FC2ブログ

今朝の積立日記(積立61営業日目) 再び円安。ECB理事会直前、めまぐるしく動く各種相場を見る。

今朝のFX外貨積立て日記です。
ニュージーランドドルと中国人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

為替はあらゆる相場の影響を受ける。
長期円安方針はゆるがないものの、短期の動きを見るためにはさまざまなマーケットの動きを見る必要がある。


主要株価
米国ダウ、ドイツDAX、日経平均、上海総合、いずれも絶好調。
株価好調の鍵は22日ECB理事会での欧州量的緩和期待が先導していると見られる。
気になるのはやはり期待が高すぎること。
期待は織り込まれてしまっているので「噂で買って事実で売れ」の可能性が高い。
また、日経平均はドル建てでは145ドル前後でもう2年近くほぼ動いておらず、
最近は売買代金も低迷、買われているのも売買代金1位は日経平均レバETFだという、スッカスカの相場。
個別株はぜんぜん買われていない。
円安頼みで、円安があるので上がる可能性はあるが、あまりにもろい相場なので
何かあればあっさり売り崩される状況。
株が下がれば円高になり、また株が下がるという悪循環で一気に下がるリスクは常に抱えている。


国債
日米国債価格が上がり、金利はまた最低を更新した。
日本10年国債が一時0.2%割れ。5年国債は一瞬マイナスをつけたようだ。
米国金利も低下。米国10年国債は一時1.7%をつけた。
この要因は日銀追加緩和。日銀の追加緩和は金融機関から国債を買い取る。これで日本国債価格は上がる。
そして日本国債を売った金融機関は米国債を買う。
これで米国債価格は上がり、円売りドル買いとなるため円安が進む。
株価高と国債高は併存しないというけども、併存し続けてもう年単位の時間が経つ。
どちらも人事的な国政相場だが、どちらかというと人事的な手が入っているのは国債市場。特に日本国債。
無理やり人事的に為替をコントロールしていたスイスフランが先週どうなったか。
人事的コントロールの結末は推して知るべし。
しかし日銀金融緩和は当面は続くのでこのギャップはしばらく解消されず、
短期的には流れには逆らわずにポジションを持つべきところ。


原油
先週は50ドルを目指して反発していたが、再び下落し始めてる。
が、米国でシェールガス採掘リグの稼働減も報じられており、ロシアも供給減ということで、
そろそろ需給から底値模索の最後の下落じゃないかと見ている。
いずれ原油は70ドルぐらいまでは戻すだろう。
僕はWTI原油先物連動ファンドをNISAで買っているが、もしまだ原油が下がれば買い増す。


ロシア・ブラジルボベスパ
原油反落に伴ってロシアは下落。しかし原油の下落の割りには下値は深くなく、
ブラジルボベスパにあたっては上昇している。
原油関連株は、今回の原油がまた下落したことについては楽観視しているようだ。
ロシア株ファンド、アブダビ株ファンドも持っている。これらも下がる機会があれば買い増す。


最も注目が金・銀・プラチナの貴金属の動き。
ほとんど報じられていないが昨年11月に1,132ドルまで下落した金は、
現在1,292ドルと1割以上も上昇している。特にスイスフランショック後猛反発。
金利を生まない金の大敵は金利上昇。国債価格上昇で金利が史上最低を更新する中、
最強安全通貨スイスフランが揺らぎ、日本円は円安圧力がかかる中、
安全資産としてもはや金しかなく、買われているか。
純金積立てももう3年ぐらいコツコツ続けているので、そろそろ金の輝きが増してきそうだ。


円相場
今日は日銀決定会合後の黒田総裁会見が午後に。
まったく注目されていないだけに、思わぬ相場波乱の要因になることもあるかも。
相場師・黒田さんは過去何度もサプライズを打ち込んできていて、
何かサプライズがあれば投機マネーは一気にのっかってくる。


さて、積み立てているニュージーランドドル、中国人民元を合わせた損益は
先週末から含み損に転落していたが今日は一転プラスに戻した。
明日22日はいよいよECB理事会。
上記相場はどれをとっても円安方向へベクトルを向けるものであり、
欧州量的緩和が想定外となった時には巻き返され逆に。
その時は円高圧力が一気に高まるので、円高調整が進み、積立てチャンスが来るのを期待。


積立期間:2014/10/27~2015/01/21 (積立61営業日目)
累計積立金額:58,735円
外貨評価金額:58,802円
損益:+67円(損益率+0.3%)
累計スワップポイント:180円
預託証拠金額:102,543円(自己資金100,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:91.13円  数量:5NZD(=約456円)
平均積立単価:91.36円  累計積立数量:310NZD(=約28,322円)
外貨資産価値:28,250円  評価損益:▲72円 (損益率▲0.3%)
累計スワップポイント:121円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.08円  数量:26CNH(=約496円)
平均積立単価:19.00円  累計積立数量:1,601CNH(=約30,413円)
外貨資産価値:30,552円  評価損益:+139円 (損益率+0.5%)
累計スワップポイント:59円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


スポンサードリンク

SBI FXトレード


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク