スイス中銀、中国人民銀と人民元決済協定締結で合意

見逃せないニュースが今朝出ている。

スイス中銀、中国人民銀と人民元決済協定締結で合意(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0KU2H220150121?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29

タイトルではスイスが、となっているが主役はもちろん中国のほうだ。
中国人民元のドル離れ、国際通貨化が急速に進んでいる。
中国人民元は昨年末に下記ニュースも出ていた。

中国人民元の大きなニュース!中国銀行の規制緩和で元高に動く可能性!
http://fxtsumitate.com/blog-date-201412.html

ロシアルーブルなど、各種通貨と人民元の決済促進がどんどん進んでいる。
これまでに無いスピードで。
これはドル離れがどんどん進んでいるという動きに見える。

少しオーバーかもしれないが、中国が本気で世界覇権獲得に動き出しているのではないか。
中国はアメリカを崩壊させかねない最強のカードを持っている。
中国は米国債の最大の保有国だ。
中国が「米国債を売る」と少し流布するだけで現在歴史的最高値の米国債を大暴落させることができる。
これは、ドルの崩壊を意味する。
アメリカはその急所の自覚があるので現在日本の金融機関に大量に米国債を買わせている。
米ドルにはこの急所がある、ということが僕が積立て通貨で米ドルを選択せず、
中国人民元を選択している理由のひとつでもある。

中国は米国債を大量に保有しているのでその価値が下がれば自爆でもあるので売ることはできない。
だが最近の動きはそれを可能にする動きにも見える。
自国の金融機関がドル保有を減らすことを許容する。これは昨年末に見えた動き。
これからの動きとして、
中国人民元と米ドルの実質ペッグ固定レートをはずし、為替自由化に踏み切る。
そして米国債を売る、と宣言すれば中国の被害を少なく抑えることができる。
これは世界経済にとって大きな脅威だ。

目立たないこのスイスフラン・人民元の決済協定の報道。
今後の世界経済の動きとして見逃せないニュースだ。


スポンサードリンク


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク