FC2ブログ

週明けはギリシャ悲観の恐怖の展開が待っているか?中国の金融緩和が救うか。


この週末のニュースは大荒れだ。
週明けのマーケットは悲観一色に染まる可能性もある。

ユーロ圏財務相、悪影響の抑制策に重点-ギリシャ国民投票へ (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQM3PJSYF01S01.html

IMFはギリシャ30日返済不能でも支援せず-ラガルド専務理事 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQMUBV6JIJUP01.html


 ギリシャが7月5日国民投票を議会承認し、6月末の債務期限については延期を申請した。しかしEUはこれを拒否。ギリシャ支援交渉を打ち切る事態となった。ギリシャは見捨てられた、という見方から悲観一色に染まる可能性。ギリシャでは既に銀行の取り付け騒ぎが始まり、少しでもユーロを引き出そうと銀行に押し寄せているとのこと。この取り付け騒ぎはギリシャの金融システムを崩壊させる為、ギリシャは預金封鎖に踏み切る可能性もある。

 IMFへの支払いが滞っても即デフォルトとなるわけではないが、ギリシャ国債のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の価格は大暴騰し、混乱が引き起こされる。欧州金融界に激震が走ることは間違いない。最終的にはギリシャがデフォルトしユーロ圏離脱するシナリオは実現しないと考えるけれども、ギリシャがデフォルトしても実際の金融機関への影響は軽微という見方は楽観的すぎる。実際にデフォルトしたら相当な激震が走るだろう。

 しかし、救いもある。ギリシャ悲観の一方で、株価が大暴落している中国は金融緩和を発表した。

中国人民銀が追加利下げ、一部預金準備率下げ-株価急落後に (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQLLDO6K50XS01.html

 暴落した中国株価を、中国政府は救おうとする気持ちはあるようだ。不動産バブルの崩壊に苦しむ中国は不動産の代わりに株高で高成長を目指すと思われ、株価はそう簡単には崩壊させない模様。この金融緩和で中国株は週明け上げてくるだろうから、ギリシャのマイナス影響を打ち消す可能性がある。

 しかしでは為替はどうなのかというと、リスク回避の円買いが入りそうだ。金曜日に雇用統計を控える今週。前回の米国FOMCで米国利上げの可能性は「データ次第」としたことから、雇用統計のデータによって金利上げ時期の思惑がまた飛び交うこととなる。今週の金融市場は大波乱間違いなしのようだ。



PR



コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク