週末恒例の中期移動平均分析。欧米株価は強いがドルが弱い。ドル円が上がらないと日本株は崩れる。そして今年はやっぱり資源投資の年になる。

スキャン_20150616 (2)

 平日は日々の動きが気になって何かとバタバタするので、週末はゆっくり中期の移動平均分析。日足の移動平均線で、各指標を見てみます。このブログでは為替で積立てしていますが、為替の長期動向を見るためには為替はあらゆる経済指標と関連があるのでいろんな指標を大局的に見るのが大事。

 株価では、日経平均、ニューヨークダウ、ドイツDAX、上海総合指数。そして日経平均と関連がある東証REIT指数。コモディティでは原油と金(ゴールド)。債券では日本国債10年、米国債10年、ドイツ国債10年の金利。そして為替ではドル円、ユーロドル、中国人民元、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド。


では今週の移動平均分析です。

■日経225平均株価
週末終値:17,014円
25日移動平均線:16,500円付近
50日移動平均線:17,050円付近
75日移動平均線:17,950円付近
・1月4日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・1月28日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・2月22日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月4日週に派手にデッドクロス示現。

・25日移動平均線は越えてきたものの週末の上昇でも50日線を上抜けず。75日線が未だ下向きであり本格的上昇予兆は無い。


■ニューヨークダウ平均株価
週末終値:17,006ドル
25日移動平均線:16,400ドル付近
50日移動平均線:16,550ドル付近
75日移動平均線:16,900ドル付近
・12月28日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・1月20日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや下向き。

MACDは、
・1月28日にゴールデンクロス示現後、2月11日に再度シグナル接触し弾みをつけて上昇トレンド中。
・週足MACDは1月4日週にデッドクロス示現後、先週2月29日週にシグナル接触。ゴールデンクロスあるか。

・日足MACDには勢いがあり、週足MACDがシグナル接触しておりゴールデンクロス可能性あり。75日移動平均線も超えてきておりトレンドは強い。


■ドイツDAX
週末終値:9,824ポイント
25日移動平均線:9,400ポイント付近
50日移動平均線:9,700ポイント付近
75日移動平均線:10.100ポイント付近
・12月29日に25日線と50日線のデッドクロス。
・1月26日に50日線と75日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・2月15日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月4日週にデッドクロス示現。

・50日移動平均線も超えてきており、もう少し上昇余地あり。


■上海総合指数
週末終値:2,874ポイント
25日移動平均線:2,800ポイント付近
50日移動平均線:3,050ポイント付近
75日移動平均線:3,200ポイント付近
・1月5日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・1月25日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・2月3日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月4日週にデッドクロス示現。

・やっと25日移動平均線を超えてきたところ。上昇中ながらトレンドに強さは無いので、全人代明け今週次第。


■東証REIT指数
週末終値:1,872ポイント
25日移動平均線:1,830ポイント付近
50日移動平均線:1,760ポイント付近
75日移動平均線:1,750ポイント付近
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

・MACDは1月26日にゴールデンクロス示現後上昇。先週末3月4日にシグナル接触。
・週足MACDは1月25日週にゴールデンクロス示現。

東証REIT指数は日経平均株価の先行指標の役割あり。
・2013年5月23日の日経平均大暴落の1ケ月半前、2013年4月1日に東証REIT指数は1,717の天井をつけ暴落。
・当時は日経平均暴落後、6月10日に1,238の底をつける。その後日経平均は6月末に底打ち。

・昨年東証REIT指数は1月19日に2,005の天井をつけ、下落。
・そして7月6日週東証REIT指数はさらなる大幅下落。それに追従して日経平均株価は8月24日ブラックマンデーを記録。

・1月末からREITは暴騰し75日線がはっきりと上向きとなり日経平均の底堅さを暗示していたが2月中旬からは頭打ちで現在失速。日経平均もそろそろ頭打ちか。



■金(ゴールド)
週末終値:1,258ドル
25日移動平均線:1,210ドル付近
50日移動平均線:1,150ドル付近
75日移動平均線:1,125ドル付近
・1月15日に25日線と50日線のゴールデンクロス示現。
・2月10日に50日線と75日線のゴールデンクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は上向き。

MACDは、
・2月25日にデッドクロス示現。
・週足MACDは1月12日週にゴールデンクロス示現。上昇トレンドが本格化。

・方向感を示す75日平均線も週足MACDも上向き、トレンドは上向き。目先は日足MACDがデッドクロス後シグナル接触、下落調整のサインが出ている。しかし短期下落であり上昇トレンドは不動でしょう。



■WTI原油
週末終値:36.33ドル
25日移動平均線:31.8ドル付近
50日移動平均線:31.6ドル付近
75日移動平均線:33.2ドル付近
・12月7日に50日線と75日線のデッドクロス。
・3月3日に25日線と50日線のゴールデンクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・2月16日にゴールデンクロス示現。
・週足のMACDは2月24日週にゴールデンクロス示現。

・日足/週足MACDが上昇トレンド。25日と50日のゴールデンクロスもありどんどん上昇トレンドに転換してきている。ついに底打ちの兆しが出てきている。まだ75日移動平均線が下を向いているので調整を挟みながらになるが上昇トレンドに転じていきそう。



■日本国債10年利回り
週末終値:-0.037%
25日移動平均線:0.02%付近
50日移動平均線:0.13%付近
75日移動平均線:0.19%付近
・7月28日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・8月20日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・1月29日、日銀マイナス金利導入で急落、派手にデッドクロス示現。
・週足MACDは8月3日週にデッドクロス示現後下落トレンド。

・日本国債利回りはトレンドがぶっ壊れました。10年物国債がマイナスに突入するとは・・・。



■米国債10年利回り
週末終値:1.876%
25日移動平均線:1.80%付近
50日移動平均線:1.95%付近
75日移動平均線:2.05%付近
・1月8日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・1月31日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・2月17日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月4日週にデッドクロス示現。

・まだまだ下落トレンドの中、日足MACDのゴールデンクロス後上昇トレンドは少し明るい兆し。



■ドイツ国債10年利回り
週末終値:0.235%
25日移動平均線:0.23%付近
50日移動平均線:0.38%付近
75日移動平均線:0.43%付近
・1月19日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・1月25日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・3月1日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは12月21日週にゴールデンクロス示現だが1月4日週にすぐ再びデッドクロス示現。

・まだまだ下落トレンドながら、目先日足MACDがゴールデンクロスしたことが明るい兆し。25日移動平均線も超えてきている。


・欧米日国債の中では、ドイツ国債がトレンドが一番明るい。しばらくユーロ高、ドル安となるか。


■ドル円
週末終値:113.75円
25日移動平均線:114.4円付近
50日移動平均線:116.5円付近
75日移動平均線:118.5円付近
・12月28日に25日線と50日線のデッドクロス。
・1月22日に50日線と75日線のデッドクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・2月26日にゴールデンクロス示現。
・12月6日週にデッドクロス示現。

・トレンド弱い。週末の米国雇用統計での反発上昇でも25日移動平均線にきっちり上値を抑えられ反落。ドルはまだまだ弱そう。強い雇用統計があったが利上げは無しと見られているようです。


■ユーロ/米ドル
週末終値:1.1010ドル
25日移動平均線:1.109ドル付近
50日移動平均線:1.098ドル付近
75日移動平均線:1.093ドル付近
・12月29日に25日線と50日線のゴールデンクロス。
・2月2日に50日線と75日線のゴールデンクロス。
・方向感を示す75日移動平均線は横ばいから上向きへ。

MACDは、
・2月17日にデッドクロス示現。
・週足MACDは1月4日週にゴールデンクロス。

・ドル円と逆に、強い。方向感を示す75日移動平均線が上を向き始め、移動平均線もMACDも強くなってきた。米国利上げは無いと踏んだマーケットの動き、ドイツ国債利回りの強さも伴って今年ユーロは強そうです。
今為替の力関係は、ユーロ > 円 > ドル となっています。


■中国人民元/円
週末終値:17.45円
25日移動平均線:17.5円付近
50日移動平均線:17.8円付近
75日移動平均線:18.2円付近
・12月21日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・1月11日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・2月25日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは8月3日週にデッドクロス示現後下落トレンド継続中。11月9日週再度シグナル接触し、下落トレンドの中でのシグナル接触は下落のサインということで再度下落。

・ドル円から離れて自立し始めている人民元。週足MACD、75日移動平均線が下落トレンド。目先は日足ゴールデンクロスしたが強気転換までいけるか。ドル円と離れて新たなトレンドを刻み始める人民元、2016年の注目通貨です。



■オーストラリアドル(オージードル)/円
週末終値:84.65円
25日移動平均線:82.0円付近
50日移動平均線:83.0円付近
75日移動平均線:84.5円付近
・1月6日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・1月19日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや下向き。

MACDは、
・2月22日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月4日週にデッドクロス示現。

・年初から暴落したオーストラリアドルですが、75日移動平均線まで迫り、原油や金といったコモディティ上昇に伴って強いトレンドを示しています。方向感を示す75日移動平均線がまだ下向きなので下落調整を挟みながらになると思いますが上昇トレンドを刻んでいきそうです。


■ニュージーランドドル(キウイドル)/円
週末終値:77.5円
25日移動平均線:76.1円付近
50日移動平均線:77.0円付近
75日移動平均線:78.8円付近
・1月14日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・1月14日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線はやや下向き。

MACDは、
・2月25日にゴールデンクロス示現。
・週足MACDは1月12日週にデッドクロス。

・年初から急落したNZドルですが、じわじわ上昇トレンドを刻んできており、もう少し時間をかければ上昇転換が期待できます。


■南アフリカランド/円
週末終値:7.38円
25日移動平均線:7.23円付近
50日移動平均線:7.32円付近
75日移動平均線:7.62円付近
・7月31日に50日線と75日線のデッドクロス示現。
・11月13日に25日線と50日線のデッドクロス示現。
・方向感を示す75日移動平均線は下向き。

MACDは、
・1月22日にゴールデンクロス示現後、シグナルと接触するたびに上昇を刻んで順調な上昇トレンドにある。
・週足MACDは2015年1月以来、長い下落トレンドの最中ですが、先週2月29日週、シグナル接触しています。1年以上ぶりにゴールデンクロスなるか??

・実は順調に上昇を刻んでいる南アフリカランド。リーマンショック後2008年安値7.66円を更新し1月11日に6.71円の安値記録。その後反発過程にあります。


まとめ
 トレンド分析で気になるのはなんといっても米ドル。ドル円は弱く、ユーロドルが強い。主要国の国債は軒並み下落中ながら、ドイツ国債利回りが底堅く、ユーロ>円>ドルという力関係が出てきています。ドルがひたすら弱い。伴って、ドル建てコモディティ価格が上昇。原油が目下猛反発過程にあります。

 ドル安・資源高、原油反発を受けてニューヨークダウが反発してきているのが好材料なのですが、ドルが弱い為ドル円が弱い。週末米国雇用統計後の急上昇を受けても25日移動平均線の114円半ばできっちり上値を抑えられたのは痛い。ニューヨークダウが強くても、ドル円が上がらないと日本株は上がりません。日経平均株価は50日移動平均線にきっちり上値を抑えられています。今週は上昇が期待されていますが、逆にドル円が弱いことによる日本発の株安が世界を襲うかもしれません。日本株の先行指標である東証REIT指数も頭打ちです。

 僕が積立て投資しているニュージーランドドル、南アフリカランドといった資源国通貨、そして金(ゴールド)はトレンドがとても強い。中でも注目は南アフリカランドです。今年1月半ば早々に安値を記録した後、反発過程にあります。2016年は各国中央銀行の量的緩和、通貨安政策がピークに達し、いよいよ世界的なスタグフレーションが世界の庶民の生活を襲います。2016年以降、投資すべきものは「資源」だと思います。世界が「インフレ」になるのではありません。物価が上がる中賃金が下がる、「スタグフレーション」が世界を襲うのです。生活防衛の為に、資源に資産を少し確保しておく必要があります。


PR

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク