今朝の積立日記(積立110営業日目) やはり年度末は株高、ドル高円安で来た。4月新年度入り後の急変がポイント。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を
各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

現在の積立状況、週別トレンドです。
20150331積立

含み損益があわやマイナスか、というところからなんとか含み損益上昇。
上昇の要因は、中国人民元の上昇。
ドル円ペッグなのでドル円の上昇にくっついて上がった要因が大きいが、
昨日の中国報道の快進撃はすごかった。
中国株、上海総合指数は日本株に遅れることしばらく、7年ぶりの高値を更新した。

香港H株が今年最大の上昇、上海株7年ぶり高値-緩和観測で(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NM0DKX6TTDSF01.html

中国は住宅バブルが崩壊する、崩壊する、と言われてもう何年経ったのだろう。
崩壊することもなく、平気な顔をして上昇を続けている。
理財商品であつめられた資金が住宅市場不調でデフォルトになる、とも騒がれたが
理財商品がいくつか傾いてもこれまた気にせず上昇している。
多少の下落はあっても、中国経済が崩壊するほどまでにはいかないのかなと思います。
将来有望であるから、僕も積立て通貨として中国人民元を選択しているわけですが。


さて、気になるドル円の動き。
昨日はこの月曜・火曜は年度末だから、日本株高、ドル高円安になると予想したが
やはりその通りで反応してきた。
↓過去記事参照
今朝の積立日記(積立109営業日目) トレンドは株安、ドル安。しかし年度末の官制相場は手を出すべからず。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-291.html

日本政府の株高、円安に対する執念を感じる昨日の動き。
特に今後の企業業績見通しに大きく影響するドル円の円安だけは譲れなかっただろう。
なんとしても120円台にしておきたかったのだろう。
日本株にしても、現物引け後に先物で一気に買い上げる手法は相変わらず。

ひょっとすると公的資金は何も動いていないのかもしれないが、
年度末相場が堅調になることは予想しやすかったのだろう、
買い上がるプレーヤーも多かったようで、素直に終始強気相場で終えた。
先週末の株急落に対して安易に売りで入った投資家の踏み上げも手伝ったのかもしれない。

今日は年度末、今日は昨日に続いて、平穏に上昇になりそうだ。

問題は明日以降。4月に入り、5月の「セル・イン・メイ」が例年より強く言われる今年の上昇相場。
チキンレースの様に、なんとか下落の前に逃げよう、という利益確定の売り、
しかしぎりぎりまで上昇相場で稼ごう、という高値買い上げの買いの
売買ラリーがしばらく続くので相場は不安定化する。


そんな中、ひとつ気になる動きが。

首相、物価2%「うまくいかなければ日銀に説明責任」 (日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HGB_Q5A330C1000000/

先日、安倍首相と黒田総裁が2人で会談した後のこの発言。
何を表してるのか。

安倍首相と黒田総裁が2人で会談すると相場が変調するというアノマリーがあり、
今回も2人が会った週、先週末木曜・金曜はいったん日本株は大きく調整した。
その調整の不安が残る中、この首相の発言。

実際、この発言は何も変なことを言っているわけではない。
効果が無ければ説明責任がある、と言っているだけで、
効果が無かったと言っているわけでもない。
政府も日銀も、量的緩和は一定の成果を出している、と言い続けている。
なので、日銀に説明責任が発生する事態になるわけではない。
よって、失敗すれば説明責任ある、というのは当たり前の話でただの一般論を述べたにすぎない。

しかしこの微妙な空気。
わざわざ言わなくてもいいこの一般論を言うことはマーケットの疑心暗鬼を招きかねない。
この発言があったことを、次の日銀総裁会見の機会では当然記者は黒田総裁に問うはずで、
今後のその質疑のラリーが思惑を膨らませて、思わぬ相場の変調につながる可能性も秘めた、
今回の発言だったように思う。
日本株でたっぷり含み益を抱えている機関投資家、個人投資家ともに、
いつも利益確定の機会を探している。売る機会があれば一斉に売ってくる。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/03/31 (積立110営業日目)
累計積立金額:105,856円
外貨評価金額:106,689円
損益:+832円(損益率+0.8%)
累計スワップポイント:665円
預託証拠金額:156,104円(自己資金150,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。

NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:90.10円  数量:5NZD(=約451円)
平均積立単価:90.31円  累計積立数量:570NZD(=約51,479円)
外貨資産価値:51,357円  評価損益:▲122円 (損益率▲0.2%)
累計スワップポイント:388円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.37円  数量:25CNH(=約484円)
平均積立単価:19.03円  累計積立数量:2,857CNH(=約54,378円)
外貨資産価値:55,332円  評価損益:+954円 (損益率+1.8%)
累計スワップポイント:277円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク