FC2ブログ

今朝の積立日記(積立118営業日目) ドル高トレンド転換に抗う相場。日本は選挙相場。

今朝のFX外貨積立て日記です。
SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国人民元を
各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

おはようございます。
コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

現在の積立状況、週別トレンドです。
20150410積立

昨日もニュージーランドドル上昇。強い。
また、ドル高いくっついて中国人民元も上昇。
含み益金額は今朝も過去最高を更新中です。
今日は中国消費者物価指数が発表されるので、それ次第でオセアニア通貨へ影響あるのでどうなるか。


日経平均株価は選挙相場の様相。
今週末の統一地方選はなんとしても株高で迎えたかったのだろう。
株は夜間のCME先物で2万円を回復している。
今日は日経平均先物・オプションのSQ算出日。
4月SQとして2万円超えという印象的な数字を出しにきそう。
最近はSQ値を高値として反落するパターンも見られるので、
SQ算出後、来週は統一地方選も終わった後で株高は用済みになる。
どれぐらい反落してくるか。


気になるニュース。

香港当局が米ドル買い介入を実施-14年8月以来(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMJH2X6VDKI701.html

今週、株が連日2~5%高という”暴騰”を見せている香港だが、為替介入に動いた。
為替相場に関わる人間としては、この香港ドルの介入は要注意。

1月のスイスフランショック以降、ペッグ制をとっている通貨の動向が注目されている。
昨年バスケット方式のペッグ制をとっていたロシアルーブルは変動相場入り、
1月にはスイスが対ユーロの無制限介入をやめた。
それ以降、ペッグ制通貨が為替政策を見直して大きく為替相場が動くことが警戒されてきた。

警戒されているのはデンマーククローネと、そして香港ドル。
香港ドルは米ドルとのペッグ制を採用しているが、ドルに対して香港ドルが強くなってしまい、
今回為替介入に動いた。

これが何が危ないかというと、この動きはスイスフランの対ユーロ無制限介入を想起させるからだ。
これからドル高が修正されていく中で、香港ドルはペッグ維持がより厳しくなる。
そうすると、いつまでも香港ドル売り・米ドル買いの為替介入を続けられないだろうと見る勢が増えれば、
香港ドル買いの投機を仕掛けてくる。
為替介入と投機マネーがぶつかりあった時は、最近は為替介入側が陥落する。
世界的な量的緩和でマネー量が大きすぎてそのマネーが仕掛けてくると国家レベルでもひとたまりもない。
香港ドルが変動相場入りすると、米ドルが異様に売られる事態も考えられる。
実際、ペッグ制がはずされたショックで何が起こるかはなかなか予想が難しい。とにかく注意。

為替介入と言えば、アメリカに攻撃されているのが韓国。

米財務省:韓国の為替介入を批判、ウォン高容認を-為替報告(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMK41D6JIJV301.html

また、中国人民元はもっと上昇すべきだとも為替報告書は伝える。

為替リスクは高まっている。

為替リスク高まっている=IMF専務理事(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPL4N0X652220150409

IMFは一貫してリスクを警告し続けている。
目先の上昇に目を奪われて楽観的になりすぎるべきではない。


世界でバブルの兆しが見えるのは株より、債券。
スイス国債は10年物までマイナス金利へ。
その低金利を受けて相次ぐ”100年債”の存在がその異常っぷりを示している。
少しでも利回りを高めようと、投資家が100年債を買うのだというのだから、異常事態。

常識的に考えて、100年債なんてものが成立するあたり、
既に世界の債券相場は異常事態、バブルに突入している。

債券を発行する側が、人の一生分を過ごしてもまだ借金を返さない、
貸した側も、貸してから自分が生きている間には借金が返されない。
こんな常識的に考えて成立しない借金契約が成立している債券相場。
あくまで”データ”のやりとりでしかないからこそできる芸当だ。
明らかに行き過ぎているので、1年、2年の間に債券相場は大暴落の金融危機を引き起こす可能性大。

既に「債券は安全資産ではない。」
資産運用のポートフォリオを組む際には、教科書とは変化が生じていることは頭に入れる必要がある。
債券は安全資産だという教科書的な運用をすると、債券バブル崩壊に巻き込まれるリスクがある。
債券が売られる時、国債市場ではどの国が売られるのか、ということだが、
この世界的債券バブルに輪をかけて、金融政策上異次元金融緩和を行っている日本国債のリスクは頭に入れておきたい。
日本国債が売られる時、何が起こるかと言えば、円安だ。
保有資産を日本円建てだけで抱えることは、実はリスクをはらんでいる。
株を買わず、現金だけ持っている状態でも、安全ではない。
日本人は、そういう環境に置かれてしまっている。
なのでこのブログでは毎日コツコツと、日本円を外貨へ転換を進めている。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/04/10 (積立118営業日目)
累計積立金額:113,331円
外貨評価金額:114,967円
損益:+1,637円(損益率+1.4%)
累計スワップポイント:762円
預託証拠金額:157,126円(自己資金150,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:91.23円  数量:5NZD(=約456円)
平均積立単価:90.30円  累計積立数量:610NZD(=約55,086円)
外貨資産価値:55,649円  評価損益:+563円 (損益率+1.0%)
累計スワップポイント:453円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.40円  数量:25CNH(=約485円)
平均積立単価:19.05円  累計積立数量:3,057CNH(=約58,245円)
外貨資産価値:59,319円  評価損益:+1,074円 (損益率+1.8%)
累計スワップポイント:309円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク