ドイツ銀行危機の恐ろしさ


最近ドイツ銀行のことしか書いてない気がしますが、ドイツ銀行まわりの報道が一気に噴き出しています。ヘッジファンド数社がドイツ銀行の取引から引き上げた、選挙前にドイツ政府はドイツ銀行を救う意思は無い、と。

動かない相場に対し稼ぎの場を作るためにヘッジファンドが流布してる面もあるでしょう。

そんな中、流れている雰囲気は「ドイツ銀行は世界最大の銀行間取引規模を持つのだから潰せるはずがない。ドイツ銀行危機なんて騒ぐ必要は無い」という楽観論。

ドイツ銀行が大量に持つデリバティブ。これは信用不安で一瞬で金融機関を潰します。リーマンブラザーズは「すごい利益が出ました!」と好調発表した後、わずか1週間で危機に追い込まれたといいます。一瞬で価値を失うのがデリバティブ。オプションをトレードしたことないとこの感覚はなかなか理解できないものかもしれません。オプションなどデリバティブは、好調に膨らんだ価値が一夜にして価値を失い消え去ってしまう性質のものです。

なぜドイツ政府は国民に食料備蓄を呼び掛けたのでしょう。最終的にドイツ政府がドイツ銀行を救うのだとしても、いったんは危機に陥り、とんでもないことになってドイツ銀行救済するべきの世論獲得できるようにしばらく危機を演出する必要があります。銀行は信用不安が起こり取り付け騒ぎになると一瞬で潰れる。それを防ぐために、ドイツ銀行の預金引き出し規制などかかるんじゃないでしょうか。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク