FC2ブログ

現金が価値を下げ続ける中、今年からは資源の年。貴金属と暗号通過。


アメリカ株がいまいち不調です。出るもの出るものすべて強い米国株決算を受けてもニューヨークダウ、ナスダック、S&Pの3指数は上がりません。説明が難しいほど高値に上がってしまった値がさ株たちが苦戦しています。これはなかなか先行き不安です。


米国株は低金利のカネ余りの中、ひたすら自社株買いで上昇してきました。ヘッジファンドは低金利の中でレバレッジをかけてさらに買い上げてきましたが、金利の巻き戻しによってレバレッジ縮小、これ以上株価を上げるのが難しくなってきました。


世界の量的緩和で何が起こったか?単純にマネーが溢れて価値が希薄化してきているのもありますが、企業が危機に陥ってもカネが供給されるし、学生が起業するというだけでロクなプロダクトが無くても運用難なのでベンチャーキャピタルがいくらでもカネを供給してくれる。クラウドファンディングでもすぐカネは集まる。カネ、マネーというものの価値は下がり、お金を出しても買えないものが増えてきている。かなりカネを積まないと価値あるものが買えなくなってきている。相当急速にマネーの価値希薄化が進んでると感じます。それは日用品の値上げのレベルの比ではなく、贅沢品、美術品の類いは強烈な勢いで値上げがされ、マネーは価値を失っていっているのです。


これが、株価のバブルが破裂したからといってまたマネーの信頼が取り戻されるとは思えません。無駄に値段が上がっていた株価などに対してはマネーは価値が戻りますが、価値のあるものの値段は下がらず、マネーで買えない状態は維持されるでしょう。


じりじり資源価格の価格が上がってますが、これはそれから当面のメガトレンドになると思います。現金持ってても買えるものが少なくなってくる。最初に来るのは一番最初に債券バブルが崩壊しそうなヨーロッパでしょう。米国債利回りが上がって一番最初に資金繰りに苦しむのはアメリカではなく、ヨーロッパです。借金じゃぶじゃぶでしのいできたヨーロッパ、ドイツ銀行回りでは大きな金融事故が起こると思います。まずカネ詰まりを起こしてどかどか会社がつぶれるでしょう。


購買力を維持する。それがこれから十数年間考えていかないといけないことです。その思考をクセにしないといけない。現金を稼いだら、消費より資産を買う。自分自身の価値を上げることに使い、価値を失わない資産を買う。株価バブルがはじけようとも、価値ある起業のビジネスはなくなりませんし、貴金属はいつも輝き続けます。より非中央主権的で信頼されてくる仮想通貨・暗号資産は価値を維持します。



コメント

非公開コメント

No title

まなぶさま

>購買力を維持する。それがこれから十数年間考えていかないといけないことです。

そうですね。
貴金属の代表の金、銀もしくは金鉱株、銀鉱株などはリスクヘッジのためにも、今年からでも(長期)保有しておきたい資産です。まなぶさまは9年も前から金の積立投資を継続されていたんですね。
いずれ資源価格が高騰し、バランスしていくしかなさそうですね。
個人的な意見ですが、10年、いやあと5年もしないうちにいい結果が出ていると思います。
なにしろ、これだけお札をすり散らかしかしましたからね(笑)

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク