FC2ブログ

週末恒例の中期移動平均分析。株価の中長期下落トレンドがより明確に。特に日本株の下落トレンドがはっきりと出ている!

スキャン_20150616 (2)

平日は日々の値動きが気になるので、週末は、ゆっくり大局観を考えるチャンス。

こんにちは。まなぶです。

 週末はゆっくり中期の移動平均分析。日足の移動平均線で、各指標を見てみます。このブログでは為替で積立てしていますが、為替の長期動向を見るためには為替はあらゆる経済指標と関連があるのでいろんな指標を大局的に見るのが大事。

 株価では、日経平均、TOPIX、ニューヨークダウ、ドイツDAX、上海総合指数。そして日経平均と関連がある東証REIT指数。コモディティでは原油と金(ゴールド)。債券では日本国債10年、米国債10年、ドイツ国債10年の金利。そして為替ではドル円、ユーロドル、中国人民元、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド。


さて、今週の分析です。

■日経225平均株価
週末終値:20,585円
25日移動平均線:20,400円付近
50日移動平均線:20.420円付近
75日移動平均線:20,300円付近
・ここ1年無かった25日線と50日線のデッドクロスが7月30日に示現。下落トレンド入りか。

MACDは、
・7月28日にデッドクロス示現。
・週足MACDは6月29日週にデッドクロス示現。下落トレンド入り。

・単純移動平均線がここ1年無かった25日線と50日線のデッドクロスが示現、日足/週足MACDもすべてがデッドクロスし下落トレンドが顕著。いよいよ本格的に下落トレンドが示唆され、危険。



■TOPIX
週末終値:1,659円
25日移動平均線:1,635円付近
50日移動平均線:1,650円付近
75日移動平均線:1,630円付近
・7月10日に25日線と50日線のデッドクロス。昨年10月以来となるデッドクロス示現。

MACDは、
・7月16日にゴールデンクロス、7月30日に再度シグナル接触するもデッドクロスは回避。
・週足MACDは6月29日週にデッドクロス示現。下落トレンド入り。

・単純移動平均線、週足MACDが下落示唆。中長期は下落トレンドが明確。日足MACDの目先短期トレンドがまだ踏ん張っているが中長期トレンドの悪化に押されるか。弱気。


■ニューヨークダウ平均株価
週末終値:17,689ドル
25日移動平均線:17,800ドル付近
50日移動平均線:17,900ドル付近
75日移動平均線:17,950ドル付近
・6月22日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・7月21日に50日線と75日線のデッドクロス示現。

MACDは、
・7月23日にデッドクロス示現。7月31日は再びシグナルが近づくも、下落トレンドの中のシグナル接触は再度売りサイン。
・週足MACDは2月末にMACDデッドクロス示現後、下落トレンド継続中。

・単純移動平均線、日足/週足MACD、すべてが下落トレンド示唆。下落トレンドが鮮明。そろそろガツンと下げがあってもおかしくない。


■ドイツDAX
週末終値:11,308ポイント
25日移動平均線:11,250ポイント付近
50日移動平均線:11,250ポイント付近
75日移動平均線:11,400ポイント付近
・5月13日に25日線と50日線のデッドクロス。
・6月12日に50日線と75日線のデッドクロス。

MACDは、
・7月27日にデッドクロス示現。
・週足のMACDが5月4日週にデッドクロス、下落トレンド継続中。

・単純移動平均線、日足/週足MACD、すべてが下落トレンドを示唆。下落トレンドが鮮明。


■上海総合指数
週末終値:3,664ポイント
25日移動平均線:3,850ポイント付近
50日移動平均線:4,350ポイント付近
75日移動平均線:4,350ポイント付近
・7月10日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・7月31日に50日線と75日線のデッドクロス示現。

MACDは、
・7月31日にデッドクロス示現。
・週足MACDは6月22日週にデッドクロス。下落トレンド示唆

・単純移動平均線、日足/週足MACD、すべてが下落トレンドを示唆。下落トレンドが鮮明。


■東証REIT指数
週末終値:1,766ポイント
25日移動平均線:1,750ポイント付近
50日移動平均線:1,800ポイント付近
75日移動平均線:1,825ポイント付近

東証REIT指数は日経平均株価の先行指標の役割あり。
・2013年5月23日の日経平均大暴落の1ケ月半前、2013年4月1日に東証REIT指数は1,717の天井をつけ暴落。
・当時は日経平均暴落後、6月10日に1,238の底をつける。その後日経平均は6月末に底打ち。
・今年東証REIT指数は1月19日に2,005の天井をつけ、下落。
・そして7月6日週東証REIT指数はさらなる大幅下落。日本株のさらなる下落を示唆しているのかもしれません。


■金(ゴールド)
週末終値:1,095ドル
25日移動平均線:1,135ドル付近
50日移動平均線:1,160ドル付近
75日移動平均線:1,170ドル付近
・7月2日に50日線と75日線のデッドクロス。

MACDは、
・6月24日にデッドクロス示現後下落トレンドながら、7月31日に急速にシグナル接近。MACD底付近での上昇、底打ちを示唆。
・週足のMACDは3月末から完全停滞。長い停滞後は一気に動くのが相場の常。と書いていたが7月13日週に下向きのエネルギーを噴出。

・単純移動平均線、日足MACDが目先弱気入りしている。週足MACDが完全膠着。膠着の間にエネルギーが蓄積され、一気に下向きに動いた。


■WTI原油
週末終値:46.77ドル
25日移動平均線:52.0ドル付近
50日移動平均線:56.0ドル付近
75日移動平均線:57.0ドル付近
・7月7日に25日線と50日線のデッドクロス。
・7月24日に50日線と75日線のデッドクロス。
・75日移動平均線との乖離率▲16%と異常値水準。短期的に下げすぎ。

MACDは、
・5月8日にデッドクロス示現後、下落トレンド継続だがやや底打ちの兆しあり。
・週足のMACDは2月23日週にゴールデンクロス示現後上昇トレンド継続していたが7月27日週に再度デッドクロス。

・週足MACDが再びデッドクロス懸念で中長期上昇トレンドに腰折れの懸念。



■日本国債10年利回り
週末終値:0.400%
25日移動平均線:0.44%付近
50日移動平均線:0.45%付近
75日移動平均線:0.42%付近
・6月8日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・7月28日に25日線と50日線のデッドクロス示現。

MACDは、
・6月17日にデッドクロス示現。以降下落トレンド。
・週足MACDは今年2月初にゴールデンクロス示現後上昇トレンド継続中。しかし7月27日週に再度シグナル接触でトレンド転換の兆しあり。

・週足MACDの中長期トレンドは上昇を示唆。短期間で上昇しすぎたためか目先短期トレンドは弱気、調整中。またいずれ上昇に転じそう。


■米国債10年利回り
週末終値:2.187%
25日移動平均線:2.33%付近
50日移動平均線:2.32%付近
75日移動平均線:2.25%付近
・6月4日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。上昇トレンド。

MACDは、
・6月13日にデッドクロス示現、下落トレンド。
・週足MACDは今年2月中旬にゴールデンクロス示現後上昇トレンド継続。しかし7月27日週に再度シグナル接触。

・週足MACDの中長期トレンドは上昇を示唆。短期間で上昇しすぎたためか目先短期トレンドは弱気、調整中。またいずれ上昇に転じそう。


■ドイツ国債10年利回り
週末終値:0.657%
25日移動平均線:0.75%付近
50日移動平均線:0.75%付近
75日移動平均線:0.65%付近
・6月1日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・7月30日に25日線と50日線のデッドクロス示現。

MACDは、
・6月15日にデッドクロス示現。
・週足MACDは4月20日週以降一気に上へ噴出した後上昇トレンド継続。

・週足MACDの中長期トレンドは上昇を示唆。短期間で上昇しすぎたためか目先短期トレンドは弱気、調整中。またいずれ上昇に転じそう。


■ドル円
週末終値:123.92円
25日移動平均線:123.2円付近
50日移動平均線:123.5円付近
75日移動平均線:122.2円付近
・5月28日に50日線と75日線のゴールデンクロス。
・7月27日に25日線と50日線のデッドクロス。

MACDは、
・7月14日にゴールデンクロス。
・週足のMACDは6月1日週にシグナルと接触し現在1ヶ月半のMACD膠着に入っており動き始めれば大きな動きになる。

・単純移動平均線、週足MACDの中長期トレンドは上昇を示唆しており底堅い。MACD停滞でエネルギーを溜めておりまだしばらく停滞後一気に動きそう。世論は円安トレンドだが、ユーロドルは上昇トレンドを示唆しており、ドル売りに噴出する懸念も出てきた。


■ユーロ/米ドル
週末終値:1.0986ドル
25日移動平均線:1.102ドル付近
50日移動平均線:1.110ドル付近
75日移動平均線:1.110ドル付近
・7月14日に25日線と50日線のデッドクロス。
・50日線と75日線がもみあい。デッドクロス懸念あり。

MACDは、
・7月24日にゴールデンクロス示現。短期上昇トレンド示唆。
・週足MACDは4月6日週に約1年ぶりのゴールデンクロス示現し上昇トレンドへ。

・日足/週足MACDどちらも上昇トレンドを示唆。


■中国人民元/円
週末終値:19.95円
25日移動平均線:19.85円付近
50日移動平均線:19.90円付近
75日移動平均線:19.70円付近
・7月27日に25日線と50日線のデッドクロス。

MACDは、
・7月14日にゴールデンクロス示現。
・週足のMACDは1月中旬にデッドクロス示現以降ゆるやかに下落トレンドだったが、6月1日週にシグナル接触後停滞。

・ドルペッグであるため、ドル円と同様のトレンド。ドル円との裁定機会を伺うためウォッチしています。


■オーストラリアドル(オージードル)/円
週末終値:90.54円
25日移動平均線:91.5円付近
50日移動平均線:93.5円付近
75日移動平均線:94.0円付近
・7月7日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・7月24日に50日線と75日線のデッドクロス示現。

MACDは、
・7月17日にシグナル接触後、マイナス圏で停滞。やや上放たれの可能性あり。急反発サイン。
・週足MACDは7月6日週にデッドクロス示現。

・最近の急落で週足MACDがデッドクロスしており中長期トレンドが下落を示唆。目先日足MACDが意外にも買いサイン。目先は強気な動きになりそう。


■ニュージーランドドル(キウイドル)/円
週末終値:81.8円
25日移動平均線:82.0円付近
50日移動平均線:84.5円付近
75日移動平均線:86.5円付近
・5月20日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・6月9日に50日線と75日線のデッドクロス示現。

MACDは、
・6月10日にニュージーランド政策金利サプライズ利下げの急落で一気にデッドクロスし下落トレンドが続いていたが7月13日にゴールデンクロス。上昇トレンド転換。
・週足MACDは1月中旬にデッドクロス後下落トレンド継続。

・目先日足MACDが強く、短期反発の動きが顕著になりそう。


■南アフリカランド/円
週末終値:9.78円
25日移動平均線:9.90円付近
50日移動平均線:10.00円付近
75日移動平均線:10.00円付近
・6月6日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・7月2日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・50日線と75日線のデッドクロス懸念。

MACDは、
・7月24日にデッドクロス示現。下落トレンド。
・週足MACDは長い下落トレンドの末に5月末に久しぶりにシグナル接触。ゴールデンクロスするかと見られたが7月6日週は再度押し下げられ再び下落トレンドに落ちた。

・単純移動平均、日足/週足MACD、すべてが下落トレンドを示唆。


まとめ
 毎週ずっと株の中長期トレンドが下落トレンドにある、と書き続けていますが、今回の分析ではさらにひどいです。日米欧中、すべての国において単純移動平均線、日足/週足MACD、すべてにおいて下落トレンドがはっきりと表れてきており、ものすごく危険。移動平均線において、日本・中国なんかはいよいよ50日線も下を向き始め、75日線も停滞。方向性が下を向き始めた。いよいよ大きくガツンと下げてくる可能性が出てきている。

 トレンドが株価下落を鮮明にしているのであれば、あとは何の材料がきっかけとなるか、というのみ。

 きっかけになりそうものとして中国、プエルトリコを上げていたが、目下注目されそうなのがプエルトリコ。昨日取り上げた記事が大きな下落の始まりとなりそうだ。

過去記事
週明けは大荒れか!?TPP先送りとプエルトリコのデフォルト懸念。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-416.html

 ギリシャのように、IMF向けの借金ではない。普通に債権が償還できないというのだから、本当にデフォルト認定となる恐れがあります。シェールガスバブル崩壊で苦しむ米地方政府がプエルトリコ債を保有しているという話もあり、おそらくCDSなどデリバティブも活用されているでしょう。金融危機はある日突然始まると言われますがそのきっかけとなる可能性があります。

 また、懸念されるのが週明け3日からギリシャ株式市場が再開されること。海外投資家が多く保有しているということで、週明けから全力で売られ、売りムードが波及していく懸念があります。

 あとはTPP交渉がまさかの先送りで為替が荒れる懸念、そして最大の要因が中国株価の暴落第二波。中国株は先週ガンガン下げておりセリングクライマックス感がまったく出てないのでガツンと下げないと下げどまらない。

 さらにそこに為替が追い討ちをかけます。ドル円の週足MACDがもう2ヶ月以上完全停滞していますがユーロドルに先に上昇トレンドが見られ、ドル売りが発生する懸念あり。週足MACDが長く停滞した後は常に大きな動きが出てきています。今年の例で言うと春のドイツ国債利回り。ドル円のポジションの状況だと1ドル110円ぐらいまでのドル安円高が懸念されるという声もあります。先週末金曜日には短期に1円近く円高になった場面もあり、ドル安円高の環境は着々と整えられています。一次的に円高があればもちろんチャンスと見てせっせと外貨積立てを進めます。

 何故か荒れることが多い8月相場ですが、月初から波乱必至の大変な環境です。


PR



コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク