FC2ブログ

今やっちゃいけない投資は「米国株インデックス投資」だと思う。常に「神話」を疑え。


 僕が生業としているコツコツ積立て投資はいずれ上がるまで買い続けるので基本は何を対象に投資しても時間を味方につけられる個人投資家は相当高い確率で報われることになる。ただただ、です。右肩下がりで落ち続けるものだけはいくら続けてても追いつかず報われない可能性はあります。たとえばトルコリラ。高金利だと買う日本人が多いわけですが高金利通貨はインフレ通貨であって通貨価値が下がってるからがために金利が高いわけですから、受け取る金利には基本見合いません。それ以上に落ちます。高金利がいいなら、ベネズエラ国債とかに投資すればいいですよ。年利5万%とかです。ww でも誰も買わない。高金利通貨のスワップ投資というのはつまりはそういうことです。

 そして最近警鐘をぜひとも鳴らしたいのが米国株インデックス投資。個人型拠出型年金や積立てNISAの登場で、インデックス投資をする人が多いそうです。そのセールストークはこう。過去100年、米国株はいつの時期に投資していても資産は増えています。リーマンショック前に投資したとしても今の方が高いわけですから。ベテランのファンドマネージャーよりもインデックス投資の方が利回りが高い。ならとにかく低コストのインデックス投資を、さらに節税もできる個人型拠出型年金でやりましょう、ということ。ただこれって結局過去のことを言ってるに過ぎません。今が高いから成り立つトークなわけです。いずれ下がってもまた上がるから大丈夫、というなら、高値を更新している今に買う必要はなく、下がったときに買えばいいんです。どうせ長い期間投資するんですから。でも配当があるから早く始めた方が・・・と言いますが、高い時に買っちゃだめです。何においても。

 投資というのは、実際に使う時に価値が上がっていないと意味がありません。次にいつか必ず来ることが決まっている米国株の暴落以降、自分が使う時までに快復しているのでしょうか?今は何もしない方がいいんです。

 そして株価は必ず全体が上がっていく、といいますが、デフレの日本人はイメージしづらいかもしれませんがインデックス投資は確かに過去利回りは出ていますが、インフレ、すなわち通貨価値の減少分を考慮するとどうでしょう?だいぶ利回りは減ります。配当なんか出ない金地金、ゴールドを買ってても上がってますよ。

 そして株価が上がる根拠となる配当金ですが、配当を出さない新型企業がだいぶ主流かつ勝ち組になりつつあります。株価は上場して創業者が資金を集めるためのものであって一般庶民の個人投資家が資産形成できるものではなくなりつつあります。貧富の格差は確実にどんどんひどくなっているのです。

 すると結局はただ持っているだけではダメで、積立て投資といえど、良い時期に利益確定し、次に安くなるまで待つ、という運用スキルは必要になってきます。上がったときにはちゃんと売る、そのあと良い投資対象が見つかるまでは何もしない、ということをしないと。

 とにかく米国株インデックス投資をしてればいい、ということはもはや「神話」化していますので、神話というのはバブル崩壊する為に存在するものです。土地神話しかり。株に投資しよう、という安易なセールスが多いので個人の皆さん、気を付けましょうね。安くなるまでしっかり待ちましょう。次安くなったあとは、株に変わる新しい経済圏が誕生してきて株以外で運用すべしとなるかもしれませんよ。


危機の到来を告げる国債、ゴールド相場。個人が下落に対し異様に楽観になってきた。


今日は日経平均が700円下げましたが、マーケットの雰囲気はやや冷めた感じで「どうせまたすぐ戻すんでしょ」って感じのようですね。昨年末から始まる危機が煽られまくったがために現物保有者はとっくに売ってしまってますし、空売り勢も売り疲れ。少し前なら下げると「ヤバイヤバイ、世界の終わりだ、ショートだー!!」と張り切ってる個人投資家もいたものですがだいぶ冷めてます。

そして冷めてるだけならいいんですが、明日は国内株の配当権利取り最終日なだけあって、今の安値でどれを仕入れてやろうかと買い向かう声も多々聞こえます。下げては反発、下げては反発、と空売りが焼かれ続けたのでもう下げを騒ぐのも恥ずかしい、という雰囲気でしょうか。

・・・つまりは、整ってきましたね。荒くれ者相場はので空売りはダメですが、買いもダメだと思います。嵐がしっかり過ぎ去るのを待ってから買ってもいいのです。ここから反発して押し目を逃した!と悔しがる気持ちなんて捨ててしまうのが吉。いかにリスクを回避するかのほうがよっぽど重要。売り攻めたって、短期で1000円下げた相場は1日で500円戻して焼かれる可能性だってあります。

実は最近、今までやったことのなかった麻雀を始めたのですが、麻雀で勝つコツはいかに降りるべき順を見極めて守りるべき時は守り、攻めるべき時のみ攻めるか、というのが重要なのだと知りました。長い歴史を持つボードゲームはやはり示唆に富んでいます。いつも攻めてたらみんなにカモられて終わる。デイトレードで負ける人はまず間違いなく麻雀も弱いでしょうから、デモトレードするより麻雀やった方がトレードは上手になる気がしますね。

短期目線マーケットはまさにカオス!波乱イベント待ち相場?


荒れてきた。1月末からアメリカの自社株買いで一本調子で上がってきた相場は踊り場。自社株買いは短期で売り戻す資金では無く買いっぱなしなのでなかなか下げない。日本株はさらに日銀買いもあるし、昨年末できちんと売ってた年金の買い戻しもあっただろう。個人の空売り、先物売りをどんどん踏み上げて上昇してきた。

外国人の買いが無いので日本株の上げはゆっくり。ゆっくりゆっくり上げてくるので個人はいつか下がるだろう下がるだろうと空売り、先物売りを積んできている格好だ。

2月末から3月に入って、少しマーケットの空気が変化した。米朝会談が破談となり、インドとパキスタンが戦争を始め、米国株が天井を打ち始めた。

しかしそこからなかなか・・・下げない!中国は全人代で33兆円規模の減税を打ち込み、突然日米関税撤廃の可能性さえ言われ始めた。アメリカFRBは資産縮小を今年には止めると言い出し、日米はまたバブルへGo!の演出。日銀の4月追加緩和の噂も流れており日本も追随する可能性がある。

なんてカオス。

マーケット参加者、投資家は下げたいようで、下げイベントを探しておりイベントのたびにいったんドカッと下げるけどその勢いが続かずまた戻してしまう。結果、出来高がどんどん減る中で上がっていく。なんとも不気味なマーケットだ。

今月3月SQには下げると読んでいたけれども、これだけ下がると予想する個人投資家が多く、実際に空売り、先物売りを売りに売りまくっているのでこんな状況では下げたくてもなかなか下げれない。下げる為には個人投資家には買いに回ってもらわないと下げられない。来週へ持ち越しか。この空売りの踏み上げを狙われると3月SQは22,000円に届いてしまう可能性すらある。

来週は悪いイベントラッシュで下げる可能性あるように思う。今週末が日経3月SQと米雇用統計が重なる特殊な日。この日を皮切りに、来週はブレグジット情勢も動く。ポンドは次に下げるために目先は上げているようにも見える。アメリカではトランプ大統領が政治的劣勢。非常事態宣言も無効化法案が可決されてしまいそうだ。そして米朝会談破談でトランプに泥水を飲まされた北朝鮮。ミサイルまた撃つと思います。日本にとっては恐ろしい話。

安部首相はリーマンショック級の危機が起こらない限りは消費税増税すると繰り返します。まるでこの3月4月でリーマンショック級の事故が起こることをわかっているかのように。年号が変わる5月の超大型連休は日本マーケットは暴落狙われると言われていますが、おそらくそれが前倒されて3月~4月に来るでしょう。そして消費増税延期、日銀追加緩和と来て、平成の次の時代は上昇から始まるという演出が用意されているのかもしれません。知らんけど。


暴落に備えて今年はしっかり現金を貯めよう。


今年の推奨、変わらず今年は暴落に備えて現金を貯めるべしの年だと思います。今年どこかで暴落して、来年底を打って、本格的に攻めるのは2020年後半でしょうか。ひょっとするとまた上がるのは2022年くらいの可能性もあります。

長いレンジの話に思えますが、わずか3年で大きく資産が増えるのならいいと思いませんか。

そのためにとるべき行動は、しっかり現金をためること。底値で買うための資金、原資をためておくこと。サラリーマンの僕としては、これから3年しっかり働いて、4年後に大きく資産を増やす。そんなレンジの話かもしれません。

ここしばらくいつ下がるかな、いつ下がるかな、と相場を見てましたが、短期投資はやはりセンスありませんね。年単位で考えるコツコツ積み立て投資はいままで必ず資産増えているのだから(利益大きく乗るまで積み立てるから当たり前)、時間に制約されない個人投資家はやはり積み立て投資の威力を考えるべき。ただ、積み立て開始時期だけは間違えると回収に莫大な時間を要してしまいます。今積み立て始めちゃダメ。今はとにかくキャッシュをためるのです。

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク