FC2ブログ

金融市場が動き始めている・・・。株安トレンドに落ちるマーケット。

少しずつだが、確実に、金融マーケットが激動に向かっていると感じる。
動き始めた。

移動平均トレンド分析が示すのは、株安。
↓過去記事参照。
週末恒例の中期移動平均分析。日経平均2万円に湧くが、移動平均トレンドは暴落を示唆。暴落のきっかけ待ち。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-303.html

トレンド上は、米国株、日本株、ドイツDAXはいずれも下落トレンドの兆候が見て取れる。
日本株が下がる理由は今朝たくさん書いたが、
いくら官製相場で無理やり相場を上げようとしても、人はトレンドには敵わない。

そして、米国株の崩壊は既にマーケットでは既定路線としてとらえられてきたイメージもある。
ブルームバーグを見ると、悪いニュースばかりが躍る。


ドラッケンミラー氏「04年にも同じ恐怖」-米金融政策にリスク (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMQAZN6K50XZ01.html

ドラッケンミラー氏といえば、かつてジョージ・ソロスの右腕と言われた著名投機家。
彼にしても、グリーンスパン氏にしても、最近金融界の著名人が続々と米国の金融政策、株高に警鐘を鳴らしている。
我々個人投資家としては、この話は素直に受け入れるべきだ。


米株弱気派のヘッジ費用が一段と割高に-危機後の規制も一因か(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMQ5YK6TTDS301.html

プットオプションの価値が上昇している。
オプションは要は保険料のようなもので、株が下落することにかける保険料が上がっている、ということ。
それだけ世の中的には米国株は暴落の可能性が高いと思われている。
大きな地震がいずれ来ると言われる日本の地震保険の保険料がどんどん上がっているのと同じ構図。
米国株暴落は、やっぱりやってくるのだろう。


そして市場を揺らしているのはやはり米国債を巡る動き。

米国債は今が売り時か-PIMCOとモルガン・スタンレー示唆(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMQ56U6TTDS101.html

ダイモン氏警告に債券投資家も留意-半年前の再発に警戒怠らず(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMPW996TTDS101.html

米国株と米国債の両方が上がる、ということが起きている米国市場。
どちらかが間違っている、とよく言われている。
間違いを認めて下がるのは、米国株か、米国債か、それとも両方なのか。


米国株に不安を感じる人が多い中、ものすごい勢いでマネーが押し寄せる、
大暴騰相場が出てきた。

香港株上昇、ハンセン指数7年ぶり高値-変動性指標も高水準(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMQAO86KLVRD01.html

香港ハンセン指数、先週から、尋常じゃない上昇を続けている。

その結果、香港ドルはペッグ維持に必死なことになっている。

香港当局が通貨売り介入、資金流入で変動幅の上限に(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0N412F20150413?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29

香港は連日、香港ドル上昇防止の為替介入を続けており、この動きは危ない。
最近、このペッグ制維持のための為替介入は投機マネーの大好物だ。
ロシアルーブル、スイスフラン、次々とペッグ制が陥落してきたわけで、
香港ドルのペッグ制が狙われる可能性はじゅうぶんあると思う。


さまざまなニュースを取り上げたが、最後に中国元のニュース。

外貨資本金の人民元兌換、全国で規制緩和[金融] (NNA.ASIA)
http://news.nna.jp/free/news/20150413cny004A.html

人民元の自由化への道がどんどん進められている。

中国の銀行の米国債保有を減らすことを許可し、中国人民元の保有も自由化していく。
SDR引き出し権への中国人民元の採用も目指し、人民元の国際化を急ピッチで進めている。
米国債の一番のリスクはやはり、「中国が米国債を売るリスク」かもしれない。

香港ハンセン、中国上海の株価暴騰。
今、世界を動かしているのはやはり中国なのかもしれない。
金融覇権のシフトが進んでいるような、そんなマーケットの激変を最近の動きからは感じる。
各国の株価のボラティリティもどんどん上がっている。

近々、大変なことが起こるかもしれない。
今朝も書いたように、保険として日経平均のプットオプションを購入したが、
この保険が機能する日は近いかもしれない。


PR




コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク