チャート的には安心感十分、ということにはなるがなんかキナくさい動きが。パウエルショックの再来はあるか?


 昨夜で米国株は決まるということで、無事に25日線を上抜いて上昇加速し、2月の下げもほとんど取り返したことでチャート的にはこれで安心、という形にはなる。日本株も、明日が月末でドル円が円安ドル高に進みやすく、その後木曜日は目下2年継続中の月初高のアノマリーもあるということで今週は普通に考えれば強いように思える。


 チャート的にはそうなのでたぶんこれから強くなるのがメインシナリオなんだろうけども、一方で市場の資金を見るといまいちキナくさい空気が漂っている。米国株は今夜のパウエル新FRB議長証言を控え、先週から怪しい動き。木曜の引け後から、引け直後から大きく買われて上がるという傾向が続いている。引け後に大きく動かしてくる資金は本腰の入った投資資金というよりある方向に動かしたい短期の投機資金のことが多い。今月初の大暴落もイエレンFRB議長退任の金曜日から始まり、パウエル新議長就任日に史上最大の下落幅を記録した。今回の下落は「FRBショック」だ。これまでバーナンキ・プット、イエレン・プットと、すかさず対策を打つFRB議長が下値を支えていた。パウエル議長は株価を維持したいトランプ政権の傀儡だと言われており株価維持の方向に動くだろうと安心感があるけれども、パウエル議長は久しぶりにエコノミストじゃない議長。ちゃんと舵取り出来るのだろうか。パウエル議長議会証言直前に仕掛け的に上げられている株価はちょっと気になる。議長証言前にいったん調整上げをしただけではないか、という見方もできる。昨夜の米国株高の中でも米国債利回りがまたじわじわ上がってきている。パウエルショック再来なるか?


 
 そして日本株。これも上げているけれども上げている主役がなんと「個人」。日本の個人投資家が買ってあげていく日本株市場なんて見たことはない。ここ数年日本株が上げる時は外国人買い、もしくは公金買いだ。個人投資家が報われることはあるのだろうか。最近の日本株市場は見ての通り、日本株市場開いている間、日本人買いで上げた後からじり下げしている相場が繰り返されている。日本人が喜んで上げてきたところを売り叩かれているようだ。空売り比率も40%を割り、踏み上げ上昇するほどの買い燃料も無い。


 日米、そんな環境の中で迎える今晩のパウエル議長議会証言。何が起こるでしょうか。来月は3月。日本企業は期末です。2月末の為替レートは期末月の空気に大きな影響を与えます。今晩ドル円、ドルインデックスはどっちに動いてくるでしょうか。なぜパウエルさん議会証言は元々の28日予定から27日へ1日前倒されたのでしょうか。重要です。



コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク