来週以降の日本株の安易な空売りには強い警鐘を鳴らします。買うべき時。

 来週以降の連休明けも、日本人は空売りする人が多いでしょう。元来日本人は警戒心の強い民族なので、高値警戒感は強い。一方で稼ぎたい気持ちは強い世界有数の拝金主義民族でもあるので、株価が上がり続けるとすぐ空売りが強まります。昨年から日本株には空売りが非常に溜まっている。僕も昨年はオプション取引はプットを買うことが多かったのでこの罠にはまることもありました。ずっと空売りして損してきた人はこの2月初はとても良い時期になったんじゃないでしょうか。


 今日の日本株式市場は空売り比率が歴史的高水準。半分近く空売りという異常さです。空売り比率は普通は30%以下です。しかし日本株式市場は昨年から40%付近が常態化し、ついに40%後半に突入しています。半分近くなんて、どう考えても異常な指数になっているということを理解しないといけない時期。昨年40%付近が常態化した結果、起きたことは日経平均が2万円を超えて高騰するという事態です。高値を買う人がいないと価格は上がりません。価格を上げる為には、「強制的に買わざるを得ない人」が出てくることが簡単な解。株価は崩壊する!とか、報道が昨年よく取り上げられたのは今にして思えばあれこそフェイクニュースで、株価を上げる為に空売りを誘いたい人たちの作戦だったのだな、と思います。日本の個人投資家はあまり株自体を持ってないし持ってる資産家は配当生活なので売りません。高値で売るのは空売りだけです。結果、踏み上げが起こる。日本株はそういう需給構造になってしまっており個人投資家の空売りは完全に上げに利用されています。


 この金曜夜に起こったこと。夕方から大証日経平均先物は連休中のメンテナンスの為に取引停止。夕方から取引が止まり、連休に入るのでこの期間はヤバい、日本株狙われるぞ、という声が多く出ていました。結果積み上がったのが歴史的な空売り比率です。しかも規制無し部分、個人の空売りを持ち越した人が多い。来週以降も下落を予想している向きが多いということでしょう。


 そこにきて、夜間の日経平均先物CFDでは日経平均現物終値の21,382円に対し一時▲800円規模の下落、20,575円まで落ちました。 ドル円も黒田総裁再任報道で109.2円まで上げたあと夜間急落し108.04円まで下げました。ここが来週の注意ポイントです。CFDで20,575円まで下値つけたという実績が残ったので、来週以降心理的にこの安値覚えで空売りしやすいのです。ここに誘い込まれない様にしたいところ。自分に言い聞かせる意味でも書いてます。


 一時20,575円まで800円下落した日経平均先物CFDはその後どうなったか。底値から10分で500円反発上昇し、結果現在21,300円という現物終値価格付近に元通りです。なんという値動きだと思う人もいるかもしれませんが、これはよくよく考えてみれば当たり前の話です。夜間なので当然現物も休みですし、増して大証の日経先物も休み。動いているのは本当にCFDとCME先物だけです。それだけ薄いマーケットの中で、さらにCFDで売り買いする人が長期の投資家のはずがなく、行った取引はすぐ決済する性質の資金です。どちらかの方向に買ったら引けまでに決済する人が多いわけで、週末またぐ性質のものではありません。売りで攻める人が多く、それが買い戻され決済されて元通り。ただそれだけのことです。


 しかし、空売りトレーダーの頭には、このCFDとCME先物で20,575円の安値までつけたという記憶が残ったまま来週の取引がスタートします。ただ元通りに戻っただけの21,300円が、その底値安値覚えのせいで高く見えてしまうのです。そして今週のこの値動きの翌週ですから心理的にとても空売りしやすい。この夜間、CFD口座を持っていない個人先物投資家は売りで儲けられなかったという悔しい思いをしているはずです。CMEでつけた安値まで、800円ぐらいとれるだろうと考えてしまいます。それこそ格好の餌食というものです。来週はその売りに買いをぶつけて買い上げる、踏み上げ相場のリスクがあります。僕は日経平均3月限SQの頃にはまた23,000円、下手すればさらにそれ以上があり得ると思います。今週、現物投資家はさほど日経225株を売ってるとは思えず、下げた割に追証が発生したという話もあまり聞きません。昨年日経平均株価が20,000円を明確に超えたのも10月ですし、そこからまだ3ケ月程度しか経っておらず、買いの人は含み益の人の方が多いでしょう。現物にはほとんど動きが無かったんじゃないかと思います。なら、今週記録的高水準に推移したヘッジファンド空売り比率の買い戻し決済が主になるのではと思います。


 この2月初は、反発があればとにかく売ってれば儲かった、昨年苦汁を飲まされた空売りトレーダー、先物ショート派にとっては天国のような時間だったでしょう。しかし来週以降安易な空売りは避けるべき。大変な踏み上げの火柱が上がることになります。どちらかといえば、買う方がリスクが低いと考えており、僕は買いでいきます。そういう意味ではただのポジショントークですが、安易な空売りはリスクが高い、ということは警鐘を鳴らしておきます。多数派であり心理的に取引しやすい方向の取引は損することが多い。


コメント

非公開コメント

No title

去年からずっと読んでます。

これからもお話し聞かせてください。


No title

毎回とても勉強になります。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク