FC2ブログ

2015年の相場は波乱確実、相場は乱高下。日本人は円安に備えるか備えないかで今後の大きな差になる年。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、2015年始まりました。
為替相場は年末年始、1月1日だけが唯一の休みで、年末29、30、31日も、明日も外貨毎日積立は続きます。
今年2015年はどんな相場になるでしょうか。

為替相場はあらゆる相場の中で一番予想が難しいとよく言われます。あらゆる相場から影響を受け、市場もでかく多くのプレーヤーの思惑も影響。国をまたいだ投資には必ず為替相場がからむので、あらゆるものから影響を受けるのだ。

為替相場を予想するには、多くのものを予想しないといけない。

まず、株価。
株価の中では王様が米国株。
米国株はリーマンショック翌年の2009年からもう5年以上、たいした調整も経験すること無く右肩上がりの成長を続けてきた。
この絶好調の期間そのものがリスク。これほど長く相場が上げ続けることなんて歴史上無いのだから、そろそろ危ない。
2015年のどこかでは天井をつけて暴落すると予想する。
米国株につれて日本株も下げる。しかし日本株は昨年2014年末に高値で終えたら年明けから早速危険な大暴落を引き起こす可能性も大きくなったが幸い調整して頭を冷やして2015年入り、GPIF&日銀の買い入れはまだ本気を出してないので下値は公的資金が買い支える。2015年は下がってもたいして下げないだろう。
米国株から逃げた資金が流入もしやすい環境かなとも思うのでむしろ上がるかもしれない。
米国株と日本株はともに18000をまたいで同じ水準を歩んできたが、そろそろ相関もはずれてきそう。
その中、2015年はさらなる円安が1ドル130円とも140円とも予想されるドル円相場はどうなるか。
米国株と日本株の動きに挟まれ、ドル円相場は2015年は乱高下間違いなしだが、意外に今年は結局レンジで終わってトレンド出ないかもしれない。明らかに円売りの投棄ポジションも積み上がってきてるので米国株が崩れるところではポジション巻き返しでむしろ円高に振れる場面もあるだろう。
この動きは、まずユーロドルが巻き返されドル安ユーロ高の動きも出るので、ユーロ高円安の動きもからんで円安の動向はかなり複雑になる。
ドル円が長期で円安に進む可能性は高いと予想するが、それが2015年にガンガン進むかとは別問題だ。
このブログでは、ドル連動の中国人民元、そして今後の成長が見込める資源国通貨のニュージーランドドルを、数年レベルの長期で毎日少しずつ積立てることを戦略としてるので、2015年で円安に進む必要はない。むしろしっかり円高調整が進んでくれた方が積立が進むので良い。
干支の格言では、辰巳天井、午尻下がり、羊は辛抱。昨年2014年は最後の最後でわずかに尻下がりを見せてくれた。外貨投資と日本株はこの格言通り辛抱の年になると思う。今年2015年に米国株が崩壊するならその間は動くに動けない。じっくり毎日少しずつ積み立ててれば2016年、2017年と、報われてくると思う。

あと2015年相場の重要なところでは、ロシア株と原油の動向だ。
昨年12月に底を打ったのか、さらに下がるのか。
個人的には底を打ったと見るけど、短気の動きはわからない。まだ下げる可能性ももちろんある。僕はロシア株と原油ファンドを買ったが、相場の格言上は掴んではいけない落ちるナイフを掴んだ投資なので、NISA期間の5年のうちにまったく揚がらないことは無いだろうというぐらいの気持ちでしばらく放置する。
大国であり、中国との太いパイプを築きつつある強いロシアがこのままなわけはないと思っている。
原油もしかり。米国シェールガスが耐えきれず減産が始まれば原油相場はサウジアラビアの予算価格と言われる80ドルぐらいまでは戻す。原油のはんぱつも加わればロシアは思わぬ急騰の可能性もあるんじゃないかと思っている。

あとは、新興国。東南アジアなどは今年は厳しいかもしれない。
新興国は強くなったとはいえ、今の強い相場上昇は米国量的緩和で流れ込んだ資金が頼りだろう。米国量的緩和が終わり、金利が上がる思惑が飛び交う2015年は資金が逃げる方向だろう。
インドネシア、マレーシア、タイなどは厳しいだろう。外資の影響を受けにくいフィリピンも外資規制を緩めてきてるので米国下落の影響は受ける。
ただ、米国金利は結局上げられないだろうから、調整しても2016、2017年まで見れば買い時になりそう。

最後は中国。ずっと言われている中国不動産バブル、理財商品で集めた資金の焦げ付きがどこで爆発するのか。これは世界が注目するところだが中国はやっぱり強いな、というのが感想。今年また理財商品の償還に関わるデフォルトがらみで調整もあるかもしれないが底は浅いだろう。不動産バブルを乗り越えて、中国の時代が来ると見る。なのでこのブログでの積立て通貨は中国人民元を選んでいる。

まとめると、
・米国株は下げ
・日本株は連れて下げるがあまり下がらない
・米国に連れて東南アジアは下げ
・ロシアと原油は反発
・米国金利は上がらない
・上げと下げに挟まれてドル円相場はレンジに終わる
というのが2015年の予想。
2015年は波乱必至。トレンドはあまり動かないとしても乱高下の幅はすごい大きそうなのでリスク管理は命。
長期円安に対する防衛として2015年は焦らずローリスクローリターンでコツコツ外貨に資産シフトを進めていくのがいいだろう。
このブログで外貨毎日少額積立を実践していくので、その効果のほどを見ておいて頂きたい。
500円玉貯金をするなら、価値が下がる日本円じゃなくて500円ぶんの外貨をFXで毎日積立てです。
2015年もよろしくお願いいたします。


広告


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク