FC2ブログ

今朝の積立日記(積立151営業日目) 今度はドルの猛攻勢が波乱の引き金に。中国人民元の20円乗せあるか??

 今朝のFX外貨積立て日記です。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

現在の積立状況、週別トレンドです。
20150527積立

 突然、ドルの猛攻勢。イエレン議長の年内金利上げ宣言を受けてのドル買いが仕掛けられた。ドル円は123円を突破。つれて人民元も上昇し含み益が急上昇。ドル円上昇の値上がり益を受けながら高金利のスワップ金利ももらえるという人民元はやはりオイシイ通貨だ。オフショア人民元のレートは19.80台まできており、初の20円乗せが見られるか!?ここまで元高・円安が進んでくると、また中国からの日本爆買いが推進されようというものだ。

 ドル円はどこまで上がるのだろうか?このブログでは長期円安を予測して外貨のコツコツ積立てを続けているのだから、長期で円安方向に行く予想は何も変わりはない。しかし、この短期で一気に円安に行くかといえば、僕の予想は「NO」だ。まず超短期では2007年6月の高値124.16円が意識されざるを得ず、投機の動きでそこまで来る可能性はあるが、気になるのはドル円のMACDの動きだ。価格が123円という高値を更新しているのに日足MACDは高値を更新しないダイバージェンスが示現している。2014年末、今年3月のMACDより今は低い。そして週足MACDに至っては今年1月のデッドクロス以降ずっと下落を続けており、今週のこの上昇はMACD下落トレンドの中で初めてシグナルと接触するポイントとなる。MACDが下落トレンドの中でシグナルと接触するのは下落のサインだ。MACDで見るとドル円は絶好の売りの好機になる。

 こないだまではドイツ国債利回りの急騰、ユーロの猛反発が相場に混乱を呼び込んでいたが、今度はそれが逆転。なんとも忙しいことだ。しかしこのドル高はさすがに世界各国の株価には打撃を与えている。円安で株が上がって喜ぶのは世界で日本だけだ。ほかの国はドル建て債務の支払いも気が気でなく、ここまでドル高になるとドル建て債務の返済を急がねばならず、債務の返済で経済が縮小する。

 新興国の株価は既に先に崩れている。ブラジルボベスパ、フィリピンあたりは連日株価大幅安の大暴落状態の様相を呈している。新興国が崩れてきて、先進国株価が無傷でいられるわけもなく、世界同時株安につながりそうな状況だ。ブラジルボベスパは5月6日の58,574から現在53629と、2週間程度で10%もの下落。フィリピン総合指数は5月18日7,923から現在7,728まで下落、75日移動平均線も割りまだまだ落ちていきそうだ。ここからアメリカはどう動くか。ドル高阻止に動いて株安を止めるか、それとも株価のバブルを冷ますためドル高を放置していったん株価を暴落させるか。やはりドル高の防止に動いてくるんじゃないかと思う。

 ドルの上昇に伴い原油が下がってきている。原油は今年の夏にも在庫貯蔵施設が満杯になり原油価格が急落する、なんていうストーリーもささやかれている。また原油が下がれば、せっかく虫の息で生き残っている米国シェール企業がトドメを刺される。ドル上昇での原油安も、アメリカは放置できないだろう。

 少し気になるニュースが入ってきた。

イエレンFRB議長は今年のジャクソンホール会合欠席の予定 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NOZ7G46TTDS401.html

 これはFRBからのどういうメッセージなのだろう。毎年8月に行われるこのジャクソンホール会合。例年、ジャクソンホールは世界金融の大きな転機になってきた。2010年8月はバーナンキ議長がQE2を発表。2014年8月のジャクソンホールから110円を超えるドル円の大円安トレンドが始まった。その重要な転機となってきたジャクソンホール会合を、その中心となるFRB議長が今年は欠席する、というのだ。しかもこんなに早い時期に発表。これにこめられたメッセージは考える必要がある。今年はもう米国はトレンドを変える大きなイベントが存在しないことを意味するのか。ジャクソンホールの開催される8月末は、9月FOMCで金利上げがあるかどうか思惑が交錯する時期になるのでその時期に講演するわけにはいかないのか。

  
【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/05/27 (積立151営業日目)
累計積立金額:143,183円
外貨評価金額:144,065円
損益:+882円(損益率+0.6%)
累計スワップポイント:1,159円
預託証拠金額:161,120円(自己資金150,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:88.87円  数量:5NZD(=約444円)
平均積立単価:90.24円  累計積立数量:770NZD(=約69,483円)
外貨資産価値:68,430円  評価損益:▲1,053円 (損益率▲1.5%)
累計スワップポイント:721円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.61円  数量:25CNH(=約490円)
平均積立単価:19.11円  累計積立数量:3,857CNH(=約73,700円)
外貨資産価値:75,635円  評価損益:+1,935円 (損益率+2.6%)
累計スワップポイント:438円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク