FC2ブログ

金・銀・プラチナ、格安な貴金属をコツコツ買い漁る日々。


トルコショックというヘッドラインで揺れるマーケットですが、今年の春に株も仮想通貨すべて売り払った感覚は正しかったようで、今年2018年はまったくもってリーマンショックの2008年の生き写しの様な動きです。あれから丸10年。

今、注目すべきなのは金・銀・プラチナ・パラジウムといった貴金属の値動き。昨夜は株価下落に合わせて暴落しました。いよいよ、リーマンショック再来のサイン。

去年仮想通貨が盛り上がった時に持て囃された、ビットコインの価格が金を上回った、など、金と比較して語られることが多かった。ビットコインは金のライバルとして祭り上げられ、そして消えていった。金を保有して離さない人々から資金をシフトさせるための罠として仮想通貨というものが登場したんじゃなかろうかと思ってしまうようなこの展開。そんなことはないと思いますが・・・。しかし仮想通貨が金を下げる方向に作用したことは確か。

そして今、金がどんどん値を下げています。金を買い漁っていた新興国はさらに金の保有を増やしているのでは?金の備蓄が進めばいよいよ金本位制が射程距離に入る、東洋の大国がありますね。金と人民元は同じ意味を持つようになるかもしれません。

リーマンショックと同じであれば金はまだまだ下がるかもしれません。しかし、下がらないかもしれないし、じゅうぶん安値圏ではあるので買い進むにはじゅうぶんなところ。コツコツ純金積立てで貴金属全般を買い進めます。税制の関係上、どうせ貴金属は利益確定するのが保有から5年後以降になるという息の長い投資です。コツコツコツコツ買っていきます。純金積み立て以外の資産は、資産運用なんて眠たいことを言わず、これからやってくるリーマンショック以上の大不況に備えて自己投資でスキルを高めるのに使うのです。



コメント

非公開コメント

No title

不換紙幣は必ず紙くずになると歴史が証明してくれています。小生、30年位前から資産はすべて金、銀の現物にしています。

コツコツ純金積立とかETFではなく現物をお勧めします。キチンと理由を説明するのが面倒なので割愛しますが、それって金の振りした紙を買って金の現物の価値を下げる行為です。

いよいよの時には現物以外は無価値になると思います。

No title

 世界が閉鎖社会になり始めている。思うに江戸時時代はそれでした。したがって江戸時代の経済現象や経済行動は参考になると思うが意外とその手の書籍は少ない。当時金銀銭の三貨幣体制でした。国内に三つの通貨があったということです。今アメリカと日本を経済的に同じ通貨圏と考えてはいかがだろうか。江戸時代は関西は銀、関東は金でした、ちなみに賃金とかくが以前は賃銀と書いており、関東は給金といっていた。
 銀は重量貨幣、金は刻印貨幣で、、それぞれに交換があり変動相場でした。それをする両替商というものがあった。
したがって当時の金融業務における色々なノウハウは今でも有効なものがあるでしょう。明治のとき学校では黒船という軍事的な恐怖ばかりを言うが、事、経済的には、わが国はアメリカなど問題にしなかったのが実情ではないかと私は思っている。これはたぶん今でも同じでしょう。事、民間における金融経済においては。ただ政府関係はダメでしょう。すでに民間はトランプ氏の政策に対して、具体的な行動を取り始めている。それが貿易収支の赤字と名って出ている。立憲(利権)民主党のような能無しの口ばかりではやがて死ぬことになるからです。
 明治維新は日清日露戦争に勝ったイメージが大きいが実際は経済的抗争そ側面のほうが大きかった、軍事増大は経済的な問題でした。そのように見ると見えるものがあり、戦後の経済発展の元は何かはわかる。つまり江戸時代の蓄積があったからでしょう。

 象徴的なものは堂島の米相場でしょう、公設の先物市場は世界初です。資本主義を簡単に定義すると、

1)働かないでも金を生み出すものがある。具体的なものは貯金や株です。貯金とは債権に過ぎない。
2)先物市場が可能なものにはすべてあり、しかもそれが公設でルールに従えば誰でも参加できる。

  例を挙げればホルムズ海峡から出た原油に対しても先物ができ、我が国の港についたその時に価格が決まる仕組みを作ることが可能ということです。

 以上二つだと私は思っている。したがってこの二つにコミットしないと資本主義の世界ではいきられない。またいい生活はできない。そのためその二つに対する知識が必要ですが私が見たところ国内にはそれを具体的に書いた書籍は見当たらない。
 金そのものはお金を生み出さないから先ほど示した資本主義の産物とはいえない。したがって保持する事は経済物としての意味合いはない。それに経済物としての意味合いを持たせるには如何にしたらいいか?
 之が肝心なところです。経済物にするには換金をする必要があり、そこに大きな問題があることを実際に金売却をしてわかった、所得税より、住民税や社会保険料のほうがはるかに多い。

 私は今後も不換紙幣は紙ではなく、電気信号としてつかわれ、しかもそれが簡単に把握できる世界が来る、ビットコインを見れば十分でしょう。
 隠れて経済行動をするようなものは今後すべてだめになると見ているから、金をひそかに持つことは一度考えたほうがいいと思っている。

 その意味で私は日銀は国債ではなく、株を購入することだと見ている。その経済社会が資本主義でないと株を購入しても効果はすくない、特に我が国では。

 ここに日米の経済体制の矛盾があるが、今のところ我が国が全体としては、勝っていると見ている。ただその勝っていることが庶民一般にいきわたらないもは政治が悪く、規制が多いからだと見ている。

 義務教育など廃止してそれに関わる職員を無しにして、政府は高等教育だけに主力を注げばいい。あとは親のカッテに任せればよく、そうすれば教科書問題などあっという間に吹き飛ぶ。税金も減る。

 現状を脱却するにはそれくらいのことをしないと先はないと私は見ている。ほかにいくらでもある。
いずれなし崩し的におきるでしょう。その端緒は国内にいる外国人です。

身も蓋もない事

現代社会においてお金を得る方法は 稼ぐこと、これは何かを売ること同じですから
1)何かを売る。これは逆に買う人がいることを意味するから、市場があることと同じ
2)もらうこと。これは寄付も含めると、乞食を意味するが之も与える人ないし組織があるから、ひとつの社会の属する必要がある。
3)盗むこと、これは盗むものがないとできないから、金持ちの存在を前提にしている、また所有権の概念が必要でそれは法的規制の下だから、やはりひとつの社会に属する必要がある

 上記の三つしかないと思う。そしておギャーと生まれたときすでにこの三つは大体決まっている。2)と3)は現代ではダレでも間接的に関与していると私は思っている。したがってお金を得るには1)しかない。

 何がいいたいかというと金を持ってもそれだけではお金にはならない。つまり売らないとお金にならない。ここをよく考えることでしょう。私はうかつだったから、上記にきずくのはずいぶん年をとってからでした。

 そして上記三つを指標にほかの人を見ると意外や意外、いろいろなことが見えてきた。とにかく自分が見えてきた。世俗の多くのマスコミの経済言動は一言で言うと<何かを買え>に過ぎない。
 しかしお金は売らないとできない。この落差は大きいというより世間は人をだます記事に満ちているが。誰もそれを指摘しない。

 われわれはこの事実を冷静に考えることではないか。

 ためしに自身が手にできるお金を売るという行為から見ると、どれだけあるのか?これが意外と難しいとともにその人の経済能力がわかる。たとえば骨董を売るにはどこで売るのが一番良いかは、金をどこで売るのが一番いいかと同じことです。骨董は特に難しい。市場が公開、公設ではないからです。

 世俗的には<資産は多めに、借金は少なめに数える>から、いちどそれを計算して資産はその7割、借金はその1.3倍としてみるのが手堅いと思う。

 特に土地は負債としてカウントしないと個人は自身の資産を把握できない。そして5年後10年後どのようになるかも見ることです。
 ちなみに土地を持つと私の場合一年に9.8万支払う義務が生じるから、5年後の資産は49万確実にすくなくなるわけです。それを回復するには働くことは基本的には無理でやはり、働かないでもお金を稼ぐものをもって、それで支払いを担保する必要がある。配当が年10万ということですから、株しかない。
 世間は住宅を買う話ばかりですね。5年後市場は半値以下になるがそれでは自治体が持たないから、下げないという虚構ができる。この事例を見ても我が国経済はいびつになる。その用意を。
 つたない思考は以上です。
 
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク