今朝の積立日記(積立351営業日目) マーケットは重要局面の攻防続く。ふと、今後の中国人民元が基軸通貨を目指す未来を考えてみる。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。


積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20160303積立

 先週からずーっと同じことを書いていますが最近のマーケットについては楽観視していまして、昨日は各マーケットがチャート上の重要局面に激突しさすがにいったん停滞しました。

一目均衡表から見た重要局面のタイミングは前回の記事をご参照ください。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-610.html

 一目均衡表の雲との戦いでいうと、昨夜ニューヨークダウが明確に日足の雲上限を突破しました。その後の動きは先行して雲を突破した金(ゴールド)と同様に上昇していく可能性が増した状態です。そして最もカギとなる原油も昨夜雲の上限に達しています。ここを抜けると一気に上昇します。原油に先立って、ブラジルボベスパ、ロシアRTSなど産油国株価指数、フィリピン総合、ベトナムVNなどアジア株価が雲の上限を突破して急上昇しています。これを追って本体の原油も雲を突破するでしょう。昨年からの世界株価下落の主要因である原油価格の回復は世界株価の回復に直結していきます。

 単純に移動平均線で見ても、ニューヨークダウは昨日75日移動平均線に激突、さすがにこの水準は急落があったり乱高下しましたが結果は上昇で終え、75日移動平均線突破してきそうです。原油は昨日明確に75日線突破。ブラジルボベスパ、ロシアRTSは先立って75日線突破しています。これに遅れてドイツDAXは50日線を超えたところ。さらにそれに遅れて日経平均や上海総合はやっと25日移動平均線を超えてきたところであり、まだ上昇余地あり。ドル円に至ってはまだ25日線にも到達してないのでまだ相当上値余地。遅れているドイツDAXや日本株、中国株の上昇を考えると来週まで強気相場になりそう。

 こういう相場の急上昇を受けても、1~2月の下落を見ると「また下がるんじゃないの?」と思うのが普通だし、なんかちょっとクールですよね。ここでここが上昇だと思って乗っかってると周りからバカだと言われそうとか思います。しかし、アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉にこんな格言があります。

「相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく。 
 英文:Bull markets are born on pessimism, grow on scepticism, mature on optimism and die on euphoria. 」

 投資家としては各々ひとつ前の段階で投資していく必要がありますね。悲観の中で上昇を疑い、みんなの懐疑の中で楽観し、みんなの楽観の中で逃げる。そしてみんなが幸福感の中で悲観する。その繰り返しをすることでしか、「安く買って高く売る」ことはできない。そして、そんな芸当は僕には無理、精神的にそんなに強くないことが過去のデイトレードでの燦燦たる有様でよくわかっているので、長期投資に徹底しています。長期投資、コツコツ買付であれば自動的に安く買い、高値ではあまり買わないことを実践してくれますから。

 悲観の中で強気論がちらほら見え始めています。

「グレート」な株を長期保有-今年の厳しさ、ベテランにはいつもの事(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3E9XU6JTSED01.html

 また、原油のショートに加えてサウジアラビアを売り崩そうという投機マネーの動きも気になります。サウジとしてはこの投機マネーを追っ払う為に原油価格を少し上げてきたのかもしれません。

原油の次はサウジ通貨下落に賭け、大手ヘッジファンドが攻勢-関係者(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3E7016TTDS001.html

 あと日本、GPIFに絡む報道。GPIFが昨年10-12月運用益が非常に大きく、今年1-3月の反動を誰もが心配する状況。10-12月期が好調だったぶん、昨今の株価下落もあって反動で1-3期はものすごく運用益が落ち込むんじゃないかと心配されます。しかしこの状況は裏を返せば「日本政府は選挙を控えて年金運用への批判をかわす為、3月末までに株価を上げないといけないから株価あげてくるだろう」という風に外国人が判断しても不思議ではないです。日本株を上げる要素になります。また、GPIFは昨今の株価下落、債券価格上昇で株の買い余地が増している状況。良いかどうかは別として、日本株を上げるためには本当によくできた仕組みだと関心してしまいます。

GPIF「大変厳しい環境だ」、株安・円高の荒波-10~12月急回復 (2)(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3D8HY6JIJV801.html

年金界クジラGPIF、日本株の買い余地は5兆円超の可能性 (ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3E8286KLVR401.html



 さて、話題を変えて、今朝モーニングサテライトを見ていると面白い議論がありました。中国人民元が基軸通貨を目指す道のりを考察するものです。かつて米国が第一次世界大戦を超えて基軸通貨の地位を獲得する前には、米国は債務国だった為海外資本のドル売り・金買いを封じ込めるために米国株式取引所を数か月封鎖して株を現金化してドル売り・金買いができないようにしてドル下落を防ぎ、海外に対する資本規制を導入して基軸通貨への道を歩んだ、と。

 一方、この状況は現在の中国と似ていて、中国は人民元売りに対して現在必死で元安を食い止めている状況。米国と逆に対外債権国である中国の場合は、資本規制は海外に対してでなく国内に向けて行うことで元売り・金買いを封じ込めることができる、国内に向けて思い切った資本規制を導入する可能性もあるのでは、という考察だと僕は理解しました。

 これは面白い考察です。市場でよく言われる中国は元切り下げを行うのでは、というのなんてとんでもない。中国は現在、優秀な中国華僑たちが元売りして国外に資本逃避している元安に対して、外貨準備を売り崩してドル売り・元買いしてなんとか元安を食い止めている状況です。現在世界で金価格やビットコイン価格が上昇していることと無関係ではありません。中国人が資本逃避でこれらの資産を買っているのでしょう。中国富裕層は優秀ですから、こういう動向をよく勉強していて海外に資本逃避を加速させているのでしょう。中国に資本規制があるとなれば、金価格はもっともっと上がります。僕の純金積み立ても光り輝いてきますね。そして中国が基軸通貨化に成功した暁には人民元積立ても報われます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/03/03 (積立351営業日目)
累計積立金額:478,214円
外貨評価金額:430,646円
損益:▲47,568円(損益率▲9.9%)
累計スワップポイント:7,062円
預託証拠金額:380,990円(自己資金350,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※追加入金をサボっており現在レバレッジ1倍を超えています。そのうち入金してレバレッジ無し状態に戻します。

NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:75.56円
平均積立単価:84.07円
数量:6NZD(=約453円)
累計積立数量:2,004NZD(=約168,474円)
外貨資産価値:151,428円
評価損益:▲17,046円 (損益率▲10.1%)
累計スワップポイント:3,108円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:17.33円
平均積立単価:18.97円
数量:28CNH(=約485円)
累計積立数量:9,061CNH(=約171,861円)
外貨資産価値:156,989円
評価損益:▲14,872円 (損益率▲8.7%)
累計スワップポイント:1,834円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.29円
平均積立単価:8.22円
数量:68ZAR(=約496円)
累計積立数量:16,769ZAR(=約137,876円)
外貨資産価値:122,229円
評価損益:▲15,647円 (損益率▲11.3%)
累計スワップポイント:2,120円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには1通貨単位、100円前後から積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

コメント

非公開コメント

まなぶさん、こんばんは!
今日のブログは盛り沢山ですね~。ジョン・テンプルトンさんの格言・・・そうなんでしょうけどなかなかね~(^_^;
このままゴールドが上昇したとして・・・売るタイミングに悩みそう。。そんなの今、考えるのは取らぬ狸の~になりそうですね(笑)

No title

こんばんは
相場は心配 の壁をよじ登る。Markets like to climb a "wall of worry." というのもありますね。 と言ってもとてもロングで入る度胸はありませんが。

人民元が基軸通貨というのはもう既定路線のような気もしますね。少なくとも東アジアはそうなるんじゃないでしょうか。
ユーロ、米ドル、人民元の三つですかね。 ロシアがどうするのかが今は気になりますが、あんがいうまく中国と妥協するかもしれません。

原油はもう一回大きく下げてくると私は予想してます。サウジの目的がシェールオイル潰しなら、まだ息の根をとめていませんから。しかし、その前にベネズエラが危機に陥った様子なのでこの勝負の行方はわからなくなってきました。

No title

リンリンさん
こんばんは!張り切って書きすぎちゃいましたね。
金価格の上昇はまだまだ「初動」のレベルでトレンド転換となれば何年も上昇相場ですから、売り時の心配は数年後でよさそうですねー。僕もひょっとしたら10年ぐらいゴールド持ちっぱなしかもしれません。

No title

ひろとさん
昨今の混乱は基軸通貨が変わろうとしている予兆かもしれませんね。今の世の戦争は武器を使わない経済・金融戦争ですから、戦争の決着がそろそろつくのかもしれません。

原油を巡る状勢は激変ですね。1回吊り上げてもっかい落とす作戦の可能性はぬぐえないと思います。でも上限60ドル~下限20ドルの大きなレンジでこれから動くのかなーとも思うのでいったん60ドルがあってもいいかとは思います。
サウジはアラムコの国営化でまだまだ原油下げモードですが、けっこうロシアがそろそろガマンならない状況なのかなとも思います。

No title

オジドルはもしかしたら長期で底打ちしたかもしれないですよ。
金と似た動きをしてきましたので、面白いですね。

金1300ドルほぼ確定のようですな(笑)
やはりちょくちょく押しは入るとは思われますが、ドル建て金のトレンドは変わったのかも。

投機じゃなくて積立投資やってる人にとってオージー、金の積立(いずれも円建て)悪くない選択になってきてるかもしれない。

No title

訂正ですが、金日足包み線なりそうなのであれって感じですね。
ごめんなさい。

No title

匿名さん
こんにちは!今年の金の強気相場は間違いないですね。あまりのチャートの強さにこのブログでも金への言及が増えました。
原油も反発しますし、いよいよ世界的スタグフレーションの波がやってきます。資源国通貨は強くなりますよー
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク