今やっちゃいけない投資は「米国株インデックス投資」だと思う。常に「神話」を疑え。


 僕が生業としているコツコツ積立て投資はいずれ上がるまで買い続けるので基本は何を対象に投資しても時間を味方につけられる個人投資家は相当高い確率で報われることになる。ただただ、です。右肩下がりで落ち続けるものだけはいくら続けてても追いつかず報われない可能性はあります。たとえばトルコリラ。高金利だと買う日本人が多いわけですが高金利通貨はインフレ通貨であって通貨価値が下がってるからがために金利が高いわけですから、受け取る金利には基本見合いません。それ以上に落ちます。高金利がいいなら、ベネズエラ国債とかに投資すればいいですよ。年利5万%とかです。ww でも誰も買わない。高金利通貨のスワップ投資というのはつまりはそういうことです。

 そして最近警鐘をぜひとも鳴らしたいのが米国株インデックス投資。個人型拠出型年金や積立てNISAの登場で、インデックス投資をする人が多いそうです。そのセールストークはこう。過去100年、米国株はいつの時期に投資していても資産は増えています。リーマンショック前に投資したとしても今の方が高いわけですから。ベテランのファンドマネージャーよりもインデックス投資の方が利回りが高い。ならとにかく低コストのインデックス投資を、さらに節税もできる個人型拠出型年金でやりましょう、ということ。ただこれって結局過去のことを言ってるに過ぎません。今が高いから成り立つトークなわけです。いずれ下がってもまた上がるから大丈夫、というなら、高値を更新している今に買う必要はなく、下がったときに買えばいいんです。どうせ長い期間投資するんですから。でも配当があるから早く始めた方が・・・と言いますが、高い時に買っちゃだめです。何においても。

 投資というのは、実際に使う時に価値が上がっていないと意味がありません。次にいつか必ず来ることが決まっている米国株の暴落以降、自分が使う時までに快復しているのでしょうか?今は何もしない方がいいんです。

 そして株価は必ず全体が上がっていく、といいますが、デフレの日本人はイメージしづらいかもしれませんがインデックス投資は確かに過去利回りは出ていますが、インフレ、すなわち通貨価値の減少分を考慮するとどうでしょう?だいぶ利回りは減ります。配当なんか出ない金地金、ゴールドを買ってても上がってますよ。

 そして株価が上がる根拠となる配当金ですが、配当を出さない新型企業がだいぶ主流かつ勝ち組になりつつあります。株価は上場して創業者が資金を集めるためのものであって一般庶民の個人投資家が資産形成できるものではなくなりつつあります。貧富の格差は確実にどんどんひどくなっているのです。

 すると結局はただ持っているだけではダメで、積立て投資といえど、良い時期に利益確定し、次に安くなるまで待つ、という運用スキルは必要になってきます。上がったときにはちゃんと売る、そのあと良い投資対象が見つかるまでは何もしない、ということをしないと。

 とにかく米国株インデックス投資をしてればいい、ということはもはや「神話」化していますので、神話というのはバブル崩壊する為に存在するものです。土地神話しかり。株に投資しよう、という安易なセールスが多いので個人の皆さん、気を付けましょうね。安くなるまでしっかり待ちましょう。次安くなったあとは、株に変わる新しい経済圏が誕生してきて株以外で運用すべしとなるかもしれませんよ。


Comments

Private comment

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク