流動性を確保し市場を作り、個人投資家は不要になる。

 リーマンショック以降発生した量的緩和の連鎖による流動性バブル。それが行き着く先は、マネーフロー自体が不要になる。そんな未来を最近思い描くようになった。基本は次バブル崩壊が発生した折にはためた貯金で株をバカ買いしてやろうかと思ってはいるが、そんなお金のことを考えなくてよい世界という可能性も視野にいれておきたい。





バブルの末期。投資で稼ぐって、そのお金は誰からもらうもの?


ナスダックが再度高値更新していますが、バブル末期だという目線は変わりません。

投資で稼ぐ、に関わらず仕事でもなんでもそうですが、お金を稼いでいこうとした時に、本質的にはそのお金は誰からもらうものなのか?誰がそのお金を出せる可能性があるのか?という目線は重要かなとふと思ったりします。

短期のトレーダーはきれいごとではありません。「安く買って高く売る」というのがトレードで稼ぐ手段ですが、その本質は「自分よりバカな誰かから安く買い叩いて、自分よりバカな誰かに売りつける」というのが本質です。自分よりバカ、というのは、あるモノの価値を自分の方がそのバカより正しく把握しているという意味。自分の方が目利きだから、そのバカより安く買えて他のバカに高く売れるわけです。トレーダーは要は情弱ビジネスのようなもの、ということは知っておくといいかな、と。そうするとそんな単純にトレーダーで稼げる、というのがどれほど傲慢な思いか、というのが少しわかるかもしれません。

今から株が上がるとすればその原資は企業が溜め込んだ内部留保、過去に消費者が払ったお金で自社株買いをし、そのお金を株の利益として自分が受けとるということでしょう。

なにやら世界は景気が良いのだそうですが、何をもって景気を判断してるのでしょう?単なる期待値やお金の価値減による物価で判断してるのであって、お金を使う消費者マインドが世界で改善している兆しはありません。原資が期待値による銀行の信用創造でしかないのです。期待値は人のキモチでしかなく、吹けば飛びますから、限界があります。

これからFANGがどれだけ世界の消費者からカネを巻き上げ続けられるでしょうか。期待は北朝鮮特需、つまり日本政府が払う経済支援金を北朝鮮が使い民間企業が利益を上げる。その日本のカネの原資は日本国債。日銀のヘリコプターマネーでしかない。

信用創造でどこまでマネーを生めるのか。永遠に続けられるのか。資本主義の根幹、銀行システムの限界に挑む壮大な社会実験がリーマンショック以降続いているに過ぎません。

リーマンショックの2008年に酷似するマーケット。ニューヨークダウは9月に20,000ドル割れあるのでは。


あまりにリーマンショックのあった2008年に今年はそっくりだ。リーマンショックの年もリーマンが破綻した9月の3か月前にいったん金利の急騰があった。原油の急騰もあった。すべてなぞっていく。


リーマンショックの前年には日本にはFX長者が大量発生した。しかし年明けから相場は崩れて納税できずに破産、もしくは脱税・逮捕者が多数出た。該当するのは皆さんご存じ仮想通貨だ。


ただ当時も9月のリーマン破綻まで、直前までサマーラリーでの好調な相場はあった。いつ崩れてくるかはわからない。


チャートを見てありうるセンでは、ニューヨークダウの20,000ドル割れ、ドル円は100円割れ、日経平均は18,000円、あたりがチャートを見る上では9月にあってもおかしくない感じのチャートだ。


2019年は、十数年に1度の大投資チャンスになる可能性あり。キャッシュをためておくべし。


株、仮想通貨を全力で売り払った先週。まだこれからサマーラリーで上げるとは思うけど、もう秋~冬にかけてのバブルの最後のチキンレースに入ってると思う。


今年の秋から相場は本格的に崩れ始めて、来年2019年に大底を迎えるだろう。資産家が生まれるのはいつも大暴落があってそこから復活する中。安く買って高く売るのが投資で成功する唯一の方法であるなら、その最大限に安く買えるチャンスがやってくる。


株というのは、よほどクズ株でない限り、長期的には上がっていくものだ。人が一生懸命働けば当然利益が出る。その利益の分配が株式投資であって、自分が投資したぶん人が働いてくれるのだから、当然利益は上がってくる。しかしどうしても途中で非合理に上げすぎたり下げすぎたりするのが株式市場である。下げすぎてる時ほどのチャンスはない。


下落でショート撃って儲けようとする必要はない。下げる前のバブルの最後ほどよく株価が上がったりする。的確にタイミングを的中させないといけないショートで戦う必要はない。タイミングがわからずとも、いつか落ちてくる株をゆっくり待って、安くなったところで時間分散しながら少しずつ買っていけば良い。


今やるべきことは、とにかく暴落に備えてキャッシュを確保すること。節約して貯金、ですよ。

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク