FC2ブログ

日本金融政策総動員後の11月はどうなるか。

日本金融政策総動員。
日銀追加金融緩和、GPIF国内株比率倍増、消費再増税に向けて追加景気対策予算。
とにかく株価持ち上げるための金融政策を一度に打ち込み、
株価、ドル円大暴騰で終えた先週。
米国株ダウもS&Pも最高値更新。

来週はこの流れが続くのか、と考えたときに、気になることがいくつか。

まず日本株についてはドル建ての動向。
確かに日経平均は年初来高値を大幅に更新したが、
日経平均ドル建てはあれほどの材料を打ち込んだにも関わらず高値を更新していない。
むしろ、あまり良くないチャートの形。
9月末から大幅下落に入ったがその水準、148ドルを回復することが出来なかった。
既に上ヒゲが出ている。このチャートの形だとなかなか買いにはいけない状況。
http://www.marketnewsline.com/market/1010.html

次にユーロドルの動向。
10月までのドル円高はユーロドルの下落が相まってのものだったが、
今回もFOMC後ドル高に動いたが、円安でドル円が動いたものの、
ユーロドルは10月3日の安値1.2499を下回ることはなかった。
ここで反発すれば、2段底となり強い反発のチャートの形になる。

そして商品動向。
金はドル高により下がっており安値は1,162ドルまで下がって少し反発、底値を探っている状況。
原油は依然として80ドルレベル。景気回復で株が上がっていくなら、
商品価格もついていかないといけないが、なんとも動きが鈍い。
今回の株高はあくまで金融相場によるもので、株高とドル高が併存している為に
ドル高で商品価格が抑えられ、不思議な相場動向になっている。
何かがおかしい。
日米の金融政策差で思惑で持ち上がっているドル高がおかしい可能性がある。

とすれば、どこかで修正され、ドル円は円高方向に1回振れる可能性がある。

そこらへんに注目すると、
日本株、ドル円は反落のリスクはあると思う。
このまま円安が進むなら積立てのチャンスが少ないが、
積立て購入のチャンス期間はまだ来ると思われる。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク