衝撃!中国人民元の変動相場への移行、実質通貨切り下げ。

 これはさすがに驚いた。人民元に流動性を持たせる報道は少し前から出ていたが、まさかここまでやるとは。

中国、20年ぶり人民元大幅切り下げ-輸出不振で通貨策見直し(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NSW9OP6S972C01.html


 中国人民元がドルペッグ制を捨てて変動相場制になる、というに等しい。これは革命的な変化だ。発表後、人民元は対円で20円ちょうどあたりから19.6円付近へと、きっちり2%切り下がった。

 人民元が安くなるということは、これまで中国が進めてきた純金の備蓄を進める上では足かせ。と、いうことは、中国はある程度目標としている金の備蓄量を確保終えた、という見方が自然だろう。

 先日、市場予想を下回る金の備蓄量を発表し、金価格がガツンと下がるきっかけを作り、つり上げた中国株を売った資金で金の備蓄を完了。ここしばらく、金価格が下げ止まりじりじり金価格が上がっていたのも納得が行く。金価格の下落も、中国株の下落も、金備蓄と人民元変動相場制移行のための計算づくだった可能性がある。

 SDR構成通貨への悲願を今年達成したあとは、中国が備蓄した金を使って金本位制を成し遂げる可能性が出てきた。いったんはドルペッグとの結び付きを離れ、ドル高元安が進むものの、いずれ金本位制によって立場が逆転する。このタイミングで中国はドルペッグを解消しておきたかったのではないか。

 昨年から急速に進む人民元の国際化、そしてゴールドをめぐる世界の覇権戦争。いよいよ急展開に向かいそうです。

 これから起こることを端的に予想すると、まずは中国人民元のフリーフォール的な下落。そして金価格の上昇。次に人民元が変動相場制になったことを好感されてSDR採用され上昇。さらに金本位制により金価格上昇につれて人民元上昇。その後に米ドルの下落、でしょう。これから2016年、2017年にかけて、人民元と米ドルの立場の逆転と、金(ゴールド)価格の暴騰がやってきそうです。


僕は海外資産ファンドの積立て購入はSBI証券を利用しています。

PR


Comments

Private comment

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク