FC2ブログ

今朝の積立日記(積立85営業日目) イエレン議長議会証言前、嵐の前の静けさ。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を
各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。


現在の積立状況、週別トレンドです。
20150224積立

グラフを見て一目瞭然、この2~3週間、完全に停滞です・・・。
まだ少し含み損状態ですから、この期間にも毎日積立てで平均積立て価格はじりじり下がり、
スワップ金利はたまっていくので、着々と利益の源泉は増えていっているのですが、
ブログを書く上では相場に動きが無いとなかなか退屈です。

投資スタンスは長期なので日々の動きは関係なく、
著名投資家たちも本当に資産が増える長期の資産運用は退屈なものだ、と言っています。
ふと思えば、僕はサラリーマンで副業個人投資家ですから、
ほっておいても資産が増えていくものでなければ日々の動きにはついていけない。
退屈なくらいでちょうどいいのかもしれません。

さて相場ですが、今晩はイエレンFRB議長の議会証言。
最近の相場は今年6月の金利上昇には疑心暗鬼。
6月には金利は上げられないという見方、
1回は上げてもその後は上がらないという見方など。

ハト派ばっかりになったFRBにおいて、ハト派親分のイエレンさんの見解が注目されます。
結果がどっちであれ、最近動かない相場の中、
投機筋は格好の投機材料として使ってくるでしょう。
最近動いていないぶん、少し大きく動くことは想定必要。

あと気になるのはギリシャとウクライナ。
この1~2週間の間、ウクライナは停戦合意、ギリシャは債務延期合意、と、
好材料に湧いていたギリシャとウクライナですが、どうもその行方が怪しい。

まずギリシャ。

ギリシャ「暫定」合意は72時間(日経)
http://www.nikkei.com/money/gold/toshimagold.aspx?g=DGXMZO8353791023022015000000

ギリシャを巡っての”合意”は事態をわずか72時間延ばしただけ、という見方。
現に昨日23日はギリシャは現行のドイツの条件をのめない見解も見られ、
ギリシャからの構造改革のリスト提出が25日にずれこんでいる。
ドイツの条件をのめばツィプラス政権は公約違反だし、ギリシャ議会が揉めているのだろう。
リスクオン相場に転換しつつあった状況でのサプライズは思わぬ下落の可能性。

そしてウクライナ。

ウクライナと戦争する公算小さい、決して望まず=ロシア大統領(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0VX3JQ20150223?feedType=RSS&feedName=marketsNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPMarketNews+%28News+%2F+JP+%2F+Market+News%29

わざわざ言わなくてもいい、戦争の可能性に言及するロシア・プーチン大統領。
記者に聞かれたから答えたまで、とも見れるが、
「可能性は低い」とわざわざその可能性を意識させる答え方。
状況の緊迫感が伝わる報道だ。

ウクライナ停戦合意後成長してきた株価は、この事態が急転するサプライズが起これば
ネガティブサプライズで反落で反応するだろう。

そしてウクライナ側もいよいよ経済が厳しい。

ウクライナが資本規制強化-通貨フリブナ急落でリスク増大 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NK8LDJ6JTSFP01.html

ロシアルーブルの下落は有名だが、
ウクライナの通貨フリブナはそれ以上の下落となっており、
外貨建ての債務が返済できない可能性が出てきている。財政破たんに備えて躍起だ。
こういう人為的な防衛策は余計投機マネーに狙われるので、
ウクライナのデフォルトが現実味をおびてくる。

結果、ウクライナ国債はこんな状態だ。

ウクライナのドル建て国債が過去最安値に下落=トレードウェブ (ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0LR0W420150223

ウクライナデフォルトの可能性を市場も織り込み始めた。

紛争の発端はいつも経済問題。
こうなると、追い詰められたウクライナ政府は事態を好転させる為何をし始めるかわからない。
いつサプライズが飛び出してもおかしくないぐらい、ウクライナ情勢は緊迫している。


日米株価が上がっているからといって、
どう考えても今株を買ったり円安方向にレバレッジかけてFXトレードしたりする時期ではない。
株が上がりすぎているので、しばらく放置してこなれてきてから参戦するタイミング。
まもなくチャイナマネーも旧正月を終え、投機マネーとして参戦してくる。

ちなみに現在絶好調の日経平均株価も少し危ないチャートの形になってきた。
3つマドを開けて上がっていく”三空”を形成後、昨日の日足は陰線だ。
特に値がさ株のファナックなんかは前日でも大きく下げており、売り崩しにかかる動きが見られる。
昨日の勢いからすると売りの勢いが強くなってきた。
2月になってから外国人が買い越してきているので、そろそろ売りに回っても全く不思議ではない。

外国人はアベノミクス発足以降、2013年は記録的買い越し、
2014年以降はドル建て日経平均の135~155ドルレンジを意識するかのように、
買い越しては大きく売り越し、そしてまた買い越して大きく売り越して、と、レンジ取りのトレードが見られる。
しばらく買い越してきたので、需給面からも売りに回る可能性がある。
外国人が売り越してきたときの下落のきつさは周知のとおり。

不透明感が強すぎてデイトレードだとまったく参戦できないので、
コツコツ外貨積立てと、豪ドルイフダントレード、下がったら裁量で少額豪ドル買いと、
ちょいちょい少額で参加して様子を伺っているので十分な市況だ。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/02/24 (積立85営業日目)
累計積立金額:81,080円
外貨評価金額:80,636円
損益:▲444円(損益率▲0.5%)
累計スワップポイント:403円
預託証拠金額:154,570円(自己資金150,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:89.49円  数量:5NZD(=約447円)
平均積立単価:90.41円  累計積立数量:430NZD(=約38,875円)
外貨資産価値:38,479円  評価損益:▲396円 (損益率▲1.0%)
累計スワップポイント:232円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:18.96円  数量:26CNH(=約493円)
平均積立単価:18.98円  累計積立数量:2,224CNH(=約42,205円)
外貨資産価値:42,157円  評価損益:▲47円 (損益率▲0.1%)
累計スワップポイント:171円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR

SBI FXトレード


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク