週末恒例の中期移動平均分析。いよいよ運命の米国FOMCを控える週。株安の中、上昇トレンドが出ているのはコモディティ、資源国通貨。

スキャン_20150616 (2)

平日は日々の値動きが気になるので、週末は、ゆっくり大局観を考えるチャンス。

こんにちは。まなぶです。

 週末はゆっくり中期の移動平均分析。日足の移動平均線で、各指標を見てみます。このブログでは為替で積立てしていますが、為替の長期動向を見るためには為替はあらゆる経済指標と関連があるのでいろんな指標を大局的に見るのが大事。

 株価では、日経平均、TOPIX、ニューヨークダウ、ドイツDAX、上海総合指数。そして日経平均と関連がある東証REIT指数。コモディティでは原油と金(ゴールド)。債券では日本国債10年、米国債10年、ドイツ国債10年の金利。そして為替ではドル円、ユーロドル、中国人民元、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド。


さて、今週の分析です。

■日経225平均株価
週末終値:18,264円
25日移動平均線:19,100円付近
50日移動平均線:19,800円付近
75日移動平均線:20,000円付近
・7月30日い25日線と50日線のデッドクロスが示現。
・8月27日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・8月12日にデッドクロス示現後下落が続いていたが、9月11日にゴールデンクロス。
・週足MACDは6月29日週にデッドクロス示現。下落トレンド入り。

・単純移動平均線で、ここ1年無かった25日線と50日線のデッドクロスが7月30日に示現。週足MACDが6月29日週にデッドクロス。さらにきれいな形のトリプルトップを20,900円で形成し、とどめを刺された。
トリプルトップ 6月24日20,952円、7月18日20,900円、8月11日20,946円

週足で見ると、2014年10月暴落で下値抵抗となった75週線で下げ止まってる。現在75週線が17,500円あたり。先週21年ぶりの上昇幅+1300円を記録し乱高下も激しく目先MACDゴールデンクロスで、いろいろ下げ止まりのサインも見える。しかし、来週イベント続きで、21年ぶりの上昇幅のあとは何十年ぶりの下落があるのでは、とどうしても思ってしまう。トレンドを示す75日移動平均線がはっきり下を向いているので短期反発があっても常に下落懸念が付きまとう。


■TOPIX
週末終値:1,480円
25日移動平均線:1,550円付近
50日移動平均線:1,600円付近
75日移動平均線:1,620円付近
・7月10日に25日線と50日線のデッドクロス。昨年10月以来となるデッドクロス示現。
・8月25日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・8月18日にデッドクロスし下落が続いていたが9月11日に1ケ月ぶりにシグナル接触。わずかにゴールデンクロスにも見えるがはっきりはしていない。
・週足MACDは6月29日週にデッドクロス示現し下落トレンド入り。

・すべてのサインが下落を示唆。ただ、8月24日と9月4日安値は週足で見れば75週移動平均線で下値がきっちりサポートされており、これは昨年2014年10月の下落を支えた抵抗線でもある。今週のイベントをきっかけに反発可能性もあるか。



■ニューヨークダウ平均株価
週末終値:16,433ドル
25日移動平均線:16,700ドル付近
50日移動平均線:17,300ドル付近
75日移動平均線:17,500ドル付近
・6月22日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・7月21日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・9月9日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは2月末にMACDデッドクロス示現後、下落トレンド継続中。

・単純移動平均線、週足MACDの中長期下落トレンド示唆。75日移動平均線も下を向いており、下落トレンド継続。短期的には日足MACDがゴールデンクロスしており、強気転換があっても良さそう。イベント、日柄から見ても17日のFOMC後に上昇転換あるか。


■ドイツDAX
週末終値:10,123ポイント
25日移動平均線:10,400ポイント付近
50日移動平均線:10,900ポイント付近
75日移動平均線:11,000ポイント付近
・6月12日に50日線と75日線のデッドクロス。
・8月21日に25日線と50日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・9月7日にゴールデンクロス示現。目先は強気トレンド。
・週足のMACDが5月4日週にデッドクロス、下落トレンド継続中。

・日足MACDがゴールデンクロスしていることから、目先は強気サイン。ただもちろん75日移動平均線が下を向いているので、あくまで短期反発。


■上海総合指数
週末終値:3,200ポイント
25日移動平均線:3,400ポイント付近
50日移動平均線:3,600ポイント付近
75日移動平均線:4,000ポイント付近
・7月10日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・7月31日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・9月9日にゴールデンクロス示現。短期上昇トレンドへ。
・週足MACDは6月22日週にデッドクロス後下落トレンド継続。

・75日移動平均線が下を向いており、週足MACDも弱く中長期ははっきり下落トレンド。しかし目先日足MACDがはっきりゴールデンクロス。現在の水準は75週移動平均線で下げ止まっており、日本株と同様の傾向。短期上昇もあるか。


■東証REIT指数
週末終値:1,573ポイント
25日移動平均線:1,650ポイント付近
50日移動平均線:1,700ポイント付近
75日移動平均線:1,740ポイント付近
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

東証REIT指数は日経平均株価の先行指標の役割あり。
・2013年5月23日の日経平均大暴落の1ケ月半前、2013年4月1日に東証REIT指数は1,717の天井をつけ暴落。
・当時は日経平均暴落後、6月10日に1,238の底をつける。その後日経平均は6月末に底打ち。
・今年東証REIT指数は1月19日に2,005の天井をつけ、下落。
・そして7月6日週東証REIT指数はさらなる大幅下落。それに追従して日経平均株価は8月24日ブラックマンデーを記録。
・9月4日には8月26日の安値を割る下落をしており、日経平均株価は9月にさらなる下落があることを示唆。日経平均は16,000円台が9~10月にあるか。
・目先、9月11日に+3%の久しぶりの大幅反発。日経平均の上昇には先行指標である東証REIT指数の底打ちが不可欠なところで、今回の上昇が将来の日本株の上昇を示唆。



■金(ゴールド)
週末終値:1,107ドル
25日移動平均線:1,125ドル付近
50日移動平均線:1,122ドル付近
75日移動平均線:1,145ドル付近
・7月2日に50日線と75日線のデッドクロス。
・9月11日に25日線と50日線のゴールデンクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・9月4日にデッドクロス示現。
・週足のMACDは3月末から完全停滞から長い停滞後は一気に動くのが相場の常で7月13日週に下向きのエネルギーを噴出。その後現在反発の兆し。

・ついに待望の25日線と50日線の移動平均線ゴールデンクロスが示現週足MACDが完全膠着後に一気に下向きのエネルギー噴出し現在底打ち感。今年春に似たような動きを見た。ドイツ国債利回りだ。ドイツ国債利回りは同様に下向きに一気に下げたあと短期間で一転暴騰を見せた。金価格でも起こると見ています。目先の上昇は25日移動平均線均に沿って順調に進んでおり9月米国金利先送りをきっかけとして本格上昇に入りそう。


■WTI原油
週末終値:44.78ドル
25日移動平均線:43.0ドル付近
50日移動平均線:47.0ドル付近
75日移動平均線:51.0ドル付近
・7月7日に25日線と50日線のデッドクロス。
・7月24日に50日線と75日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・5月8日にデッドクロス示現後、下落トレンド継続だがMACDが底に張り付いており、やや底打ちの兆しがあった。8月26日に一気にゴールデンクロスで上に噴き上げはじめ、この2ヶ月ぐらい停滞していたMACDが上に噴き上げ始めたので上昇が止まらない可能性あり。
・週足のMACDは7月24日週にシグナル接触後揉み合いでエネルギー充填中。上昇転換近しと見る。

・金、原油のコモデティはともに底なしの下落の時期を越え、週足MACD、移動平均線が上昇転換目前。金地金が一足先に移動平均ゴールデンクロスを達成しており、これから長い上昇局面がやってくる兆しを見せている。


■日本国債10年利回り
週末終値:0.354%
25日移動平均線:0.38%付近
50日移動平均線:0.40%付近
75日移動平均線:0.43%付近
・7月28日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・8月20日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや下向きの横ばい。

MACDは、
・9月10日にデッドクロス示現。
・週足MACDは8月3日週にデッドクロス示現。

・単純移動平均線、日足/週足MACD、全てが下落トレンドを示唆。


■米国債10年利回り
週末終値:2.187%
25日移動平均線:2.15%付近
50日移動平均線:2.22%付近
75日移動平均線:2.27%付近
・8月4日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・8月28日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや上向きの横ばい。

MACDは、
・8月26日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは8月10日週にデッドクロス示現。下落トレンドに。

・週足MACDが下落トレンドを示唆しているが、移動平均線、日足MACDが強気で、短期は上昇局面。日本国債利回りの下落トレンドとねじれが発生している。利上げ見送り前に最後の上げか。週足MACDの下落トレンドが正しそうに見える。


■ドイツ国債10年利回り
週末終値:0.659%
25日移動平均線:0.68%付近
50日移動平均線:0.72%付近
75日移動平均線:0.75%付近
・7月30日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・8月28日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや上向き。

MACDは、
・8月24日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは8月17日週わずかにデッドクロス。

・週足MACDが下落トレンドを示唆しているが、75日移動平均線は上を向いており、日足MACDが強気で、意外とトレンドは強気に見える。日本国債、米国債権利回りの下落トレンドとねじれており、どちらが正しいのか。


■ドル円
週末終値:120.55円
25日移動平均線:121.8円付近
50日移動平均線:122.8円付近
75日移動平均線:123.0円付近
・8月31日に25日線と50日線のデッドクロス。
・8月31日に50日線と75日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線はやや下向き。

MACDは、
・9月10日にゴールデンクロス。
・週足のMACDは6月1日週にシグナルと接触し1ヶ月半のMACD膠着、そこで充填されたエネルギーが下向きに一気に吹き出した。

・単純移動平均線が123円あたりに集約し当面の上値抵抗ができた。そして週足MACDが3ヶ月程度停滞しエネルギーを溜めていたところ、一気に溜まったエネルギーが噴出し先週は瞬間的に116円をつけた。1回つけた116円は既成事実となり、トレンドを下向きに転換させた。ただ目先は短期強気トレンドも出始めておりまだ揉み合いか。


■ユーロ/米ドル
週末終値:1.1336ドル
25日移動平均線:1.112ドル付近
50日移動平均線:1.111ドル付近
75日移動平均線:1.115ドル付近
・7月30日に50日線と75日線のデッドクロス。
・8月26日に25日線と50日線のゴールデンクロス。
・方向感を示す75日移動平均線はやや上向きの横ばい。

MACDは、
・9月2日にデッドクロス示現後、再度シグナル接触。
・週足MACDは4月6日週に約1年ぶりのゴールデンクロス示現し上昇トレンド継続中。

・単純移動平均線、日足/週足MACD、すべてが上昇トレンドを示唆。もう3ヶ月下値を切り上げながら上昇トレンドが形成しており下値不安があまりない。ユーロドルの強さは、ドルのこれからの下落を表しているのか。今週17日の米国FOMCの結果が待たれる。


■中国人民元/円
週末終値:18.90円
25日移動平均線:19.1円付近
50日移動平均線:19.5円付近
75日移動平均線:19.7円付近
・8月21日に25日線と50日線のデッドクロス。
・8月21日に50日線と75日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・9月8日にゴールデンクロス示現。
・週足のMACDは1月中旬にデッドクロス示現以降ゆるやかに下落トレンド継続中。

・単純移動平均線、週足MACD、中長期は下落トレンドを示唆ながら、目先は日足MACDが上昇傾向。


■オーストラリアドル(オージードル)/円
週末終値:85.5円
25日移動平均線:87.0円付近
50日移動平均線:89.0円付近
75日移動平均線:91.5円付近
・7月7日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・7月24日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・日足5日連騰で9月11日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは7月6日週にデッドクロス示現。

・単純移動平均線、週足MACDの中長期はまだまだ下落トレンドながら、先週1週間は日足5本陽線を達成しゴールデンクロスを果たしており短期トレンドが力強い。中長期の下落トレンドももうずいぶん続いているのでそろそろ短期からひっくり返してくるか。


■ニュージーランドドル(キウイドル)/円
週末終値:76.2円
25日移動平均線:78.5円付近
50日移動平均線:80.0円付近
75日移動平均線:82.0円付近
・5月20日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・6月9日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・9月11日にうっすらとゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月中旬にデッドクロス後下落トレンド継続。

・単純移動平均線、週足MACD、中長期は下落トレンドながら、日足MACDがゴールデンクロスで目先は反撃がありそう。ニュージーランド金融政策決定会合で利下げが実行され、下落材料出尽くしたのが大きかったようです。


■南アフリカランド/円
週末終値:8.87円
25日移動平均線:9.25円付近
50日移動平均線:9.50円付近
75日移動平均線:9.70円付近
・7月2日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・7月31日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・日足4連騰で9月11日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは2015年1月以来、長い下落トレンドの最中。

・単純移動平均、週足MACDの中長期トレンドは下落トレンドの中にあり、すぐにすっきり上昇とはいかないと思われるが、目先日足で4連騰、日足MACDゴールデンクロスを達成しており、目先短期反発。8月からの大暴落で日本のFX投資家を大虐殺した南アフリカランドだが大きな週足陽線を形成したことで反発なるか。さらに超長期で30年チャートを見るともう何十年も下落トレンドの中にあり、リーマンショック後2008年安値と今回の安値で超長期ダブルボトムを形成したという見方もできる。


まとめ
 株安も落ち着き、欧米日中各国株価は底打ち、短期反発のサインが出ています。ただ、方向感を示す75日移動平均線がはっきりと下を向いてきてしまい、この下落トレンドを払しょくするには相当の時間がかかりそう。株はとうぶん上昇は望めずじりじりと下落していく頼りない相場になりそうです。その不安感を示しているのか、国債利回りも方向感が無く、上にも下にも判断できない。

 日本株だけを見れば希望が出てきたのは東証REIT指数の反発です。先週末はどの相場もあまりパッとしない中、東証REIT指数が上昇率トップクラスに踊り出て上昇しました。東証REIT指数の底打ちは日本株が近いうちに底を打って上昇する兆しになります。ただ、その前に一度8月以上の安値を更新したので、日本株も同様にいったん前回の底を割ってくる必要があるかもしれません。
 
 そんな中、上昇トレンドが出てきつつあるのが原油、純金のコモディティ。まだはっきりと出ているわけではないが、長い下落トレンドをいよいよ脱しようとしているように見える。それにつれて、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドの資源国通貨も先週は連騰が続き、短期トレンドが急好転、中長期の下落トレンドを変えようと動き始めています。

 コモディティ、資源国通貨が上がってくるのはファンダメンタルとしても理屈に合うと思います。今は資源・コモディティは不景気、世界の需要後退観測でどんどん安値を更新し続け、とても上がりそうにないように思えます。しかしこの傾向は、米国が利上げを見送り、欧米日が量的緩和を拡大する事態になった時に一変します。資源が需要増で価値を増していくわけではなく、通貨の価値が落ちて、資源高となるのです。景気後退の中でのインフレ、それが経済学で一番怖い状態、スタグフレーションです。これから世界はスタグフレーションの時代に突入するように思えます。景気後退が伴うので株価もパッとせず、資源価格だけが上がっていきます。通貨の価値が落ちていく中で、相対的に資源価格が上がっていくのですから、とにかく価値が変わらず価値が保存されるものの価値が上がっていきます。コモディティの中では不変の価値を持つ、純金がこれから伸びていくのは既定路線でしょう。

 日本は追加金融緩和がささやかれています。おそらく、どこかで追加緩和しないといけなくなるでしょう。それはさらなる円安を招き、いよいよ円安も危険なゾーンに入っていきます。数年後を見れば、1ドル200円なんていう円安も夢物語ではない。今の1ドル120円レベルは将来から見たら円高の状態でしょう。日本円が価値を持っているうちに、世界から信任されているうちに、コツコツ外貨投資をし、資産保全する必要性が日本人には求められてきます。


PR

Comments

Private comment

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク