FC2ブログ

RBS債券ディーリング業務撤退の衝撃。日本国債って・・・ヤバいんじゃね?円安コントロール不能の恐怖。

ちょっと怖いニュースが出ている。

RBS:日本国債プライマリーディーラーから撤退、大幅削減へ
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGCMRK6K50YE01.html

発行される国債を日銀が買ってしまうので、市場に債権が出てこない。
証券業の重要な機能である、流動性供給機能が今の日本国債市場では発揮できないので、
世の中に望まれない機能は儲からないので削減される。
しかし日銀が買ってくれるから大丈夫と、少ない日本国債の供給に対し需要超過。
最近は短期国債はマイナス金利での入札が出てきている。
日本国は、借金をすることで金利を受け取れる、意味がわからない状態になった。

この状態、いつまで続くのか?

こんな債券市場崩壊状態では、
これから今回のRBSのように債券ディーリング屋業をたたむ例はまだまだ出てくるだろうし、
来年以降、日銀が金融緩和をやめた後に買い手が誰なのか?という問題が非常に怖い。
米国はQEをやめた後、日本に米国債を買わせている。
日本の場合は・・・?誰が日本を助けてくれるのか。

最近、僕の投資のバイブルになっている、
山﨑和邦さんの「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」と出会ってから僕の投資に対する考え方ががらりと変わっているんだけれども、まさにこの本のタイトルが参考になる。

日本国債の現状、日本国債の0.4%を割った利回りなんかは、
常識的な状況ではないと思う。
日銀が買うから利回り下がって当たり前、というのも常識であるが、市場は正常な状態ではないと思われる。常識から逸脱した相場は、いつか修正される。
すぐ、ではないだろう。金持ち国家日本の金融緩和の底力もあるから、まだ時間はありそうだけれども、
高すぎる国債価格の修正は何かのきっかけで来そう。
市場は常に間違う、のだそうだ。
その時には円安もどんどん進む。円安がコントロール不能になる事態だってありえる。

数年経って、常識的に考えて今を振り返ると、
「あの時はあの金利、日本国債価格を普通だと思ってたなー」
と振り返る時代が来るんだろう。





コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク