FC2ブログ

今朝の積立日記(積立96営業日目) NZドル下落。ついに始まったニューヨークダウ大暴落。パリティを目指すユーロドル安。FOMCまでは一方向の展開が続きそう。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を
各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

現在の積立状況、週別トレンドです。
20150311積立

やはりチャートの形、というのは今後の未来を示唆している。
含み損益のグラフはまた下向きになりそうなチャートの形を示していたが、やはり下を向いてきた。

驚いたのはニュージーランドドルの急落。
何が起こったかというと、昨日日本の昼前、こんなニュースが飛んだ。

UPDATE 1-「粉ミルクに毒物」とNZ乳業大手など脅迫、小動物駆除に抗議か(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/foreignExchNews/idJPL4N0WC21320150310

このニュースを受けて、ニュージーランドドル/円は89.20円レベルから88.51円まで急落。
フォンテラ株の売買が停止される自体になったのだそう。

粉ミルクひとつで1国の通貨をゆるがすような影響が出るの?
と思うかもしれないが、この粉ミルク。ニュージーランドの戦略国際商品。
中国の巨大な消費を取り込むために積極的に中国向け輸出を拡大し、
いまやGDPの7%を占めるというのだから驚きだ。

農業大国ニュージーランド、農産物大手のフォンテラがニュージーランド最大規模の企業。
農業輸出はまさに国家を賭けた国策。安全志向の強まる中国消費により粉ミルクは稼ぎ頭。
このフォンテラの粉ミルクの安全性が脅かされるような事態になれば本当に一国をゆるがしかねない。

このニュースの後、この粉ミルク事件はテロの類ではなく、農薬使用に反対する脅迫であったことなど、
次第に内容が明らかになっていき、過剰反応は落ち着いた。

しかしいったん下落の勢いがついてしまったニュージーランドドル。
トレーダーたちの間でも「キウイを売れ!」との号令もあったのかもしれない。
どんどん下がり、さらに原油安も相まって、昨日は終始キウイドル下落の1日だった。

この影響で、積立ての損益はマイナスに転落。
明日、NZ準備銀行の金融政策決定会合があり、次の動きが待たれる。
長期積立てに徹しているので、いったん下がってくれれば安く買えるので将来の利益の源泉になる。
目先は下がってくれたほうがいい。


さてさて、昨日の相場で注目が2点。
ニューヨークダウの下落と、ユーロドルの下落だ。

もともと大天井圏にあり、6年も大きな下落をしていない米国株はいつ急落してもおかしくない状況にあるが、
その暴落の兆しがついに見え始めた感じだ。
金利引き締め観測、ドル高の悪影響が見られ、売りが売りを呼んでいる。
雇用統計後の急落にタイミングを合わせたかのように、ギリシャ、ウクライナの2大不安が急に不安定化。
米国株は昨夜も一方的に下げた。

今週末にSQを控える日経平均先物も合わせて大きく下がってきている。
SQ週の水曜日は荒れやすい、とはよく言われたものだけども今日の日経平均、伴ってドル円の乱高下は荒れそう。

そして注目はユーロドル。
昨夜も売りが売りを呼び、なんと1.06台まで落ちてきた。
最近叫ばれ始めたユーロドルのパリティが本当に実現するかもしれない。
通貨でいうパリティ(parity)とは、”等価”の意味。ユーロドルでいえば1.00のこと。
対円の為替レートを見ればわかりやすいが、
今朝時点のレートを見れば、1ドル121円と、1ユーロ129円が並び、
ドル円とユーロ円が同じレートになる日が近づいている。
ユーロドルが1.00になったら、ドル円とユーロ円は同じレートになる。

昨年時点ではユーロが下がってるとはいえ、そんなことがありえるのか?と思っていたが、
ここまで近づいて来ればいよいよ現実性を認めざるを得ない。
1月のスイスショックなど、過去最高の出来事が平気で起こるのが今の為替市場だ。
欧米日の量的緩和による通貨過剰が引き起こしている過剰な値動きだろう。
何が起こってもおかしくはない。
そしてユーロドルパリティ1.00を実現すれば、さらにオーバーシュートを呼び、
ユーロドルはパリティどころか逆転現象が起きるだろう。

FOMCまではまだ1週間近くある。
そこまでユーロ売りのブレーキになるイベントも見当たらず、ユーロは安心して売られているので
1週間でどこまで下げていくか。
そしてどんどん下がるとFOMCでは逆に猛反発が懸念されるので、ユーロドルはしばらく恐ろしく荒れるだろう。

こんな値動きを見ると、やはりデイトレードなんて通常の神経ではやれない、と感じる。
この乱高下相場でデイトレードで生き残れるのは、機械的にルールを守ってきっちりトレードできる、
プロトレーダーだけだろう。

プロではないサラリーマントレーダーは、
こういう相場でも淡々と積立て投資を続けて蓄財。これに限る。
個人投資家は、含み損を気にせず何年でも待てるのだから、
相場がどう動こうとも毎日コツコツ積立て続け、数年先を楽しみに待っていればいい。
乱高下相場ほど、少額投資の精神安定感、強さを強く感じる。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/03/11 (積立96営業日目)
累計積立金額:91,424円
外貨評価金額:91,083円
損益:▲341円(損益率▲0.4%)
累計スワップポイント:498円
預託証拠金額:155,028円(自己資金150,000円)


NZD(ニュージーランドドル)
今朝積立単価:88.09円  数量:5NZD(=約440円)
平均積立単価:90.33円  累計積立数量:485NZD(=約43,810円)
外貨資産価値:42,724円  評価損益:▲1,086円 (損益率▲2.5%)
累計スワップポイント:296円

CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.29円  数量:25CNH(=約482円)
平均積立単価:18.99円  累計積立数量:2,507CNH(=約47,614円)
外貨資産価値:48,359円  評価損益:+746円 (損益率+1.6%)
累計スワップポイント:202円

【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR

SBI FXトレード


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク