今朝の積立日記(積立532営業日目) 金利急騰が引き起こす世界経済クラッシュ。やっぱり起きるトランプショック。

スキャン_20150616


 おはようございます。コツコツ積立て派サラリーマンのまなぶです。SBI FXトレードの1通貨単位FXを利用してニュージーランドドルと中国オフショア人民元、南アフリカランドを各500円ずつ毎日コツコツ積立購入しています。

 ヘリコプター・ベンが日銀と首相官邸に訪問した2016年7月12日以来、日本円売りに備えて純金に準ずる世界最強通貨スイスフランも買い始めました。

積立て外貨量・損益の月別トレンドです。

20161110積立

 米国大統領選でのトランプ勝利後、確実にマーケットが動いています。日経平均株価が1,000円下落して1,500円上がったり、ニューヨークダウが最高値更新したなんていうのは大した問題ではなく、明確な動きが起きているのは米国債。これほどの国債利回り急騰はなかなか見れるものではありません。確実に世界のマーケットが新時代に突入しています。

 いろんな外貨を積立てするFX外貨長期積立て投資を行っているので、金利が与える動き、変化が複合的に見えます。積立ては行っていませんがドル円は急騰、資源国通貨が下落。そして世界最強通貨スイスフランが上昇しています。何が起きているのでしょう。

 トランプ後にマーケットは米国の大型財政出動に反応、これほどの米国債売り、金利高騰は、米国が破産することを織り込んでいるかのようです。何か企業に不祥事が起きた時の株価の下落を思わせる米国債価格の暴落です。そして金利が上昇したことにより新興国マーケットを直撃。米国にとっては金融緩和のつもりでも、これほどの金利の上昇は特に新興国においては実質的な強烈な金融引き締めです。急いでドル建て負債を返済しないといけない。これももちろんさらなる新興国通貨売り・ドル買いを引き起こします。日本円は無風なので、ドル円上昇、クロス円下落、という形で今の為替レートは見えています。そして重要な動きは、スイスフランの上昇。日本円は無風ですが、マーケットは確実に「本当の避難通貨」であるスイスフランに殺到しています。スイスは躊躇なく介入してくるのでなかなか一本調子にフラン高にはなりませんが、この動きは重要。一方、トランプ勝利前から急騰している
ビットコイン価格は高く維持されたままです。

 リーマンショックの前に起きたこと。リーマンショックの数か月前には少し回復の兆しが見え、金利が上昇しました。そして金利急上昇の後に、資金ショートを引き起こして破綻の連鎖が起こります。あの頃よりレバレッジをかけている金融機関が世界にはあります。ヨーロッパを中心に。

 今日、首都圏を久しぶりに強い雨が襲っています。何か良くないことの前触れの様に。やはりトランプショックは起こるようです。日米分離により長期的にはトランプ政権は日本にとってはプラスに働くでしょう。円安も経済を支援します。しかし、まずはアメリカ発の世界経済クラッシュと無関係とはいかないので、目先は下落に巻き込まれます。


【積立日記】
積立期間:2014/10/27~2016/11/11 (積立532営業日目)
累計積立金額:839,637円
外貨評価金額:793,639円
損益:▲45,998円(損益率▲5.5%)
累計スワップポイント:19,558円
預託証拠金額:371,926円(自己資金310,000円)
 ※豪ドル少額裁量・イフダントレードの確定利益で証拠金は日々増加。
 ※現在積立て外貨量に対し証拠金が少なくレバレッジがかかってしまっていますがいずれ積み増してレバレッジ無しに戻します。


NZD(ニュージーランドドル・キウイドル)
今朝積立単価:76.98円
平均積立単価:80.62円
数量:6NZD(=約462円)
累計積立数量:3,144NZD(=約253,459円)
外貨資産価値:242,032円
評価損益:▲11,427円 (損益率▲4.5%)
累計スワップポイント:6,181円


CNH(中国人民元)
今朝積立単価:15.64円
平均積立単価:17.83円
数量:31CNH(=約485円)
累計積立数量:14,619CNH(=約260,638円)
外貨資産価値:228,678円
評価損益:▲31,960円 (損益率▲12.3%)
累計スワップポイント:3,378円


ZAR(南アフリカランド)
今朝積立単価:7.57円
平均積立単価:7.80円
数量:66ZAR(=約499円)
累計積立数量:30,236ZAR(=約235,741円)
外貨資産価値:228,893円
評価損益:▲6,848円 (損益率▲2.9%)
累計スワップポイント:10,094円


CHF(スイスフラン)
今朝積立単価:108.17円
平均積立単価:105.02円
数量:4CHF(=約433円)
累計積立数量:855CHF(=約89,794円)
外貨資産価値:92,482円
評価損益:+2,688円 (損益率+3.0%)
累計スワップポイント:▲95円


【積立てルール】
・毎朝、各通貨を500円以内で積立て。
・累計積立外貨金額は証拠金の金額を超えない。(レバレッジをかけない)
・累計積立外貨金額=平均積立単価×外貨量
・累計積立外貨金額が証拠金を超えそうになったら月3万円ずつ入金。
  ⇒あくまで、積立ての外貨預金感覚で続ける。

積立てには最低1通貨単位、100円前後でも積み立て可能なSBI FXトレードを使っています。

積立投資に関する過去記事
なぜコツコツ外貨積立ては外貨預金よりSBI FXトレードでFXなのか?
http://fxtsumitate.com/blog-entry-47.html
デイトレードで必ず負ける理由の1つを解決するFX積立投資
http://fxtsumitate.com/blog-entry-62.html
もちろん積立投資にもある損失リスク。
http://fxtsumitate.com/blog-entry-79.html


PR



注意事項
このブログは個人の日記です。FX取引に勧誘するものではなく、投資は自己責任でお願いいたします。このブログに記載されている内容を参考に取引を行い損失が発生しても当ブログ管理人は一切責任を負いません。

コメント

非公開コメント

No title

トランプさんの経済政策が見えない状況でなぜ金利が上がっているのか、尤もらしい解説は見当たりませんね。
仮に、トランプ陣営が財政政策を行った場合、日本の例を見ましてもアメリカの長期停滞を打破するためには少なくともポリシーミックス(まだやっていない?日本は量的緩和なのでやっているとも)が必要だとすれば、ドル高(円安)よりもドル安に振れそうなのですが・・・
ご指摘にあるように、アメリカの金利上昇はポートフォリオのリバランスを考えても新興国の経済にはマイナス、またアメリカ経済がそれに耐えれるようには思えません。
ただし、トランプさんは大幅な減税措置を行うとも言われており、一見の価値はありそうです。
いかなる金融政策や財政政策、規制緩和をしようとも、トランプさんの時代に世界恐慌に突入するでしょうけど。それを覆すほどのイノベーションを創出すれば別でしょうが、今後5年でIT革命以上のイノベーションがあるとは思えません。
しかし、プロだとこのような相場でも利益をあげられるものなのでしょうか。

No title

せいじさん
コメントありがとうございます。
債券市場はそもそもがバブルだったのですから、金利上昇に真っ当な理由は必要ありません。きっかけさえあれば元に戻る。その元に戻る動きが今の動きですから、トランプというきっかけだけで十分でしょう。これまでドル安政策のツケが来ているドル高反発も同様です。米国債・米ドル安のバブルだったのです。

しかし1回危機が炸裂した後はそんなに時間が経たないうちに僕は買いに回ります。イノベーションですが、IT革命を越える次のイノベーションは間近に迫ってます。2~3年後には大革命が起こるんじゃないでしょうか。ITの次、AIというイノベーションが。人口減の日本の生産性改革にはAI革命はチャンスです。生産性が上がり人の仕事が無くなる強烈な競争という国民の痛みは伴いますが、雇用確保の為に生産性向上をわざと捨ててきた日本社会はそろそろ変わらないといけません。AI革命は嫌が応にもその対応を日本人に迫るでしょう。

まなぶさん、返答ありがとうございます。
トランプショックで十分、なるほどと思いました。
AI、安倍さん掲げる第4次産業ですね。うーん、工学系で研究している私としては身になるのはまだ先かなあと思いますがどうでしょうか。とはいえ、人工知能やビッグデータ、データ同化は専門外ですが。
たとえそのイノベーションが起きたとしても、リフレ政策のマイナス分を賄えるとは思えません。ただし、もし大規模なシベリア開発、第4次産業がうまく行けば、将来的には日本にとって良い時代はくるでしょうね。
ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク