世界の枠組みが変わった、トランプ新時代。


「アベトラ会談」に向けてドル円は110円を突破しました。もうみんなすっかり感覚的に忘れてしまったんだろけども今年の1月末には1ドル120円だったわけで、そこから数ヵ月で20円も円高ドル安に振れたボラティリティがそもそも異常だったわけで、ドル円は下落幅の半分を取り戻したところ。しかしわずか1週間で101円から9円も動いたのだから、これまた尋常じゃない。

しかしこれからどまた1ドル120円を目指すのかというと、そんな簡単な話でも無い。結局ドル円なんていうデカイ為替レートを大きく動かすには日米の合意が必要で、トランプ政権はそこまでのドル高を許容するのか、という問題があります。

今のところ、この110円までは受け入れたようです。というか、受け入れざるを得ない。なにせトランプ政権の財政政策への不信任投票で米国債が叩き売られリーマンショック後8年続いた債権バブルが崩壊、米国債金利が大暴騰しているのだから。まずは米国債を買い支えてもらう方が先決で、ドル買いを許容せざるをえない。

次に、ある程度米国債買い支えのメドがついたら、バラマキ財政出動に出てくるでしょう。それはドル安になる。結局ドル円は円安には行かせてもらえないし、日本株なんかは米国の為に振り回されるだけの運命。

僕は将来的には大円安時代に備えて外貨積立てを行っています。しかし積み立て通貨は米ドルじゃない。結局米ドルはこうやって振り回されるだけでドル円レートは固定されてしまっているようなものだから。将来の円安ではドルも一緒に落ちていくのだと思います。積み立て対象は資源国通貨であり、純金であり、ビットコインです。

コメント

非公開コメント

ブログ内記事検索
スポンサードリンク
お知らせ
Twitterやってます。
negishi_manabu1のTwitter
プロフィール

ねぎし まなぶ(P.N)

Author:ねぎし まなぶ(P.N)
某企業勤務のサラリーマン。
株・FX投資暦10年以上にもなるが、デイトレードをやると負け続きでデイトレードは引退。
しかし、短期売買で負け続きでも、過去取り組んだ積立て投資では着実に資産が増えていることに気づき、やはり最強の投資は積立てであると確信。
外貨投資FXで、ドルコスト平均法の中でも最強のリスク分散「毎日積立」に取り組みます。
毎日継続するときに飽きたり変な欲が出ないように、日記の形で記録しながら取り組むことにしました。

※なお、本ブログは素人の趣味の日記であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は自己責任にてお願いいたします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


2014/10/22 ブログ開設
2014/10/29 100アクセス突破!
2014/12/07 1,000アクセス突破!
2015/02/17 5,000アクセス突破!
2015/04/12 10,000アクセス突破!
2015/06/08 15,000アクセス突破!
2015/07/28 20,000アクセス突破!
2015/10/27 30,000アクセス突破!
2016/01/25 40,000アクセス突破!
2016/04/29 50,000アクセス突破!
2017/08/04 100,000アクセス突破!
スポンサードリンク