催促相場。日銀の動きを世界が待つ!?


ちょっと日本人贔屓過ぎる見方だろうか。

夕方、ついにドル円が一時115円台、日経平均先物が16,000円台に達しました。

日銀金融緩和を誘う催促相場には2つやり方があります。日銀金融政策決定会合前に期待感で上げまくって「緩和やらないと失望するぞ!」と脅すやり方。そして緩和前に下げまくって「緩和やらないとえらいことになるぞ!」とストレートに緩和を催促するやり方。

日本株とドル円ががんがん下げる相場は、緩和には期待してないというメッセージ。そして、このものすごい下げ方、2014年10月末のハロウィーン追加緩和の時にもありました。まず底無しの下げが来てもうバブルの終わりだ!と見せかけて、その後2週間でするするあげて追加緩和でドーン。

今回はずいぶん追加緩和に向けていろんな発言が相次いでいます。このマーケットの催促に、日銀は答えてくれるでしょうか。この史上空前のカラ売り比率が高まった中で追加緩和を打てば、マーケットがぶっ壊れるぐらい一気に上げるでしょう。しかしそもそも本当に日銀に追加緩和の方策はあるのか?日銀が世界を救うことはできるでしょうか?日本人としては、来週を楽しみに待ってしまいます。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク