今朝の積立日記(積立212営業日目) トレンドに沿って、株安、ゴールド高。続く停滞相場にいよいよ動きの兆しが。資源国通貨が猛反発を始める時が近い。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益週別トレンドです。
20150820積立

 含み損金額が記録を更新。先月まで損益を支えていた中国人民元が通貨切り下げで含み損に転落し、ガクッと含み損状態になっています。長期で円安を予想しており、長期の円安で利益を上げるためには今の円高は好機。含み損になる時期がないと将来の利益も見込めないのでこの含み損状態は望ましい。どんどん安値での積立てが進んでいます。含み損▲8,558円に対し、スワップポイントの蓄積が+2,265円となっており、少し円安に振れれば一気に大きく損益に転換します。それはしっかり積立てが進んだ数年後でいい。今の1ドル124円という為替レベルは将来から見れば「あの頃は円高だったな」となるでしょう。

 含み損が激しいニュージーランドですが、少し動きが出てきています。ニュージーランドの不安の最大要因は乳製品価格のデフレ傾向ですが、そこにニュース。

ロシア、ニュージーランドの一部乳製品への禁輸を解除(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKCN0QO0O5.html

 ロシアがニュージーランドの乳製品を買い始めます。今足りなくて困っているロシアが買うというのですから、需要は莫大なものになるでしょう。いずれまとまるであろうTPPでのニュージーランド乳製品の世界進出も合わさってこれからニュージーランドがじりじり強くなります。世界各国の乳製品業界にとっては、ニュージーランド世界最大の乳製品企業フォンテラが攻めてくるのはとんでもない脅威です。

 中国人民元の切り下げを受け、新興国通貨の多くが不安定になっています。「Troubled Ten(トラブルド・テン)」なんていう面白い言葉も出てきています。

人民元切り下げで「トラブルド・テン」・・・自国通貨が不安定になった10カ国=中国メディア(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2015&d=0820&f=business_0820_005.shtml

 もともと外貨準備が脆弱な国に、今回の通貨下落は厳しいですね。中国輸出に頼っていて、外貨準備の弱い国。タイなんかはかなり厳しいですね。米ドル建ての借金に対しデフォルトに陥る国も出てくるかもしれません。またIMFが乗り出す通貨危機にまで波及する可能性すらあります。


 中国人民元の切り下げに対し、動いたアジアの国もあります。動いたのは中国のライバル、ベトナム。

ベトナム中銀、ドンの対米ドルレート1%切り下げ=ロイターデータ(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/2015/08/19/rtrs-d-idJPKCN0QO02W20150819

 ベトナムは中国への対抗意識著しいですが、それは政治的にも、経済的にも言えることです。欧米日からの製造を取り込んできたベトナムとしては中国人民元切り下げを黙っているわけにはいかない。ベトナムドンも通貨切り下げを行いました。ベトナムドンは瞬時にドン安円高に動きました。

 日本からすれば、中国やベトナムの為替が安くなり、米ドルが高いというこの状況は絶好の稼ぎ時。中国・ベトナムで製造している製品の調達コストが下がり、顧客である米ドル建て取引価格が高くなる。安く仕入れて高く売るチャンスです。調達国が中国であっても調達通貨は米ドル建てですが、中国企業にとっては値下げ余地が膨らむわけで調達コストは下がります。調達通貨の人民元安、ベトナムドン安。そこへきてさらに6年半ぶりの安値に沈む原油価格。輸入に頼る日本にとってはとても良い状況です。世界の需要低迷であっても、米ドル高に苦しむ米国企業より日本は有利なのですからシェアを上げられる。この状況でも稼げないというのであれば、日本はそれまででしょう。ただ先日発表された日本GDPでは日本企業が利益を蓄積する様子も伺え、悪くはない。株価は官制相場で上がりすぎているので株を買おうとは思いませんが、日本企業が今の世界では有利な状況に思います。


 この世界的株安の中、金(ゴールド)価格がじわじわと上昇しています。おそらくまだまだ上がります。中国人民元が切り下げられたということは、中国はおおよそ必要としていた金を備蓄を終えたと見るべきでしょう。機は熟したのです。そしてこのタイミングで、中国が長年行っていなかった金保有量を公開し始めました。公表よりもはるかに多くの金を保有していると見るべきですが、これから定期的に金保有量を公表し少しずつ公にしていくのでしょう。中国の金保有が公になるにつれ、金価格はどんどん上がります。中国株に失望した中国のチャイナマネーも金地金に押し寄せてきます。金価格が上昇し、資源国通貨が上昇し、コモディティ全体が上がる。原油価格が40ドル割れそうだということですが、売られすぎです。じきに反発する。資源価格が上がるが賃金が上がらない、世界的スタグフレーションに備えるため、生活防衛のために、日本人は外貨投資を進めるべきだと思います。



【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2015/08/20 (積立212営業日目)
累計積立金額:226,812円
外貨評価金額:218,254円
損益:▲8,558円(損益率▲3.8%)
累計スワップポイント:2,265円
預託証拠金額:205,202円(自己資金190,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。



NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:81.78円  数量:6NZD(=約491円)
平均積立単価:88.02円  累計積立数量:1,158NZD(=約101,926円)
外貨資産価値:94,697円  評価損益:▲7,229円 (損益率▲7.1%)
累計スワップポイント:1,365円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:19.17円  数量:25CNH(=約479円)
平均積立単価:19.31円  累計積立数量:5,368CNH(=約103,676円)
外貨資産価値:102,924円  評価損益:▲752円 (損益率▲0.7%)
累計スワップポイント:804円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:9.61円  数量:51ZAR(=約490円)
平均積立単価:9.88円  累計積立数量:2,146ZAR(=約21,210円)
外貨資産価値:20,633円  評価損益:▲577円 (損益率▲2.7%)
累計スワップポイント:96円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR


Comments

Private comment

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク