今朝の積立日記(積立161営業日目) ギリシャ→債券崩壊→アジア株崩壊→中国は崩れるか?

 今朝のFX外貨積立て日記です。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元を各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。

現在の積立状況、週別トレンドです。
20150610積立

 ドル円は125円から124円まで調整してきているものの、中国人民元がまだ20円台をキープ。ニュージーランドドルが微上昇で含み損益が少し改善傾向。しかし少し円高傾向が強いように見えるのでいったんは含み損転落もあるか。毎日コツコツ定額積立て手法からすれば、いったん含み損になる状態の方が毎日買える外貨量が増えるので好ましい。ずっと高値圏にあり含み益状態なのはこの手法からするとちょっと少し不利だ。

 さて、ギリシャのどたばた、昨日取り上げたバーゼル規制の報道も効いているのだろう、債券がまた売られ国債利回りがまた上昇している。ドイツ国債利回りはまた0.95%水準。1%を超えるまで落ち着きそうもない。低金利に慣れきったユーロマネーが金利急上昇で打撃を受け、一斉に世界から資金を引き揚げているようだ。顕著に見えているのがアジア株。しばらく好調だったフィリピン株が顕著で4月7日高値の8,136ポイントが、現在7,323ポイントまで▲1割も下落している。昨日1日で▲2.16%も下げた。ニューヨークダウと同様に昨年末価格を下回り、今年の上げを帳消しにして振出しに戻った。インドネシア・ジャカルタ総合指数も4月1日高値5,524ポイントから、現在4,899ポイント。こちらも昨日1日で▲2.3%下げている。米国利上げ観測を真に受けているわけではないだろう、主はドイツ国債利回り急騰から来るユーロマネーの引き揚げだ。

 ユーロマネーは世界中に投資しているのでその資金を引き揚げることで世界同時株安を引き起こしている。日本株も例外ではなく、昨日は大幅安。しかし日本株と中国株は買い手の構造が少し違う為、この世界同時株安の中でもある程度の堅調っぷりを維持している。日本株は公的資金が買い、中国株は中国人個人投資家が買う。日本・中国はこれらの買い手の規模が大きい為、外国人売りに対し耐性を持っていると言える。しかしどちらの買い手ももろい。公的資金は毎日買うことができず買える量にも限りがある。外国人が一気に売ってくればドカンと下げることはある。中国株も個人投資家主体ということは下がり始めればみんな一斉に売り始めるのでこちらも下がればドカンと下げる。

 あまり日本では触れられないが、ドイツ国債の暴落っぷりはこんな報道のトーンからも感じられる。

ドイツ債が週間ベースで下落、利回り上昇幅は1998年以降最大(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NPGP396K50Y801.html

 「悪夢の1週間」とも呼ばれたドイツ国債暴落、利回り急騰を引き起こした先週の状況を物語る。もともと0.1%以下までいったドイツ国債利回りだ。その低金利で資金調達してレバレッジをかけていたヘッジファンドからすれば一気に金利が10倍近くになっている。破綻するところも出てくるのでは、と思えるレベルの債券暴落劇だった。

 ゴールドマンやドイツ銀も警戒、債券市場で拡大する不均衡 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NPDVB76VDKHT01.html

 この記事が示すことは、金融機関からして、国債は「リスク資産」になり始めたということだ。債券が安全資産だからこそ、債券で調達できた資金もあるし、自己資本比率を傷つけることもなかったが、国債のリスク度合いは根底から変わってきている。こうなると国債はまだまだ売られそうで金利は上がっていきそうだ。構造問題として、不景気の米国が本当に政策金利をどんどん上げていくことはあり得ないだろうが、国債バブル崩壊による金利上昇は、一時的にはある。株のバブルが崩壊し株が売り込まれるまでこの債券価格暴落・利回り上昇は続くだろう。

 為替市場にとって、この「金利差」は大きなファクター。日本国債は日銀が買うのでどうしても価格が下げづらく、利回りが上がりづらい。そうすると、日本と米国やドイツなど外国債券との利回り格差は開いていくのでどうしても為替は円売り圧力がかかる。米国債・ドイツ国債利回りが上がる中ではなかなか円安が止まることは考えづらい。

 しかし日米高官は125円以上の円安は好ましくないようで、いろいろ口先介入が出てきている。

伊藤教授:すでに歴史的超円安、急落続かず-円買い介入なら驚き (3) (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NPLFI06JIJUO01.html

 合わせて、オバマ大統領がG7でドル高を懸念する発言をしたとの報道もある。米高官は否定しているが、市場にインパクトを与えるために意図的に流された報なのだろう。ドル高を阻止したいようだ。

 自然に金利格差によればどんどん売られる日本円に対し、日米官制誘導でどれだけ対抗してくるか。結局その綱引きで今のドル円120円前後の均衡状態が生まれているように見える。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/06/10 (積立161営業日目)
累計積立金額:153,379円
外貨評価金額:155,796円
損益:+2,418円(損益率+1.6%)
累計スワップポイント:1,305円
預託証拠金額:163,322円(自己資金150,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:88.77円  数量:5NZD(=約444円)
平均積立単価:90.14円  累計積立数量:825NZD(=約74,369円)
外貨資産価値:73,236円  評価損益:▲1,133円 (損益率▲1.5%)
累計スワップポイント:824円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:20.03円  数量:24CNH(=約481円)
平均積立単価:19.17円  累計積立数量:4,122CNH(=約79,009円)
外貨資産価値:82,560円  評価損益:+3,551円 (損益率+4.5%)
累計スワップポイント:481円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月2万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


Comments

Private comment

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク