FC2ブログ

スイスフランの不穏な動き??SBI FXトレードさんからの通知。

スイスフランにまた不穏な動きがある模様。

こんばんは。寒さに凍えてFXの利益以上にエアコンをかけてしまうサラリーマンのまなぶです。

SBI FXトレードさんから、通知が届いた。
投資家保護の観点から、スイスフラン円の新規注文の受付けを一時停止する、とのこと。
カバー先から、スイス中銀の対ユーロ上限設定絡みでマーケットのボラティリティが非常に高まっているとのこと。
ボラティリティが高まっているのはユーロ/スイスフランなのだろうけども、
再び対ユーロ上限設定する可能性も噂されているようで予断を許さない状態なのだそう。

SBI FXトレードさんは、先日のスイスフランショックの時もスイスフラン円のレートを配信し続けていたと思う。
スイスフランショックを目の当たりにしたが、通常にレート動いていた。
そんな強靭なシステムを持っているSBI FXトレードさんだが、
それでもやはりマーケットの変動に備えて一時取引きを停止した。
個人投資家が証拠金以上の損失を被るとFXディーラーにも被害があるので被害回避の一面もあるのだろうが、
危ないものは危ない、と新規注文を止めて投資家保護に動く姿勢はとても感心する。

しかし気になるのはこの文面以上に、どんな情報が飛び交っているのだろう、ということだ。
永世中立国スイスフラン。山奥の金融大国が次は何を仕掛けてくるか。
シンガポールドルのドルペッグでバンドを動かず方式に興味を示したというようなニュースもあったが、さて。
2011年に対ユーロ上限を導入した時もスイス円は何円も円高方向に瞬時に動いた。
スイスの動向はそれだけ世の中にショックを与える。

スイスフラン円はスイスショックの前は115円台、そこから対ユーロ上限撤廃で160円まで跳ね上がり、
今はまた120円台まで円高に戻ってきている。
この状態であればスイスフラン高になっているわけではないのでスイス中銀の介入の必要はない。
しかし何をしてくるかわからない。
どこかのタイミングでスイスがまた世界にショックを当たるのかもしれない。
注意して相場にかかわろう。


スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク