FC2ブログ

ユーロスイスショックから一夜明け。次の展開を考える。

為替市場最大級の歴史的事故、ユーロスイスショックから一夜明け。
パニックに陥った世界の相場は相場は落ち着きを取り戻し始めている。

これから、流れはどうなっていくのか。
素人ながら、長い個人投資家キャリアをフル回転させて次の展開を考えてみる。

今回、スイスフランに何が起きたか。

人為的に無理やり抑え込んだものは必ず適正な水準に動こうとする。
そこに投資の王道、アービトラージ(裁定取引)のチャンスがある。

スイスはこの数年、ユーロ金融危機以降、対ユーロでのスイス高を抑え込み続けた。
2011年9月に対ユーロ1.20の無制限為替介入を発表しスイス大暴落が発生、それ以降実質的なユーロペッグがずっと続いていた。
しかし昨年ユーロ安がぐんぐん進み、素人目にどう考えてもスイスフラン高防衛ラインを守り続けることはできなくなった。
崩れゆくユーロに対してスイスフランはあまりに安全。
何をしてもユーロからスイスフランに資金が逃げるのは当然の流れだった。
ここでスイスが防衛ライン撤廃に踏み切ったということはまだまだユーロは下がるとみているだろうし、来週のECB理事会でユーロの量的緩和本格実施が決定されユーロ安がさらに進むとスイス中央銀行は踏んでいるとみるべきだろう。

スイスフランの無理なユーロ防衛ラインの維持。
これに資産運用の教育をしっかり受けているユーロ圏の人々はアービトラージの機会を見出していたはずだ。
いずれ防衛ラインを守れなくなると踏んで、ユーロがどんどん安くなってしまう中、多くのユーロ資金がスイスフラン建てに逃避していたはず。
そのユーロ圏から退避したスイス建て資産は今回のユーロ安フラン高で一気に資産規模が増えた。
そして来週のECB理事会後、まだまだユーロ安フラン高は続きそう。
スイスフランと日本円は安全資産、と言われた時期もあったが、日銀量的緩和でどんどん円安が進み日本国債も格下げの危機が危ぶまれる中、スイスフランは世界で唯一の安全通貨になってしまったのだろう。
スイスフラン以外では、安全資産はあと純金(ゴールド)資産ぐらいしかない。

これからさらにスイスフランへ逃避が進みフラン建てに移したユーロ圏の資産家の資産はどんどん増えていく。
そしてどこかのタイミングで安くなったユーロ建て資産へ資金が帰る。
そうしたら、これからユーロは強くなるのではないか。経済は循環する。
ユーロ安を享受しユーロ圏中の富を集めるドイツは強く、米国・日本株が急落している中既にドイツDAXは10000ポイントを突破している。
ドイツは先進国の中で先んじて財政黒字を達成した。通常、財政黒字の国は通貨高の圧力がかかる。
しかしドイツの通貨はユーロ。ユーロはどんどん安くなる。
ユーロ圏の仕組みはドイツにとってオイシイ仕組みになっている。
(それだけユーロのメリットを一手に集めながら他の財政窮乏国家の救済はしないしたたかな国だ。)
ドイツ帝国の再来、と言われるぐらいこれからドイツは強くなっていくのではないか。
スイスフランに逃げた資金がユーロ圏の中のどこの資産に戻るかと言えばドイツじゃないだろうか。
長年弱かったユーロ圏がドイツを中心として強くなっていく。

世界を旅する大量の緩和マネーが今回スイスフランに群がった後、次はどこに行くか。
来週からはユーロ量的緩和に乗っかって、ユーロ売り・欧州株買いに押し寄せるか。
もしくは、フランが高くなりフランに下落リスクが出始めるといよいよ安全資産と呼べるものがなくなり、最後はいよいよゴールドかもしれない。
僕も何年も続けている純金積立てもそろそろ光り輝き始めそうだ。

あと、ある程度長期で考えるならスイスフランは買うと儲かる可能性の高い通貨だろう。
昨日スイスショックの際にスイス円は高値157円をつけている。
(この高値、未だに会社によって違うようだ。会社によって約定できた値段が違う。)
1度つけた値段は、ミラクルであっても既成事実となり長い期間で見ると再度狙いにいく際の基準になる。

しばらくはまだフラン高。
そしてユーロ量的緩和が相場に織り込まれたあと、ユーロ圏が強くなる。
フランが上がりすぎて下落リスクが懸念されると買う安全資産は金しかなくなり金価格は上がる。

こんなあたりが、次の展開として考えらえると思う。
僕は純金積み立てをずっと継続しているし、115円で買ったスイスフランはまだ買い増す。


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク