FC2ブログ

今朝の積立日記(積立111営業日目) 年度末はお化粧買いで株価上昇のパターンも崩れた。株価は不安定、為替は方向感無し。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を
各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

現在の積立状況、週別トレンドです。
20150401積立

昨日は日本株とドル円の乱高下。
年度末でなんとしても株価、ドル円を持ち上げたい公的資金と、
利益確定の売りの激突になると予想したが、思った以上にその通りの乱高下相場になった。

日本株は、昨年3月は4月2週目から暴落、昨年9月は10月1週目から暴落、
そして今回3月は3月中に暴落。
期末パターンにおいて、どんどん暴落時期が前倒しになってきている。
高値更新、更新、と来ているので、逃げ遅れないように早めに逃げているのだろう。
もちろん、この下落で稼いでやろうと売りで仕掛けてくる投機マネーもあって相場の動きが大きくなっている。
このボラティリティは、ここぞとばかりに稼ごうと躍起になっているトレーダーもいるだろう。

今回3月年度末はしばらく続いていたパターンがことごとく崩された。
配当権利落ち日の翌日は即日配当落ちを埋めて上昇パターン、
年度末はお化粧買いで株価が高く月をまたぐパターン、
いずれも今回はパターン破綻。
配当落ち日に大きく下落し、年度末の昨日31日も日経平均株価は下落した。
しかも昨日はドル円が120円水準と、円安方向にあったのに株価は下落した。
円安の力を持ってしても上がらなかったこの状況は、日本株のイメージはとても悪い。
公的資金の買い上げも、短期的には外国人売りには敵わなかったというところか。

ひとつ救いがあるとすれば、
日経平均株価の先物は下値はしっかり止まるべきところでは止まってサポートされている。
強い抵抗になっているのは25日移動平均線。
先週26日木曜日に19,000円ちょうどあたり、昨日31日に19,100円あたり。
いずれもそこまで下がってきっちりサポートされて反発している。
なかなか2万円の高値を目指して上がってい空気は感じないが、下値が堅い。
下げてきても、公的資金と、個人投資家の待機資金が待っていて、
株価が下がると買い上げてくる。

公的資金が買い上げてしまうので、日本株は下がらない、
下がったら買えば高い確率で儲かる、と投資家が安易に考えるモラルハザードが発生し始めているように思う。
そういう油断した気持ちで相場に挑んでいると、いずれ大きな値動きにコロリとやられてしまうので注意。

下値はきっちりサポートされた日本株。
4月に統一地方選を控えているので、日本政府としてはこのタイミングで日本株が下がらないように
あの手この手で株価買い上げてきそうで、なかなか動きの予想が難しい。

下落トレンドが鮮明なのが米国株。
昨日もそろそろイースター前を意識してきたのだろう、下落で終了。
イースターで休日の中で3日雇用統計があるのでリスク回避の思考が働きやすい。
トレンド的には、ニューヨークダウ株価は既に天井を付けて下落の真っ最中に見える。
日経平均株価は25日線が下支えとなっているが、
ダウ平均は逆に25日線がきっちり上値抵抗となっている。17,900ドルあたり。
ここが抵抗線になってしまっているので、もう18,000ドルを見ることはできないのかもしれない。

この下落トレンドの中で、個人投資家が取るべき投資戦を言い表した人がいる。

株を売って6カ月の夏休みを取りなさい-サクソ銀エコノミスト(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NM2Y8U6K50Z001.html

これは相場でよく言う格言と同じことを言っている。
俗に言う「セル・イン・メイ」だ。

セル・イン・メイとは、
「Sell in May, and go away; don't come back until St Leger day」

5月はヘッジファンドの決算期にあたる為、利益確定の売りが出る。
なので株価が下がるから5月には株を売って、離れろ。
セント・レジャーズデイ(9月第2週)まで帰ってくるな。

米国市場ではこのSell in Mayはかなりの確率で示現する。
それでもなかなかこれを実施する人が出てこないのは、
このSell in Mayを実行できるのは個人投資家の特権だからだ。
プロの機関投資家はもちろんお仕事なので相場を離れることができない、つらい立場にある。
この個人投資家しか実行できない特権戦略「Sell in May」。
株においては個人投資家もぜひ実行しようじゃないですか。

今回のサクソバンクのエコノミストはSall in Mayと言ったわけではなく、
もう、今売って休めと言っているわけで、わざわざ5月まで待つ必要もない。

高値圏から下落トレンドに入った株はいったんお休み。
実行するのは長期投資である、日々の毎日コツコツ積立てを続けて行くのみ。
プロ・機関投資家がうらやむ、サラリーマン副業個人投資家だけが実践できるこの戦略を
ぜひ実施していこうかと思います。

僕が現在コツコツ積立て投資を続けているのは下記。いずれも将来楽しみ。
・外貨(ニュージーランドドル、中国人民元、スイスフラン、スウェーデンクローナ)
・ファンド積立て
・純金積立て 純金、プラチナ、純銀
・自社株
・ビットコイン


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/04/01 (積立111営業日目)
累計積立金額:106,789円
外貨評価金額:107,402円
損益:+613円(損益率+0.6%)
累計スワップポイント:708円
預託証拠金額:156,210円(自己資金150,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。

NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:89.73円  数量:5NZD(=約449円)
平均積立単価:90.31円  累計積立数量:575NZD(=約51,927円)
外貨資産価値:51,598円  評価損益:▲330円 (損益率▲0.6%)
累計スワップポイント:415円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.36円  数量:25CNH(=約484円)
平均積立単価:19.04円  累計積立数量:2,882CNH(=約54,862円)
外貨資産価値:55,805円  評価損益:+943円 (損益率+1.7%)
累計スワップポイント:293円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク