将来有望なビットコインの積立て成績。ビットコインを扱う関連書籍も充実し始め、そろそろ価値が見直されてくるか。

スキャン_20150616 (3)

ビットコインを毎日0.01BTCずつbitFlyerでコツコツ積立て購入しています。

量的緩和で世界各国の通貨価値が下落する中で有力なビットコイン。
中央銀行が無いので、突然量的緩和で人為的に価格が下げられることもない。
将来有望だと思っているので、毎日コツコツ積立てている。
もちろん、不透明でリスクも高いので失ってもいい金額で。
今、1BTCは3万円前後なので、毎日0.01BTCなら毎日300円程度。

そのビットコインを積み立てて約3ケ月。どうなっているか状況まとめました。

ビットコイン積立て状況
20150329積立BTC

積立て期間:2015/01/30~2015/03/29(45日目)
平均積立価格:31,639円 今日時点の価格:31,075円
累計購入に対する損益率:▲5.2%

一時期、損益率+13%までいったがあっという間にマイナスに。
おそるべしビットコインの価格変動。

28,000円あたりから、3月中旬に36,000円あたりまで急騰。約3割の驚異的な価格上昇。
しかしそこからまた2週間で▲2割減というおそるべし価格変動。

価格変動の激しいビットコインには現在続々とトレーダーが参入しているらしいが、
確かにトレーダーがじゅうぶんやっていけるだけの価格変動を見せている。


価格変動の激しい、長期上昇が見込める有望な資産に対する戦略としては、
やはり僕が最も得意とする「積立て」の出番!
(何も考えずに毎日買っていくだけなので得意技でもなんでもないのだが・・・)

長期で伸びるが、価格変動が激しいので買う時期がなかなかわからない。
これから何年かの間で上昇するであろうことは予想できるが、目先は下がるかもしれない。
価格変動が激しいので下がった時のダメージが大きくなるかもしれない。
ということは、毎日少しずつ買っていけば購入価格を平均化することができ、

買い時を間違えて下落した時のダメージを軽減できる。

ここ何年かで上がる、と予想するのであれば、
ずっと続けていればいつかは上がる、という算段だ。
大きな金額をまとめて取引するデイトレードだと、上がる時期、下がる時期をピタリと当てないといけない。
ビットコインのような未知数のものにに対して予想的中させることはまあ難しいだろう。


さて、先日ビットコインに関する書籍を呼んだ。
「新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本」。

確かにビットコインは通貨なのかモノなのかよくわからず、
新聞報道も、投資アナリストもなかなかコメントができない。
よくわからないので予想もできていないようだ。情報が少ない。

この書籍の中で、今後ビットコイン相場に対して強気で見ている、ビットコイン長者たちのインタビューがある。
ビットコインの上昇で何億も儲けた人たちだ。
マウントゴックスが破綻したニュースがよく報じられたが、
ビットコインで稼いだ人の報道は皆無なので、この本でのそのインタビューは貴重。

マウントゴックスは世界最大のビットコイン取引所で日本に存在していたが、
日本にあるのにマウントゴックスに口座を持っていた日本人は1,000人ぐらいしかいなかったのだそう。
ビットコインはまだまだ日本ではレアもの。
マウントゴックスの事件もあったのでなんともイメージが悪く、いつビットコイン元年が来るのか未知数。
しかし電子マネーの普及が進んでいるのでビットコインも使えるところが増えれば普及は近い。

そういえば、日本での電子マネーの普及を端的に表している記事が今日出ていた。

1円玉は半減、10円・50円玉は増 15年度発行枚数 電子マネー普及や増税背景に(日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H0B_Y5A320C1MM0000/

人が電子マネーを利用するようになって1円玉の必要性が減っているというのだから、
電子マネーの普及はだいぶ進んできている。

僕も、日々財布から現金を出す機会は本当に減った。
スマホのモバイルスイカでコンビニも自動販売機もスーパーも買い物できるので、
スマホさえあれば財布を忘れてもあまり困らない。
(実際、けっこう財布を家に忘れることが増えた。笑)

ビットコインを買っておけば海外でも使える、とかいう環境になってくれば、
高い外貨両替手数料を払うより、ビットコインを使う、という風になるだろう。

また、他の本も読んだが、ホリエモンこと堀江貴文がビットコインをガンガン使っていると発言している。
本のタイトルは「竹中先生、お金について本音を話していいですか?」。
ビットコインを使えば、グローバルにお金を使うのは本当に安い手数料で済むし、
ビットコイン建てでいろんなことが既に始まっているのだという。


さて、今後のビットコインの普及に関してだが、やはりまずもっと取引所が増えないといけないし、
取扱量が増えないといけない。そこについては今年ガンガン動きが進んでいる。

米国初の公認ビットコイン専用取引所が開業(日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H20_X20C15A1FF2000/?dg=1

リクルート、ビットコインの販売・買取・決済サービスを行うbitFlyerへ出資(ITMedia)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1501/28/news101.html

CDSの生みの親の1人、マスターズ氏-仮想通貨で新たな試み(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NL1XP46K50XT01.html


ビットコインがさまざまなものに「使える」となってくれば、
誰もが価値を認め、通貨としての価値を見出していく。
そしてビットコインのパイは決まっているのだから、
使う人が増えればビットコインの取り合いになり、価格は急騰していく。
そうするとその値動きが投資マネーを呼び込み、さらに上がっていく。

ただ、ビットコインにはやはり、盗難、突然利用が規制されるリスクなど、リスクもまだまだ考えられる。
ある日突然なくなってしまってもいい金額で取引する必要があるので、
やっぱりあくまで毎日コツコツ少額ずつ買っていく。


PR
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


PR





コメント

非公開コメント

No title

ブログ拝見させて頂いてます。
お勧めのビットコインのお勧めの業者などございますか?
宜しくお願いします。

No title

かずっちさん

こんにちは。ブログご訪問ありがとうございます。
お勧めのビットコイン業者の話ですが、
世界一のビットコイン取引所だったマウントゴックスが破綻してしまうわけですから、
ビットコイン自体、どの取引所もリスクがあるのでは、ということは頭に入れておく必要があると思っています。

それを踏まえつつ、どの取引所を使うかという話ですが
僕はリクルートの提携報道のある、bitFlyerを使っています。
いくつか見たところ買値と売値の幅も比較的狭いように思いますし、
リクルートの存在感が安心感につながっているかなと。

ちょうどbitFlyerが今日から新オフィス移転のお友達紹介キャンペーンを実施しており、
下記の紹介URLから登録すると、500円ぶんのビットコインをもらえます。
よろしければご活用ください。
https://bitflyer.jp/gift/exctervl
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク