FC2ブログ

日本国債の金利急上昇。日本の、これから、数年後の未来が危ぶまれる。、

今週、長期国債金利2%割れまで下がり一気に3%超えまで反発しました。
下がったものが上がっただけ、という見方もできるけども、金利で1.5倍も跳ね上がりました。
日本国債は流動性が枯渇しているので、ふとしたことでこうやって跳ね上がる相場になりました。

本当に先々、日本国債の金利は跳ね上がることはないのか?

少し参考になる記事を見つけました。
アベノミクスの金融政策で外国人が国債を買って儲けているという話
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/51615598.html

日本政府の借金は国内向けの借金だから大丈夫だと、
よく家族内の借金に例えられるたとえ話を目にするが、
そこに外国人買い手の姿が見えてきているという怖いお話。

外国人投資家は逃げ足が速い。
いま国債を買えば今の価格より高く日銀が確実に買う、確実な低リスク投資だとして短期的に注目しているのかもしれません。
投資は確率論なので、高い確率で儲かる儲け話があれば投機マネーは躊躇なく踏み込んできます。
この姿、似たようなものが最近いくつもありましたね。
東京電力が発電コストより高く固定価格で10年も20年も買ってくれるから確実だと
投資が殺到した太陽光発電固定価格買い取りビジネス。
スイスフランが対ユーロの絶対防衛ラインを設定し、このラインを超えそうになるとスイスが介入するから
低金利のスイスフランを借りて他通貨を買えば金利差が確実に稼げる、とされたスイスフラン売り。
それら「これは間違いない」と人が群がる姿と重なります。

さて、太陽光発電と、スイスフランはどうなりましたか?
太陽光発電は投資が殺到、一時新規認定を停止する騒ぎとなり、
今年4月以降の新規買い取り価格設定は大幅減が見込まれています。
スイスフランはご存じの通りスイスは上限を撤廃。
わずかなスワップ金利を日々稼いでいた人々に突如わずか数分で巨額の損失が降りかかりました。
さて、日本国債は?
外国人が殺到しているように、まだまだ日銀が国債を買い続ける期間は残されていると見られ、
まだしばらくは国債は買った価格以上に日銀が買うでしょう。
今回跳ね上がった金利も、国債価格が下がれば日銀の買いを当て込んだ買いが殺到しまた金利は下がるでしょう。
しかしどこかで日銀がギブアップ、もしくは量的緩和の停止、出口戦略に言及する時が来る。
その時スイスフランショックと同じ惨状が繰り広げられます。

スイスフランショックでのスイスフラン高の悪影響は何も終わっていない。
スイスフラン建てで住宅ローンを組んでいた欧州の人たちの住宅ローンにこれから大打撃を与える。
ヨーロッパの不動産価格は高騰しているのでそれをスイスフラン建て低金利住宅ローンで借りていたとしたら・・・
ある日突然スイスフラン建て借金が2割も3割も増えたのですから、これは大変なことです。

日本の場合は逆の方向、日本国債売りによる日本円下落。
いま外貨建てで借金を持っている人は少ないでしょうから外貨借金増の被害は少ないと思われる。
けども、住宅ローンの変動金利上昇という形で数年かかってじわじわ消費者を追い込んでいく。
住宅ローン金利が上がり返済額がじわじわ上昇、物価もじわじわ上昇。
賃金はすぐには上がらないので実所得は激減していく。
幸い、日本の不動産は世界各国の不動産バブルに比べてそれほど値上がりしていないので
(割安なので、チャイナマネーを中心に海外投資家がガンガン日本不動産を買いに来ています。)
日本円でしか資産を保有していない多くの日本人は、
この日本国債と日本円のダブル暴落の可能性を頭に入れておくべきだと思うのです。
ずっと円高、デフレの物価安の中で世界随一のお金持ち国家だった日本は、
今まさに「井の中の蛙大海を知らず」なのかもしれません。
日銀はまだまだ量的緩和を続けますから、まだしばらくは時間がある。
その時間が長ければ長いほど、その後遺症は長くなる。
バブル崩壊後の失われた20年どころではないかもしれない。
僕らが生きている間には解消されないほどに不況は長いかもしれない。
残された時間の間に、少しずつでも外貨建てで資産を築いていく必要があるだろう。
儲けるためではない。あくまで資産防衛のための”保険”として。
外貨投資は日本人にとって有事の際の保険です。


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク