FC2ブログ

リスクオンの中、ニューヨークダウの一人負け。米国株天井か。

一昨日の欧州量的緩和の導入で昨日の相場は世界中がリスクオン。
その中、世界で一人下落したのがニューヨークダウ。
特段、売られる材料が出たわけではない。
なぜ、ダウは売られたのか?

おそらく、「買う理由が無いから」だと思われる。
今の世界の相場は、利回りの高いものを探すイールドハンティングの旅を続ける流浪の投機マネーが支配している。
原油に安住していたマネー、中国不動産に滞留していたマネー、
居場所が不安定になったのでどこか安住の地を探そうと流浪している。
昨年一昨年までは日本株にも一部流入していた。
そのマネーがこの欧州量的緩和の中で何を買うかといえばやはり欧州株。
ギリシャ株が大幅高したが、これから資金ジャブジャブにしようという欧州が効率が良い。
既に量的緩和を終え、世界の牽引役としての役目を終えた米国株を誰が買うのか。
米国はQE終了によりドル高が進行し、米国企業にとっては通貨高の悪影響がじわじわ効いてくる。
企業決算シーズンに入ったが、IBMなどドル高に苦しむ姿が鮮明になってきている。
日本企業が円安で業績見通し引き上げが続く日本の逆バージョンだ。
そういう意味では米国株は昨年既に天井をつけた可能性がある。
昨日の世界株高、米国株ひとり負けの構図は今年以降の世界の姿を象徴している。
ただし、米国株が崩れればその煽りを食らわない国は無い。
昨日は最後まで市場が開いているブラジルボベスパがニューヨークダウ下落の煽りを受けて下落した。
いま、世界各国は米国株下落の影響を回避しようと必死に違いない。

米ドルはまだまだ高くなってしまう。
昨日、世界の国債利回りが一斉に急落したが、これは欧州量的緩和の影響。
下がるユーロを借りてどこの資産を買おうかと考えたときに、
既にマイナス金利のユーロ圏各国の国債からすれば高金利の米国株はヨダレが出るほどオイシイ。
ユーロを売って米国債を買えば儲かるのだから。
当然、昨日米国債利回りは世界最大級に下落した。
ユーロキャリーでの米国債買いが押し寄せたのだろう。
ユーロ圏からすれば今史上最低の日本国債でさえ高金利に見える。
米国債利回り低下すれば日本国債にも買いが押し寄せる。
さらに日本国債は日銀が買ってくれる保証がついてる、と良いことづくめで、モラルハザードが起きるほどオイシイ投資。
いま、国債投資は最高にオイシイ投資なのだ。
イールドハンティングマネーは国債に押し寄せている。
その津波の引き際を考えると恐ろしいが、この傾向はしばらくは続く。
ドルはまだ上がるし、ユーロからの円買いで少し円高圧力が強くなる。
円高対抗のために日銀はどこかでまた追加量的緩和を打ち出すだろう。
ドル高の中、追加量的緩和を打てばドル円はどこまで円安になってしまうのか想像もつかない。
さらに数年先を見ればそのあと日本国債が売られる時が来れば、
日本円の将来は推して知るべし。
外貨を持つ、というこれからの世の中を生き抜く技を身に付けておくにこしたことはない。


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク