恐怖の米国債逆イールド!その後リセッション入りするのは確率論でもなく当たり前。


米国債2年債利回りと10年債利回りの逆イールド発生。その後リセッション入りする可能性がほぼ100%、といいますが、当たり前。逆イールドそのものが景気後退の遅効指標なのですが、これが出ているということはもう景気後退入りしているということです。

逆イールドとは?ずいぶん前にもう3年債と10年債は逆イールド発生していましたが今回は本命の2年債と10年債の利回りが逆転。10年貸して受けとる利回りより、2年貸して受けとる利回りの方が高いという現象です。長い期間貸したら高い利率を要求するのが普通ですが、先々もっと金利が下がると予想されているので10年間その金利で固定できるならその方が得、2年債投資したら2年後にはもっと金利下がってるから再度債権投資乗り換える際に金利下がっちゃう、と市場が思っている、という現象です。

2年債は中央銀行が短期金利のコントロールをかけますが10年債は市場金利で決まるからこうなるわけですね。まだ中央銀行の2年債金利の利下げが追いついていないと市場は思っています。アメリカFRBの利下げは相当織り込まれましたね。

金利が下がっていく局面だと市場のコンセンサスとして予想されている状態ですから、そりゃもう未来は景気悪化局面しかあり得ないわけです。しかも10年間固定した方が得だと市場が思ってるんですから、数年間は沈みますよ、これは。

どこかの国は通貨大量発行のハイパーインフレまでいきそうです。どこの国がそんなことになるのか、しっかり見届けていきましょう。

Comments

Private comment

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.

Comment is pending approval.

Comment is pending blog author's approval.
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク