FC2ブログ

投資=M&A。東芝の社長が語った参考になる話。今は割高。


今週、東芝の社長が経営不振にあえぐ東芝の中期経営計画をメディアに語った。モーニングサテライトプラスで語った話は投資家として非常に参考になると思う。

東芝はメモリーを売却した潤沢なキャッシュの使い道としてM&Aには慎重、投資と株主還元だと語ったことに対し、司会者はなぜそんなにM&Aに慎重なのかと質問した。

車谷会長の答え。彼は元銀行でエクイティのトップ。今の市場は非常に割高。今は事業を売るには良い時期だが事業を買う側に回れば世界一高い価格で買うことになる、それは将来のれんという形で会社の負担になる、と。M&Aで失敗しがちな日本企業ののれん減損の多さを見ていれば納得のいく話。

そして、この話は投資家にも参考になる。なぜかといえば投資家は株を買う。それは事業を保有するということであり、まさにM&Aで買収バイサイド側に回るということ。株の投資家の動機は価格が上がるから買う、なわけだけれども今は基本的に金融で押し上げている割高なマーケットだという話はとても示唆に富む。

なら、今はやはり積極的に買いにいく時期ではなく蓄える時期なのだろう。毎月毎月株を買っていく確定拠出年金は今は現金を選択していますし、生命保険の変額保険の買い付けも国債にしました。この割高局面が修正されたあとに株にシフトすればいいのだから。

サラリーマンにとってはその積み立て部分が蓄財の主力になりますが、それ以外でいま蓄えるのは自国通貨の日本円が基本にはなるのだろうが、日本の今の状況を考えると国際的な購買力を蓄えるという意味でスーパーキャッシュである金、ゴールドを備蓄しておきたいところ。金の役割は大きく儲かるというより、究極の守りの資産。購買力防衛の為に金を蓄える。


ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク